PLAYNOTE 「公演活動」カテゴリー

"公演活動"

『PLUTO』、初日あけて / Podcastの配信はじめました / プルートゥ書いたり / TSA、ありがとうサヨウナラ / 僕は何に怒っているのか / 雑誌「悲劇喜劇」2015年1月号に寄稿しました / 夜明けはあるのか、ないのか、そしてそれは問題なのか / あとから気がつくこと / 『トーキョー・スラム・エンジェルス』稽古場、佳境 / 二兎社『鴎外の怪談』 / KAAT『Lost Memory Theatre』参加中 / 『河童』雑筆 / さぁ追い込め! 飛び越せ! 『河童』 / 『河童』全キャスト紹介 / 音楽劇『河童』、当パン「ごあいさつ(と同時に、芥川先生への手紙)」 / 主犯は俺、共犯はお前ら / 『河童』考3 / DULL-COLORED POP vol.14『音楽劇・河童』、7/18~! / 近況報告 / プルーフが始まる / 5/28(水)~、『プルーフ/証明』、演出します / 『河童』考2 / ハロルド・ピンター作/デヴィッド・ルヴォー演出『昔の日々』、翻訳します / 『河童』考1 / 4月の僕 / 城崎の昼、豊岡の夜 / 水中生活を終えて / おやすみBABY BABY / ENBUゼミナール卒業公演『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』小屋入り中 / 谷賢一WS@岡山のお知らせ / 水中が終わる / 1/22(水)22:00-『HOUSEでしゃべらナイト』、Ustream出演します / 大阪の夜にこぼしてきたもの / 小田島雄志・翻訳戯曲賞、授賞式&祝賀会&打ち上げ / 福岡が間もなく終わる / 福岡が間もなく終わる / アクアリウム福岡公演 / 『最後の精神分析』が、平成25年度第68回文化庁芸術祭・優秀賞を頂きました / 第6回小田島雄志・翻訳戯曲賞を頂きました / 水中、それは苦しい/アクアリウム / 水中を泳ぎ続ける/アクアリウム折り返し / 恐らく誰のためにもならないアクアリウム雑記 / 水中を生きる/アクアリウム・プレビュー開幕 / 水底で消える/『アクアリウム』明日プレビュー初日 / 『アクアリウム体験WS』をやる意図と狙い / 水中で息を止める/アクアリウム稽古日誌 / 水中を泳ぐ/アクアリウム稽古 / 今回のダルカラDMに書いた文章 / とりかっぱくん / 水中に潜る / 水中を書く / 月いちリーディング『癒し刑』に、ファシリテート&出演します / 『最後の精神分析』終了しました / 『最後の精神分析』補遺 / 『最後の精神分析』、初日あきました / / / ウォーキング・スタッフ『プルーフ/証明』翻訳します / DULL-COLORED POPプロデュース『最後の精神分析 ─フロイトVSルイス─』 / パーシモン・パレット・プログラム2013演劇コース 『View::points、あるいは海ぞいのまち』(仮) / DCPOP-WS@大阪、全日程終了 / 多都市間、演劇人交流 / リアルは現実を凌駕する / 大阪でもWS発表会やります / 一般公開/DCPOPワークショップ発表会 / DULL-COLORED POPに専任制作が加入しました / DCPOP2013ワークショップ・オーディション@東京・大阪告知 / S/F&P、ご来場誠にありがとうございました / 番外公演『プルーフ/証明』当パンごあいさつに代えて / プルーフ稽古進捗 / DULL-COLORED POP番外公演『プルーフ/証明』百花版演出します / シアターガイド・2013年6月号に掲載されました / ストレンジ・フルーツ、上演中 / 寄稿/SPT、悲劇喜劇 / 東京グローブ座『ストレンジ・フルーツ』演出します / 従軍中のウィトたんと、一つの季節に終わりに寄せて / 従軍中のウィトたん、あと4日、7ステージのみ / 語ること、演じること、その他メモ / Théâtre des Annales vol.2『従軍中のウィトゲンシュタインが、(略)』公演告知 / LINEのCMに出ました / 現状報告 / 劇作家協会・月いちリーディング/堀川炎作『緑の指』ファシリテートします / Joy Kids' Theater『オリバー!』まもなく / 俺とあがさと彬と酒と、を振り返る / 俺と彬だけ、あがさも酒もない / 俳優の生理 / 『ふたりマクベス』作品紹介 / 俺とあがさと彬と酒と・ウェブサイト更新情報 / ENBUゼミナール2012・春季演劇コース昼間部公演『図書館の自由に関する戦線 ~北の大地・クマ死闘編~』公演告知 / 俺とあがさと彬の初日 / 俺とあがさと彬と酒と、先行予約受付中 / フライングする俺の魂 / アトリエ春風舎プロデュースvol.3/工場の出口『テロルとそのほか』稽古見学に行ったよ / こんなに複雑な世の中で、投票なんてろくに機能しない / アフタートーク出演告知など / 人間失格・稽古進捗その6 / 人間失格・稽古進捗その5 / 人間失格・稽古進捗4 / 完全版・人間失格チケプレ実施中 / 人間失格・稽古進捗3 / 人間失格・稽古進捗3 / 人間失格稽古進捗2 / 人間失格稽古進捗 / DCPOP12『完全版・人間失格』一般発売開始 / 完全版・人間なんとかに、追加出演者:孔大維 / DULL-COLORED POP vol.12『完全版・人間失格』先行告知 / 今年もENBUゼミ先生はじめ / シアターガイド『わたしの今月』に連載します / アマヤドリ『フリル』アフタートーク出演します / DCPOPのWS/AD、終了 / 仙台ARC>Tワークショップ記録 / 『SHINSAI Theatres for Japan』終了しました / 谷賢一出演『駒場東大前商店街・夏祭りのテキ屋2012』 / 柏でやる、市民向けWS / 柏市民劇場CoTiK『PeTiT CoTiK』アフタートーク出演します / 深夜、電話稽古 / 資料調べの日々 / 劇作家協会主催・SHINSAI Theatres for Japan in Tokyo、演出します / 『千に砕け散る空の星』アフタートークに出てきます / 夏、仙台でWSやります@ウォーキングARC>T / 近況など / 劇作家協会のUstreamに出演します / DULL-COLORED POPでは制作者・スタッフも募集してます / 2012年、DCPOPワークショップ・オーディション / 『クリンドルクラックス!』翻訳してます / 劇団14歳『リボン』演出します / 日本劇作家協会の事業委員になりました / 谷賢一、お前最近、何やってんの? という問いへの一括返信 / 演出してます『女優二人、読む!』 / アトリエ春風舎プロデュースvol.2 / 範宙遊泳『夢!サイケデリック!!』 / ロンドン・ヤングヴィック劇場『カフカの猿』字幕翻訳します / 『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』終焉 / 動物に支配されるCoRichランキング / くろべ、追加公演・残席わずか / くろべ、間もなく公演終了 / 4/8夜、追加公演決定! DCPOP11、くろベージュ / くろとベージュの旅4 / くろとベージュの旅3 / くろねこちゃんとベージュねこちゃんの旅2 / くろねこちゃんとベージュねこちゃんの旅 / 『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、開幕 / 眠り姫と全裸の騎士 / 演出は楽しいねこねこ / 解放 / 日本の問題Ver.311にアフタートークゲスト出演します / DCPOP11『くろねこちゃんと(略)』仙台トークゲストに長塚圭史さん / 執筆公開1日目終了 / DCPOP11、チケットプレゼント実施中 / DCPOP11・プレ稽古初日のための、公開稽古連絡 / DULL-COLORED POP vol.11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』公演告知 / DCPOPに(遂に)百花亜希加入 / ヌード・マウス、公演終了 / ヌード・マウスなう / Théâtre des Annales『ヌード・マウス』、作・演出します / 明日初日 #wes2011 / noise #wes2011 / 若手演出家サミット2011、いよいよ本番 / 若手演出家サミット2011・キックオフミーティング間近 / ENBUゼミ小公演『わたしカットアウト』なる上演予告 / 日本の問題、明日が初日ですが / 朝焼け、ファイルのアップロード待ち、ぼやく俺 / アトリエ春風舎プロデュースvol.1『若手演出家サミット2011』 / 若手演出家サミットの素敵チラシについて / 「日本の問題」参加作品、『ボレロ、あるいは明るい未来のためのエチュード』 / 若手演出家サミット進捗報告 / 「日本の問題」先行通知 / 春風舎プロデュース『高校演劇サミット2011』の出場校が決まったらしい / アフタートーク出てきます『最後の炎』 / 若手演出家サミット2011のWS参加者募集中です / 誰か僕に入札して下さい / 鳥の劇場・鳥の演劇祭4に行ってきた / 若手演出家サミット2011、先行告知&ボランティアスタッフ募集 / 今さら振り返る『モリー・スウィーニー』 / 第2回・東日本大震災チャリティーオークションに参加しています / C.B.Jam2 終了 / DCPOP10『Caesiumberry Jam』好評上演中 / CBJAM2、稽古雑感 / Caesiumberry Jamチケットプレゼント実施中 / DCPOP10・キャスト全員インタビュー映像公開 / DCPOP10『Caesiumberry Jam』全情報解禁 / ウェディング街歩き8/1 / 演出家として今、考えていることメモ / 8/2(火)、青☆組アフタートークに出演します / DCPOP10、改訂台本脱稿 / オレ、オレ、オレ、書いてる。 / 葛木英が好きだ(結婚式続報) / 結婚式進捗 / [速報] DULL-COLORED POP活動再開記念公演『Caesiumberry Jam』情報解禁 / ナポリにいるよ / モリー・スウィーニーが残した疑問 / 『日本の問題』合同オーディションのお知らせ / トベる芝居 / 初日あけました / はい初日です / モリー・スウィーニー稽古中間報告 / 風琴工房『紅き深爪』アフタートークに出演します / ブライアン・フリール『モリー・スウィーニー』翻訳・演出します@シアタートラム / 犬花雑感日記 / つられて稽古する / SPT劇場ブログ更新その2 / コマツ企画ゼミ / 劇団員オーディション続報 / 世田パブ劇場ブログ / 『日本の問題』参加します / DULL-COLORED POP劇団員&客演募集告知 / 二兎社・シングルマザーズ、初日の思い出 / 時間堂演目変更 / 春風舎鼎談 / 二兎社『シングルマザーズ』の稽古場助手についています / 49時間WS試演会終了 / 49時間ワークショップ試演会、公開ダメ出し・公開稽古も! / 国道五十八号戦線、終了 / ananにフルヌードで載りました / 国道五十八号戦線を観に来いよ / 五ヶ月かけてやる『俳優のためのメンテナンスWS』 / 年末年始・49時間集中WSやります / アトリエ春風舎・芸術監督に就任します / 国道五十八号戦線・解散公演を演出します / 犬と串『ZONBIE』のアフタートークにゲスト出演します / 戯曲論と演出論まとめ / セミナー『私の戯曲論・演出論』について / 平田オリザWSのお手伝い in 愛知 / Project BUNGAKU罰ゲーム / 58撮影 / 人間失格な人々 / Project BUNGAKU『人間失格 - 太宰治』終了しました / 実験:CoRichの人々はWSとセミナーと飲み会と、どれに興味をもつか / 演技の基礎を考えるWS、戯曲論・演技論セミナー、ほか / 残席状況 / Project BUNGAKU休演日企画・演劇文学サロン(ユルめ) 上演時間情報 / 『人間失格』と『悪魔の絵本』 / Project BUNGAKU休演日企画・演劇文学サロン(ユルめ) / 誤解を解く / Project BUNGAKU、初日があけたのだ / 前夜 / Project BUNGAKU進捗 / Project BUNGAKUチケプレやってる模様 / スケベ椅子を探しています / Project BUNGAKUの稽古が先鋭化しつつある / Project BUNGAKUが朝日新聞に載りました / Project BUNGAKU、アフタートークゲストの変更・移動 / 谷賢一作・演出のProject BUNGAKU『人間失格 - 太宰治』、予約開始です / 本読み会:つかこうへい『熱海殺人事件 ザ・ロンゲスト・スプリング』 / やきとり焼いてきた / Project BUNGAKU『人間失格 - 太宰治』翻案・演出します / 青年団新人発表パレードチームの打ち上げ / Theatre Polyphonic『悪魔の絵本』脚本提供 / 谷賢一出演『駒場東大前商店街・夏祭りのテキ屋』 / 青年団新人創作発表があったよ / マリウス・フォン・マイエンブルク作『醜男』 / 最近考えていることなど / 深夜の咆哮その2 / 演劇なぞかけ7つ+1 / 10月公演のためのワークショップ・オーディション告知 / ジェットラグ『幸せを踏みにじる幸せ』満員御礼 / 『幸せを踏みにじる幸せ』初日あけました / ジェットラグ『幸せを踏みにじる幸せ』を、観たがって下さい。 / ジェットラグ・プロデュース『幸せを踏みにじる幸せ』作・演出します / 『日本語を読む』終演 / 『日本語を読む - 熱帯樹』初日あけて / 谷賢一演出/三島由紀夫脚本『日本語を読む その3 「熱帯樹」』 / 松山流、終演 / 松山立一人芝居『松山流』(4/16~18)に脚本提供をしたよ / Theatre Polyphonic 第一回公演・主要キャスト募集 / 復帰のご連絡と4月公演降板のお知らせ / ジェットラグ顔合わせ / 劇団スカラベ『私のこの目で』演出するよ / 5月『日本語を読む』のチラシ / 3月にワークショップやるよ / 僕の肩書きや所属について / 4月ミュージカル顔合わせ / 新宿系演劇人代表として『歌舞伎町ブレインストーミング』に出演するよ@2月20日(土) / 『犬ども』終演 / 『幸せの歌をうたう犬ども』夜全部完売 / 青年団演出部に入りました / 売れ行き / 『幸せの歌をうたう犬ども』チケプレやってます / 『幸せの歌をうたう犬ども』、脱稿 / 俺単独企画公演『幸せの歌をうたう犬ども』公演予告 / 谷演出ミュージカルのオーディション情報 / 今年一番の演劇 / DULL-COLORED POPシークレットイベント『プルーフ/証明(Repirse)』1日限り上演 / 12/4(金)、青☆組『午后は、すっかり雪』のアフタートークに出演します / フジコとの再会 / スポーツ演劇VSお料理演劇 / 演劇悪魔のワークショップ・オーディション&単独企画公演のお知らせ / DCPOP秘密イベント / 大入り袋集 / DULL-COLORED POP活動休止記念公演を振り返る / 柏市民劇場CoTiK企画公演『家族の在り方』 / CoRich! 舞台芸術まつり2009にて俳優賞ゲット / DCPOP9、CoRich! にてチケプレ実施中 / 心が目を覚ます / サラ・ケインと俺と。何故4.48サイコシスを上演するのか。 / DULL-COLORED POP稽古場公開 / サラ・ケインと話す / DCPOP9『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』稽古開始 / 役者・小栗剛についての端書き / 中屋敷くんについて / DCPOP9『プルーフ/証明』『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』上演のお知らせ / DULL-COLORED POP活動休止のお知らせ / なぜお前が出演する / 柿喰う客『悪趣味』のアフタートークに出演します / 引っ越しパーティー明日 / 期間限定・DULL-COLORED POP台本販売 / モリエールとツーショット / 次の公演について / マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人、公演終了 / PIKOからのメール / 明日から小屋入りブランヴィリエ / タイムテーブル表示テスト / ブランヴィリエ稽古 / ブランヴィリエ侯爵夫人、稽古状況 / DCPOP8『ブランヴィリエ侯爵夫人』、チケットプレゼント実施中 / 青☆組のアフタートークに出演します / アロッタファジャイナ『溺れる家族』アフタートークに出演します / DULL-COLORED POP vol.8『マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人』 / マリー2nd脱稿 / 不幸の王子 / DCPOP8、そろそろ情報解禁/フライヤーできた / DCPOP-WS/AD第一組終了 / DCPOPに北澤芙未子が劇団員として加入 / feblaboプロデュース『これからの小劇場についてまじめに考える会』 / WS台本『月並みはなはし(っぽい)』 / やけに不適 / 文体 / ワンダーランドに劇評が掲載されました / DULL-COLORED POP WS/AD / ショート7回想 / 『ショート7』、間もなく閉幕 / 演劇感想文におけるモラル / 稽古日誌:『エリクシールの味わい』 / アフタートークイベント『キャバクラードポップ』詳細 / 稽古日誌『アムカと長い鳥』 / 松枝さんが本気だ / STスポット主催公演『二人で狂う』上演中止のお知らせ / 稽古日誌: 『ソヴァージュばあさん』 / WS/AD募集締め切り / 『ソヴァージュばあさん』のタイトルの意味 / 稽古日誌: 堀越涼ひとり七役『藪の中』 / 稽古日誌: 『Bloody Sauce Sandwitch』 / ワークショップ/オーディション開催!4/12・13 / 「CoRich! 舞台芸術まつり! 2009春」の一次審査を突破 / 『ショート7』特設サイトOPEN / 『息をひそめて』稽古 / DULL-COLORED POP第7.7回本公演『ショート7』 / 脚本の声を聴く / 15mm参加『15分しかないの』終了 / 初日あけて / Mrs.fictions『15 minutes made vol.5』本日より / DCPOP新作短編『15分しかないの』稽古も佳境 / 稽古における演出家と俳優 / DULL-COLORED POP新作『15分しかないの』近日公開 / 柏市民劇場CoTiK『源氏物語』終演 / CoTiK『源氏』走り書き / 柏市民劇場CoTiK『源氏物語』告知 / CoTiK稽古始め / 2008年総括 / CoTiK第二回公演『源氏物語』脱稿 / 劇評サイト・wonderlandに『JANIS』評が掲載されました / 台本が難航しても稽古には行く / 俺と源氏物語 / 決戦前夜 / そして『JANIS』を振り返る俺 / 俺・脚本提供:ギリギリエリンギ明日から / JANIS、初日&土曜日完売 / JANISバンド単独ライブ(いきなり) / ジャニス進捗 / DULL-COLORED POP#7『JANIS』、間もなく上演 / スタジオ入り / ジャニスが決まりました / LOVE JANIS / elePHANTMoon次回公演のPPTに出るよ / 4x1hで『ソヴァージュばあさん』が二位でした / 柏市民劇場CoTiK、二年度目助成金採択 / G.com『闘争か逃走か ~或いは、浄水器販売員の異常な日常~』 / DULL-COLORED POP次回公演『ジャニス・ジョプリンの生涯(仮)』主演女優オーディション / この一年半の演劇活動を振り返って、ただぼやくだけ / 『小部屋の中のマリー』を振り返って / 『小部屋の中のマリー』、感想集 / 『小部屋の中のマリー』、残席情報 / 『小部屋の中のマリー』、公演中止 / 小屋入り/「ソヴァージュ」無料公演 / DULL-COLORED POP第六回『小部屋の中のマリー』いよいよ / 『若草』修了 / JMS小屋入り、4x1h脚本初稿脱稿 / 何マジになっちゃってんのwww / 公園でカイトを獲得する / 谷賢一翻訳・演出ミュージカル『Little Women~若草物語~』 / DCPOP次回公演、CoRichに登録したよ。 / ミュージカル稽古進行中 / ミュージカル稽古開始 / 脚本・時間堂・JMS・DCPOP・4x1h / 新宿タイニイアリスの小屋つきさんになりました / CoTiK反省会 / 地域活性化プラットフォーム事業(柏市)成果報告会 / CoTiKメモ / CoTiK『ロミオとジュリエット』上演終了 / CoTiK『ロミジュリ』、ただいま仕込み中 / DULL-COLORED POPでワークショップオーディションをやるよ / CoTiK『ロミジュリ』来週本番 / CoTiK『ロミジュリ』フライヤーを作った / 柏市民劇場CoTiK『ロミオとジュリエット』予約受付開始 / 2007年総括 / 来た、見た、勝った。柏CoTiKオーディション一日目終了 / CoTiK Produce『藪の中(Remix)』終了 / CoTiKの説明会やったりしてた / CoTiK Produce『藪の中』をやるよ@11月4日 / ジャム芝居、終了 / やばいやばい満席! / DULL-COLORED POP vol.5『Caesiumberry Jam』 / CoTiK.org オープンしました / DULL-COLORED POPのコミュニティができたよ / 一週間で芝居作り - おやつの時間堂『Proof』 / 『Proof』、訳者あとがき / 谷WS for 明大文化プロジェクト'07 / 柏でコミュニティ・シアターを! CoTiK創設 / 時間堂&黒澤世莉の楽しい日曜ワークショップ / 猫道ロックフェスティバル'07『息をひそめて』終了 / 猫道ロックフェスティバル'07 開催迫る / 『ピンポン、のような』今日が千秋楽 / 今日から小屋入り@『ピンポン、のような』 / DCPOP新作『息をひそめて』 in 猫ロック / 初めて演出助手します@時間堂『ピンポン、のような』 / DCPOPサイトリニューアル / DCPOP4『ベツレヘム精神病院』、公演終了 / DCPOP4、明日千秋楽 / DCPOP4、稽古状況 / 明大前⇔自宅間 2時間50分 / DULL-COLORED POP vol.4『ベツレヘム精神病院』予告 / 週間マガジン・ワンダーランドに原稿が掲載されました / DCPOP次回出演・ハマカワフミエと飲んだ / Happening Arts Fujiko / 猫道一家vol.8、終了 / 劇団宝船『坩堝』にチラと出て来た / D-C.A-P『4 nudists』を終えて / アンチポップ稽古盛り / DULL-COLORED ANTI-POP『4 nudists』 / 猫道仮チラシ / 猫道一家・次回公演出演者オーディションに参加して来た / DCPOP3『国境線上の蕎麦屋』、終了 / 蕎麦屋 on stage now / ラジオデビュー / DCPOP3、声の出演・上野庸平 / DULL-COLORED POP Vol.3『国境線上の蕎麦屋』 / 上野庸平単独公演、終了 / 上野庸平単独公演『俺と阿修羅』 / DCPOP2 公演終了 / 五日ぶり / DCPOP2 チラシできた / ハルシネーション・ロッジ、終了 / 怪奇ヒューマン稽古日誌 / 交渉 / 怪奇£ヒューマン人間Vol.6『ハルシネーション・ロッジ』 / 主宰するということ / DCPOP Vol.2 顔合わせ / 照明家・松本大介さんと打ち合わせ / 怪奇$ヒューマン人間Vol.5『ロマンスの神様(シヴァ神)』 上演中断 / 怪奇ヒューマン人間 作演になりました / D-C.POP Vol.1 公演終了 / 最新作が最高傑作 / イヤッホー本番一週間前! / サイトができた / チラシができた / 『マクベス』報告記事が明大HPに / 名前が決まった / 11月に芝居やります。 / 『マクベス』公演終了 / 『マクベス』本番 / 『マクベス』近況 / 『マクベス』予約 満員御礼 / 演出は楽しい / 『映像学』終了 / 『七時限目の映像学』に関するお知らせ / 『七時限目の映像学』に参加するよ / 明大マクベス公式ウェブサイトが出来たよ / 明治大学文化プロジェクト『マクベス』公演情報&先行予約のお知らせ / 松岡和子さん・朝月真次郎さんにお会いした / 二の轍を踏まない。 / 稽古に困った / 明治大学文化プロジェクト公演『マクベス』 演出になったよ / 仕込み中 / タイトル案アンケート、結果発表 / どのタイトルが面白そう? アンケート / 僕らの代が代替わりです。 / 騒動舎次回公演『おとこのてんたいかんそく』 / OB of S.D.S. (Baka) / 今度の騒動舎は… / 『岸田國士オムニバス集 - 日本の女』 / 逆風吹いてる! / 怪奇ヒューマン人間、公演終了 / 一生瓶と機関銃 / 怪奇ヒューマン人間、本番十日前 / 次回公演のお知らせ / 騒動舎、明治大学を放逐される / 最新の公演/活動情報 / トップにもどる

