Skip to content

カテゴリー: 公演情報

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『三文オペラ』

ベルトルト・ブレヒトの伝説的な作品『三文オペラ』を演出します。自分にとっては初となるブレヒト作品への挑戦。ほぼ現代の日本に舞台を移し替え、素直に、しかし皮肉たっぷりに描く群像劇です。全身全霊、知恵と体力のすべてを注いで臨んでおります。ぜひ、ぜひ、ぜひお運び下さい。

* * *

作:ベルトルト・ブレヒト/音楽:クルト・ヴァイル
演出・上演台本:谷 賢一 音楽監督:志磨 遼平(ドレスコーズ)

出演:松岡 充、吉本 実憂、峯岸 みなみ、貴城 けい、村岡 希美、高橋 和也、白井 晃
青柳 塁斗、相川 忍、今村 洋一、小出 奈央、小角 まや、奈良坂 潤紀、西岡 未央、野坂 弘、早瀬 マミ、平川 和宏、峰﨑 亮介、森山 大輔、和田 武

公演概要
[神奈川公演] 2018/1/23~2/4 KAAT神奈川芸術劇場
[北海道公演] 2018/2/10 札幌市教育文化会館

ものがたり:
ほんの少し未来、荒廃した劇場は浮浪者たちの根城と化していた。劇場を占拠した乞食王ピーチャム(白井晃)は物乞いたちを組織してマージンをかすめ取る乞食商会を営んでいたが、一人娘のポリー(吉本実憂)がある男に盗まれたと知って激怒する。その男の名は盗賊王マクヒィス(松岡充)。マクヒィスは警視総監ブラウン(高橋和也)と長年の友であり、はみ出し者たちを窃盗団として組織して裏社会で幅を利かせていた。ピーチャム夫人(村岡希美)は娼婦ジェニー(貴城けい)を買収して娘奪還の罠を張り一度は成功するが、マクヒィスは二股をかけていたブラウンの娘ルーシー(峯岸みなみ)を利用してまんまと脱獄する。そして怒りに震えるピーチャムは、乞食たちによるある計画を実行に移す……。

チケット料金:
S席7,800円 A席6,000円 P席2,000円
U24チケット 3,900円(観劇時24歳以下対象・当日指定席引換・要身分証明書)
高校生以下チケット1,000円(当日指定席引換・要学生証)
シルバー割引7,300円(観劇時65歳以上対象)

P席とは……
劇中に登場する『ピーチャム乞食商会』にちなみ、ピーチャム商会の一員としてライブで演劇にご参加頂くお席です。下記の注意事項をよくお読みの上ご購入くださいますようお願い申し上げます。
※参加型のオールスタンディングの自由席となります。
※開演60分前までにお集まりいただき、「P席レッスン」を受けていただくことが必須のお席です。
※開演時間を過ぎますとお席へご案内できない場合がございます。

公演情報・詳細:
http://www.kaat.jp/d/sanmon

東京芸術劇場『リチャード三世』演出補

東京芸術劇場『リチャード三世』フライヤー

悪魔か 道化か 狂人か・・・
シェイクスピアの極悪ヒーローに、佐々木蔵之介が挑む!
ルーマニアの鬼才プルカレーテがほぼオールメールの日本人キャスト初演出!(公式サイトより)

作:ウィリアム・シェイクスピア
上演台本・演出:シルヴィウ・プルカレーテ
演出補:谷賢一

出演:佐々木蔵之介/手塚とおる 今井朋彦 植本純米(植本潤改メ)/ 長谷川朝晴 山中崇/山口馬木也 河内大和 土屋佑壱 浜田学 櫻井章喜/ 八十田勇一 阿南健治 有薗芳記 壤晴彦/渡辺美佐子

<東京公演>
2017年10月18日(水)~30日(月)@東京芸術劇場 プレイハウス

<大阪公演>
11月3日(金・祝)~5日(日)@森ノ宮ピロティホール

<盛岡公演>
11月8日(水)@盛岡市民文化ホール 大ホール

<名古屋公演>
11月15日(水)@日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

超進化舞台『デジモンアドベンチャーtri.』作・演出

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」
2017 年 8 月 5 日(土)~8 月 13 日(日)
Zepp ブルーシアター六本木
作・演出 谷賢一 原案:本郷あきよし
http://digimon-stage.com/

様々な奇縁が重なり、人生初の2.5次元、『デジモンアドベンチャーtri. 〜8月1日の冒険〜』で作と演出をしております。「初」とは言っても今までにシディ・ラルビ・シェルカウイ演出『PLUTO』やフィリップ・ドゥクフレ演出『わたしは真悟』で脚本は担当させてもらっていたので、漫画/アニメ原作がゼロだったというわけではないし、俺もアニメとゲームで育った世代なので、実は前からずっと興味はあったんだ。

デジモンアドベンチャーとは1999年の初代シリーズ放映以来、その世代にとっては伝説のアニメとなっている作品だ。その内容の性質上、舞台化は困難だろうと思われていたらしいんだが、以前DULL-COLORED POP音楽劇『河童』(吉祥寺シアター)を観てくれていたプロデューサーから「ああいうヘンテコな作品を作る谷さんならやれるかもと思った」とお声がけ頂いた。ありがたい限りである。

映画『嘆きの王冠』トークショー出演します

『劇場版 嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~』

監督:ルパート・グールド、リチャード・エアー、テア・シャーロック、ドミニク・クック
出演:ベン・ウィショー、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ジェレミー・アイアンズ、サイモン・ラッセル・ビール、ジュディ・デンチ、ロリー・キニアほか

《劇場公開記念》トークショー日程と登壇予定者

@ヒューマントラストシネマ渋谷

6月17日(土)
ゲストトーカー: 翻訳家 松岡和子さんx東京大学教授 河合祥一郎さん
メインテーマ:「ヘンリー四世」を中心に歴史劇の全体像を語る

6月24日(土)
ゲストトーカー:演出家 谷賢一さんxライター 大堀久美子さん
メインテーマ:『リチャード三世』台詞の魅力とその裏側

7月1日(土)
ゲストトーカー:青山学院大学教授 狩野良規さんx字幕翻訳家 柏木しょうこさん
メインテーマ:【劇場版】『嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~』に見る、英国俳優の実力と魅力」

7月9日(日)
ゲストトーカー: 翻訳家 松岡和子さんx東京大学教授 河合祥一郎さん
メインテーマ:【劇場版】『嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~』と歴史劇の魅力を語る

7月17日(月)
ゲストトーカー: 演出家 鵜山仁さんx東京大学教授 河合祥一郎さん
メインテーマ: 「ヘンリー六世」を中心にシェイクスピア歴史劇上演のおもしろさを探る