Skip to content

将棋

最近、将棋を打っている。

稽古で疲れて、どうにも頭が回らなくなったとき、帰り道にスマホアプリで指していたのが発端なんだが。当然、藤井四段の大活躍にも影響は受けている。藤井四段超カッコいい。

俺の将棋の腕前はと言うと、小学校の頃、親父やクラスメイトと指して勝ててたレベル。戦法はと言えばうっすら棒銀を知っているくらい……というところからスタートして、ようやっと将棋ウォーズ4級に昇級してガッツポーズした。本当に嬉しい。心から嬉しい。スクリーンショットは、まさに4段に上がったときのもの。上級者から見たら「4級くらいで、何を喜んでいるんだか」と呆れられること必定だが、下手くそからするとこの向上は嬉しい。

どうしても片手間にやるだけなので、本を見ながら棋譜並べ……なんて時間はとれないので、寝る前とかにYouTubeやニコニコ動画の将棋動画を垂れ流しにして勉強していた。特に参考になったのは、ニコニコ動画のプロパンゴリラ氏の動画。本当にお世話になりました……。それからYouTubeのクロノ氏の10分切れ負け対局動画。これも見ているうちに何となく手筋がわかってきた気がする。あとは単純に、見ていて楽しいです。

こないだ仕事で近くによったので将棋会館にも初めて行ってみたのだが、これもとても楽しかった。趣味ができたって嬉しい。でも、片手間にしかやっちゃいけない(仕事がある)ので、あんまりハマるわけにもいかない。

しかし将棋も安上がりな趣味だなぁ。そして安上がりな割に、たぶん一生続けられる。ほんの少しかじっただけだが、上級者やプロの先生方がやっている読み合いの奥深さが垣間見えて本当に面白い。まさに雲の上の戦いって感じがする。

あとはPCにBonanzaを入れて対局したり棋譜解析したりというのも楽しい。Bonanzaもレベルが高すぎて何やってんだかさっぱり、ということばかりだけれども、もともとこういうマニアックなソフトをいじるのって好きなんだよね。ちょっとずつパラメータをいじってどう変化するのか眺めてみたり。昔からライフゲームを見続けていたり、じっとAngbandをBotが攻略するのを眺めていたりと、そういうのが好きだったからかな。Bonanzaも将棋AIとしての実力はもはやプロ棋士以上だが、まだまだ「弱いAI」であるには違いない。しかし、それでも、眺めていると何だか「生きてる」って感じがする。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です