2015年01月10日

『PLUTO』、初日あけて

[公演活動] 2015/01/10 00:28

シディ・ラルビ・シェルカウイ演出『PLUTO』@シアターコクーン、ぶじ初日があけました。初コクーンもハッピーだったが、ラルビという素敵野郎に出会えたことが何より嬉しい。以下、若干ネタバレつつ回想。

→この記事の続きを読む

2014年12月11日

Podcastの配信はじめました

[公演活動] 2014/12/11 15:50

私の主宰する劇団・DULL-COLORED POPで、Podcastの配信をはじめました。劇団員の東谷英人くんと、アメリカこぐまのプートンくんと3人で、雑談やら舞台裏話やら、まったり配信しています。

→この記事の続きを読む

2014年12月02日

プルートゥ書いたり

[公演活動] 2014/12/02 02:13

トーキョー・スラム・エンジェルスが終わって何してるのかというと、2月の劇団本公演の準備をしたり、1月に上演されるシアターコクーン『PLUTO』上演台本の直しをしたりしています。トーキョー・スラム・エンジェルスでは「日本が終わるガクブル」って話で、『PLUTO』では「世界が終わるガクブル」って話で、スケールがでかすぎて何か笑える。

→この記事の続きを読む

2014年11月29日

TSA、ありがとうサヨウナラ

[公演活動] 2014/11/29 02:33

TSAことトーキョー・スラム・エンジェルス、ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。以下、いつもの振り返り記事。

→この記事の続きを読む

2014年11月19日

僕は何に怒っているのか

[公演活動] 2014/11/19 20:13
tokyo-shibuya-road.jpg
SHIBUYA 2014

トーキョー・スラム・エンジェルス。呪文のように毎日このタイトルをつぶやいているのは、観に来て欲しいからに決まっている。この出演者、このスタッフ、そしてこの劇場でなければ、この作品は成立しない。そして青山円形劇場は消滅が決まっている。ということは、この作品は、少なくともこの形ではもう二度と、上演できないということだ。

読売新聞に劇評を掲載して頂いた。書き出しがなかなかふるっているので、少し引用させて頂く。

→この記事の続きを読む

雑誌「悲劇喜劇」2015年1月号に寄稿しました

[公演活動] 2014/11/19 20:07

雑誌「悲劇喜劇」2015年1月号に、『消え行く劇場たちと、10年後の演劇』と題した文章を寄稿しました。「特集=2014年の回顧、2015年の展望」という企画への寄稿だったのですが、今、10年後まで考えてのお芝居をやっていることもあり、今年とか来年とかじゃなくって、10年後を思った上で、さて来年どんな仕事をしようかと、そんなことまで考えてしまいました。

消え行く青山円形劇場への思いなんかにも触れています。よろしければ書店でお手にとって頂けると幸いです。

2014年11月15日

夜明けはあるのか、ないのか、そしてそれは問題なのか

[公演活動] 2014/11/15 00:46

『トーキョー・スラム・エンジェルス』、ぶじ初日があけました。初日というのは演劇人にとって一番、大切な日です。千秋楽でワーキャー言ってるのはまだガキだ。初日、そこにきちんと間に合わせ、そこでどれだけ達成できるか。

そういう意味では、いい初日であった。明日もまた俺は、このお芝居が観たい。

→この記事の続きを読む

2014年11月07日

あとから気がつくこと

[公演活動] 2014/11/07 03:09

『トーキョー・スラム・エンジェルス』の稽古が進んでいて、後から気がつくことがある。今日も井上くんに「俺の役は最初***と言ってて最後にも***って言ってて、すごいリンクしてるよね」なんて言われて、書いた&演出してる俺の方が逆に「なるほど!」なんて関心したりしてた。

でもそういうことは、あるものだ。ここまで来ると、俳優の方が、役の背景には詳しい。

→この記事の続きを読む

2014年11月04日

『トーキョー・スラム・エンジェルス』稽古場、佳境

[公演活動] 2014/11/04 23:54
nyanko-at-ito.jpg
近所の定食屋の壁にある写真

Théâtre des Annalesの第三回公演『トーキョー・スラム・エンジェルス』の稽古が佳境だ。もう経済書は開かない。ただ稽古場で俳優を見つめ続けている。今日はラストの2シーンをゴリゴリと返し稽古し続けた。緊張感のある2場面を連続して稽古し続けた南果歩はさぞ草臥れたことだろう。それでも弱音を吐かず、むしろ笑っている彼女を僕はやはりとても好きだ。

先日の通しを見て、ドラマトゥルクの野村政之は「生き様だね」と言って帰って行った。そうだろう。計10人かな、登場人物がいて、うち1人を除く全ての人物の生き様を描いている。そして7人の俳優がいて、それぞれの生き様をぶつけ合いながら稽古している。演じるということは生きることだが、その人の生きてきたことがすべて演技には反映される。だからこそ誤魔化しはきかない。技術は磨けるが、生き様は、生きることでしか塗り替えていけない。

→この記事の続きを読む

2014年10月02日

二兎社『鴎外の怪談』

[公演活動] 2014/10/02 22:07

勝手に師匠と呼んでいる永井愛先生の新作、『鴎外の怪談』を観てきた。1年半前には「次は鴎外」と仰っていたから構想2年は固かろう。

最初は「え? 二兎社が鴎外?」と思ったもんだ。漱石や一葉はわかったが、鴎外はイメージになかった。しかし、入念な取材を元に題材を作者独自の世界観と思想で「独創」した、永井愛らしさ溢れる傑作であった。以下、短評。2幕冒頭からの展開が圧巻だったからそのことについて書く。

→この記事の続きを読む

2014年08月06日

KAAT『Lost Memory Theatre』参加中

[公演活動] 2014/08/06 15:31
2014-08-06 15.26.04.jpg
稽古場、足元

KAAT、神奈川芸術劇場、白井晃・アーティスティック・スーパーバイザー就任第一作『Lost Memory Theatre』。記念すべき節目で挑むのは、世界的な音楽家・三宅純の音楽そのものを舞台化すること。音楽・演劇・ダンスを織り交ぜながら描き出すのは失われた記憶の劇場。壁に塗り込められた音楽、鏡に透けるバレリーナの残像、記憶を亡くした俳優たち……。演劇、音楽、ダンスの官能的な交配が始まる。

→この記事の続きを読む

2014年08月01日

『河童』雑筆

[公演活動] 2014/08/01 02:30
2014-07-28 18.01.46.jpg
洋平、梨那、俺

高熱にうかされているようであった数ヶ月を終えて、冗談のように1日だけオフが手に入り、芥川先生の墓参りなぞしてみつつ、振り返ってみた『河童』。まずはたくさんのご来場、どうもありがとうございました。

→この記事の続きを読む

2014年07月15日

さぁ追い込め! 飛び越せ! 『河童』

[公演活動] 2014/07/15 15:20
2014-07-15 10.17.32.jpg
仕込み、バトンダウン

DULL-COLORED POP vol.14『河童』の、追い込みが始まっている。小屋入りした。初進出、吉祥寺シアター。初の試み、21人参加による音楽劇。初めて出会う、河童の国。初めてづくしの中、着々と仕込みが進んでいる。劇場併設の稽古場にいる僕は、振付助手の傳川くんが最後の振り確認&仕上げを行っている様を、眺めている。

舞台監督・鈴木拓、美術・土岐研一、照明・松本大介、音響・中田里司の力が結集し、河童界に飛び込むためのジャンプ台が準備されつつある。河童の国に行くのは、なかなか大変なのだなぁ。どんだけ金と時間とかかっとんねん。そしてもちろんマンパワーも。

→この記事の続きを読む

2014年07月12日

『河童』全キャスト紹介

[公演活動] 2014/07/12 01:52

前からやりたい、と思っていた、河童全キャスト紹介。無理矢理やってみることにした。今回、21人というダルカラ史上最大の人数が出演しているが、計画通り、一人のカブりもなく個性を発揮してくれておる。そしてその個性は、紹介し、書き残しておきたい。それは僕の責務でもあると思っていたので、眠い目こすりながら頑張って書いた。

皆様、彼らの奮闘を、是非に記憶に留めて頂きたい。

→この記事の続きを読む

音楽劇『河童』、当パン「ごあいさつ(と同時に、芥川先生への手紙)」

[公演活動] 2014/07/12 01:32

DULL-COLORED POP vol.14『河童』、18日~吉祥寺シアターにて。で、普段やらないんだけど、当日パンフレットに記載される「ごあいさつ」をブログに載せてみることにした。それなりに芥川ガイド的な内容も含んでいるし、僕の演劇史上2番目に長い「ごあいさつ」(原稿用紙4枚分)なので、ここに転載しておく。以下ネタバレなのでご注意あれ。

→この記事の続きを読む

2014年07月04日

主犯は俺、共犯はお前ら

[公演活動] 2014/07/04 01:43

音楽劇・河童の稽古は続くわけだが、4曲ほど振付付きの楽曲があって、みんなヘトヘト筋肉痛バリバリになっている。すごく頑張ってくれてるので僕はのんきにわぁわぁ応援したり素人考えで口出ししたりしているが、もし誰かが怪我でもしたり、倒れたりでもしたら、僕の責任である。主犯は俺だ。踊らせ過ぎ。みんなごめん。でも頑張って。

→この記事の続きを読む

2014年07月03日

『河童』考3

[公演活動] 2014/07/03 03:12

『河童』考と銘打ちながら、河童とは関係ないことも書く。

→この記事の続きを読む

2014年07月02日

DULL-COLORED POP vol.14『音楽劇・河童』、7/18~!

[公演活動] 2014/07/02 12:07

音楽に、悪い芝居の岡田太郎。振り付けに、冨士山アネットの長谷川寧、元快快の中林舞、ゲキバカ/梅棒の伊藤今人、そして世田谷シルクの堀川炎。原案・芥川龍之介、というゴージャスな布陣の中で、作・演出致します。今度のDULL-COLORED POPは皮肉たっぷりの音楽劇。河童。

以下詳細。

→この記事の続きを読む

2014年06月15日

近況報告

[公演活動] 2014/06/15 18:51


流転する日常、転変する身辺、点々と移動を続けながら、6/4に翻訳演出した『プルーフ/証明』が終わり、6/6に翻訳提供した『昔の日々』が初日をあけ、そして一昨日6/13、山崎彬との共作・共演出『恋のマジック・アワー 〜僕のママは食人鬼〜』が始まって終わった。

→この記事の続きを読む

2014年05月26日

プルーフが始まる

[公演活動] 2014/05/26 21:17

小屋入りしました。たぶん最後のプルーフが始まる。あ、なんか、どの日も残席、僅かみたいです。みんなどうもありがとう!

→この記事の続きを読む

2014年05月01日

5/28(水)~、『プルーフ/証明』、演出します

[公演活動] 2014/05/01 17:45

昨年シアター風姿花伝で上演して、観に来てくれたサンモールスタジオの佐山さんが「是非うちでも!」とお声をかけてくれまして、やります、『プルーフ/証明』、3回目。以下詳細。

→この記事の続きを読む

2014年04月27日

『河童』考2

[公演活動] 2014/04/27 05:11

今日も『河童』について考えた。

→この記事の続きを読む

ハロルド・ピンター作/デヴィッド・ルヴォー演出『昔の日々』、翻訳します

[公演活動] 2014/04/27 03:50
oldtimes.jpg
フライヤー

2014/6/6(金)~15(日)@日生劇場、そして19(木)~22(日)@大阪・梅田はシアタードラマシティで上演される、ハロルド・ピンター作/デヴィッド・ルヴォー演出の『昔の日々』、翻訳で参加致します。初ピンター訳、初デヴィッドとの絡みで、複雑ながらも興奮しております。以下、僕とピンターの歴史について。

→この記事の続きを読む

2014年04月19日

『河童』考1

[公演活動] 2014/04/19 02:24

DCPOP次回本公演、『河童』のざっくりした概要が公開になった。番外公演『プルーフ/証明』の、次の作品である。

芥川龍之介『河童』を題材にした、音楽劇である。「頭おかしいんじゃないの?」って、言われるために、準備しました。いろいろ、頭のおかしな企画です。が、それはそれとして、芥川の『河童』について、少し書いてみる。眠りに落ちる前に。

→この記事の続きを読む

2014年04月07日

4月の僕

[公演活動] 2014/04/07 03:06

今月は本当に、変な月だ。ひたすら、書き続けている。

→この記事の続きを読む

2014年03月28日

城崎の昼、豊岡の夜

[公演活動] 2014/03/28 23:02

2014年6月。豊岡市に劇作家が100人単位で集結する、劇作家大会なるイベントがある。僕も参加予定で、山崎彬くんと二人で一本書き下ろして、玄武洞っつー天然洞窟で作品を上演するつもり。その下見ってことで、豊岡市へやって来た。

→この記事の続きを読む

2014年03月23日

水中生活を終えて

[公演活動] 2014/03/23 02:44

もう1週間経ちますが。DCPOP#13『アクアリウム』、岡山・天神山文化プラザにおける49ステージ目の最終公演を終えて、無事に全日程が終了致しました。以下、雑感など。

→この記事の続きを読む

2014年03月06日

おやすみBABY BABY

[公演活動] 2014/03/06 02:15
enbu-nekochan-shugo.jpg

ENBUゼミ卒業公演『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、無事終演しました。ご来場の皆様、どうもありがとうございました。

→この記事の続きを読む

2014年03月03日

ENBUゼミナール卒業公演『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』小屋入り中

[公演活動] 2014/03/03 15:42

本日より、またシアター風姿花伝に小屋入りしております。僕が先生やってるENBUゼミナールの卒業公演『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』の本番が、3/4(火)・5(水)の2日間、行われるんだ。

→この記事の続きを読む

2014年02月07日

谷賢一WS@岡山のお知らせ

[公演活動] 2014/02/07 17:14
okayama-ws.jpg
ちらし

突然だけどみんな! ぼく(谷賢一)、2月22日(土)・23日(日)の2日間、10:00~16:00というスケジュールで、岡山で会話と会話劇に関するワークショップをやることになったんだ! 岡山は初めて行く街だから、是非多くの人に参加して欲しいんだ。まだ定員にちょっぴり余裕があるそうなので、お、岡山! と思った方は、是非ご参加ご検討下さいませ。

以下、詳細。「続きを読む」をクリックしてね。

→この記事の続きを読む

2014年01月27日

水中が終わる

[公演活動] 2014/01/27 00:45

DCPOP『アクアリウム』、大阪公演が満員御礼のうちに幕を閉じ、続いて幕を開けた仙台公演も満員御礼のうちに明日、幕を閉じる。明日で45ステージ目。終わりなき日常の旅も、明日で一旦、閉幕である。3月に一つ、岡山公演を残しているが、中一ヶ月あくので、まぁ別枠と思っておこう。

→この記事の続きを読む

2014年01月20日

1/22(水)22:00-『HOUSEでしゃべらナイト』、Ustream出演します

[公演活動] 2014/01/20 19:26

仙台公演を前に、仙台boxes Houseにて、僕と、仙台ゲスト出演の原西忠佑さんと、中村梨那、一色洋平、仲間なんとか、その他ゆかいなゲストたちと、Ustreamでトークする企画があるんだって! たくさんの人、観て下さいましね。

DULL-COLORED POP「アクアリウム」仙台公演特別企画 LIVE配信『HOUSEでしゃべらナイト』

001「ダルカラが仙台にやってきた!」
日時:1月22日(水)22:00-
配信URL:http://goo.gl/0EL8Vt

──DULL-COLORED POP 作・演出の谷賢一と仙台公演ゲスト出演の俳優 原西忠佑が「アクアリウム」にまつわるエピソードをトークしたり、しなかったり。視聴者の皆さんからの質問に答えたり答えなかったりする、ゆる〜いトーク番組です。眠れない夜のお供に、のぞいてみませんか?

