Skip to content

Microsoft Surface Pro 7(Core-i7, 16GB Memory, 256SSD Model)

 

Surface Pro 7を買ったのだが、大変満足している。ヤマダ電機にてお兄さんがオマケしてくれて本体19万、キーボード1万、Surfaceペン1万円くらいで購入できた。ほくほくしている。

超大手メーカーの超有名ブランドを買ったという信頼感が凄まじい。ググればいくらでも情報が出てくるし周辺機器や関連商品も山のようにある、これが信頼感の源だ。今まで使っていたASUSは安いしシャープだし全然悪くないんだが、こないだの機種は、電源ケーブルが壊れる→サポート期間切れ→純正品が売ってない→似たパチもんを買う→すぐ壊れるの繰り返しで非常にイライラした。Surfaceなら何年経っても充電ケーブルが買えるだろう。

しかし今どきタブレットパソコンのCPUがCore-i7だなんてね。うちの母艦のデスクトップと変わらなくないじゃないか。明らかにオーバースペックだよ……と思いつつもサクサク動いて一瞬でWordが起動するのは気持ちがいい。

キーボードはまぁまぁってとこかな。キーピッチは十分あるし、ストロークも十分。ペコペコした打鍵感だけはちょっと残念だけど、こういうのって慣れてくると疲れなくてむしろ良かったりするんだよねえ。

驚異驚嘆はSurfaceペン。試しにPDFの台本ファイル開いてDrawboard PDFというソフトでメモの書き込みを試してみたんだけど、追従性も良いし筆圧感知もバッチリ、マジでこれでペーパーレス環境、稽古場でも台本要らず、PDFに直接書き込み……というのが成立するかもしれないと思ってワクワクドキドキしている。次の現場で早速試してみるつもりだ。

以下、移行に際してやったこと。

  • とにかくさっさと常連アプリ、Chrome、Google日本語入力、あふw、xyzzyをインストール。
  • OneDriveでクラウドに置いてあるファイルを同期、ダウンロード、保存。
  • 既定アプリを画像→irfanview、動画→SM player、音楽→fittleに変更。
  • 画面のズームを200%から150%にしたり、その他いろいろちょっとしたカスタマイズ。

これだけでもう十分以前と同じ環境が構築できてしまった。仕事も遊びも100%の状態で戦える。移行にかかった時間は、ほとんど1~2時間じゃないかな。環境構築、本当に楽になったもんだ。さてどこまで有効活用できるかな。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です