Skip to content

カテゴリー: 福島3部作

TPAM版・福島三部作、終演しました

最後のカーテンコールを見守る舞台監督・竹井の後ろ姿

TPAM=国際舞台芸術ミーティング in 横浜版、福島三部作再演、全日程ぶじ終了しました。ご来場頂いた皆様、支えて下さった方々、どうもありがとうございました。

約半月で3部作分ぜんぶ思い出し稽古をし、毎日1つ&3日連続で初日を開けて、その後3日連続で3部作連続上演を行う……という狂気のスケジュール。1つ初日が開けてもその10分後には「さぁ、明日の第二部へ飾り替えだ」「場当たり前に確認しておくことは……」とすぐに動き出し、演劇作ってるはずなのにまるでベルトコンベアで流れ作業をしているような、凄まじい日々を送りました。

僕も大変だったけれど、スタッフはもっと大変だったでしょう。照明・音響はシフトを組んで交代しながらやっていたけれど、ずっと全体を統治していた舞台監督竹井&演出部さわちゃんは、10円ハゲの1つや2つ、できていてもおかしくない。彼らは今回時間がないことを見越して、稽古に入る前にすべての役物(演技に関わる小道具や衣裳・セットなど)を用意し、初日からフルスケールで通し稽古ができるように準備してくれていた。こんなことは、よほど規模の大きな商業演劇の現場でもなければあり得ないことだ。

わたし個人的にも、作品との向き合い方が大きく変わった。いい機会を頂いた。実を言うとTPAMの話が決まるまで、福島三部作は当分封印、なるべく触らないようにしよう……とさえ思っていたのだ。

TPAM再演『福島三部作』

以下の通りです。

DULL-COLORED POP『福島三部作』TPAM再演

『福島三部作(「1961年:夜に昇る太陽」「1986年:メビウスの輪」「2011年:語られたがる言葉たち」)』が第64回岸田國士戯曲賞を受賞しました

先般、第23回鶴屋南北戯曲賞を受賞しただけで僕としては十二分に報われた気持ちでいましたが、これに続くかのように『福島三部作(「1961年:夜に昇る太陽」「1986年:メビウスの輪」「2011年:語られたがる言葉たち」)』が、第64回岸田國士戯曲賞を受賞しました。

朝日新聞出版の月刊誌『Journalism』2020年2月号「特集 原発と民主主義」に寄稿しました

第23回鶴屋南北戯曲賞を受賞しました

中古レコード屋で見つけて買った、
エラ・フィッツジェラルドの『マック・ザ・ナイフ』

このたび昨年執筆した福島三部作・第二部『1986年:メビウスの輪』という作品で、第23回鶴屋南北戯曲賞を頂きました。これは新人賞である岸田國士戯曲賞と違って、むしろ中堅やベテランがもらう賞であり、それは昨年の受賞者が平田オリザさん、その前が岩松了さん、その前が蓬莱竜太さんであることからもよくわかります。

僕はまだ岸田も取っちゃいませんし、三十代半ばですから、普通に考えたら取れるわけのない賞です。賞金額も国内では一番高く、最も栄誉ある賞と言えます。そういうわけでノミネートされたときには「まさか取れまい」「ノミネートされただけでも光栄」くらいに思っていましたが、幸運が重なって受賞してしまいました。

「幸運」と言うのは謙遜ではなく、書いたのは確かに自分ですが、ほとんど福島という土地や題材・出会った人々によって書かせて「もらった」感じのする作品であり、ちょっと力加減を間違えていたらこうはなっていませんでした。しかもその力加減は僕が自分で計算したものではなく、取材を重ねる中で出会った言葉たちが自然と教えてくれたものです。ですから自分の実力と言うよりは、ほとんど幸運、巡り合わせでもらえたようなものだと実感しています。

謝辞――福島三部作について

2016年から続けてきた大プロジェクト「福島三部作・一挙上演」が、本日いわきアリオスで大千秋楽を迎え、ぶじ幕を下ろしました。原発誘致の光と影を描いた第一部『1961年:夜に昇る太陽』に始まり、反対派のリーダーが推進派の町長に転じる「ねじれ」を描いた第二部『1986年:メビウスの輪』、そして震災後の混乱と分断、軋みを上げる言葉たちを描いた第三部『2011年:語られたがる言葉たち』と、三本の演劇を完成させ、それぞれ上演し、東京と大阪では合わせて9日も「通し上演」を敢行するという蛮行を何とか達成致しました。

