Skip to content

PLAYNOTE Posts

ボディメイクシートスタイル(Body Make Seat Style)購入

ちょっと前にヤマダ電機に行ったとき待ち合いのイスに置いてあり、何の気なしに座ってみたのがきっかけだった。完全な一目惚れ、いや一座り惚れ、魅了され、購入。平たく言えば「座ってるだけで姿勢が良くなる」と、まぁそういう商品であり、胡散臭いことこの上ないだろうが効果絶大。自分のような座り仕事の人は是非一度試してみて欲しい。

ボディメイクシートスタイル(Body Make Seat Style)ブラウン
MTG(エムティージー)
販売価格 ¥7,180(2018年4月22日21時30分時点の価格)

永井潔アトリエ館に行ってきた

本当はもっと早く行きたかったんだが、永井潔アトリエ館に行ってきた。永井潔とは昭和・平成に活躍した日本人の画家であり、演劇クラスタにとっては……と言うより、僕にとっては敬愛する劇作家・演出家、永井愛大先生の御尊父であらせられる。昨年オープンして愛さんからも「来てね」と言われていたんだが、ようやく行けた。

有楽町線・平和台駅から徒歩9分。閑静な住宅街の真ん中にあり、落ち着いて、ゆっくり、静かに絵を楽しめる空間であった。永井愛ファンにも大変オススメである。

「定本 漱石全集」第19巻 『日記・断片 上』に寄稿

現在刊行中の「定本 漱石全集」第19巻 『日記・断片 上』に寄稿させて頂きました。全集とか買うとよく入っている小冊子のアレです。漱石先生の全集に参加できるなんて、こんな栄誉はありません。4/10発売予定。

内容は、英国留学中に漱石先生が書き残したハムレットに関するメモを元にした妄想随筆です。書店に並ぶのも嬉しいが、何せ全集なのでこれが図書館などに永遠に残り、この先必ず読み継がれるであろう夏目漱石の未来の読者に手にとってもらえるというのが何より嬉しいですね。

SMA_Stage『High Life』演出

SMA(ソニー・ミュージック・アーティスツ)が新たに立ち上げたブランド「SMA_Stage」の第一弾として、1990年代にカナダで初演され人気を博した戯曲『ハイライフ』を演出します。Open Reel Ensemble吉田 悠をはじめとした3人の音楽チームと、映像作家・清水貴栄による映像表現をコラージュし、戯曲に新風を吹き込みます。

SMA_Stage第1弾『High Life』

作:リー・マクドゥーガル 翻訳:吉原 豊司 演出:谷 賢一

出演:古河 耕史、細田 善彦、伊藤 祐輝、ROLLY

音楽:吉田 悠(open reel ensemble)、吉田 匡(open reel ensemble)、山口元輝(moltbeats)
映像:清水貴栄(DRAWING AND MANUAL)

2018年4月14日(土) 〜 28日(土)
会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)(アクセス)

公式サイト

http://sma-stage.com/highlife/

酒と私

今朝、起きて、もう酒を呑むのはやめようと思った。今朝? そこからして表現が間違っている。起きたら15時だった。朝の5時くらいまでパソコンを叩いていたのは覚えているが、それでも6時には寝ていたはずなので、9時間くらい眠ったことになる。寝過ぎだ。いくら疲れが溜まっているとは言え、あまりにも時間の無駄遣いではないか。ちょっと前に、とある本でこんな文章を読んだ。

「脳みそ泥棒(アルコールのこと)を自分から口に入れるなんて気が知れないわ」

俺も全く同じ気持ちだ。だから、今朝(?)目覚めてすぐ、もうアルコールはやめようと思った。

夢幻朗読劇『一月物語』

原作:平野啓一郎
構成・演出:谷 賢一 音楽・演奏:かみむら周平 振付:宝満直也

出演:
水夏希、横関雄一郎、榊原 毅、彩吹真央/久保田秀敏 (Wキャスト)

* * *

平野啓一郎原作の小説『一月物語』を、構成・演出します。生演奏による音楽とバレエダンサーによる舞踊を組み合わせた、新しい形のリーディング公演です。単なる「リーディング」を超えて、音楽とダンスの力により観客の無限の想像力を引き出し、原作の耽美で妖しい魅力に迫ります。

という告知文を書いている今はもう、初日のあけた後なのですが、音楽・かみむらさん、振付・宝満さん、そして映像・松澤さんとのテクニカルなコラボレーションは実に豊かな時間でした。それぞれがそれぞれの専門家としての視点から提案しつつ、お互いの音や動きを感じ合って微調整していく。コラボレーションという言葉も乱用されすぎで、ただ一緒にやったら「コラボ」と呼ばれることも多いけれど、今回のかみむらさんたちとの「コラボ」は本当のコラボでした。僕自身、音とダンスにこんなに世界観を広げてもらえるとは思っていなかったし、完成する頃になってようやく「僕はこういうものが作りたかったんだ」と、逆に教えられたくらい。演出家のイメージを超えるのがキャストやスタッフの仕事ですが、それをやってくれたコラボでした。

出演者も全員素敵です。特に主演の水さんの、真摯さと人柄には惚れました。包容力があるのに驕り高ぶらず、謙虚なのにプライドの高い、俳優として見事な居住まい。「私、”調べ魔”なんです」と自白していたが、一単語一単語、どこまでも細かく調べて稽古場に臨み、僕の一言一言にも全力でリアクトしてくれる、意識の高い方でした。あとすごいセクシー。これって大事なことですよね。知的でセクシーでもあるなんていうのは、とっても難しいことですから。