詳細:Facebook - Ust配信「HOUSEでしゃべらナイト」

2014年01月17日

大阪の夜にこぼしてきたもの

[公演活動] 2014/01/17 01:33

DULL-COLORED POP『アクアリウム』大阪公演のために、大阪入りしておる。相変わらず貧乏劇団であるがゆえに、一泊2000円という豚でも泊まれねぇ値段の部屋に泊まっているが、謎に個室なのでパソコンを叩けている。大阪『アクアリウム』は明日が勝負時で、クオリティの大半は明日に決まるから、早く眠ろう。

以下は、ただ僕のための雑記。

→この記事の続きを読む

2014年01月15日

小田島雄志・翻訳戯曲賞、授賞式&祝賀会&打ち上げ

[公演活動] 2014/01/15 20:32
2014-01-14 23.39.51.jpg

小田島雄志・翻訳戯曲賞の授賞式に行ってきました。沢山の方に勿体ないお言葉とお気持ちで祝って頂き、嬉しさ余って、む、む、む、むず痒い!この栄誉ある賞名に恥ずかしくない仕事を重ねていこう。演劇の未来を担いたい。写真は同時受賞の中村まり子さんと小田島先生とクズ。

→この記事の続きを読む

2014年01月12日

福岡が間もなく終わる

[公演活動][公演活動] 2014/01/12 01:33

福岡3ステージが終わった。東京は、走っても走っても終わらないロングマラソンのような感覚であったが、福岡はもう終わる、短距離走のようである。小さな喜びであるが、今日の夜のステージが、今までの全36ステージ中、最も出来の良いステージであった。ここに来て、まだ良くなると思えるということは、まだ13ステージ残っている我々にとっては、とても心強いことである。アクアリウム。

→この記事の続きを読む

福岡が間もなく終わる

[公演活動][公演活動] 2014/01/12 01:33

福岡3ステージが終わった。東京は、走っても走っても終わらないロングマラソンのような感覚であったが、福岡はもう終わる、短距離走のようである。小さな喜びであるが、今日の夜のステージが、今までの全36ステージ中、最も出来の良いステージであった。ここに来て、まだ良くなると思えるということは、まだ13ステージ残っている我々にとっては、とても心強いことである。アクアリウム。

→この記事の続きを読む

2014年01月09日

アクアリウム福岡公演

[公演活動] 2014/01/09 00:44
2014-01-09 00.38.52.jpg 2014-01-09 00.38.07.jpg 2014-01-09 00.35.00.jpg
一色、もつ鍋、谷賢一

福岡入りを果たした我々である。10(金)19:30、11(土)14:00・18:00、12(日)14:00という4ステージでお送りする、ぽんプラザホールの我々である。金曜夜は完売間近、土曜夜はガラッガラの我々である。そして私は、生まれて初めて本州・沖縄以外の日本の大地を踏んだ。散々海外旅行をしておいてようやく九州というのは、本当に日本国民として出来損ないである。

→この記事の続きを読む

2013年12月25日

『最後の精神分析』が、平成25年度第68回文化庁芸術祭・優秀賞を頂きました

[公演活動] 2013/12/25 21:58

小田島雄志翻訳戯曲賞に続いて、『最後の精神分析ーフロイトvsルイス』が、平成25年度第68回文化庁芸術祭におきまして、優秀賞を頂きました。本当に有難う御座いました。受賞理由は、

「第二次大戦が勃発した日、ロンドンで精神分析の祖フロイト(木場勝己)と「ナルニア国物語」の作者C.S.ルイス(石丸幹二)が大舌戦を繰り広げた。日本では珍しい知的な刺激とおかしみに満ちた二人芝居。熱演の俳優のほか、濃密な空間を造形した訳・演出の谷賢一を高く評価する」

とのことで、喜び半端ナシです。

→この記事の続きを読む

第6回小田島雄志・翻訳戯曲賞を頂きました

[公演活動] 2013/12/25 21:40

最近Twitterでばかりぶつくさやっていて、ブログでのご報告が遅くなりましたが、この度、DULL-COLORED POP番外公演『最後の精神分析 ─フロイトVSルイス─』の翻訳にて、第6回小田島雄志翻訳戯曲賞を頂戴致しました。

第6回 小田島雄志・翻訳戯曲賞

「小田島雄志・翻訳戯曲賞」は毎年優れた翻訳戯曲を提供した方を対象に小田島雄志氏本人が選考を行い、金十万円を贈呈するもので、10年間をめどとして開催しています。

受賞対象作品: マーク・セント・ジャーメイン作「最後の精神分析―フロイトVSルイス―」
翻訳: 谷賢一(作家・演出家・翻訳家)
実行委員:酒井誠・扇田昭彦・水谷内助義・小田島恒志

http://www.owlspot.jp/odashima_award/#2013

→この記事の続きを読む

2013年12月20日

水中、それは苦しい/アクアリウム

[公演活動] 2013/12/20 00:22

DULL-COLORED POP『アクアリウム』が、ようやく、ようやく東京公演折り返した。17/33ステージ終了、残15ステージという格好。残15、これだけでも普段なら一本の公演に値する数である。つまりここから、もう一公演やり切る覚悟が必要であるということである。

以下すこしネタバレ。

→この記事の続きを読む

2013年12月17日

水中を泳ぎ続ける/アクアリウム折り返し

[公演活動] 2013/12/17 00:34

待ってましたの山崎彬が平成の妖怪さながらに大活躍をぶちかまして、晴れがましく去っていった。アクアリウム、東京で14ステージ終了。正確にはまだ折り返していないが、気分的には折り返しだ。まだご覧でない方、そろそろタイムリミットですぜ。

以下、雑記

→この記事の続きを読む

2013年12月08日

恐らく誰のためにもならないアクアリウム雑記

[公演活動] 2013/12/08 03:01

これは恐らく誰のためにもならない雑記です。今日、僕が、『アクアリウム』を観に来てくれた友人たちに送ったメールより、いくつか引用。

ネタバレをかなり含みますので、『アクアリウム』観劇前の方は、観劇後にお読み頂ければ。いやマジで、ネタバレですんで。おまけに物語の解釈を、ある一定の方向に狭めてしまう。ご観劇後に、ぜひ。

→この記事の続きを読む

2013年12月06日

水中を生きる/アクアリウム・プレビュー開幕

[公演活動] 2013/12/06 02:25

DULL-COLORED POP『アクアリウム』プレビュー初日が開きました。はじめての体験がいくつもあって、とてもここには書き切れないくらい。演劇はじめて16年。まだまだ知らないことがたくさんあるんだな。

以下若干のネタバレ含みつつ今日の日記を。

→この記事の続きを読む

2013年12月05日

水底で消える/『アクアリウム』明日プレビュー初日

[公演活動] 2013/12/05 03:12

マジで8000文字くらい書いてたのに、間違えてリロードして全部消えちまった。俺の文章。結構いいこと、書いてたんだけどな。登山家、湘南の海、「病みつき」、演劇への愛、水底を歩く感覚、その他もろもろ。

だけど、消えちまったもんを嘆いていても仕方がないし、消えちまったもんはもう二度と同じようには書けない。だから新しく書き出すことにしたんだ。『アクアリウム』、明日プレビュー初日です。

→この記事の続きを読む

2013年12月01日

『アクアリウム体験WS』をやる意図と狙い

[公演活動] 2013/12/01 01:02

次回公演『アクアリウム』では、公演期間中に、「演技未経験者大歓迎!」「舞台上で、さっきまで出演してた俳優たちと、演劇体験してみよう!」という、『アクアリウム』体験ワークショップなるものを企画しています。いわゆる「バックステージツアー」ならぬ、「オンステージ体験」かな。

プロの俳優さんや俳優志望さんが来てくれてももちろん構わないけど、「お客さんの参加、大歓迎!」の意図と狙いについて、少しだけ書いておく。

→この記事の続きを読む

2013年11月29日

水中で息を止める/アクアリウム稽古日誌

[公演活動] 2013/11/29 00:42
orange-bird-and-blue-crocodile.jpg
とりとわに

DULL-COLORED POP vol.13『アクアリウム』、稽古が毎日どんどん進む。今日は、はっきり言って実りの多い稽古であって、久々に気分がいい。生きてりゃいいこともあるもんだ。12/5から。最初の5ステは1,000円引き&リピーター割引もあるから、お早めに観ておいて下さいませ。

写真は稽古場に置いてあるワニと鳥。とても仲がいい。

→この記事の続きを読む

2013年11月26日

水中を泳ぐ/アクアリウム稽古

[公演活動] 2013/11/26 23:43
2013-11-26 13.40.25.jpg
大原研二と一色洋平

いよいよ、本番まであと1周間と1日、というところです。DULL-COLORED POP vol.13『アクアリウム』。写真は稽古で声を張り上げる大原研二と一色洋平。今回のクレイジー・キーマン2人です。

最初に書いておきますが、最初の3日、4ステージ分がプレビューで、前売:2,000円なんて破格でご覧頂けます。ぜひ、前半でご覧頂きたい。そしてご感想を頂戴したい。お話は面白い。役者もいいです。でも今回、僕が「やっていること」は、ちゃんと伝わるんだろうか? ということを、いろんな人に聞きたいんだな。

→この記事の続きを読む

2013年11月25日

今回のダルカラDMに書いた文章

[公演活動] 2013/11/25 03:50

わたしたちDULL-COLORED POPでは、毎回毎回、アンケートにご協力頂きましたお客さまに、DM割引と称しまして、割引券と、あと私の愛のこもったメッセージを送付しております。今回特別に、『アクアリウム』のDMごあいさつ文面を、ここに掲載してみようと思います。

あ。これを読んだからといって割引にはならないからね。でも、ぜひ観に来てね、アクアリウム。どういう気持で、どういうお芝居を作ろうとしているか、ちょっとは伝わるかもしれないから。

→この記事の続きを読む

とりかっぱくん

[公演活動] 2013/11/25 03:08
torikappa.jpg
とりかっぱくん

DULL-COLORED POPの新しいマスコットキャラクターが欲しくって、ぼくが「とりかっぱくん」というのを描いてみましたが、どうにもならないクオリティなので、どなたかまともなキャラクターにしてもらえませんでしょうか。

しかし僕はこれからもとりかっぱくんを応援していきます! よく見るとかわいいでしょう? モスクワ芸術座に象徴される鳥の自由さと、河童の狂気と、僕のトレードマークのツンツン頭を融合したキャラクターにしたいんだ。

2013年11月21日

水中に潜る

[公演活動] 2013/11/21 00:41

DULL-COLORED POP vol.13『アクアリウム』の稽古を毎日している。頭の中はお魚でいっぱいだ。

→この記事の続きを読む

2013年11月07日

水中を書く

[公演活動] 2013/11/07 04:58

DULL-COLORED POPの新作、『アクアリウム』を書いている。

→この記事の続きを読む

2013年10月19日

月いちリーディング『癒し刑』に、ファシリテート&出演します

[公演活動] 2013/10/19 02:13

もうお馴染みかな? 劇作家協会主催で、だいたい毎月やっている戯曲のリーディング&ブラッシュアップの楽しいゆうべ、「月いちリーディング」にまた参加するよ! 今回もファシリテーターとして、この8月に王子小劇場で上演されたばかりの作品、劇団“ガラス玉遊戯”主宰・大橋秀和さんの『癒し刑』をファシリテーションするよ!
(なんだよファシリテーションって、バカじゃねーの。いい加減日本語訳作れや)

出演者がとっても豪華で、台風直撃かもしんない土曜の夜にやってるから、「あ、時間あいちゃった!」って人は、ぜひ来てみてね。ちっとも堅っ苦しくない、リーディング聴いて、それから戯曲についてあーだこーだ言う会だから、誰でも歓迎なんだよ! 以下詳細だよ。

→この記事の続きを読む

2013年10月18日

『最後の精神分析』終了しました

[公演活動] 2013/10/18 16:56
last-session-finished.jpg
人のいない舞台

DULL-COLORED POPプロデュース『最後の精神分析 ─フロイトVSルイス─』、無事、全日程が終了致しました。5日前に。えへへ。5日間何してたかって? えへへ。それは秘密だよ。

(注:と、↑みたいなこと書いてから、さらに1週間が経ってしまいました。10/18に書いて、10/25にアップしている。いよいよポンコツな私なのです)

→この記事の続きを読む

2013年10月08日

『最後の精神分析』補遺

[公演活動] 2013/10/08 00:51

現在おもいっきり公演中の『最後の精神分析 ─フロイトVSルイス─』、今日はアフタートークの日でありました。終演後、愛すべき演劇仲間&木場さん&お客さまとして来てくれていた永井愛大先生と一緒に少しだけ飲んだ。「今日こそは」と終電で帰ろうとして、一本逃して、池袋からタクシーだった。舌打ちの一つもしたくなるようなタイミングのはずだが、ほろ酔いな感じが気持ちいいので、少しだけ文章を書いて寝ようと思う。

以下、ネタバレ多いに含むので、あくまで観劇後の補遺としてお読み下さい。

→この記事の続きを読む

2013年10月06日

『最後の精神分析』、初日あきました

[公演活動] 2013/10/06 11:57

谷賢一VS木場勝己VS石丸幹二(with 中村梨那)のガチンコ論争劇、『最後の精神分析 ─フロイトVSルイス─』、初日があけ、2日目マチソワも終わり、そして3日目マチネの開演前であります。すでにご来場頂いた皆さま、ありがとうございました。まだだよって方、当日券も毎日少しずつ出ていますので、ご都合つけば是非。すでに「再演したいね」なんて話もありつつも、来年は全員スケジュールがいっぱい。見逃すと「最後」になるかもしれませんぜ。

→当日券情報

→この記事の続きを読む

2013年09月29日

[公演活動] 2013/09/29 01:41

『最後の精神分析 ─フロイトVSルイス─』の稽古が佳境である。今日の通しは、よかった。もちろん、まだ良くする。良くするけれど、やっと、ようやく、「演劇」になった日であった。

→この記事の続きを読む

2013年09月13日

[公演活動] 2013/09/13 00:54

「い……いい芝居を観たので、書き散らかして寝る」

悪い芝居『春よ行くな』を観てきて、それが笑いながらゲロ吐くくらい良かった。あれは、私の物語だ。と思って、珍しくいい気分なので、書き散らかして寝ようと思う。

→この記事の続きを読む

2013年08月30日

ウォーキング・スタッフ『プルーフ/証明』翻訳します

[公演活動] 2013/08/30 00:36
walkingstaff-proof.jpg

わーいわーい! 僕の翻訳の『プルーフ/証明』を、和田憲明さんが演出してくれるってさ! 出演者も豪華だね。

→この記事の続きを読む

DULL-COLORED POPプロデュース『最後の精神分析 ─フロイトVSルイス─』

[公演活動] 2013/08/30 00:23
freuds-last-session-flyer.jpg
フライヤー

こんな告知をするのは初めてだ。是非、観に来て頂きたい。だが、もうチケットがない。泣く子も黙る木場勝己×石丸幹二という大ベテランをお招きして、やってやるんだ。

キャロウェイ賞やニューボイス賞などに輝くアメリカの劇作家マーク・セント・ジャーメインの野心作を本邦初上演。俺が翻訳・演出。すっげー時間をかけて準備してきた、この勝負の一作。たった2人の俳優の会話劇で、人間の精神の奥底と、文明の虚しさを暴いてやろう。楽しみにしとけ。

→この記事の続きを読む

2013年07月30日

パーシモン・パレット・プログラム2013演劇コース 『View::points、あるいは海ぞいのまち』(仮)

[公演活動] 2013/07/30 02:48

明日から、目黒区芸術文化振興財団がめぐろパーシモンホールというとこで毎年やっている、中高生向けのワークショップで先生やってくるんだけど、最終日には発表があります。『View::points、あるいは海ぞいのまち』という短い戯曲を書きました。明日、初日に少し試してみてからやれるかどうか判断するつもりですが、東日本大震災で津波にさらわれた、とある「海ぞいのまち」を作ってみようと思っています。

→この記事の続きを読む

2013年07月19日

DCPOP-WS@大阪、全日程終了

[公演活動] 2013/07/19 01:42
2013-07-19 01.11.18.jpg
初日の「お食事会」の様子

大阪in→dependent theatre 2nd様の全面協力による、DULL-COLORED POPワークショップ・オーディション@大阪、総勢40名超のご参加を頂き、盛況のうちに幕を閉じた。

→この記事の続きを読む

2013年07月18日

多都市間、演劇人交流

[公演活動] 2013/07/18 01:39

今日も大阪WSであった。昼には対話と嘘の身体言語について、夜は身体的行動の方法について、いくつかのプログラムを行った。WS内容については、詳しく触れない。それは、WS会場にいた人にしか、共有できないものだからだ。

そしてその後、お食事会にて、謎にアチい演劇人トークが繰り広げられた。大阪、東京、仙台、福岡、新潟、静岡、京都、奈良、広島、名古屋と、本当に様々な土地な土地から人々が参加している。いいかい。全国10都市、もはやある種の演劇祭かという雰囲気である。

→この記事の続きを読む

2013年07月17日

リアルは現実を凌駕する

[公演活動] 2013/07/17 00:09

DULL-COLORED POPワークショップ@大阪が、4日間中2日、つまりは折り返しをもう迎えてしまった。総勢40人超の参加者が入れ替わり、毎コマ16人ずつ僕の前に立ちはだかる。すごく久し振りに、僕の原点であるスタニスラフスキーや空間歩き、意思と行動、そういったことについて、丁寧に、手を変え品を変え、ワークショップをしている。エチュードをワークショップ・プログラムでやるのは、本当に久し振り。

そこで感じた、いくつかのことについて。

→この記事の続きを読む

2013年07月16日

大阪でもWS発表会やります

[公演活動] 2013/07/16 12:29

先週末の東京WS発表会は大成功といっていい成果でありました。新プログラムでドキドキしてたけど、演劇の奇跡みたいな瞬間がいくつも見れたね。

そして今は大阪でWSやってるんですけど、そいつの最終日も発表・公開致します! 詳細は以下より。7/18(木)17時半~21時。

7/18、DCPOPワークショップ発表会@大阪in→dependent theatre 2nd!

2013年07月11日

一般公開/DCPOPワークショップ発表会

[公演活動] 2013/07/11 11:20

今週は、まるまる一週間、朝から晩までアトリエ春風舎にこもって、「言葉を語る/イメージを語る」と題したワークショップをやっています。「小学校の頃の思い出」をテキストに起こして語る、という内容です。俺とあがさと彬と酒と『マボロシ兄弟』やThéâtre des Annales『従軍中のウィトゲンシュタインが(略)』で得た知見や発見を盛り込んで、参加者のイメージを引き出そうと躍起です。

そのWSの発表会が、7/14(日)、一般公開で行われます。入場料はワンコイン・500円と、とってもお手軽。僕が「言葉」というものに何を盛り込もうとしているのか、僕が言葉やイメージとどう付き合ってるのか、お時間ある方はぜひ観に来てみて下さい。

以下詳細。

→この記事の続きを読む

2013年06月15日

DULL-COLORED POPに専任制作が加入しました

[公演活動] 2013/06/15 00:34

今年に入って一番めでたいニュースだ。2011年10月に当時の制作が脱退して以来、ゴーチ・ブラザーズの人々や、江古田のガールズの藤井くんや、武藤さんや、妻・沙織や、そして劇団員や、その他たくさんの人に助けられて何とかかんとか乗り切ってきたDULL-COLORED POPですが、この度めでたく、専任制作が加入しました。

→この記事の続きを読む

2013年06月06日

DCPOP2013ワークショップ・オーディション@東京・大阪告知

[公演活動] 2013/06/06 19:33

そういえば、PLAYNOTEの方では告知していませんでしたね。年に一回くらいずつやってる、劇団のワークショップ・オーディションであります。今年は大阪でもやるんだよ! たくさんのご応募お待ちしています。詳細は劇団公式ウェブサイトからどうぞ。

DULL-COLORED POP ワークショップ・オーディション2013 東京/大阪

DULL-COLORED POP主宰・谷賢一による約1年振りのワークショップです。2013年12月~2014年7月に予定されている劇団および外部演出公演の出演者募集を兼ねています。

今年のワークショップ・オーディションは、東京・大阪2都市で開催致します。それぞれ内容・時間・場所が異なりますので、それぞれの応募要項をよく読んでご応募下さい。

「WSって場所も大事だよね」
「俳優の技術は、最終的には人前に晒されて成長する」

と考えて、頑張り過ぎて、東京・大阪ともにWS会場として劇場を抑えちゃいました。東京はアトリエ春風舎。大阪はin→dependent theatre 2nd。期間中は劇場にこもりっきり。集中してワークショップしましょう。

http://www.dcpop.org/ws2013.html より

2013年06月04日

S/F&P、ご来場誠にありがとうございました

[公演活動] 2013/06/04 23:08

Strange Fruit & Proof、ぶじ全日程終了致しました。ご来場頂いた本当にたくさんのお客さま、どうもありがとうございました。

→この記事の続きを読む

2013年05月24日

番外公演『プルーフ/証明』当パンごあいさつに代えて

[公演活動] 2013/05/24 00:24

DCPOP番外公演『プルーフ/証明』が、明日、というか今日、5/24から初日を迎えます。この企画、流れとしては、

俺「俺、予定的に、2013年の上半期はいっぱいいっぱいだし、劇団員もどんどん伸びなきゃならん。貴様らで企画公演でもやってみよ。『プルーフ』とか、いいんじゃねぇの?」
劇団員A「やりたいやりたいー! 何これこの本超面白い!」
劇団員B「初演見たー! 超よかったー! やりたいやりたい、私の方がもっとうまくやれるー!」
俺「じゃあ頑張れ。俺は見てる」

から始まり、ノータッチの予定だったのだが、百花組から「ぜひ演出を」という声がかかり、俺もももちゃん大好きだし、仕方ねぇなぁ、と表面上は苦い顔しつつも、内心「やったー」と思いつつ取り組んだ企画であった。であるからして、主宰は百花亜希であり、今回僕は当パンにお得意の「ごあいさつ」というのを載せていない。載せていないので、ここに書こうと思う。

→この記事の続きを読む

2013年05月10日

プルーフ稽古進捗

[公演活動] 2013/05/10 01:39

キレキレです。キレキレになってきた。俺が。前回の、DULL-COLORED POP vol.9の『プルーフ/証明』をご覧の皆さま。あの感動を覚えておいでの皆さま。ぜひ、また来て下さい。ぜんぜん違う演出なのに、きっとおんなじ感動と興奮があります。前回をお見逃しの皆さま。ぜひ、今回来て下さい。ストレート・プレイとはこういうものだ、ということと、僕はこういう演出家だということが、存分に味わって頂けるはずです。つーか、面白くなって来ました。

CoRich観たい! 書いてね。
プルーフ/証明(谷 演出ver.) | DULL-COLORED POP★CoRich 舞台芸術!
ご予約はこちらから。
DULL-COLORED POP「プルーフ/証明(谷 演出ver.)」予約ページ(谷賢一)★CoRich 舞台芸術!

