Skip to content

PLAYNOTE Posts

胃もたれ凄まじく

辛いラーメン食べたら胃もたれ凄まじく。どうしてここまでして辛いもの食べたがる。他に楽しみはないのか? 楽しみはない、ついうっかり「刺激的なものの方がお得」と、刺激に対する貧乏性が発動し、激辛があれば激辛を頼んでしまう。

Lenovo TB-X306F (64GBモデル)

オモチャとして購入したつもりだったが、かなり前線で戦ってくれている。電子書籍を読むのが非常に楽になった! ちょっとレスポンスは遅い、ひっかかかりを感じるが、次にタブレット買うときの参考にしよう。本体重量420gかー。確かにこれくらいだと軽くて取り回しいいよねえ。かわいい。

DULL-COLORED POP vol.xx『TOKYO LIVING MONOLOGUES』

「私が生きていることを、私以外誰も知らない」

2021/11/10(水)~11/28(日)@STUDIO MATATU SHIN-OCHANOMIZU

DULL-COLORED POP/谷賢一がこの秋にひっそりと世に発表する、社会との接点を持たない孤独な個人の声を拾い上げる新作実験公演。『福島三部作』や『丘の上、ねむのき産婦人科』でも功を奏したドキュフィクション的手法を押し進め、「分断された個人の孤独な声」を独白をメインとした濃厚な文体で描きます。20名だけの小スペースで上演し演劇ならではの「息遣い」を体験できるライブ上演と、「盗撮」「接写」「隠し撮り」を多用した配信上演を行い、コロナ禍における演劇の可能性を広げるプロジェクトです。

――1400万人都市、東京のどこか、独り暮らしのリビングルームから聞こえてくる「ひとりごと」。分断され孤立した個人、独り暮らしの人男女4人の、誰にも向けられない言葉たち、誰にも聞かれないつぶやきが集まり、一つの物語としてうごめき出す。
陰謀論にハマる独居老人はTwitterの画面を閉じて呟いた、「俺が生きていることをこの世の中の誰も知らない」。同じ時、別のリビングルームでは、預金通帳のゼロの数を数えながら若い女が最果タヒの詩を読んでいる。「誰にも見られていないからこそ言えること」を、劇場あるいは配信で「みんなで観る」演劇的企み。誰とも繋がっていない人たちの声によって現代の姿を浮かび上がらせる谷賢一の最新作。

出演者

東谷英人/大原研二、大内彩加/倉橋愛実
佐藤千夏/湯舟すぴか、ホリユウキ/宮地洸成

※本公演は新型コロナウィルス感染対策として完全ダブルキャストでお届けします。出演者はタイムテーブルで必ずご確認下さいませ。

劇中歌ボーカル:深沢未来 声の出演:阿久津京介 

スタッフ

作・演出:谷賢一 配信監督:高畑 陸(シル/CHARA DE)、恵比寿亮(MATATU) 舞台監督:竹井祐樹(StageDoctor Co.Ltd.) 照明:松本大介 美術:土岐研一 音響:佐藤こうじ(Sugar Sound) 音楽:岡田太郎(悪い芝居) 衣装:及川千春 映像ディレクション:松澤延拓 宣伝ビジュアルデザイン:内田倭史 制作:利藤早紀、小野塚央 主催:合同会社DULL-COLORED POP 協力:STUDIO MATATU 文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

会場

STUDIO MATATU SHIN-OCHANOMIZU
〒101-0053 東京都 千代田区神田美土代町11-6 トーエイハウス B1

千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩2分、JR山手線「神田」駅 徒歩7分、新宿線「小川町駅」丸ノ内線「淡路町駅」徒歩2分

* * *

公演情報詳細

ダンカン・マクミラン作『LUNGS』演出

『エブリ・ブリリアント・シング』に引き続き、イギリスの若手天才作家ダンカン・マクミランの傑作『LUNGS』を演出致します。

今年の僕の最高傑作になるかもしれません。本当に本が素晴らしい……そして俳優2人の仕上がり方が見事です。ぜひご覧頂きたい。僕の人生にとっても忘れられない作品になるでしょう。こんな本、一度でいいから書いてみたいぜ。

* * *

2021年11月3日(水・祝)~9日(火)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2021年12月5日(日)~23日(木)
東京都 東京グローブ座

作:ダンカン・マクミラン
演出:谷賢一
出演:神山智洋(ジャニーズWEST)、奥村佳恵

https://www.lungs.jp/

10年目の双葉町

仮にあの震災の朝に生まれた子どもがいたとして、彼/彼女ももう10歳になる。かなり難しい漢字も書けるし、楽器を弾いたり大人向けの映画を観たり、小さな大人になり始める頃だろう。しかし復興は遅々として進まない。双葉町は未だに人口ゼロ人、誰も帰還できていない。

駅前の一部地域は避難指示が解除されて自由に立ち寄れるようにはなった。「双葉町まちあるきツアー」なんてのがやってたので参加してきた。

駅前に人がたくさんいる! それだけでもかつての無人の荒野を知っている者からすると万感の思い。ここまで来るのに10年かかった。

休みなんてない

いつからだろう? 全休なんて1日もねぇ、『丘の上、ねむのき産婦人科』の最中からだからもう1ヶ月か、働き続けている。悲壮感はない、やりたくてやってる仕事だからね。今頑張らないでいつ頑張る、という思い。10月下旬は多分ヒマだから今しかないんだ。