来場者数は、当初目標にしていた一万人を超えました。正確な数が出ていませんが、一万二百~五百くらいではないかと推察しています。動員数三百人もあれば東京でも小さな小屋でなら上演ができますから、これはすごい数です。私も小劇場劇団が、いわゆるゲーノー人を入れずに手弁当で一万人も動員したという記録は、ここ最近では全く聞きません。それだけ福島という話題に観客が注目してくれたということだと思いますし、観てくれた人たちがSNSなど口コミを通じて広めてくれたおかげです。本当にどうもありがとうございました。

戯曲集『福島三部作』発売します

すでに劇場の折込チラシで発表になっていますが、通称「福島三部作」、すなわち以下の三作品を一つにまとめた谷賢一の戯曲集が発売になります。刊行は而立書房さんからです。

  • 第一部『1961年:夜に昇る太陽』
  • 第二部『1986年:メビウスの輪』
  • 第三部『2011年:語られたがる言葉たち』

右記の通り劇場限定で予約の申込みを受け付けております。福島三部作を観にいらした際に是非、ご記入の上お帰り下さい。後日担当者からあーだかこーだかしまして、発売と同時にお手元にサインが付いたりあれこれついたりしてお届けする予定です。

この演劇・福島三部作プロジェクトで目標にしていたことの一つに「震災の言葉の記録を後世に残す」というものがあったのですが、それが書籍化という最も理想的な形で成されたことになります。台本なら今までも物販で売っていましたしネット販売も可能ですが、書籍化されるということは、ISBNが振られて国会図書館に納品されて、今後一生、日本国が続く限り受け継がれるということです。本当に嬉しい書籍化です。

他に先行予約だったり特別販売だったり、ありそうでしたらブログで告知します。

追記 発売しました

超個人的・福島三部作プレイガイド

今夏、東京で8/8(木)~28(水)、大阪で8/31(土)~9/2(月)、そして福島で9/7(土)・8(日)と、私の37年間の演劇人生の集大成である通称「福島三部作」が上演されます。取材に2年、執筆に丸1年以上かけた野心作です。三部作ですがそれぞれ独立しており、どれか一つだけ観てもらっても十分面白いので、「どれを観たらいいかわからない」という人のために超個人的に各作品のガイドを書いておこうと思います。

公演情報、あらすじ、タイムテーブルなどは以下のサイトからどうぞ。
http://www.dcpop.org/vol20/

それでは各作品の解説を。一部ネタバレあり。

福島三部作、稽古中

2016年から取り組んでいる福島三部作プロジェクトが、いよいよ本番が近づいてきました。今年の夏には第一部〜第三部の一挙上演です。チケット1枚4200円するのに、3部作セット券にすると1万円に爆安化するという小劇場の意地のような価格設定をしております。昨年第一部をご覧になっていない方は是非ご利用下さい。

現在稽古中の第二部『1986年:メビウスの輪』は、実在した有名な福島県双葉町長・岩本忠夫氏をモデルにしています。この人がまぁ数奇な運命を辿った人で、たくさん記事や書籍も出ているのですが、反原発派のリーダーだったはずなのに気がついたら原発推進派として町長に選ばれてしまって、やがて超積極的原発推進派に転向していくんですね。岩本氏のご子息や友人・同僚などにも取材させて頂きまして、事実に基づきながら大胆にフィクション化し、どのように反対派が賛成・推進派に変わって行くか、安全神話が生まれるのか、人は変わるのか、を描きました。濃密な会話劇から一転して描かれる衝撃の結末。特に結末はすごいと思います。

DULL-COLORED POP福島三部作公式サイト

今週の稽古休みには第三部取材のために福島市まで……何度目だろう、足を伸ばして来ます。とても重要な人に会うのです。演劇はフィクションでありファンタジーであり架空・虚構ですが、しっかり事実・ファクトの下地を塗り込んでいるかどうかで、大きくテイストが変わります。第三部は特に演劇的に自由に時間・空間を演出しつつも、内容的にはファクトとエビデンスを下地に敷きたい。

最初に取材に行ったときは、白河駅から数十キロ、自転車旅行でした。そば屋のおかみさんからりんご売りのおばちゃんまで独力で取材して、少しずつ人脈を繋いでいき、最後にはかなり深刻な被災者や役場の広報課や議員さん、ジャーナリストや地元高校生にまで取材することができました。200人近く会ったんじゃないだろうか。今度数えてみたいな。

東京は8/8からですが、ぜひ観にいらして下さい。僕のこれまでの演劇人生の、全力を投じます。