→この記事の続きを読む

2013年05月07日

DULL-COLORED POP番外公演『プルーフ/証明』百花版演出します

[公演活動] 2013/05/07 13:30
proof-new.jpg

今年の上半期は、ミュージカル『オリバー!』、Théâtre des Annales『従軍中のウィトゲンシュタイン(略)』、東京グローブ座『ストレンジ・フルーツ』と、スケジュールかっつかつで、劇団の公演はやれねぇなぁ、と思っていたんだ。で、劇団員に「自主公演とかやったら?」「プルーフとかいい本だし、いんじゃね?」とかけしかけてたんだけど、どういう巡り合わせか、僕が演出する運びになりました。

昨日、一昨日と、稽古を見てきて、台詞はもう入っているし、サブテキストや背景や人間関係への理解もかなり進んでいる状態で、あとは演出を加えるのみ、という、実に贅沢な状態からスタートさせてもらえそう。今回、僕はあくまで「外部から呼ばれた演出家としての」谷賢一、という設定でやらせてもらってるのですが、外部だろうがホームだろうが関係なく、やはり現場に立つと演出欲求がムクムクとわいてくる。2009年、劇団の休止間際に放ったあの閃光のような『プルーフ/証明』をアップデートし塗り替える、新たな『プルーフ/証明』を作りたい。

以下、公演詳細。

→この記事の続きを読む

シアターガイド・2013年6月号に掲載されました

[公演活動] 2013/05/07 13:21
theaterguide-201306.jpg

僕が演劇をはじめたきっかけ、について、お喋りしました。10代の頃の話から、演劇悪魔の由来まで。1ページこっきりですが、よかったらどうぞー。全国の書店でお求め頂けますー。今、ぼく演出で上演中のストレンジ・フルーツ主演・増田くんのインタビューや、圭史兄さん×小栗旬さんの対談など、見どころたっぷりです。

ストレンジ・フルーツ、上演中

[公演活動] 2013/05/07 13:02

東京グローブ座プレゼンツ、『ストレンジ・フルーツ』。上演中であります。東京は5月26日まで、大阪は5月28日(火)~6月2日(日)。

→この記事の続きを読む

2013年04月17日

寄稿/SPT、悲劇喜劇

[公演活動] 2013/04/17 02:42

雑誌・悲劇喜劇さまと雑誌・SPTさまに、それぞれ寄稿させて頂きました。嬉しいですね。本当に。こうやって活字にして頂くというのは。どんどんお仕事下さい。ぼく文字書くの大好きです。『モリー・スウィーニー』の方は裏話も入りつつ4~5ページ分がっつりと、小川絵梨子ちゃんや上村聡史さん、多田淳之介さんや中野成樹さん、中屋敷法仁くんなんかも寄稿していて、若手演出家がどーん! です。ぜひどうぞ。

寄稿
雑誌「悲劇喜劇」(早川書房)2013年5月号
続・私の演出ノート
『彼女の微笑みのために/「モリー・スウィーニー」演出を通して語る、私の演出論』
higeki-kigeki201305.jpg
寄稿
雑誌「SPT」09
『特集 本棚のなかの劇場──「劇的なる本」』
spt09.jpg

東京グローブ座『ストレンジ・フルーツ』演出します

[公演活動] 2013/04/17 02:19

5/3(金・祝)~26(日)まで東京グローブ座、5/28(火)~6/2(日)まで大阪シアター・ドラマシティで、NEWS増田貴久主演、脚本qui-co小栗剛、そんで演出おれによるお芝居、『ストレンジ・フルーツ』が上演されます。ウィトゲンシュタイン終わってから、正確には休演日から、毎日まいにちお稽古してます。

→この記事の続きを読む

2013年04月06日

従軍中のウィトたんと、一つの季節に終わりに寄せて

[公演活動] 2013/04/06 22:51

こまばアゴラ劇場にて絶賛上演中の、『従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインがブルシーロフ攻勢の夜に弾丸の雨降り注ぐ哨戒塔の上で辿り着いた最後の一行“──およそ語り得るものについては明晰に語られ得る/しかし語り得ぬことについて人は沈黙せねばならない”という言葉により何を殺し何を生きようと祈ったのか? という語り得ずただ示されるのみの事実にまつわる物語』が明日で終わり、この爆弾低気圧とともにひとつの季節が終わろうとしている今夜、手に取る本も手につかず、であるならば書くことが一番なので、書いて眠ることにする夜なのです。

お芝居は明日で終わります。

→この記事の続きを読む

2013年04月04日

従軍中のウィトたん、あと4日、7ステージのみ

[公演活動] 2013/04/04 01:26

Théâtre des Annales『従軍中のなんちゃら』、あと4日、7ステージで終了です。ぜひ、多くの方に観て頂きたいお芝居です。ウィトゲンシュタインの部分より、僕の部分を観に来て欲しい舞台だし、もっと言うと僕の部分より、俳優を観に来て欲しい舞台です。

以下、孤独と自由に関するメモ。

→この記事の続きを読む

2013年03月27日

語ること、演じること、その他メモ

[公演活動] 2013/03/27 01:22

明日から小屋入り、Théâtre des Annales『従軍中のウィトゲンシュタインがどうしたこうした』。稽古場でいろんな話をしている。今日はチェチェンの首切り動画について話したり、片岡仁左衛門の魅力について話したり、演じること/観ることについて話したり。いくつかメモ。

→この記事の続きを読む

2013年03月13日

Théâtre des Annales vol.2『従軍中のウィトゲンシュタインが、(略)』公演告知

[公演活動] 2013/03/13 06:05
annales2.png
チラシ

昨年『ヌード・マウス』でデビューした、谷賢一(DULL-COLORED POP)×伊藤達哉(ゴーチ・ブラザーズ)×野村政志(青年団)ら好奇心わくわくトリオによる演劇ユニット・Théâtre des Annalesの第2回公演が約半月後に迫りました。第1回のお題は「脳科学」でしたが、第2回に我々が選んだテーマは、20世紀、いや全世紀を通して最大かつ最変態な哲学者であるウィトゲンシュタイン! 舞台は第1次世界対戦のヨーロッパ東部戦線。生前に彼が唯一発表した哲学書である『論理哲学論考』は、何と戦場で執筆されていたのです。

「難しいことをやさしく やさしいことを深く
深いことを面白く 面白いことを真面目に
真面目なことを愉快に、そして愉快なことはあくまで愉快に」

とは故・井上ひさし先生の有名な座右の銘ですが、「哲学」という一見ぼくたちに縁遠い学問が、実はぼくたちの「生き方」と密接にリンクしていて、ウィトゲンシュタインの一見難解な哲学が、いかに人間臭く、祈りに満ちたものであったか、を描きたいと思っています。

以下詳細。

→この記事の続きを読む

2013年03月02日

LINEのCMに出ました

[公演活動] 2013/03/02 01:14
line-cm.jpg
我らがミッチー

どう説明していいのか全然わかりませんが、スーパーエキストラとしてLINEのTV CMに出演しました。TV放映版では後ろの方でちょこっと映ってるだけですが、こちらのWeb版では僕だけのカットがあります。

→この記事の続きを読む

2013年03月01日

現状報告

[公演活動] 2013/03/01 01:11

うむ。Théâtre des Annales vol.2『従軍中の若き哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが(略)』の、目下稽古中です。正直に言うと、台本がまだ最後まで上がっておらず、執筆と稽古の板挟みで、苦悩・苦闘しております。今の僕にはっきりと語れることは、「僕はやばいものを書こうとしている」ということと、「満足行くまで書き直し続ける」ということであり、これから帰結する結論は、「やばいものを書く」ということです。

難しいことを楽しく、わかりやすく。

→この記事の続きを読む

2013年02月19日

劇作家協会・月いちリーディング/堀川炎作『緑の指』ファシリテートします

[公演活動] 2013/02/19 22:34

劇作家協会が定例でやってる「月いちリーディング」という催しがあります。戯曲のブラッシュアップを目的としたリーディング・イベントで、作者本人を招き、大物劇作家もゲストに招き、作品をリーディングして、あーのこーの意見を言い合う、という参加型のイベントです。入場無料だけど40名くらいまでなので、ご予約はお早めにね!

3月、僕がファシリテートして、堀川炎ちゃんの『緑の指』をリーディング上演しますよ! ファシリテートってのはちゃんと説明すると面倒なんだけど、やってることは演出みたいなもんです。なかなか素敵なキャスティングですし、ゲストは鴻上尚史さん! とミナモザの瀬戸山美咲ちゃん! なので、よかったら遊びに来てね。以下詳細。

→この記事の続きを読む

2013年02月06日

Joy Kids' Theater『オリバー!』まもなく

[公演活動] 2013/02/06 21:00
oliver28.jpg

以前からTwitterや弊ブログNext Work欄にて紹介しておりましたが、いよいよ本番が迫りつつあります。Joy Kids' Theater『オリバー!』。

→この記事の続きを読む

2013年01月03日

俺とあがさと彬と酒と、を振り返る

[公演活動] 2013/01/03 20:31
2012-12-24 20.49.42

DULL-COLORED POP谷賢一×悪い芝居・山崎彬が岡田あがさを主演(玩具)にしてやりたい放題演劇やりまくるプロジェクト、「俺とあがさと彬と酒と」、第1回公演が無事全日程終了致しました。年末年始の大わらわ、歳末のご予定を殺してまでご来場頂いた皆さま、どうも本当にありがとうございました。歳末のご予定を殺せずにご来場できなかった皆さま、大変、残念なことをなさいました。

俺とあがさと彬と酒と、なんてタイトルにしたせいで、「あいつらふざけてんじゃねぇのか」と思われたようでしたが、結果、ガチの演劇作品が50分×2本並ぶ、大変濃密な演劇時空となりました。少し、振り返ります。

→この記事の続きを読む

2012年12月24日

俺と彬だけ、あがさも酒もない

[公演活動] 2012/12/24 03:14
IMG_1370.JPG
稽古風景写真 by mao。手前が俺。

俺とあがさと彬と酒と。という企画名のはずなのに、酒を飲まなくなってから2週間くらい経つ。って言うか、ちゃんと「酒」がメンバーだったのは最初の2日間だけであった。あとはひたすら、演劇ばかりやっている。当初は「酒でも飲みながらリラックスして一日中演劇の話してれば、俺と彬から、何か新しい創作アイディアが出てくるはず!」って設定だったのに、開始2日で「これやろう」ってのが決まってしまったから、酒は早々にドロップアウト。今俺は寝る前の晩酌、ほんの一杯だけ飲んで、明日の稽古に備えている。

そして今日は、岡田あがさオフ日ゆえ、俺と彬の2人稽古であった。俺とあがさとと酒と。企画名に偽りアリまくりだが、マンツーマンの濃密稽古は、本当に豊かだった。

→この記事の続きを読む

2012年12月22日

俳優の生理

[公演活動] 2012/12/22 02:22

ぼやくような日記である。

→この記事の続きを読む

2012年12月19日

『ふたりマクベス』作品紹介

[公演活動] 2012/12/19 03:40
07.jpg
あがさ画伯のイラスト

年末、12/27~31に上演される、「俺とあがさと彬と酒と」という企画公演で、僕は『ふたりマクベス』という作品を書き、演出しております。昨日、最後の1ページが机の上を離れ、俳優も台詞を覚え切り、あとは調整、という段階に来た。とても、いい本になったと思う。出演は悪い芝居の山崎彬と、小劇場界の悪魔女優・岡田あがさ。

→この記事の続きを読む

2012年12月15日

俺とあがさと彬と酒と・ウェブサイト更新情報

[公演活動] 2012/12/15 02:19
agatha-serifuawase.jpg

「俺とあがさと彬と酒と、オフィシャルウェブ」を更新しました。

今後も随時、更新していきます。更新するたび、サイトがどんどん、縦に長くなっていきます。

2012年12月10日

ENBUゼミナール2012・春季演劇コース昼間部公演『図書館の自由に関する戦線 ~北の大地・クマ死闘編~』公演告知

[公演活動] 2012/12/10 13:53
grizzly-bear.jpg
くま

今年もやってるENBUゼミの演劇先生。また今年も一本、書いてしまいました。いくら生徒発案のプロットがあったとは言え、馬鹿なのでしょうか。いや違う。常にベストを目指さないなら、演劇なんか辞めて、二股ケーブルで首吊って死んだ方がマシなんだ。だから今年も書きました。こんなの書きました。

飛び交う怒号! 漂う悪臭! 振る舞われる石狩鍋!
迫り来るヒグマの魔の手と、迎え撃つ図書館員たちの激闘! そして魂は天に登る!
自由とは? 共生とは? そして触れ合う、人の心、ヒグマの心!
図書館とクマを愛するすべての者共に捧ぐ、こげ茶色のレクイエム。
君は……羆の涙を見る……!

→この記事の続きを読む

2012年12月02日

俺とあがさと彬の初日

[公演活動] 2012/12/02 05:30

いい大人がマジになって、目をキラキラさせて演劇をやるプロジェクト、「俺とあがさと彬と酒と」の稽古初日があけた。今日は工場の出口『テロルとそのほか』を観て、ひたすら芝居について喋り、夜は渋さ知らズのライブを観て、ひたすら飲み、という初日であった。

別にふざけてるわけじゃない。何か同じアートピースを観て、お互いの感想や着眼点をシェアしようと思ってやっている。演劇を抽象論で語っちゃいかん。

→この記事の続きを読む

2012年11月26日

俺とあがさと彬と酒と、先行予約受付中

[公演活動] 2012/11/26 01:49

年末にやる、俺とあがさと彬と酒と、という正体不明な企画公演の、先行予約を受付中です。12/1まで。

先行予約特典として、「会場にて販売される当日パンフレットをサイン入りにてプレゼント」ということになってますが、これはお茶を濁すような当パンじゃなくって、俺と彬で、そうだな、50ページくらいさ、いや100ページあったっていいだろ、演劇論とか、書きまくってさ、こんな分厚い当パン読めねぇよバカ、って感じのを作りたいと思ってんだな。出演者の写真とか、稽古場のラフ写真とか、反吐が出るね。アイドルじゃあるまいし。あがさにはポエムとか短編小説とか書いてもらいたいな。彼女小説も書くようだし。

プレビューと観バラシ公演がお得過ぎるので、お早めのご予約を。詳細はこちらから。俺もいろいろ文章など書いています。

2012年11月21日

フライングする俺の魂

[公演活動] 2012/11/21 23:41

仕事が手につかない。優先順位とかさ、事業計画とかさ、あるじゃない? 締切厳守とか、署名捺印とか、あるじゃない? 義務とか、立場とか、あるじゃない? 本当にそれはあるのか? 自分という人間が、風に吹かれて飛んでいっちまわないように、鎖を絡めてる、だけじゃない? いつまでも子どもじゃいられない、なんて、それは、嘘じゃない?

→この記事の続きを読む

2012年11月20日

アトリエ春風舎プロデュースvol.3/工場の出口『テロルとそのほか』稽古見学に行ったよ

[公演活動] 2012/11/20 02:00
stage31826_1.jpg
ちらし

風琴工房の詩森ろばが創作過程に思考する仕組みをデザインすることによって、創作の強度が上がるのではないか、という仮定のもとに立ち上げた新ユニット。「思考する俳優」と「俳優と俳優、そして俳優と演出の相互コミュニケーション」をコンセプトとして、ドラマを構築します。

それが「工場の出口」という新ユニットの紹介なのですが、これ、俺が書いたんじゃなくって、ユニット公式で出されている紹介文なんですね。やっぱ詩森さんはこういうとこ、すげぇなぁ。自分で自分の企みを客観的に分析して、人にわかるように説明する。これって、なかなか、難しいことです。

という「工場の出口」というユニットの、演劇の稽古を今日は観て来ました。

→この記事の続きを読む

2012年11月18日

こんなに複雑な世の中で、投票なんてろくに機能しない

[公演活動] 2012/11/18 15:36
20120624.jpg

ちょっと面白い記事を読んだ。1人1票きっちり投票、じゃなくって、有権者からランダムに、「統計的に優位な数の」投票者を選んで投票させたら、民主主義はもちっとマシに機能するんじゃないか、というもの。

WIRED.jp「民意2.0:ランダムサンプル選挙で民主主義はもっと正しく機能する」

……2人の異なった研究者が、この純粋なアテネスタイルの主義に立ち返るよう提案している。1人は先駆的な暗号学者、もう1人はスタンフォード大学の政治学者である。どちらもすべての人に投票に行くよう促すより、登録有権者のなかから一部の人たちを投票人として無作為に選ぶべきだと主張している。こうして選ばれた投票人の投票結果が、より多くの人の意見を反映するというのだ。これは、統計的に有意な数の標本を集めるということだ。米国3億1,300万の人口だと、10万人ほども投票人がいれば、信頼できる結果が得られるという。

→この記事の続きを読む

2012年11月14日

アフタートーク出演告知など

[公演活動] 2012/11/14 20:02

『人間失格』振り返りエントリーもまだですが、近々に何件か、出演予定ありますゆえ、告知致します。

アフタートーク出演
11/20(火)19:30~ うさぎ庵Vol.10『よわくてやわらかくてつよい生き物』@アトリエ春風舎
青年団×劇団演研×渡辺源四郎商店という贅沢過ぎる取り合わせで、青年団・大塚洋×劇団演研・坪井志展の2人+日替わり出演者で送る濃密な会話劇。今日、稽古観てきたけど、熟練のお二人がへとへとになるような大変な作品でした。イントロの15分くらいしか観れなかったけど、面白かったよ!
アフタートーク出演
12/1(土)14:00~ アトリエ春風舎プロデュースvol.3/工場の出口『テロルとそのほか』@アトリエ春風舎
風琴工房・詩森ろばが、「思考する俳優のための新ユニット」として立ち上げた演劇集団。俳優らが持ち寄ったテーマや問題提起を元に、ディスカッションしたり、俳優創案による短編やモノローグドラマを作ったり、すっげー意欲的な試みで、実に春風舎らしい内容であると思われる。初日マチネにお邪魔して、率直な感想ぶつけてくるよ!
トークゲスト出演
12/8(土)18:00~ 日本劇作家協会/劇場版・月いちリーディング『ヒネミの商人』(作:宮沢章夫)@座・高円寺2
年に6~7回やってる戯曲のブラッシュアップのための「月いちリーディング」を、今回は劇場でやっちゃうぜ、というもので、今回取り上げる作家は、まさかの宮沢章夫さん。大先輩を前にして戯曲への意見・感想ガツガツ言ってきます。恐ろしえ。僕の他にも、鈴木聡(ラッパ屋)、マキノノゾミ、中津留章仁(TRASHMASTERS)、夏井孝裕(reset-N)と豪華ゲスト。出演者も「えっ?」って具合に豪華なので、僕はどうでもいいですから、ぜひぜひ!

2012年10月31日

人間失格・稽古進捗その6

[公演活動] 2012/10/31 01:54

稽古進捗、というか、小屋入り進捗。今日は場当たり、冒頭~幼年期のシーンを代替場当たったんだが、かなりテンションのアガる美術・照明・音響がぶちかまされており、いい気になりました。土岐さん、奥田さん、雅さん&堀くん、いい仕事するなぁ! そしてそれを統括する、普さんも。

→この記事の続きを読む

2012年10月30日

人間失格・稽古進捗その5

[公演活動] 2012/10/30 03:28

DCPOP、人間失格。@青山、円形劇場。

本日小屋入りして美術および音響・照明・装置の吊りこみ終わり、明日はいよいよ場当たりである。青山円形くらい赤子の手をひねるようにやっつけてやる。と、意気込みつつも、9年前に観た篠井英介主演『欲望という名の電車』@青山円形劇場の衝撃が忘れられない。

→この記事の続きを読む

2012年10月28日

人間失格・稽古進捗4

[公演活動] 2012/10/28 02:45

よし、ブログを書こう! 稽古がどんどん煮詰まっているよ! 「煮詰まる」というのは本来いい意味で使われる日本語なのに、何故いつの間にか「行き詰まる」と同じ意味で使われるようになってしまったのだろうね。DCPOP『完全版・人間失格』、11/1から初日だけど、ヘンテコなエキスをじゅるじゅる出して、毎日稽古場の鍋が煮返っております。是非に観に来てね! ご予約はこちらから

以下たいへんエキサイティングな稽古日記だよ!

