PLAYNOTE

書評・劇評・ビールと衝動。冬枯れの街を歩けば 臓腑にしみる小麦色の寂寞。ドラマチック哀悼、プレイノート。by谷賢一

2016年12月02日

2年かけて描く「演劇・福島3部作」プロジェクト、はじめます

2016/12/02 12:03

あの日以来ずっと福島のことをきちんと、腰を据えて書きたいと考えてきました。私が劇作家である以上、避けて通れない話題です。私の母は福島・浪江町の出身で、父は原発に出入りする技術者でした。自分のルーツと深く関わることであり、だからこそじっくり時間をかけて取り組みたい。──なぜ福島はFukushimaになってしまったのか?

2016年の夏頃から本格的に構想をスタートし、書籍を読み漁る中で、大枠の構想が固まってきました。約2年の準備期間を設け、時間にして半世紀・3世代の家族の物語として、3部作構想で取り組みます。諸事情から完全に手弁当企画ですが、2018年に1万人規模での動員を目指します。

手始めに12/4(日)~10(土)までの1週間、福島県内をぶらり一人旅、現地取材してきます。福島に住む人・住んでいた人の視点はもちろん、東電や政府・原発関係者の視点も交錯させて描くこの作品は、日本の社会と政治経済そのものを振り返るものになるはずです。

→この記事の続きを読む

2016年11月16日

阿佐ヶ谷スパイダース『はたらくおとこ』再演雑感

2016/11/16 22:32

長塚圭史と会うとビールが飲みたくなる。しかし「圭史さん、飲みに行きましょう」と言う気にはならなかった。考えたいことがたくさんあった。自分の頭で。だから缶ビール買って家に帰った。

(だから、ここから先は演劇の感想ではない。劇評の類を期待しないで欲しい)

作品(ホン)はほとんど変えなかったらしい。だからこそだろう、「変わったなぁ」と思った。変わったなぁ、俺も、演劇も、長塚圭史も。

→この記事の続きを読む

2016年11月14日

映画『この世界の片隅に』

2016/11/14 22:34
konosekainokatasumini.jpg

観終わってすぐ、Twitterにはこう書いた。

今年ナンバーワンどころか、今まで観たあらゆる「戦争モノ」の中でナンバーワンだった気さえする。それはこの映画が、いわゆる「戦争モノ」ではなかったからだ。

→この記事の続きを読む

2016年11月13日

FFAC創作コンペ審査雑感

2016/11/13 23:52

創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう」vol.6

というのに今年、審査員として参加している。この週末プレゼン審査があったので、全部で5人/5作品の演出プランについて審査・講評してきた。

→この記事の続きを読む

2016年10月25日

通勤用クロスバイク・Markrosa Horizontal M77DT6

2016/10/25 01:47
machinoring_m77dt6_2.jpg
Markrosa Horizontal M77DT6

禁煙・筋トレ・ランニングを初めて10日くらい。運動という新しい趣味にクラクラと楽しみを覚えている。もっと運動していたいなぁ、もっと早くトレーニングの成果を出したいなぁと思い、通勤もなるべく自転車にすることにした。そこで購入、ブリヂストンが出している街乗りにちょうどいいクロスバイク、Markrosa Horizontal M77DT6。

→この記事の続きを読む

2016年10月17日

田原総一朗『ドキュメント東京電力―福島原発誕生の内幕』

2016/10/17 00:24

「ドキュメント東京電力」と銘打たれてはいるが、日本の電力の歴史を総ざらいするような壮大な本であった。内容も一言ではまとめきれないが……、強いて言うなら、東電VS日本政府の飽くなき主導権争いの歴史であり、それは同時に自由主義ないし市場原理VS統制経済の戦いであるとも言える。

→この記事の続きを読む

2016年10月14日

第二の人生

2016/10/14 00:08

人生の、大きな変化が続いている。

→この記事の続きを読む

2016年10月11日

新国立劇場・演劇研修所でシーンスタディ講師をやる

2016/10/11 19:05

えー本日からしばらく新国立劇場・演劇研修所にてシーンスタディの先生やらしてもらいます。ハタチそこそこのガキだらけだそうで、きちんと会話劇やりたいそうだから、テキストには因縁の『プルーフ/証明』を選びました。愛と才能に関する話だからぴったりじゃねぇか。

→この記事の続きを読む

2016年10月10日

東村アキコ『東京タラレバ娘』

2016/10/10 23:42

この夏ご一緒したOn7連中と渋谷でサムギョプサルなんかモリモリ食べてたら薦められた。アラサー女の集団であるOn7連中が「アラサーあるあるが読んでいて苦しい」「悶絶する」「しかし読んでしまう」と太鼓判であったので何か異常な興味が湧き、手に取ったが正直言って傑作であった。

恋愛したいが恋愛だけがしたいわけじゃない、仕事もしたい。でも一人で生きていくのはもうこりごりだ。そういうアラサー女が三人、あん肝とかレバテキとかもつ煮が売りのおっさん向け大衆酒場に顔寄せ合って延々愚痴ってる話……みたいに聞いた気がするんだが、なかなかどうしてきちんとしたストーリーものだった。

→この記事の続きを読む

2016年10月06日

休息

2016/10/06 02:13

作・演出で参加した地人会新社『テレーズとローラン』の本番を終えて、次の芝居や次の次の芝居の準備などをしつつも、ちょっと休息できている。

→この記事の続きを読む