Skip to content

PLAYNOTE Posts

『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』から見る、私(谷賢一)という作家

もし僕が死んだあとで、それでもまだ「谷賢一っていう演劇の作家がいてね」と語り継いでくれる人たちがいたとしたら、僕はぜひこの『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』の分析をオススメしたい。

惑い

クッションと電気カーペットの間に足を入れたがる我が子。この表情、どうだい、まさに「何も考えてねえ」カオでしょう。

DULL-COLORED POP第19回本公演/新人加入記念公演「あつまれ!『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』まつり」

父が死に、母は2匹の猫を飼い始めた。母・よし子、61歳。プロのお母さんとして生きてきた彼女の人生にきらめく、ステキにまばゆい思い出たち。しかしその裏側には悲しい過去が隠されていて、そいつを猫たちがじゃんじゃん暴いてく──。だって僕たち、猫だもの!

* * *

人が猫を演じ、猫が母を演じ、家族同士が良い家族を演じる。「演じる」ことをテーマとした劇団の代表作『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』待望の再々演。2012年に初演され、2015年の再演では早々にチケットが完売した同作を、計4演出・4バージョンに拡大上演することで作品と劇団の魅力を4倍に引き出します。

詳細:
http://www.dcpop.org/vol19/

詳細は上記劇団ウェブサイトを見て頂くとして。ワタシ的には『従軍中のウィトゲンシュタイン(略)』なんかと並んで、まず間違いなく代表作となる一作であります。劇団として上演するのもこれで3度目ですから「名実ともに」と言っていいでしょう。

BotW祝福

ニンテンドーSwitch『ゼルダの伝説 Breath of the Wild』を、昨年10月くらいからコツコツやっていたのだけれど、とうとうクリアしてしまった。本当に素晴らしいゲームだった。ゲームにハマったのなんて、中学生の時にやったFF7とかFFT以来である。

ひっそりと振り返る2018

昨日まで4日ほどロンドンへ行ってきた。これで今年の大仕事もほぼ終わり。正確にはまだ打ち合わせが少し残っているけれど、どれも来年へ向けてのものなので私にとっての2018年はもう終わったと言っていい。

激動の2018年が終わった。

谷賢一主催『忘年会(三日三晩)』

最近よくこう思います、「人とのご縁こそ宝」「人脈こそ仕事の命脈」。そのくせ日頃のご挨拶もままならず、不義理・無沙汰を重ねており、「忘年会くらいちゃんとやろう」と考えたので、いっそのこと三日三晩やることにしました。

楽しい会話と演劇で「三日三晩」繰り広げられる、前代未聞の大忘年会です。千客万来、楽しくお話しましょう。

【料金】入場無料・フリーカンパ制
【期間】2018/12/28(金)~30(日) AM10:00~PM10:00
【会場】十色庵(JR赤羽駅から徒歩12分の演劇スタジオ)
【参加資格】どなたでも

以下、「続きを読む」から詳しい情報とご予約をどうぞ!

福島3部作・大阪公演クラウドファンディング

主にTwitterで告知していましたが、DULL-COLORED POP福島3部作の大阪公演を実現しよう! というクラウドファンディングを実施中です。すでに目標額には到達しましたが、もう少し支援が集まりますと我々はいわゆる「ドヤ」、あいりん地区ではなくまともなビジホに泊まることができるかもしれません。

大阪公演を優先的に予約できる「優先予約権」や、3部作全作品のDVDなど特典も多種多様・超豪華です。確実に大阪公演をご覧になりたい方は是非ご利用下さい!