→この記事の続きを読む

2012年10月24日

完全版・人間失格チケプレ実施中

[公演活動] 2012/10/24 00:39

DCPOP12『完全版・人間失格』、CoRich舞台芸術にて期間限定のチケプレ実施中であります。土日はさすがに売れ行き良好のため平日限定みたいですが、結構大盤振る舞いに、どーんと10組・20名様までご招待です。「観たい!」を書き込むだけでどなた様でも応募できますゆえ、どうぞよろしく!

http://stage.corich.jp/present_entry_register.php?stage_main_id=30936&view=1

人間失格・稽古進捗3

[公演活動][公演活動] 2012/10/24 00:25
a_lake.jpg

本日の稽古は脱皮のようであった。ざっくり2つか3つ、まるごとシーンを葬ったら、逆に背骨がしっかり見えた。殺してしまったあの子たちは、台本の中に眠っている。よく俳優も対応してくれている。頭の下がる思いであるが、手を緩めるのは逆にフェアじゃないので、明日もどんどんやりたいことやろう。

→この記事の続きを読む

人間失格・稽古進捗3

[公演活動][公演活動] 2012/10/24 00:25
a_lake.jpg

本日の稽古は脱皮のようであった。ざっくり2つか3つ、まるごとシーンを葬ったら、逆に背骨がしっかり見えた。殺してしまったあの子たちは、台本の中に眠っている。よく俳優も対応してくれている。頭の下がる思いであるが、手を緩めるのは逆にフェアじゃないので、明日もどんどんやりたいことやろう。

→この記事の続きを読む

2012年10月19日

人間失格稽古進捗2

[公演活動] 2012/10/19 00:54

僕は一人シリアスである。ほとんどノイローゼのように考え続けている。

→この記事の続きを読む

2012年10月14日

人間失格稽古進捗

[公演活動] 2012/10/14 02:43

こう見えて、毎日キチキチ、稽古しております。谷賢一です。人間失格稽古進捗について。

→この記事の続きを読む

2012年10月03日

DCPOP12『完全版・人間失格』一般発売開始

[公演活動] 2012/10/03 09:37

本日10/3(水)はDCPOP旗揚げ7周年であります。そんなめでたい日を記念して、AM10時よりDULL-COLROED POP vol.12『完全版・人間失格』、一般発売が始まりますぜ。ご予約はこちらから。

劇団公式サイトの情報をとてもとても詳しくまとめておいたので、ご覧になって下さいませ。

2012年09月21日

完全版・人間なんとかに、追加出演者:孔大維

[公演活動] 2012/09/21 22:40

DCPOPの命運をかけた一大事、vol.12『完全版・人間失格』に、追加キャストが決まりました。孔大維(コン・テユ)さんという若いライオンです。

→この記事の続きを読む

2012年09月04日

DULL-COLORED POP vol.12『完全版・人間失格』先行告知

[公演活動] 2012/09/04 10:00
ningenshikkaku-offshot.png
フライヤー用撮影のオフショット。左:原西、右:コロ。

やっと公開できます。11/1(木)~11/7(水)、青山円形劇場にて、DCPOP第12回本公演『完全版・人間失格』上演です。詳細は「続きを読む」から。

→この記事の続きを読む

今年もENBUゼミ先生はじめ

[公演活動] 2012/09/04 04:10
包帯チャム太郎「私が死んでも、代わりはいるもニャ」

今日はENBUゼミの演劇先生授業開きの日であった。昨年は追い詰められた挙句に1本新作を書くというわけのわからん頑張りを見せてしまった私だが、今年も年末に小公演をやることになるわけで、ざっと4ヶ月分の授業計画なんかを考えたりしていた。

写真は本文と一切関係ない、うちのヌイグルミねこ・チャム太郎が大怪我をした際の一枚。綾波レイを意識してみた。

→この記事の続きを読む

2012年08月31日

シアターガイド『わたしの今月』に連載します

[公演活動] 2012/08/31 04:24

9/1発売のシアターガイド・2012年10月号より、いろんな演劇業界人が「今月こんなの観るよ」というチラ裏を書いたり書かなかったりする名物コーナー「わたしの今月」に連載します。毎月チラッとしか書きませんが、担当さんから「写真は毎回変えていいです」と言われたので、どんどんおかしな写真を載せてやろうと今から楽しみにしています。初回は普通の宣材写真を使いましたが、さっそく次の11月号には両手大火傷の写真を載せてやろうとワクワクしています。かつてan anにフルヌード載せたくらいの恥知らずですから、怖いものなど一つもありません。

全国の書店・コンビニやAmazonさんで取り扱っておりますゆえ、手にとってみて下さいね!

アマヤドリ『フリル』アフタートーク出演します

[公演活動] 2012/08/31 04:16
flill.jpg
ちらし

ひょっとこ乱舞あらためアマヤドリとして再スタートした広田淳一率いる多動症劇団の最新作『フリル』、の、9/10(月)19:30の回に、アフタートークゲストとして出演してきます! 本当にどうしてもじっとしていられないらしく、アマヤドリ化しても乱舞しているそうですし、今年は日本全国津々浦々をホント勢力的に飛び回っていて、一体どういうことになっているのか私も楽しみにしておりました。DULL-COLORED POPからも中村梨那が出演しており、果たして演出の鬼・広田淳一に見放されずにきちんと板を踏めるのか、本番までヒヤヒヤしている私です。

ご予約・お問い合わせなんかはアマヤドリ公式サイトをご覧になるといいんじゃないかな! 是非観に来てね!

2012年08月23日

DCPOPのWS/AD、終了

[公演活動] 2012/08/23 14:55
ワークショップなう

DCPOP史上最大の人数が参加し、最終日は劇場借り切って行ったワークショップ・オーディションが終了しました。

→この記事の続きを読む

仙台ARC>Tワークショップ記録

[公演活動] 2012/08/23 14:18

仙台記録

8/17~19、「文化を通して東北の復興を応援していく」組織、ARC>Tさんにお呼ばれしまして、仙台にてWSやってきました。今まで芋煮会やらDCPOP旅公演やらで何度も繋がってきた仙台さんだけど、今回はじめてじっくり腰を据えて3日間WSやらせてもらって、やっとホントに「友達」になれた気がしたよ。

→この記事の続きを読む

2012年08月07日

『SHINSAI Theatres for Japan』終了しました

[公演活動] 2012/08/07 03:05

谷賢一演出『さようならII』荒井志郎&川村紗也 谷賢一演出『さようならII』荒井志郎&川村紗也
谷賢一演出『あの頃の私たちの話』木下祐子&渡邉亮 谷賢一演出『あの頃の私たちの話』木下祐子&渡邉亮 谷賢一演出『あの頃の私たちの話』木下祐子&渡邉亮 谷賢一演出『あの頃の私たちの話』木下祐子&渡邉亮

運営統括をやっており、2作品もリーディング演出をしていた、『SHINSAI Theatres for Japan in Tokyo』、無事終了致しました。ご来場下さった皆様、ご協力頂いた皆様、どうもありがとうございました。

以下、雑感。

→この記事の続きを読む

2012年08月03日

谷賢一出演『駒場東大前商店街・夏祭りのテキ屋2012』

[公演活動] 2012/08/03 03:56
納涼まつり。来たぜ、この時期が。

お待たせしました。久々の出演情報です。アゴラの近くの商店街で毎年やってる夏祭りで、テキ屋やります。実は一昨年もやったんだけど超楽しくて、2日間で焼き鳥の焼き方ずいぶん上達した覚えがあります。今年もバンバン焼き鳥焼くよ!

日程 8/23(木)18:00~22:00、8/24(金)18:00~22:00
場所 駒場東大前商店街(井の頭線・駒場東大前駅下車すぐ)
料金 入場無料(焼き鳥代は別途)
問い合わせ よくわかりません(><)

→この記事の続きを読む

2012年07月27日

柏でやる、市民向けWS

[公演活動] 2012/07/27 13:46
kt-ws.jpg
いつかの俺

柏市民劇場CoTiKの旗揚げ5周年記念企画として、柏でワークショップやってきます。参加費用、なんとワンコイン500円です。基本的に柏で演劇に興味のある人向けのWSだけど、内容はがっちり演劇のイロハをやるつもりだし、特に柏市民じゃなくても参加できるみたいなので(笑)、「栃木から来ました!」みたいな人がいても大変面白いと思います。

2012年8月11日(土)18:00~21:00。柏に来れる方は是非。そして柏市民でこのブログ読んでる方、ぜひぜひ。

→この記事の続きを読む

柏市民劇場CoTiK『PeTiT CoTiK』アフタートーク出演します

[公演活動] 2012/07/27 13:38
20120415-a0790_000290.jpg
ぷちこてぃっく

2007年に僕が立ち上げて、今も脈々と柏で活動を続けている市民劇団・柏市民劇場CoTiKの5周年記念公演に、アフタートークゲストとして出演してきます。29日(日)17:00の回です。えーと、何だこれ、すげぇな、全部で10も短編やって、数えてないけど20~30人くらい出るらしい。

→この記事の続きを読む

2012年07月20日

深夜、電話稽古

[公演活動] 2012/07/20 03:58
テスコ前にて。こらいいペンギンやわ!

8/5に劇作家協会総出でやる震災リーディング。の、わたし翻訳・演出担当の『あの頃の私たちの話』。に、出演するぼっこちゃんこと木下祐子嬢と、深夜の電話稽古を行った。まるっと1時間半。テキストの不明点や解釈なんかを1つずつ解決していく。

→この記事の続きを読む

2012年07月17日

資料調べの日々

[公演活動] 2012/07/17 04:23

読んだ本

来年3月に上演予定の台本をガガガと書いている。というと語弊があるね。書いていない。ひたすら資料を調べまくっている。ようやく、最低限ラインこれは読んでおかなきゃな、というラインまでは読めたので、荒々しくもプロットをまとめて、荒々しくも初稿書いてみることにする。ここからが地獄だ。

→この記事の続きを読む

2012年07月14日

劇作家協会主催・SHINSAI Theatres for Japan in Tokyo、演出します

[公演活動] 2012/07/14 14:18
shinsai-reading-flyer.jpg
チラシ

8/5(日)、リーディング公演やります。劇作家協会が主催で、アメリカの著名劇作家らの短編に加え、坂手洋二から平田オリザ、鴻上尚史から岡田利規の作品、さらにはミュージカルナンバーまで計20近い作品を「朗読」する震災支援のリーディングイベントです。

僕は第1部で2本やります。1本はリチャード・グリーンバーグ作『あの頃の私たちの話』、翻訳・演出。出演は木下祐子、渡邊亮。2本目は何と平田オリザ作のロボット演劇『さようなら Ver.2』を、人間の俳優で演出します。出演は荒井志郎(青☆組)、川村紗也(劇団競泳水着)

→この記事の続きを読む

2012年07月13日

『千に砕け散る空の星』アフタートークに出てきます

[公演活動] 2012/07/13 13:42
fly_t_120719_sennikudaketiru_m_pm_img_2.jpg
ちらし

7/19(木)よりシアタートラムで上演される、イギリス作家三人による共同執筆作品『千に砕け散る空の星』に、アフタートークゲストとして出演します。僕は7/26(木)夜、休演日開けのソワレに出て喋り倒して来るよ。

→この記事の続きを読む

2012年07月10日

夏、仙台でWSやります@ウォーキングARC>T

[公演活動] 2012/07/10 15:34
arct-kt.jpg
ガチWSだよ!

"ARC>T"こと「アートリバイバルコネクション東北」という団体さんの主催にて、夏、仙台でワークショップやってきます。全3回。仙台の俳優および演出家を対象に、すげー実践的なメソッドやります。

ARC>Tとは、「東日本大震災を機に失われた文化・芸術に関するひと・まち・場の再生と、東北復興に向けた諸活動にアートを通じて寄与するため、また、それに必要なネットワークづくりを推進する」ため、宮城県の舞台芸術関係者が立ち上げた団体です。少しでもお手伝いできるのならと一肌でもふた肌でも脱ぐつもりであります。仙台近郊にお住まいの方や、お知り合いのいる方は是非ご応募下さいまし。

以下詳細です。

→この記事の続きを読む

2012年06月22日

2012年06月18日

劇作家協会のUstreamに出演します

[公演活動] 2012/06/18 23:21

6月24日(日) 21:00~、日本劇作家協会のUstream番組に出演します。今年から入った新米委員を中心に、劇作家協会や演劇のことについてフリートーク、な予定ですが、なかなかに出演者が豪華です。ぜひご観覧を! 喋りまくってきますー。

日本劇作家協会 新運営委員・事業委員座談会

日時: 6月24日(日) 21:00~ (23時までには終了の予定)
配信チャンネル: http://www.ustream.tv/channel/gekisakka-kyokai
参加委員: 赤澤ムック(黒色綺譚カナリア派)、長田育恵(てがみ座)、瀬戸山美咲(ミナモザ)谷賢一(DULL-COLORED POP)、中津留章仁(TRASHMASTERS)、前川知大(イキウメ)
ゲスト(進行): 土田英生(MONO)

2012年度、劇作家協会には運営委員に加えて事業委員が新設され、若手の劇作家たちもその任に就きました。協会事業に初めて携わった委員たちが、劇作家協会について、自らの劇作について、大いに語り合います。委員たちの話は、「劇作家協会ってどんなところ? なにしてるところ?」と、度々いただく質問への答えともなるでしょう。答えはおそらくひとつではありません。だからこその座談会です。

2012年05月31日

DULL-COLORED POPでは制作者・スタッフも募集してます

[公演活動] 2012/05/31 01:16

タイトルの通りですが、DCPOPでは制作者・スタッフも募集しています。

→この記事の続きを読む

2012年05月30日

2012年、DCPOPワークショップ・オーディション

[公演活動] 2012/05/30 12:08
2012-dcpop-wsad-1000x1419.jpg

今年の8月、DCPOPのワークショップ・オーディションやります。3日間の稽古場ワークショップ+1日間まるっと劇場貸し切っての劇場ワークショップ(協力:シアター風姿花伝)です。2012年下半期~2013年下半期に予定されているいろんな公演(のうちの4つくらい)の、オーディションを兼ねています。定員に達し次第〆切とさせて頂きますので、なるべくお早めにご応募下さいまし!

詳細はこちらから。
DULL-COLORED POP - DCPOP、2012年ワークショップ・オーディション&劇団員・制作者募集のお知らせ
ご応募はこちらから。
DULL-COLORED POPワークショップ・オーディション 応募フォーム

シアターゲームやってお茶を濁すような奴じゃなくて、3日間かけてテキストとがっつり格闘するワークショップ、なるたけ実践的なワークショップにしたいと思っています。最終日にはシアター風姿花伝さまのご協力のもと、劇場での発表会なんかやろうと思ってんだ。我こそはという方は是非お早めに(毎回定員オーバーなのでマジでお早めに)ご応募下さいませ。

2012年05月29日

『クリンドルクラックス!』翻訳してます

[公演活動] 2012/05/29 08:32
fly_120728_krindlekrax_m_pm_img_1.jpg
チラシ

実はピンの翻訳家としては結構久しぶりのお仕事です。フィリップ・リドリー原作の舞台『クリンドルクラックス!』。演出は陰山泰こと陰山恭行氏。出演はD2ほかで活躍する若手ピチピチの阿久津さんから、酒井敏也、宮地雅子、大河内浩、鈴木勝秀、小田豊、ぼくもとさきこ、西本裕行、ROLLY、安寿ミラというベテラン勢まで、よくもまぁというほど手練だったり個性派だったりのキャスティング。そして俺にとっては、初の世田谷パブリックシアター進出です。翻訳だけだけど。

以下詳細です。

→この記事の続きを読む

劇団14歳『リボン』演出します

[公演活動] 2012/05/29 08:10
yoshidaaimi.jpg
吉田愛美

今、「中高生の女子どもを集めて演劇やるぞ」っていう、俺が一番苦手とするジャンルの舞台の演出をやっています。アシスタントプロデューサーとして名前を連ねているMrs.fictions今村圭佑くんのご紹介で、「今村がやるなら」ってことで引き受けたんですが、いろんなことにびっくりしながら、しかし参加俳優の熱心さに心打たれつつ、「若いっていいなぁ」とかではなく「若くても子供扱いしねぇからちゃんと演劇やれ」と基礎の基礎からビシバシ指導している最中です。

今年僕が手がける作品の中ではぶっちぎりの異色作であり、いろんな意味で空前絶後の取り組みですが、ただ演劇の神様にのみ真摯に、演出したい所存であります。以下詳細。

→この記事の続きを読む

2012年05月28日

日本劇作家協会の事業委員になりました

[公演活動] 2012/05/28 12:58
jpa-logo.jpg

日本劇作家協会の、事業委員というのに就任しました。定期的に開かれる運営委員会に出席して、あれこれ会議したりお手伝いしたりしていきます。

→この記事の続きを読む

2012年05月25日

谷賢一、お前最近、何やってんの? という問いへの一括返信

[公演活動] 2012/05/25 15:50

毎年5本も6本も間断なく舞台をやっていた俺なので、ちょっと間が空いた昨今、「谷さん何やってんの?」「ヒマなの?」「仕事ないの?」などいろんな質問をもらっていますが、無茶苦茶働いています。またちゃんと報告するけど、すげー聞かれるので、少しだけ報告。

→この記事の続きを読む

2012年05月13日

演出してます『女優二人、読む!』

[公演活動] 2012/05/13 13:43

3週間も前にチケット完売してしまったので告知等々一切しておりませんでしたが、この週末、リーディング公演の演出なぞ頼まれており、やっており、やっています。記録のために書き残しておくよ。

→この記事の続きを読む

2012年04月23日

アトリエ春風舎プロデュースvol.2 / 範宙遊泳『夢!サイケデリック!!』

[公演活動] 2012/04/23 15:32
hanchu-yuei-dream.jpg
サイケチラシ

こんにちは、アトリエ春風舎・芸術監督の谷賢一です。普段どんな仕事をしているのかというと、トイレ掃除したり、切れた照明の電球とりかえたり、沈黙を続ける音響機材の機嫌をとったり、実に地味なことをばかりしているのですが、たまには芸術監督めいたこともやってます。

そのひとつ、「アトリエ春風舎プロデュース」と銘打って行う春風舎独自企画。去年の「若手演出家サミット」に引き続き、今回も若手気鋭の演出家をフィーチャーしてプロデュースしております。今回招聘したのは範宙遊泳。完全に年下・後輩劇団ながら、そのセンスと演出力、チームワークを、僕が一番恐れているし評価もしている劇団です。「春風舎に呼ぶなら、範宙遊泳がいいな!」ってずっと思ってたんだ!

平日のお昼だと安くなったりするみたいだし、25日の夜には僕のアフタートークに出るし、何か上演後にワークショップめいたことを実演する回もあったりするようだし、何より夢のお話だし、今俺の目の前で天井バトンから謎の吊り物を大量に仕込んでいる彼らだし、観に来てくれると俺が嬉しいです。
※こんな宣伝してるけどくれぐれもギャラはもらってません。

→この記事の続きを読む

2012年04月17日

ロンドン・ヤングヴィック劇場『カフカの猿』字幕翻訳します

[公演活動] 2012/04/17 04:33

ちょろりちょろりと報告してましたが、5/2(水)~6(日)にシアタートラムで上演される、ロンドン・ヤングヴィック劇場/キャサリン・ハンター1人芝居『カフカの猿 ~フランツ・カフカ「ある学会報告」より~』という作品に、字幕翻訳で関わっています。

2つの意味で超嬉しいんだよね。まずカフカは神。「好きな作家は?」って訊かれて、答えるのも恥ずかしいくらい神。影響されて一時期カフカっぽい寓話みたいなの書いていた恥ずかしい過去もあります。そしてキャサリン・ハンターの一人芝居に携われるという贅沢。キャサリン・ハンターと言えば、世界で一番尊敬してる演出家の一人、サイモン・マクバーニー作品や、野田秀樹作品の常連さんで、何度も劇場で観てノックアウトされた俳優。神さま2人のお役に立てるなら、そして神さま2人の名前を汚さないよう、字幕翻訳という地味だけど重要な架け橋として頑張る次第です。

→この記事の続きを読む

2012年04月12日

『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』終焉

[公演活動] 2012/04/12 15:51
2012-04-08 17.24.24.jpg

終わりました。劇団初の全国行脚。4週間の本番期間。御来場、誠にありがとうございました。全24ステージ、1500名にはわずか届かなかったものの、劇団としては最大動員。佐野くん以外は全員劇団員、というコアな公演にも関わらず、本当にたくさんの人に観て頂きました。ありがとよっ。

→この記事の続きを読む

2012年04月07日

動物に支配されるCoRichランキング

[公演活動] 2012/04/07 10:17

CoRich 舞台芸術!のトップページに表示されている、満足度ランキングが……。

corich-manzokudo-neko.jpg

ねこ、ねこ、ライオンと、動物、しかもネコ科に支配されている。日本の演劇状況における、ネコ科の台頭に驚きを禁じ得ない。ロ字ックが観たいなぁ。

くろべ、追加公演・残席わずか

[公演活動] 2012/04/07 09:29
PICT0227.jpg
Ohara Kenji

4/8(日)の夜、18時から急遽決定された追加公演、あと10席くらいです。くろねこちゃんとベージュねこちゃん。お早めにご予約どうぞ。追々加公演なんて、ないからにゃん。

→この記事の続きを読む

2012年04月06日

くろべ、間もなく公演終了

[公演活動] 2012/04/06 10:11
PICT0204.jpg
おれんち

長い長い戦いの果てに、『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、間もなく公演終了致します。もうちょっとで終わります。はっきり言って、ほっとしてます。いやまだ6ステージも残ってるわけで、ダメ出しも返しもチェックも宣伝も、あと精算作業とかあれとかこれとか死ぬほどあるから、ちっともほっとしてられないんだけれど、ひとまず東京凱旋公演は、初日の嵐以外は大事故もトラブルもなく進んでおります。

終わっちゃうから、観に来てね。ご予約こちらかられす。
http://ticket.corich.jp/apply/33830/003/

→この記事の続きを読む

2012年04月04日

4/8夜、追加公演決定! DCPOP11、くろベージュ

[公演活動] 2012/04/04 17:25
DCPOP11-title-logo.jpg

DCPOP11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、完売・札止め御礼につき、千秋楽、4/8夜18時より、追加公演が決定しました! スケジュールが合わなくて見れなかったようというあなた。もう一回見たいようというあなた。ぜひ、この機会に、DCPOPの愉快な仲間たちに、会いに来て下さいませ!

