Skip to content

月別: 2018年3月

酒と私

今朝、起きて、もう酒を呑むのはやめようと思った。今朝? そこからして表現が間違っている。起きたら15時だった。朝の5時くらいまでパソコンを叩いていたのは覚えているが、それでも6時には寝ていたはずなので、9時間くらい眠ったことになる。寝過ぎだ。いくら疲れが溜まっているとは言え、あまりにも時間の無駄遣いではないか。ちょっと前に、とある本でこんな文章を読んだ。

「脳みそ泥棒(アルコールのこと)を自分から口に入れるなんて気が知れないわ」

俺も全く同じ気持ちだ。だから、今朝(?)目覚めてすぐ、もうアルコールはやめようと思った。

夢幻朗読劇『一月物語』

原作:平野啓一郎
構成・演出:谷 賢一 音楽・演奏:かみむら周平 振付:宝満直也

出演:
水夏希、横関雄一郎、榊原 毅、彩吹真央/久保田秀敏 (Wキャスト)

* * *

平野啓一郎原作の小説『一月物語』を、構成・演出します。生演奏による音楽とバレエダンサーによる舞踊を組み合わせた、新しい形のリーディング公演です。単なる「リーディング」を超えて、音楽とダンスの力により観客の無限の想像力を引き出し、原作の耽美で妖しい魅力に迫ります。

という告知文を書いている今はもう、初日のあけた後なのですが、音楽・かみむらさん、振付・宝満さん、そして映像・松澤さんとのテクニカルなコラボレーションは実に豊かな時間でした。それぞれがそれぞれの専門家としての視点から提案しつつ、お互いの音や動きを感じ合って微調整していく。コラボレーションという言葉も乱用されすぎで、ただ一緒にやったら「コラボ」と呼ばれることも多いけれど、今回のかみむらさんたちとの「コラボ」は本当のコラボでした。僕自身、音とダンスにこんなに世界観を広げてもらえるとは思っていなかったし、完成する頃になってようやく「僕はこういうものが作りたかったんだ」と、逆に教えられたくらい。演出家のイメージを超えるのがキャストやスタッフの仕事ですが、それをやってくれたコラボでした。

出演者も全員素敵です。特に主演の水さんの、真摯さと人柄には惚れました。包容力があるのに驕り高ぶらず、謙虚なのにプライドの高い、俳優として見事な居住まい。「私、”調べ魔”なんです」と自白していたが、一単語一単語、どこまでも細かく調べて稽古場に臨み、僕の一言一言にも全力でリアクトしてくれる、意識の高い方でした。あとすごいセクシー。これって大事なことですよね。知的でセクシーでもあるなんていうのは、とっても難しいことですから。