Skip to content

PLAYNOTE Posts

Bluetoothイヤホン「JVC HA-XC51T-B」

Bluetoothイヤホンなんて接続も面倒だし使わない。と思っていたんだけど、新しく買ったXiaomi Pad 5がイヤホンジャックがなく、渋々買った。が、すごくいいね。最近のはこんなに接続も早くて洗練されてんのか。もちろんワイヤレスなのはとても快適だしね。

Xiaomi Pad 5(256GB)

画面サイズ:11インチ 画面解像度:2560×1600 ネットワーク接続タイプ:Wi-Fiモデル ストレージ容量:256GB メモリ:6GB CPU:Snapdragon 860/2.96GHz+2.42GHz+1.8GHz

買うたったぞ。ものすごいヌルヌル動く。

mini Regulus II AR5

買うたった。5年ぶり?の母艦PC換装。税込97,890円だ。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen5 PRO 4650G (3.7GHz-4.2GHz/6コア/12スレッド)
CPUファン 高性能静音CPUファン
グラフィック機能 Radeon グラフィックス (CPU内蔵)
電源 専用ACアダプター (120W)
メモリ [カスタマイズ] 32GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/16GBx2/2チャネル)
SSD [カスタマイズ] WD 500GB NVMe SSD (Blue SN550シリーズ, M.2,読込速度 2400MB/s,書込速度 1750MB/s)
光学ドライブ 光学ドライブ無し
サウンド マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
ケース ASRock Deskmini X300(ベアボーンキット)
LAN 1Gb 対応LANポート×1(オンボード)
無線LAN インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth Bluetooth 5
マザーボード AMD X300 チップセット Mini-STXマザーボード
入出力ポート 前面:USB 3.2 Gen1 Type-C/Type-A 各x1 背面:USB2.0 x1,USB3.1 Gen1 Type-A x1 側面:USB2.0×2

Ryzen 7 PRO 4750GE、パスマークが19810。今使ってるCore i7 3770が6371だからベンチマーク3倍速い。いいじゃないか。届くのが楽しみだぞ。ミニタイプだからすごくちっちゃい、それも楽しみだぞ。

Ubuntu 20.04.3 LTS入れた

お部屋の母艦デスクトップPCが、母艦とはもう名ばかり、ほとんど置物のようになっていた。仕事はほぼすべて持ち歩いているSurface Pro 7くんでやってしまうし、いざ起動しても重たいから使う気にならない。いっそ捨てちゃおうかなぁとも思ったけれども、捨てる前に遊んでやろうと思い、Ubuntu 20.04.3 LTS入れてやることにした。

胃もたれ凄まじく

辛いラーメン食べたら胃もたれ凄まじく。どうしてここまでして辛いもの食べたがる。他に楽しみはないのか? 楽しみはない、ついうっかり「刺激的なものの方がお得」と、刺激に対する貧乏性が発動し、激辛があれば激辛を頼んでしまう。

Lenovo TB-X306F (64GBモデル)

オモチャとして購入したつもりだったが、かなり前線で戦ってくれている。電子書籍を読むのが非常に楽になった! ちょっとレスポンスは遅い、ひっかかかりを感じるが、次にタブレット買うときの参考にしよう。本体重量420gかー。確かにこれくらいだと軽くて取り回しいいよねえ。かわいい。