ご予約はこちらから!
http://ticket.corich.jp/apply/33830/003/

もうすでにご覧になった、という方は、ぜひぜひ、CoRich舞台芸術!の「観てきた」にコメントお寄せ下さいませ。どうぞよろしくお願い致します!
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=33830

2012年04月02日

くろとベージュの旅4

[公演活動] 2012/04/02 23:51
PICT0024.jpg
大阪・梅田

信じられないことかもしれないが、東京に帰って来た。東京、新潟、仙台、京都、大阪、広島、また東京。最初から予定されていた、ある意味出来レースの東京凱旋公演だが、各地方都市で吸い込んだ様々なエネルギーを溜め込んで、何も変わらない、でもまるで違う、何つーか合成獣(キメラ)のようなステージが幕を開けます。

DULL-COLORED POP vol.11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』。こんなにもオリジナルで、こんなにも練り込まれた一作は、向こうしばらくないでしょう。演劇も少しは楽しいな、って思えたのは、もしかすっと『ショート7』の頃以来、3年ぶりかもしれないね。4/2~4/8、アトリエ春風舎にて。

→この記事の続きを読む

2012年03月30日

くろとベージュの旅3

[公演活動] 2012/03/30 21:57
PICT0043.jpg
広島・原爆ドーム前

みなさん僕のことを覚えていますか。かつてDULL-COLORED POPという劇団の主宰として、東京で活動していた、谷賢一と言います。旅する猫芝居、くろねこちゃんとベージュねこちゃん、東京→新潟→仙台→京都→大阪と来て、ツアー最終から2つ目、広島の土地に入りました。今日は地元の高校生とワークショップなんかやったりして、夜は珍しくご当地名物を食べられたりして(広島焼き)、割と充実した一日でしたが、明日は本番です。

主に京都・大阪の感想など。

→この記事の続きを読む

2012年03月27日

くろねこちゃんとベージュねこちゃんの旅2

[公演活動] 2012/03/27 02:06

新潟を終えて、その後、仙台10-BOXを終えて、ただいま大阪。雪が降ったり宿でテンパったり車がぶっ壊れたり、いろいろありましたが、明日には京都公演、明後日には大阪公演です。

→この記事の続きを読む

2012年03月22日

くろねこちゃんとベージュねこちゃんの旅

[公演活動] 2012/03/22 13:20
2012-03-19 12.58.42.jpg
新潟りゅーとぴあ

DULL-COLORED POP『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、東京公演が終了し、地方都市あちこち旅回り。ねこちゃんたちと巡る日本全国ふしぎツアー。客席数70の春風舎から、800オーバーの大劇場・新潟りゅーとぴあへ飛び、そして明日からは客席数30の仙台10-BOX box 4です。無茶苦茶もいいとこですが、大丈夫。空間に合わせて、きちんと演出し直していきます。なので実質、7バージョンの『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』が誕生することになるわけだな。演出家ってそういう仕事だよね。

以下ちょこっとネタバレ。

→この記事の続きを読む

2012年03月15日

『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、開幕

[公演活動] 2012/03/15 11:55

DCPOP11、『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、昨日無事にアトリエ春風舎にて初日を迎えました。『ヌード・マウス』に続く、家族モノ第2弾として、ねこちゃんたちとのミラクル不思議ツアーにご一緒しませんか。

変な芝居ができました。何か新境地だし、何か温故知新だし、何か騒動舎っぽくもあり、何かギリシャ悲劇っぽくもあり、現代口語演劇的でもあり、よくわかりません。にび色ポップという劇団名を一番よく体現した公演になった感じです。

→この記事の続きを読む

2012年03月08日

眠り姫と全裸の騎士

[公演活動] 2012/03/08 09:24
2012-03-06 13.17.42.jpg
"affection"

くろねこちゃんとベージュねこちゃん、稽古は進む。昨日は通しを3回やった。インターバル20分で3回も通しをやるというのは生まれて初めてだ。インターバル20分で本番を3回やるのは、何度もあったが。

カバンをなくしてとても身軽になった私。所有する物質に所有されるという文明人のくだらねぇ正体に唖然としたり、PCないとツアー先でどうやって仕事すんのまた新しいPC買う金なんかねぇよという生活人としてのくだらねぇ悲鳴を押し殺したり、まぁいろいろである。大丈夫。死にゃあしない。

→この記事の続きを読む

2012年03月05日

演出は楽しいねこねこ

[公演活動] 2012/03/05 00:25
DSC_02310183.JPG

DULL-COLORED POP11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、あと一週間で小屋入りです。CoRich「観たい」欄見てたら鼻血出るようなコメントがあった。

観よう観ようと思って観ていない劇団がいくつかあるが、その一つが「DULL-COLORED POP」。
「作品は素晴らしい!」と言う噂と 「主宰がちょっと…」と言う噂を何度も耳にする度に、観なければと言う思いが強まる。どうやら今回はその機会に恵まれそうだ。期待はせず自然体で観に行こう。

くろねこちゃんとベージュねこちゃん | DULL-COLORED POP [観たい!] ★CoRich 舞台芸術!より。句読点・改行筆者)

多分どっちも当たってるので、是非観に来て下さい。……主宰がちょっと、何だろう。ひとでなし? ナルシスト? 自己中? 気取り屋? 売国奴? 人格破綻者? サイコパス? 悪党? 小悪党? バカ? うんこ野郎? げろしゃぶ野郎? ピーナッツ頭? ナイアルラトホテップ? 冷血漢? 風林火山? 悪だぬき? アル中? いけすかない? グレイプバイン? ジャスミンおとこ? 洗濯板? まな板? 六本木? 全部合ってる。

→この記事の続きを読む

2012年03月03日

解放

[公演活動] 2012/03/03 03:04

凄まじい解放感に浸っている。直し、直しの続いていたDCPOP11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』の最終稿が、脱稿した。「え? まだ脱稿してなかったの?」って思ってた人は、まだまだ甘いな。俺がこんだけブログもTwitterもほったらかしにしていたのだから、脱稿しているわけがなかろう。あそこ書き換え、ここをボツにし、を繰り返してツギハギだらけになっていた台本が、今ようやくキレーに製本されて全部印刷にかかっているところだ。ざまぁみろ!!

→この記事の続きを読む

2012年02月22日

日本の問題Ver.311にアフタートークゲスト出演します

[公演活動] 2012/02/22 17:59

昨年僕もDULL-COLORED POPとして参加した企画公演・日本の問題の新たなプロジェクトらしいです。3/6~3/11開催。で、収益金は全額復興支援のために寄付だそうで。わたし、3/9夜の回に、アフタートークゲストとして出演致します。

詳しくはこちらをどうぞ。
『日本の問題』Ver.311公式WEB SITE

実際問題の影響力や成果がどうこうというよりも、こうやって継続する、追悼の声を上げ続けるということが、やっぱり慰霊にとっても復興にとっても、そして今後の防災意識を育てる上でも大事なのだと思います。頑張ってね!

2012年02月16日

DCPOP11『くろねこちゃんと(略)』仙台トークゲストに長塚圭史さん

[公演活動] 2012/02/16 18:15

DULL-COLORED POP次回公演『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』仙台公演、@せんだい演劇工房10-BOX box-4のステージに、アフタートークゲストとして長塚圭史さんが決まりました。……嘘じゃないです。

3/24(土) 19:30~ トークゲスト: 長塚圭史(阿佐ヶ谷スパイダース・主宰)
次回公演: 『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』より

高校生の頃から超憧れていた大先輩にして宿敵な演劇人であり、ええともう何て言うか、大変な夜になりそうだ……。ビール飲もう。仙台のみんな、観に来てね。

2012年02月07日

執筆公開1日目終了

[公演活動] 2012/02/07 05:03

『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』の創作過程公開の一貫として行なっている、執筆公開1日目が無事に終了した。本当に無事だった。何も起きずに終わった。それでも100名近い方が見てくれたようで、ありがとうございました。何だこれ。

執筆公開の詳細は 次回公演: 『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』 をご覧下さい。

→この記事の続きを読む

2012年02月06日

DCPOP11、チケットプレゼント実施中

[公演活動] 2012/02/06 12:32

演劇ポータルサイト「CoRich舞台芸術!」にて、チケットプレゼントを実施中! CoRichアカウント(無料)をお持ちの方なら誰でも応募可能です。計12名様だったかな、なので、結構当たると思いますよ。「お金がないけど観たい!」って方は、是非ご利用下さい。

応募条件
「観たい!」にコメントの公開登録をお済ませ頂いた上で、チケットプレゼント応募フォームよりご応募下さい。
チケプレ内容
東京公演・3/14(水)19:30&3/15(木)19:30の各回を2名様ずつ。仙台公演・3/24(土)14:00、京都公演3/27(火)18:00、大阪公演3/28(水)19:30、広島公演3/31(土)18:00の回も、それぞれ各回2名様ずつ。当選の方にのみ締切日翌日(3月1日)に当選メールをお送りします。

DCPOP11・プレ稽古初日のための、公開稽古連絡

[公演活動] 2012/02/06 00:50
DSC_02650217.JPG
佐野功×東谷英人

明後日、火曜日から、DCPOP11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』のプレ稽古が始まる。MLに内容と宿題を流そうとしたんだが、こういう経緯で、ブログに書くことにした。

こんにちは、谷です。火曜日にはプレ稽古が始まりますね。プレ稽古初日への宿題や内容をお伝えします。……と、MLで伝えようと思ったんですが、せっかく今回は「創作過程全公開」なので、あとで全部ブログに書きます。明日の朝にでも僕のブログをチェックしてみてください。

かつて「公開ダメ出し」ってのはやったことがあるが、ブログで業務連絡というのは初めてだ。まぁやってみよう。以下、当然公演のネタバレになりうる内容が混じっているので、ご注意。

→この記事の続きを読む

2012年02月04日

DULL-COLORED POP vol.11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』公演告知

[公演活動] 2012/02/04 18:28
dcpop11a-1240x1754.jpg
山下浩介作・フライヤー!

ようやっと情報解禁です。DCPOPとしても僕としても初の全国ツアー、しかも6都市・7会場。東京、新潟、仙台、京都、大阪、広島、また東京。全国行脚の新作公演、『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』の告知です。

全国ツアー、全公演ゲスト呼んでのアフタートーク、DCPOP初めて観る人は500円OFFという「はじめて割」、執筆・稽古・仕込みと創作過程300時間全公開など、全力で企画立ち上げて参りました。作品内容はもちろん、周辺企画でもお楽しみ頂ければ幸い。何より今回、チケット代が前売り2500円と赤字覚悟の大盤振る舞い。俺なりにここ数年考えている演劇とは何ぞやを追求する公演にしたいものです。

→この記事の続きを読む

DCPOPに(遂に)百花亜希加入

[公演活動] 2012/02/04 18:10

DULL-COLORED POPに、『マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人』以来の常連である百花亜希嬢が加入しました。ももちゃんのことについて少し書こうと思うけれど、その前にももちゃんの写真を載せようと思って、ちょうどいいのがありました。去年、『Caesiumberry Jam』稽古中に稽古場ブログで展開されていた「今日のももT」というコーナーに掲載された、ももちゃんオフショットをまとめて公開。

momokanyu.jpg

→この記事の続きを読む

2012年01月31日

ヌード・マウス、公演終了

[公演活動] 2012/01/31 13:02

Théâtre des Annales vol.1『ヌード・マウス』、無事全日程終了しました。ご来場、どうもありがとうございました。

→この記事の続きを読む

2012年01月28日

ヌード・マウスなう

[公演活動] 2012/01/28 01:42

ヌード・マウス、折り返して、だがまだまだ稽古するぞーって言って俳優やスタッフに辟易されている谷賢一です。あんまり忙しくてブログはちょっと無理だから、Twitterでこそこそ書いています。近況はそちらからどうぞ。

とんがりポップコーン! 2月末に盛大な飲み会をやろうと思います。それまで仕事しよう。

2012年01月08日

Théâtre des Annales『ヌード・マウス』、作・演出します

[公演活動] 2012/01/08 01:19
NM-A-1000x1415.jpg
チラシ

実は『悪魔の絵本』以来丸一年ぶりとなる、新作長編、作・演出のお芝居です。長らく尊敬しておりましたゴーチ・ブラザーズ伊藤達哉プロデューサーと、サンプルやままごとのドラマトゥルクとして知られる野村政之さんと「何かやろうぜ」っつって動き出したこのプロジェクト。「脳」をテーマにぶっといの一本、書きました。

1/24(火)~1/29(日)、赤坂レッドシアターにて。以下詳細。

→この記事の続きを読む

2011年12月24日

明日初日 #wes2011

[公演活動] 2011/12/24 01:17
wes-toupan.jpg
当パン

疲れたよ、俺は。5人の演出家のWSを1週間に渡って見続け、合間には40名近く参加した演出家・劇作家オンリーの親睦会を行い、夜中には台本を書き、疲れたよ、俺は。しかし24・25と普通なら誰がどう考えても新婚的にダラダライチャコラしているはずの土日に、若手演出家サミット2011の成果発表会などという厄介極まりないイベントが控えておる。今から頭が痛い。5日間、WSを見続けるだけでも、何だろうね、アテられて頭が痛かった。俺も十分暑苦しい方だと思うが、演出家の持つエネルギー量というのは半端ないのだな、改めて実感。

ここでのみ、明日の演目をこっそり発表したりします。見たくない奴は見るな。

→この記事の続きを読む

2011年12月21日

noise #wes2011

[公演活動] 2011/12/21 01:45

若手演出家サミット2011、中屋敷→奥山→船岩→柴と終わった。あ、WS見学は売り止め出始めましたが、成果発表会はまだごろっと余ってます。クリスマスより演劇しようぜ。だから来て下さい。

雑感など。すげー雑だから細かいこと突っ込まないでね。

→この記事の続きを読む

2011年12月18日

若手演出家サミット2011、いよいよ本番

[公演活動] 2011/12/18 21:19
wakatesamit_omote1.jpg

奥山雄太(ろりえ)、柴幸男(ままごと)、中屋敷法仁(柿喰う客)、藤田貴大(マームとジプシー)、船岩祐太(演劇集団 砂地)という、「これ知らなきゃモグリ」ってメンツを集めた若手演出家サミット2011、明日、12/19からいよいよ本番開幕。5演出家のワークショップが見れる公開WS(12/19~23)プラス、その成果をぎゅっと集めてトークセッションまでついてくる成果発表会+トークセッション(12/24~25、4ステージ)。見逃すとすげー損をする企画だと思うんだが、まだ空席あって逆にびっくりしてるくらいだ。

WS参加者も発表になったので、再度告知をするよ。これを見ずして現代演劇を語るな、とまでは言わないけれど、いや、それくらい言っちゃってもいいかもしれない。クリエイターのみならず、観客にとっても演劇の味方に新しい角度を付け加えてくれる、豊満な企画です。

→この記事の続きを読む

2011年12月12日

若手演出家サミット2011・キックオフミーティング間近

[公演活動] 2011/12/12 16:23
wes-meeting.jpg

今もっとも注目を集めている20代の若手演出家5名を集めて行われる若手演出家サミット2011。本日は演出家一同が集結し、12/15(木)の19:30から行われるキックオフミーティングの打ち合わせをやってきました。

いくつかお知らせをするよ! (1)5人の演出家に聞いてみたいこと募集! (2)Ustream配信告知!

→この記事の続きを読む

2011年12月09日

ENBUゼミ小公演『わたしカットアウト』なる上演予告

[公演活動] 2011/12/09 14:05
wcu-1000x1415.jpg
チラシ(自作・笑)

ENBUゼミで半年ほど演劇の先生やってきた。「最後にミニ公演やって」というオーダーだったので「やるぞ」と思っていたんだが、沈黙。こんなに大変だとは思わなかった。上演時間1時間の完全新作になってしまった。12/27、一日限り2ステージオンリーの上演です。以下公演予告。

→この記事の続きを読む

2011年11月27日

日本の問題、明日が初日ですが

[公演活動] 2011/11/27 02:15

明日が『日本の問題』初日ですので、まとまらない文章を書き散らかしておこうと思います。

→この記事の続きを読む

2011年11月23日

朝焼け、ファイルのアップロード待ち、ぼやく俺

[公演活動] 2011/11/23 07:09

日本の問題が公演間近、っつーか、明日には小屋入り。音響の再編集で徹夜して、現在朝日が眩しい午前7時。

→この記事の続きを読む

2011年11月14日

アトリエ春風舎プロデュースvol.1『若手演出家サミット2011』

[公演活動] 2011/11/14 14:01
wakatesamit_omote1.jpg
素敵チラシ

この年末、アトリエ春風舎に、間違いなく現代日本若手最強の演出家が5人、集まります。集まって、一週間、ワークショップをやったり発表をしたりと、ガヤガヤやります。一言で言えば、祭典であり、首脳会談であり、現代演劇のフロンティアです。

アトリエ春風舎・芸術監督としてプロデュースする、若手演出家サミット2011、チラシができ、今日から一般チケット発売も開始され、堂々の告知です。まだワークショップ参加俳優も募集していますから、参加する側でも、観覧する側でも、何でもいい、一緒に遊ぼうぜ。

以下詳細。

→この記事の続きを読む

若手演出家サミットの素敵チラシについて

[公演活動] 2011/11/14 14:00

若手演出家サミットのチラシができてきたわけだけれど。millieu designの南裕子さんという方の手になるものです。

wakatesamit_omote1.jpg

→この記事の続きを読む

2011年11月08日

「日本の問題」参加作品、『ボレロ、あるいは明るい未来のためのエチュード』

[公演活動] 2011/11/08 03:31
japan-problem.jpg
チラシ

小劇場劇団が8つ集まって、「日本の問題」をテーマに短編を競作する企画公演、『日本の問題』。我がDULL-COLORED POPは、4人の劇団員+14人の精鋭で、ずばり「民主主義」そのものを題材に短編を発表します。

以下、詳細。

→この記事の続きを読む

若手演出家サミット進捗報告

[公演活動] 2011/11/08 01:56

今日は久々の全体ミーティングがあった。とりあえず、こんなん。

  • 俳優向け: ワークショップ参加俳優はまだまだ募集中。11/18まで!(男女比が1:4くらいで、男性とりわけチャンス有)
  • お客様向け: 観覧チケット、11/14(月)に発売開始!

→この記事の続きを読む

2011年11月05日

「日本の問題」先行通知

[公演活動] 2011/11/05 07:22

企画公演「日本の問題」にDULL-COLORED POPとして参加する作品の、タイトルや詳細が決まりました。アドレナリン出てます。

『ボレロ、あるいは明るい未来のためのエチュード (Bolero, or an etude for a better future)』

作・演出 谷賢一(DULL-COLORED POP)
出演 東谷英人、大原研二、塚越健一、中村梨那(以上DULL-COLORED POP)、浅倉洋介、石井舞、岩瀬あき子(日穏-bion-)、川島佳帆里(TABACCHI)、窪田壮史、近藤強(青年団)、斉藤マッチュ、平佐喜子(Ort-d.d)、寺田ゆい、松﨑映子、百花亜希、山本卓卓(範宙遊泳)、ワダタワー(クロカミショウネン18)、渡邊亮

あらすじ: 「歴史の終わり」を迎えた社会で、今日も明日も明後日も、明るい未来、よりよい未来を目指して、小さいながらも清く正しい一票を投げ掛け続ける、そんな僕たち・私たちの物語です! ベーグルパンのおいしいお店を知りたい!

予約: http://ticket.corich.jp/apply/27387/119/

→この記事の続きを読む

2011年11月04日

春風舎プロデュース『高校演劇サミット2011』の出場校が決まったらしい

[公演活動] 2011/11/04 13:20

えー、アトリエ春風舎はですね、これからいろいろ主催事業を行なっていくわけですが、若手演出家サミット2011に先駆けて行われる高校演劇サミット2011においてですね、出場校が決まったらしいのです。

はじめまして。『高校演劇サミット2011』サミットディレクターの大池容子です。先ほど林さんと選考会議を開きました。今回たくさんのご応募をいただき、二人で悩んだ末、こちらの4校を出場校とさせていただきました。

  • 成蹊高校 『整理整頓』
  • 暁星高校 『うれし泣くピラニアの声が聞こえる』
  • 都立世田谷総合高校 『お里に帰れ』
  • 群馬県立前橋南高校 『箱式hollow』

12月の本番に向けて一緒に作品を作ってゆきます。ぜひぜひ春風舎に足を運んでいただければと思います。(おおいけ)

高校演劇サミットのブログ : 出場校決定!より)

→この記事の続きを読む

2011年11月03日

アフタートーク出てきます『最後の炎』

[公演活動] 2011/11/03 03:52

11月4日=谷 賢一(DULL-COLORED POP)

ということで、アフタートークにゲスト出演してきます。そうそうたるメンバーに名前並べて頂いて光栄です。このカンパニーの作品は未見なのですが、ギラギラしたものを感じており、楽しみです。

2011年10月21日

若手演出家サミット2011のWS参加者募集中です

[公演活動] 2011/10/21 17:29

僕が年末にプロデュースしている、アトリエ春風舎主催企画・若手演出家サミット2011の、ワークショップ参加者募集が解禁封切りになっています。奥山雄太(ろりえ)、柴幸男(ままごと)、中屋敷法仁(柿喰う客)、藤田貴大(マームとジプシー)、船岩祐太(演劇集団 砂地)という、どう考えても今をときめく若手演出家ホープ5名が参加するこのサミットで、うち2人のワークショップに参加することができます。

応募締切は11月18日(金)24:00とまだ先ですが、締め切り間際には応募が殺到することが予想されます。抽選でもクジ引きでもなく、書類審査の上での選抜だから、実は早くても遅くても一緒なんですけど、あんまり間際に殺到されるとぶっちゃけ僕が大変なので、早め早めにご応募下さい。

より詳しい応募情報はこちらから。→若手演出家サミット2011

2011年10月02日

誰か僕に入札して下さい

[公演活動] 2011/10/02 10:25

若く頑健で英明な日本男児1人を一日使役できる権利がオークションに出ています。演劇ぶっく主催のチャリティーです。9時5時だから時給1000円と考えても8000円まではどう考えてもお得です。非合法不道徳その他ムチャぶり何でもアリなのでこの機会に是非どうぞよろしくお願いします。

10/2、18時までだからもう間もなくだよ! 東北の役に立ちたいの!

