Skip to content

カテゴリー: 公演情報

東京芸術劇場『リチャード三世』演出補

東京芸術劇場『リチャード三世』フライヤー

悪魔か 道化か 狂人か・・・
シェイクスピアの極悪ヒーローに、佐々木蔵之介が挑む!
ルーマニアの鬼才プルカレーテがほぼオールメールの日本人キャスト初演出!(公式サイトより)

作:ウィリアム・シェイクスピア
上演台本・演出:シルヴィウ・プルカレーテ
演出補:谷賢一

出演:佐々木蔵之介/手塚とおる 今井朋彦 植本純米(植本潤改メ)/ 長谷川朝晴 山中崇/山口馬木也 河内大和 土屋佑壱 浜田学 櫻井章喜/ 八十田勇一 阿南健治 有薗芳記 壤晴彦/渡辺美佐子

<東京公演>
2017年10月18日(水)~30日(月)@東京芸術劇場 プレイハウス

<大阪公演>
11月3日(金・祝)~5日(日)@森ノ宮ピロティホール

<盛岡公演>
11月8日(水)@盛岡市民文化ホール 大ホール

<名古屋公演>
11月15日(水)@日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

超進化舞台『デジモンアドベンチャーtri.』作・演出

超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」
2017 年 8 月 5 日(土)~8 月 13 日(日)
Zepp ブルーシアター六本木
作・演出 谷賢一 原案:本郷あきよし
http://digimon-stage.com/

様々な奇縁が重なり、人生初の2.5次元、『デジモンアドベンチャーtri. 〜8月1日の冒険〜』で作と演出をしております。「初」とは言っても今までにシディ・ラルビ・シェルカウイ演出『PLUTO』やフィリップ・ドゥクフレ演出『わたしは真悟』で脚本は担当させてもらっていたので、漫画/アニメ原作がゼロだったというわけではないし、俺もアニメとゲームで育った世代なので、実は前からずっと興味はあったんだ。

デジモンアドベンチャーとは1999年の初代シリーズ放映以来、その世代にとっては伝説のアニメとなっている作品だ。その内容の性質上、舞台化は困難だろうと思われていたらしいんだが、以前DULL-COLORED POP音楽劇『河童』(吉祥寺シアター)を観てくれていたプロデューサーから「ああいうヘンテコな作品を作る谷さんならやれるかもと思った」とお声がけ頂いた。ありがたい限りである。

映画『嘆きの王冠』トークショー出演します

『劇場版 嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~』

監督:ルパート・グールド、リチャード・エアー、テア・シャーロック、ドミニク・クック
出演:ベン・ウィショー、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ジェレミー・アイアンズ、サイモン・ラッセル・ビール、ジュディ・デンチ、ロリー・キニアほか

《劇場公開記念》トークショー日程と登壇予定者

@ヒューマントラストシネマ渋谷

6月17日(土)
ゲストトーカー: 翻訳家 松岡和子さんx東京大学教授 河合祥一郎さん
メインテーマ:「ヘンリー四世」を中心に歴史劇の全体像を語る

6月24日(土)
ゲストトーカー:演出家 谷賢一さんxライター 大堀久美子さん
メインテーマ:『リチャード三世』台詞の魅力とその裏側

7月1日(土)
ゲストトーカー:青山学院大学教授 狩野良規さんx字幕翻訳家 柏木しょうこさん
メインテーマ:【劇場版】『嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~』に見る、英国俳優の実力と魅力」

7月9日(日)
ゲストトーカー: 翻訳家 松岡和子さんx東京大学教授 河合祥一郎さん
メインテーマ:【劇場版】『嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~』と歴史劇の魅力を語る

7月17日(月)
ゲストトーカー: 演出家 鵜山仁さんx東京大学教授 河合祥一郎さん
メインテーマ: 「ヘンリー六世」を中心にシェイクスピア歴史劇上演のおもしろさを探る