2011年09月26日

鳥の劇場・鳥の演劇祭4に行ってきた

[公演活動] 2011/09/26 20:27

青年団のアンドロイド演劇『さようなら』随行スタッフ(演出助手)として、ここ4日ほど、鳥取は鹿野町にある鳥の劇場に行ってきた。鳥の劇場とは廃校となった小学校・幼稚園を改造して2006年に設立された劇場/劇団で、地方発信の演劇モデルとしては最も成功した一例であるとは聞いていた。うん、聞いてはいた、聞いてはいたんだが、行ってみて、ちょっと感動してしまった。こんなにいい演劇祭は初めて観たかもしれない。

写真は町の薬屋さんが店先に貼っていた、鳥の演劇祭を応援するポスター。愛されてる!

→この記事の続きを読む

2011年09月12日

若手演出家サミット2011、先行告知&ボランティアスタッフ募集

[公演活動] 2011/09/12 02:12
wes2011-framed.jpg

昨年12月に就任してから影でこそこそとばかり活動してきたアトリエ春風舎・芸術監督ですが、この年末、一つ大きなイベントを企画・運営します。若手演出家サミット2011と名づけたこの企画。現代演劇の最前線にいる20代の若手演出家を5人集め、それぞれの方法論やスタイルを「ワークショップ」「成果発表会」「トークセッション」を通じてぶつけ合い、その行程のすべてを観客に公開します。

参加アーティストは50音順/敬称略で、奥山雄太(ろりえ)、柴幸男(ままごと)、中屋敷法仁(柿喰う客)、藤田貴大(マームとジプシー)、船岩祐太(演劇集団 砂地)と、まぁ豪華なラインナップ&思いっ切りジャンルを横断。こいつらのWS、受けてみたいでしょ? 俺も受けてみたいくらいだもの(応募開始は10/19から)

で、現在、このイベントのボランティアスタッフを広く公募しています。「俳優じゃねーからWSには参加できないけど、この5人のセッションを見てみたい!」という人、一緒に事務局運営してみませんか? 詳細は以下。

→この記事の続きを読む

2011年09月07日

今さら振り返る『モリー・スウィーニー』

[公演活動] 2011/09/07 02:19

実は書いてなかったので、すごい今更だが書いておく振り返り記事。

→この記事の続きを読む

2011年09月02日

第2回・東日本大震災チャリティーオークションに参加しています

[公演活動] 2011/09/02 15:32
tohoku-auction.jpg

演劇ぶっくが主宰の「第2回・東日本大震災チャリティーオークション」なるイベントに、枯れ木も山の賑わいと私も参加しております。ウェブサイトができた模様。

→この記事の続きを読む

2011年08月29日

C.B.Jam2 終了

[公演活動] 2011/08/29 23:36

Photo by 青木司

DULL-COLORED POP第10回/活動再開記念公演『Caesiumberry Jam』、全日程終了しました。いろいろ書き残しておきます。

→この記事の続きを読む

2011年08月23日

DCPOP10『Caesiumberry Jam』好評上演中

[公演活動] 2011/08/23 09:57
IMG_0100.jpg
photo by mao

ネタバレ全開の写真を掲載しているが、ネタバレしても面白いので問題ない。「ネタバレにマイナスの効果はなし 研究で明らかに」なんて説もあるそうだし、まぁ勘弁してくれよ。写真はmaoちゃんという素敵ガールが撮ってくれたGP写真。もう一つ、青木司さんというバリバリのプロが撮ってくれた写真セットもあるんだが、今日は中村梨那の素敵な表情をとらえたこの写真を。

後半、まだまだお席に余裕あります。次のDCPOPは半年後になりますから、今のうちに是非どうぞ。今観て欲しいからわざわざ再演してんだし、今観るべき作品だからご好評頂いてるんだと思う。8/28(日)まで、池袋シアターグリーンBox in Boxにて。

ご予約はこちらから!

→この記事の続きを読む

2011年08月13日

CBJAM2、稽古雑感

[公演活動] 2011/08/13 02:43

DULL-COLORED POP vol.10『Caesiumberry Jam』、今日は通し稽古をしてきた。初演とはまるで別物のミザンスに仕上がりつつある。

→この記事の続きを読む

Caesiumberry Jamチケットプレゼント実施中

[公演活動] 2011/08/13 02:36

Twitterではつぶやいたんだが、こちらではやってなかった。CoRich 舞台芸術!にて、Caesiumberry Jamのチケットプレゼント実施中です。「各回2名様までご招待!」と大盤振る舞いのようなので、振るってご応募下さい。

2011年08月09日

DCPOP10・キャスト全員インタビュー映像公開

[公演活動] 2011/08/09 02:10

DULL-COLORED POP#10『Caesiumberry Jam』出演者全員インタビュー映像が公開されました。16人分×5~10分ずつあるので、映画一本分楽しめますね。SGB(サーロイン・グリーンベルト)というカンパニーが撮影・編集・音楽まで担当してくれたんですが、本当、頭が下がります。16本! 仕事は早いし丁寧だし、映像作品から音楽・デザインまでいっろいろ! やっているんだ。

東谷英人(DULL-COLORED POP) / 大原研二(DULL-COLORED POP) / 塚越健一(DULL-COLORED POP) / 中村梨那(DULL-COLORED POP) / 堀奈津美(DULL-COLORED POP) / 若林えり(DULL-COLORED POP) / 石丸さち子(Theatre Polyphonic) / 井上裕朗(箱庭円舞曲) / 加藤素子(さいたまゴールド・シアター) / 佐賀モトキ / 芝原弘(黒色綺譚カナリア派) / 田中のり子 / 細谷貴宏 / 百花亜希 / 守美樹(世田谷シルク) / 吉永輪太郎

→この記事の続きを読む

2011年08月04日

DCPOP10『Caesiumberry Jam』全情報解禁

[公演活動] 2011/08/04 01:06
dcpop10-a2.jpg
フライヤー表

ようやく全ての情報解禁。前からほのめかしていた「初日・二日目特典:フルカラーパンフレット」や「豪華日替わり出演ゲスト」など、全貌が明らかになっちまいました。DULL-COLORED POP第10回&活動再開記念公演『Caesiumberry Jam』、改めましてご案内です。

2007年に初演されて好評を博し、劇団飛躍の契機となった作品を、再筆・推敲してバージョンアップ。音響を排し、「眼前で起こること」だけを頼りに新演出。平均年齢が初演より15歳くらい上がったりして(笑)、ぐっと濃密に、ぐっと鮮やかに、あの冬の大地を回想します。以下公演情報。

★専用予約フォーム 携帯対応。ご予約はこちらからどうぞ!

→この記事の続きを読む

2011年08月03日

ウェディング街歩き8/1

[公演活動] 2011/08/03 10:53
wedding-walking.JPG
あえて画質は悪くしてあります

前代未聞の劇場結婚式まであと2週間を切りました。本当、早いものだなー。皆様、ぜひぜひお祝いに来て下さいませ。ご連絡すると大概「日程決まったら連絡する!」と公演のような反応をもらいますが、えーとこれ、結婚式なので、できれば万障お繰り合わせの上ご来場頂けると嬉しいのです。

8/1はウェディング街歩きと称して、新婦さおりんは特注ウェディングドレス、俺はにび色タキシードで街中を闊歩し、お台場、浅草、渋谷、新宿と撮影してきた。撮影・メイク・着付けは*rismの面々。車輌塚越。ふりふりドレスで待ちを歩けば周囲の空間が歪み、ちょっとしたパフォーミングアートのようになっていた。幸せばらまいてきたぜ。写真は結婚式で配布するよー。

→この記事の続きを読む

2011年07月31日

演出家として今、考えていることメモ

[公演活動] 2011/07/31 01:19

Caesiumberry Jamの稽古がどんどん進んでいる中で、今考えていることなんかをちょっと書いておく。

ご予約はこちらから! 日替わりゲスト近日発表、かつ、初日・二日目は有料パンフレットを無償配布の特典付きです。

→この記事の続きを読む

2011年07月28日

8/2(火)、青☆組アフタートークに出演します

[公演活動] 2011/07/28 17:57
stage21937_1.jpg
write a comment here

8/2(火)19:30~、青☆組公演『パール食堂のマリア』終演後、アフタートークに出演します。今年春に劇団化し、劇団員をぐっと抱えた青☆組。アトリエ春風舎を出た青☆組が、三鷹・星のホールという空間をどう彩るか、楽しみです。演劇偏差値の大変高い才女・吉田小夏のことだから、いい空間演出をしていることでしょう。作家・演出家は空間からインスパイアされたり影響されたりということが大変多いものですから、新空間で青☆組がどういうスタートを切るか、期待して見守ろうと思います。

ご予約・お問い合わせはこちらから!

俺も喋りまくるよ! お楽しみに!

2011年07月27日

DCPOP10、改訂台本脱稿

[公演活動] 2011/07/27 22:12


今まで初演版や参考文献の抜粋、尻切れの改訂台本を頼りに稽古して来たが、やっと、ようやっと、最後まで仕上がった。


→この記事の続きを読む

2011年07月23日

オレ、オレ、オレ、書いてる。

[公演活動] 2011/07/23 07:39

ぜんぜん続報出さないからちゃんとやってんのか不安な人もいるだろうけど、8月のDCPOP活動再開公演、じゃんじゃん稽古中です。再演なんだけどほぼ全てリライトの筆を入れています。やっぱ4年も経つと、変わったところと変わらないところが顕著に見えます。

→この記事の続きを読む

2011年07月19日

葛木英が好きだ(結婚式続報)

[公演活動] 2011/07/19 00:54

葛木女王が嬉しい記事を書いてくれていた。あいつめ、ツンとしてるくせに根はいい奴なんだよな……。昔っからそうさ!

→この記事の続きを読む

2011年07月07日

結婚式進捗

[公演活動] 2011/07/07 05:58

たくさんの「観たい!」、ありがとうございます。一つ一つきちんと目を通させて頂いております。まだまだコメントお待ちしております。

→この記事の続きを読む

2011年07月01日

[速報] DULL-COLORED POP活動再開記念公演『Caesiumberry Jam』情報解禁

[公演活動] 2011/07/01 18:42

まだイタリアにいます。まだしばらくイタリアにいます。しかしながらようやく情報解禁できる日がやってきたので速報的にご紹介。

待ちに待った。待ちに待ったDULL-COLORED POPの活動再開記念公演です。誰が待ちに待ったかと言えば、俺が一番待ちに待った。8/20~8/28、池袋シアターグリーンBox in Boxにて、活動再開/第10回記念公演『Caesiumberry Jam』、上演です。以下詳細。

→この記事の続きを読む

2011年06月30日

ナポリにいるよ

[公演活動] 2011/06/30 06:58

青年団イタリアツアーに随行しておりナポリにいます。その後はサンタルカンジェロという街に行く予定です。『東京ノート』と『ヤルタ会談』を上演するんだけど、俺は当然演出するわけでも出演してるわけでもないので、下っ端でうろうろしてるよ!

→この記事の続きを読む

2011年06月21日

モリー・スウィーニーが残した疑問

[公演活動] 2011/06/21 10:49

敬愛する先輩演出家・広田淳一氏がモリー・スウィーニーについて長々エントリーを書いてくれたので、少しだけお返事を書いてみようと思う。先に上記エントリーを読んでおくといいと思うよ。

→この記事の続きを読む

『日本の問題』合同オーディションのお知らせ

[公演活動] 2011/06/21 10:32

DULL-COLORED POPが11月に参加する企画公演「日本の問題」@中野ザ・ポケットが、出演者募集の合同オーディションを行っています。企画に参加する8人の演出家が一堂に会するヘンテコなオーディションで、一度受ければ8団体分受けられる、謎にお得なオーディションです。

もちろん僕もいますので、DCPOP作品に参加したい方は、こちらも是非チェックしてみて下さい。参加希望団体を選べるので、「ここには出たいけどここは…」みたいな人もOKだよ! ぐへへ。

オーディション情報 | 『日本の問題』公式WEB SITE

オーディション開催日: 7/16(土) 9:00~19:00
オーディション費用: ¥1,000
参加資格・参加条件:チケットノルマはありません。その他の参加条件については参加団体ごとに異なります。

2011年06月12日

トベる芝居

[公演活動] 2011/06/12 01:36

モリー・スウィーニー、プレビュー三回分終了して、明日からまぁ名目上の「初日」です。つっても今まで600名以上のお客様に観て頂いたわけで、今さら初日ってのは複雑なもんだね大人の世界は、と思うけれど、日々クオリティは上がっていきそうです。何より俳優がどんどん自由になっている。あんなベテランども、レールを敷いたら、あとはどれだけ脱線してくれるかわくわくしなけりゃ演出家じゃないよな。

今回、ちょっと、おかしな芝居に仕上がっています。客席で泣いてるお客さんは今までたくさん観てきたけど、ロビーで号泣している人なんて初めて観ました。自分の芝居以外でも、観たことない。客出しで挨拶してる最中に涙をこぼし出してしまう友達がすでに2人いた。ただ泣いてるお客さんは、もう数え切れないほど。

つづく。続きを読め。

→この記事の続きを読む

2011年06月11日

初日あけました

[公演活動] 2011/06/11 01:46
molly-sweeney-premiere.JPG
楽屋前の様子

怪我なく、事故なく、病気なく、モリー・スウィーニー、初日あけました。まさに奇跡。初日おめでとうございます、の言葉の重さなんて、こんなもん、ある程度舞台やっていかないとわからないよなぁ。ヒヤヒヤしたぜ。ゲロゲロ吐いたぜ。そして初日でキラキラして、帰宅しました。

03-5432-1515
チケットのお問い合わせはこちらまで。土日とアフタートークのある回はほぼ売り止めと聞いていますが、キャンセルがあるかもしれないし、当日券も結構な枚数出ているようなので、是非是非に。

言いたいことは特にありません。ただ、お芝居を観に来て欲しいだけです。その中にぎゅっと全てつめ込むつもりで、……明日も朝9時入りを敢えて、望んで、やろうと思います。小さな修正が、大きな奇跡を生むものと信じて。

しかし何しろ今日の初日に来てくれた人たち全員に I LOVE YOU を伝えたい。

2011年06月10日

はい初日です

[公演活動] 2011/06/10 01:52

モリー・スウィーニー、今日が初日です。日付変わって6/10。まだまだ頑張る。今日はもう寝る。へとへとで帰宅したら予約のお問い合わせがたくさん届いてて、「明日の分とか、もう遅えよ!」と思いつつも、すごく、すごく癒されました。皆様どうもありがとう。当日券はそこそこ出る予定なので、03-5432-1515チケットセンターにお問い合わせの上、並んでみて。

→この記事の続きを読む

2011年05月30日

モリー・スウィーニー稽古中間報告

[公演活動] 2011/05/30 08:27

モリー・スウィーニーの稽古が佳境を迎えている。南果歩が笑い、相島一之が叫び、小林顕作が真顔になる。一言で言って順調、すでに荒通しも終えて早くも仕上げの段階に入ってきた。

→この記事の続きを読む

2011年05月24日

風琴工房『紅き深爪』アフタートークに出演します

[公演活動] 2011/05/24 07:26

急遽アフタートークに出演します。24日(火)19:30-の風琴工房『紅き深爪』@渋谷LE-DECOにて、風琴工房主宰・詩森ろばさん&アロッタファジャイナ主宰・松枝佳紀さんらとロングトークの予定。別の回をご予約頂いたお客様でも入場可能とのことですので、ふるって遊びに来てね! たぶん勢い込んでトークしてると思うけど、我々。

2011年05月04日

ブライアン・フリール『モリー・スウィーニー』翻訳・演出します@シアタートラム

[公演活動] 2011/05/04 15:00
『モリー・スウィーニー』チラシ表 『モリー・スウィーニー』チラシ裏
フライヤー表/裏

この作品だけは、どうしても観て欲しい始まる前から俺の代表作確定な作品との、運命の出会いでした。

アイルランド演劇界の大家ブライアン・フリールの名作『モリー・スウィーニー』40年間、盲目の身で生きてきたとある女性が、外科手術により光を手に入れる。彼女の目に光は、世界は、どう映ったか? 哲学的なテーマを織り込みつつも親しみを感じる人間ドラマとして編み上げた老大家による珠玉の長編、魅力的なキャストたちと共に上演するぜ。

戯曲のチョイスから翻訳・演出、キャスティング・スタッフィングに到るまで、世田谷パブリックシアターと二人三脚で半年以上準備してきました。翻訳にも演出にも、今の自分のすべてを注ぎ込んでます。いやマジでぶっちぎりに面白いと思うぜ、これ。

詳細は以下から。

→この記事の続きを読む

2011年04月23日

犬花雑感日記

[公演活動] 2011/04/23 02:35

カナリア派、二日目を終えた。強烈な個性を誇る演出家・赤澤ムックが引っ張ってきた団体を、別の演出家がやるというのだから、番外公演もいいとこである。しかも2人の演出家、2バージョンの演出によるものだ。必然的に、演出とは何か、という問いに行き着く公演である。まぁ両方見た人にとって、だけど。

ご予約受付中です。
http://bit.ly/kanariaha-playnote

→この記事の続きを読む

2011年04月21日

つられて稽古する

[公演活動] 2011/04/21 00:55

体がバキバキ悲鳴を上げており、精神も摩耗の限りを尽くしているのだが、ちょっくら追加稽古をして逆にさっぱりして帰宅する。焼酎を飲む。ビールよりウイスキーより身体に良いと信じて。

→この記事の続きを読む

2011年04月12日

SPT劇場ブログ更新その2

[公演活動] 2011/04/12 01:00

モリー・スウィーニーの演出ブログその2が更新されています。書いたの俺だけど。ちょっと固い感じのする文章ですが、俺でもそれなりに場の空気を読むという証拠です。おまんこ。

<モリー・スウィーニー> うがい (劇場ブログ)

2011年04月10日

コマツ企画ゼミ

[公演活動] 2011/04/10 00:12

コマツ企画のこまつさんが、今度っからこんなことやるようだ。激しく同感。僕も似たような理由でメンテナンスWSやったり劇団活動再開したりと動いているけれど、劇団制の崩壊というのは昨今の小劇場を語る上で外せない論点になりつつあるのだと思う。

 小劇場では「劇団に所属して成長する」という傾向が少なくなりました。小劇場で活動する役者の多くが、いろんなユニットの本番出演に役者として参加し実力を身につけようとするのが一般的なようです。

 とうぜん公演本番は役者の成長を目指しているわけではなく、得意な役や作風など出来る範疇のことをこなすだけで、経験値を上げても実質的に役者の技量が上がるとは限らないという実情があります。

 コマツ企画では、公演活動とは別に、継続的な稽古、練習を通して役者の技量を多角的に掘り下げる場として、役者のための「ゼミ」を開きます。参加者の自主的な研究・発言の場となり自発的な構築の場になるように「ゼミ」と銘打ちました。

http://komatsukikaku.com/index.php?option=com_content&view=section&layout=blog&id=5&Itemid=55 より

<<

2011年04月06日

劇団員オーディション続報

[公演活動] 2011/04/06 21:44

今年8月に予定されているDULL-COLORED POP活動再開に際して、劇団員の追加募集を行っています。すでに1組終わっていますが、追加日程が一つ加わり、まだ5/04(水)18:00~22:00&5/21(土)18:00~22:00の2回に応募が可能です。応募は下記のメールフォームから。

→この記事の続きを読む

世田パブ劇場ブログ

[公演活動] 2011/04/06 21:18

6月にシアタートラムで翻訳・演出する『モリー・スウィーニー』について、僕が書いた記事が世田谷パブリックシアターの劇場ブログに載ったのでリンクしておきます。3月中旬に、甲州街道沿いの歩道を目をつぶって歩いたときの日記です。実話です。

これからもちょいちょい掲載する予定です。なるべくPLAYNOTEでもリンクするようにします。

2011年04月02日

『日本の問題』参加します

[公演活動] 2011/04/02 01:00

2011年末の話ですが、小劇場の7劇団が参加し、日本の政治・経済・社会問題について考える作品を発表する『日本の問題』という企画公演に参加します。『日本の問題』というタイトルだか団体名だかは正直ちょっとどうかと思うんですが、風琴工房やJACROWをはじめとした大先輩の好敵手たちが雁首揃えて参加していて超面白そうです。

以下詳細と、参加に当たっての「思い入れ」を。

→この記事の続きを読む

2011年03月02日

DULL-COLORED POP劇団員&客演募集告知

[公演活動] 2011/03/02 11:35
7694562.jpg

今後末永く俺の芸術の片棒担いでくれる人と、次の公演できらっと光ってくれる人を募集します。

劇団員追加募集オーディション
DULL-COLORED POP活動再開に際し、劇団員を追加募集致します。年齢・国籍・経験不問。一次書類審査を通った方は、4月2日(土)か5月4月(水)に二次審査行います。
詳細&専用応募フォーム: http://bit.ly/dcpop-member-audition
出演者募集ワークショップオーディション
DULL-COLORED POP第10回&活動再開記念公演『生クリームと正義の楽園「NEVADA」に蔓延る虚実と不正を排撃する話1982』ならびに『落涙する鴉(二本立て・仮)』の客演出演者を募集します。6月23日(木)と6月24日(金)に行われるワークショップオーディション、いずれか1日にご参加下さい。
詳細&専用応募フォーム: http://bit.ly/dcpop10-wsad

→この記事の続きを読む

2011年03月01日

二兎社・シングルマザーズ、初日の思い出

[公演活動] 2011/03/01 09:27

すっかり書くのが遅くなってしまったけれど、2月20日(日)、二兎社『シングルマザーズ』の初日はちょっと僕にとって記念碑的な一日だったんだ。PCがイカれたり顔面蒼白の連絡が来たり睡眠不足最絶頂だったりと、情動不安定になっていた点を差っ引いても、演劇の奇跡をまた一つ目にした瞬間だった。

→この記事の続きを読む

2011年02月27日

時間堂演目変更

[公演活動] 2011/02/27 05:32

時間堂blog:時間堂 次回公演 演目変更のおしらせ - livedoor Blog(ブログ)

脚本を担当する予定だった時間堂の公演ですが、演目変更となりました。楽しみにして下さってたお客様には大変申し訳ありませんし僕としても残念過ぎて東京マラソン走りたいくらいですが、劇団側の決定は上記リンク先にある通りです。いずれ自分の手で上演してお弔いしようと思います。

反省するべき点は反省しつつ、誇るべき矜持や信念を手放さないよう自分を激励しつつ、新たな創作に前向きに机に向かい続けようと改めてふんどし締め直す気概です。繰り返しになりますが、楽しみにして下さっていたお客様にお詫びさせて頂きます。

2011年01月31日

春風舎鼎談

[公演活動] 2011/01/31 05:00

先日、小竹向原のジョナサンにて、今後のアトリエ春風舎のビジョンについて語り合う春風舎鼎談が開催された。こまばアゴラ劇場の支援会員制度会員向けに発行される何とか新聞だか会報だかに載るらしい。メンバーは、芸術監督オレ、支配人木元太郎、前芸術監督西村和宏、そして青年団制作の野村政之。

写真は光り輝く野村さん。

→この記事の続きを読む

2011年01月09日

二兎社『シングルマザーズ』の稽古場助手についています

[公演活動] 2011/01/09 09:22
single-mothers.jpg
チラシ

現在、二兎社『シングルマザーズ』の稽古場助手についています。ええ、あの二兎社です。永井愛大先生の二兎社です。高校生の頃、俺が演劇を始めた頃から憧れの対象であった、あの永井愛先生の元につけるという幸せ! えー、プロンプを出したり、雑用したり、演出助手助手みたいなことをしております。現場ではぶっちぎりの最年少、最底辺ですが、でも今回一番楽しんでるのは俺だと胸を張って言いたいぜ。

稽古場ブログを更新しております。こちら、まだ1回のみですが、これから稽古があるたび毎日更新されるので、是非ご愛読下さいませ。PLAYNOTEでは稽古場裏ブログ的なことを書いていくつもりです。

→この記事の続きを読む

49時間WS試演会終了

[公演活動] 2011/01/09 01:01
IMG_0581.jpg
バラシ後の場内

年末年始の気違い企画、49時間WSの試演会『演劇/空間が立ち上がる瞬間』が終了しました。告知期間が1週間以下だったにも関わらず、前ステージ完売・満席という異常な盛況、まずは多謝。そして試演会内容は、他の誰でもない、自分にとって楽しく刺激的な内容になったんだぜ。

以下雑感。

→この記事の続きを読む

2010年12月29日

49時間ワークショップ試演会、公開ダメ出し・公開稽古も!

[公演活動] 2010/12/29 11:55

今やっている年末年始ワークショップがいい感じに盛り上がって来たので、成果発表の試演会を公開することに致しました。勢いで劇場まで押さえちゃったよ!

1/6(木)、中野スタジオあくとれ(JR中野駅より徒歩6分)にて。マチソワ間にはスペシャルステージとして、公開ダメ出しや公開エチュード、エクササイズなども予定。全三回、各回500円と激安です。金儲けでやってんじゃねーからな、これは。さあどんどん演劇を盗みに来やがれ。何もない空間に、演劇が立ち上がる瞬間です。

以下詳細。

→この記事の続きを読む

2010年12月17日

国道五十八号戦線、終了

[公演活動] 2010/12/17 01:21
route58end.jpg
BA-RA-SHI

国道五十八号戦線の本番・バラシが終了し、そうして劇団自体もスコーンと解体されました。以下雑感。

→この記事の続きを読む

2010年12月15日

ananにフルヌードで載りました

[公演活動] 2010/12/15 14:58

12/14(火)発売のanan・1738号に、フルヌード写真が載りました。二度聴き、三度聴きしてもまだ足りないくらい意味不明な出演情報ですが、載りました。ご購入はお早めに!

以下撮影の思い出など。

→この記事の続きを読む

2010年12月04日

国道五十八号戦線を観に来いよ

[公演活動] 2010/12/04 00:39
IMG_0243.jpg
謎の画像

ようやく、何とか、「僕の演出作品です」「是非観に来て下さいませ」と、最後のオススメしても嘘にならないステップに踏み込めた気がしています。

バグった機械みたいに毎日毎日「絶対面白いです!必見!」とか「今回は本当に!」とか言い続けるのも一つの宣伝だと思うけれど、僕はやっぱり商売人でも詐欺師でもないので、確信と覚悟がなければそういうことはしたくない。引き受けた以上はいいもん作らなきゃならないのは当たり前、だがしかし自分から進んで「観に来て!」と言い出すには、一つの葛藤をクリアしなくちゃいけない。その葛藤がない奴を俺は信じないし、自分なら信用しないような人間に、俺はなりたくない。

えーと、つまり、観に来て下さい。面白い仕上がりになってきました。国道五十八号戦線。追加公演も決定して、売り止め間近の回もあるようです。以下のURLからご予約頂くと谷扱いになって、要は僕のギャラが増えます。

http://ticket.corich.jp/apply/24002/kt/

以下少し短編・長編解説。

→この記事の続きを読む

2010年12月02日

五ヶ月かけてやる『俳優のためのメンテナンスWS』

[公演活動] 2010/12/02 13:28
mente-ws.jpg
チラシ

これも依頼があって引き受けたワークショップです。ただ、どちらも僕の今の問題意識ととてもリンクしている。「何かを伝えようと思ったら、時間を惜しんではいけない」ということだったり、「俳優を育てるということは、一朝一夕の話ではない」ということだったり。

約五ヶ月くらいかけて、だいたい二週間に一回ずつ、ワークショップを繰り返しながら、俳優としての自分をメンテナンスする、というワークショップ。俳優の心身の定期健診みたいなイメージ。僕がかつて黒澤世莉氏から一番最初に学んだことは、継続と反復、ということでした。継続するから成長する、反復するから変化に気づく。牛のようにどっしりと、じっくりと、演劇にとりくむワークショップです。

→この記事の続きを読む

年末年始・49時間集中WSやります

[公演活動] 2010/12/02 13:27
49-ws.jpg
チラシ

年末年始の7日間×7時間、演劇・演技をやりまくるワークショップをやることが決定しました。前々からワークショップやるならなるべく長く、どっしりやりたいと思っていたんだけど、今回はたっぷり49時間です。年末年始に演劇やりたくてたまらないバカどもを集めて、スタニスラフスキーと平田オリザを繋ぐ、みたいな無謀を考えつつ敢行する一週間集中ワークショップです。

→この記事の続きを読む

2010年11月22日

アトリエ春風舎・芸術監督に就任します

[公演活動] 2010/11/22 15:47
atelier-shumpusha.jpg
アトリエ春風舎

2010/12/1より、アトリエ春風舎の芸術監督に就任する運びとなりました。向こうしばらくは粛々とお勉強し、学び、かすめ取り、の日々だろうけど、「新しい表現を求めて実験を試みる空間」として運営されているアトリエ春風舎なので、ビビらず恐れず、現代口語演劇以降の演劇世界に生きる我々の、新しい表現を模索する実験室としてフル活用したいと思っています。

以下あれこれ。

→この記事の続きを読む

2010年11月11日

国道五十八号戦線・解散公演を演出します

[公演活動] 2010/11/11 04:00
stage18068_1.jpg stage_reverse18068_1.jpg
フライヤー

数少ない「明治閥」の戦友であった国道五十八号戦線が、解散します。その、解散公演の演出を谷賢一やらせて頂くことになりました。劇団および劇団主宰・友寄総市浪を跡形もなくバキバキに破壊してきます。

他人様の本で演出をするのは久々だけど、作家・演出家のコンビとしては会心の組み合わせだと自負している。短編入れて全部で5本演出するので、演出家としての腕の見せどころ。既成概念に囚われず、しなやかに、考え過ぎず、演出したい。

国道五十八号戦線解散公演「国道五十八号戦線異状ナシ(再演)/国道五十八号戦線異状アリ(友寄総市浪短編集)」

2010/12/08(水) ~ 2010/12/13(月)@新宿御苑前サンモールスタジオ
前売り:2500円 平日昼割:2200円(要予約) 当日:2800円

出演:伊神忠聡、ハマカワフミエ、(以上国道五十八号戦線)、浅倉洋介(風琴工房)、東谷英人、さいとう篤史、佐野功、詩森ろば(風琴工房)、田中美希恵(贅沢な妥協策)、中村梨那、西尾友樹、野田裕貴(バナナ学園純情乙女組)、山本卓卓(範宙遊泳)

予約: 自動的に谷扱いになります。
http://ticket.corich.jp/apply/24002/kt/

→この記事の続きを読む

2010年11月08日

犬と串『ZONBIE』のアフタートークにゲスト出演します

[公演活動] 2010/11/08 15:59
zombie.omote.jpg
ちらし

早稲田大学にて反社会的コメディを乱発し、大学構内を騒擾し続けている劇団・犬と串の次回公演『ZONBIE』に、アフタートークゲストとして出演します。大変不謹慎かつ面白い劇団ですので、僕がゲストじゃない日についても是非観にいらして下さいませ。僕は12/6(月)の回に出演しますよ!

犬と串 case.5 『ZOMBIE』

2010年12月2日(木)~12日(日)@大隈講堂裏劇研アトリエ
前売: 1,500円 当日: 1,800円 その他割引アリ

http://inutokushi.com/next.html

2010年10月30日

戯曲論と演出論まとめ

[公演活動] 2010/10/30 02:47

復讐することは大事。って書いてびっくりしたぜ、おいおい、シャレにならねーよ。復習することは大事。俺が真っ先に復習する。

→この記事の続きを読む

2010年10月27日

セミナー『私の戯曲論・演出論』について

[公演活動] 2010/10/27 23:25

28日・29日と開催されるセミナー『私の戯曲論・演出論』、ご応募ありがとうございます。なのですが、僕から送ったメールが全然届いていない方が複数名いらっしゃる模様です。具体的にはS田T士さんやF.T.さんやN原S太さんなど、届いてますか? 届いてませんよね? おーい?

電話番号わかる方にはお電話差し上げたんですが、わかんない人にはいよいよ連絡の取りようがないのです。携帯のメールフィルター、マジファックです。しょうがねーので、ここに詳細書いておきますね。

→この記事の続きを読む

2010年10月25日

平田オリザWSのお手伝い in 愛知

[公演活動] 2010/10/25 19:43
img3-109
プライバシーとかうるせえだろうからモザイク

先日、新幹線乗って愛知まで行ってきた。小学校6年生と4年生を対象にした、平田オリザWSのお手伝いさん。学校教育における演劇の必要性がどうこうとかコミュニケーション教育がうんぬん言う前に、自分自身が「演劇の文法」とでも言うもので勉強になった一日であった。

→この記事の続きを読む

2010年10月24日

Project BUNGAKU罰ゲーム

[公演活動] 2010/10/24 16:59

Project BUNGAKU後日談。観客投票の結果に従い、罰ゲームが実行されました。ゲームじゃねぇけど。細かい経緯なんかは『正しくも松枝日記』をご照覧のこと。最下位となったひょっとこ乱舞・広田淳一氏が、高所恐怖症も顧みずバンジージャンプ。

ガチ過ぎる。和服の出で立ち、水上温泉からバンジー、しかも映像まで編集して、本当に広田さんは大馬鹿野郎だな。そしておいしすぎる。俺、一位とったはずなのに、バンジージャンプの方が目立ってる気がする……。広田淳一の愛とこだわりを感じる爆笑動画でした。

2010年10月17日

58撮影

[公演活動] 2010/10/17 23:15

まだきちんと報告できる段ではないんですが、「国道」で始まって「58号」という単語が入り、「戦線」で終わる某劇団の演出を今年末にやるんですが、そのフライヤー撮影をしてきました。

img3-089 img3-090

写真は自分でレフ板を持つ伊神・ハマカワ。特にハマカワの方は下から光が差していて、魔法詠唱中の黒魔術師のようであるが、場所は何の変哲もない明治大学和泉校舎一号館前である。そのうち情報公開します。

2010年10月13日

Project BUNGAKU『人間失格 - 太宰治』終了しました

[公演活動] 2010/10/13 17:36
shikkaku-shugo.jpg
集合写真(C)JUNICHI HIROTA

『人間失格』で参加していたProject BUNGAKU『太宰治』、全17ステージ、無事終了しました。ご来場頂いた本当にたくさんのお客様、どうもありがとうございました。総動員数1502人+αで、キャパ100のワーサルシアターでこの数ということは、ほぼ毎日満席だった、ということです。大盛況、大盛況でした。

すったもんだはあったものの、谷賢一翻案・演出の『人間失格』が、観客投票で4団体中最多得票、見事1位の栄誉を頂きました。投票してくれた方々も、してくれなかった方々も、どうもありがとうございました。

→この記事の続きを読む

2010年10月08日

実験:CoRichの人々はWSとセミナーと飲み会と、どれに興味をもつか

[公演活動] 2010/10/08 13:06

昨日、『演技の基礎を考えるWS、戯曲論・演技論セミナー、ほか』の告知をPLAYNOTEでも告知しましたが、CoRich BBSでも告知しました。

CoRich BBSは、「閲覧数」というのがカウントされる仕組みになっています。WSとセミナーと飲み会、3つ同時に告知したら、どれが一番閲覧数が多いか、実験してみようと思います。

→この記事の続きを読む

2010年10月07日

演技の基礎を考えるWS、戯曲論・演技論セミナー、ほか

[公演活動] 2010/10/07 20:17
ws-2010-11.jpg
チラシ

今年最後のWSを、11月に開催します。あと、今回、実験的にセミナーと、さらに飲み会も主催してみます(笑)。ラインナップは、

  • 谷賢一ワークショップ「演技の基礎を考える」全3回
  • セミナー「私の戯曲論・演出論」全2回
  • 谷賢一主催・ただの飲み会

です。Project BUNGAKUにチラシを折り込んだので、すでに応募を頂いておりますが、ブログでも告知するよ。以下詳細。

→この記事の続きを読む

残席状況

[公演活動] 2010/10/07 14:15

Project BUNGAKU『太宰治』は、土曜昼、日曜昼のみご予約承っております。当日券・キャセル待ちでも今のところ全員ご覧頂いていますが、この先さらに混み合う予想ですから、できればご予約を!
Project BUNGAKU・予約用URL: http://ticket.corich.jp/apply/21919/003/

Theatre Polyphonic『悪魔の絵本』は、ハーフプライスシアターの日以外でしたらまだどこも大丈夫と聞いています。お急ぎのご予約はお電話で。
お問い合わせ:03-3350-0335(劇場制作デスク直通)
予約URL: 「悪魔の絵本」チケット予約

どちらもいずれもどうしようもなくDULL-COLORED POPしてます。活動休止中に、きちんとDULL-COLORED POPできたんだぜ。再開目指して頑張る。どちらも再演はまぁまずないだろうという演目ですから、この機会に必ず。ぜひ。「金がない」って奴は俺に相談しろよ。遠慮無くな。どうにかするよ。観て欲しいもの。メールはこちらから。
http://www.playnote.net/archives/000480.html#mailform

2010年10月03日

Project BUNGAKU休演日企画・演劇文学サロン(ユルめ) 上演時間情報

[公演活動] 2010/10/03 19:16

各演目の上演予定時間が出たよ! あくまで予定だけどな。

  • 18:00 松枝佳紀演出『雌に就いて』(出演:アロッタファジャイナチーム)
  • 19:00 広田淳一演出『畜犬談』(出演:ひょっとこ乱舞チーム)
  • 19:45 吉田小夏演出『待つ』(出演:吉田小夏)
  • 20:15 谷☆賢一演出『駆け込み訴え』(出演:玉置玲央)

以下、情報再掲。ご来場は入場1,000円+1ドリンク300円で最後までねばれます(笑)。遊びに来てねー! せっかくだしー!

→この記事の続きを読む

『人間失格』と『悪魔の絵本』

[公演活動] 2010/10/03 13:35
Sun Oct 03 13-36-19.jpg
write a comment here

俺は今、どうしてこんなところにいるんだろう? 八幡山ワーサルシアター、Project BUNGAKU『太宰治/人間失格』開場中、一仕事終えてマルボロ加えながらドクターペッパーを飲む。頭上からお祭りの太鼓やら笛やらが聞こえてきて、目の前でガキがニンテンドーDSをやっている。混乱した風景。僕は割と清澄なる精神で開演を待っている。今日も明日も押せ押せ超満員、お席が苦しくて申し訳ないが、密度のある芝居をしています。

そして僕から数十キロ離れた新宿では、岡田あがさが『悪魔の絵本』で踊るためのスタンバイをしている頃だ。八幡山で演出家として開演を待つ自分、新宿で脚本家として開演を待つ自分、そうして人間としての自分はどこにもいない。

僕は今、どうしてこんなところにいるんだろう?

→この記事の続きを読む

2010年10月02日

Project BUNGAKU休演日企画・演劇文学サロン(ユルめ)

[公演活動] 2010/10/02 01:37

Project BUNGAKUの休演日、10/4(月)に、劇場にて特別企画をやるよ! 5時~9時で劇場OPEN、お酒と軽食を楽しみながら、ユルーくお喋りしたり、交流したり。そして特別上演のリーディング公演実施予定!

Project BUNGAKUに参加しているひょっとこ乱舞・広田淳一、青☆組吉田小夏、アロッタファジャイナ松枝佳紀、DULL-COLORED POP谷賢一、以上4名が太宰の短編リーディングを行ないます。DULL-COLORED POPはまさかのまさかで外からゲストをお招き。先日、ジェットラグでご一緒した戦友、玉置玲央(柿喰う客)による『駆け込み訴え』を上演します!

以下、イベント詳細。

→この記事の続きを読む

2010年10月01日

誤解を解く

[公演活動] 2010/10/01 11:37

なんかブログから俺がカリカリしている、と思っている向きがあるようだけれど、違うのです。創作にムキになっているので、いい状態でぶつかり稽古ができている、ということなのだよ。

座組一同は大変従順というか素直で、オーダーをきっちり把握しすぐにトライしてくれる。スタッフ各位もてんてこ舞いの中でギリギリまで修正・直しにつきあってくれる。制作も動きがいい。なので、手加減する必要がないのだ、ということなのだよ。

トーシローが一人いるとどうしても手加減が要る、というのは、演劇でもスポーツでも一緒なんだ。

Project BUNGAKU、初日があけたのだ

[公演活動] 2010/10/01 02:13
7b07ae4db9167ff1b92696dba86909063942889b_m.jpg
FFFFOUND!より

劇作家の俺「あぁ、今回こそ書けないかもしれない」
演出家の俺「あぁ、今回こそ幕が開かないかもしれない」

そんなことを、割と本気で脱稿前も初日前も考える。今回だって「あぁ、こりゃ書けねーな」と何度筆を投げたか、あるいは酒に逃げたかわからねーが、こうして脱稿し、今日だって「あぁ、こりゃ開かねーわ」とゲラゲラ笑いながらも、必死にダメ出しやテクニカルの確認を一つずつこなしていったら、意外にも幕が開いた。

初日あけておめでとうございます、というのは奇跡の言葉だぜ。あかない舞台だってあるんだ、ということを、一度経験してしまうと、それがどれだけハッピーなことだかわかる。今回は本当に、座組に救われている感じ。

→この記事の続きを読む

2010年09月29日

前夜

[公演活動] 2010/09/29 02:09
2379183398_9e3c8592e0.jpg

日付変わって今日、9/29(水)は、前夜である。Project BUNGAKU『人間失格』場当たりの前夜であり、Theatre Polyphonic『悪魔の絵本』の小屋入り前夜である。そんな前夜に僕は最後の仕事を終えて、どうしていいかわからずに、髪を染めた。あぁ、これで一区切り、ということなのだろう。

以下、年の離れた親友に送ったメールを引用。

→この記事の続きを読む

2010年09月25日

Project BUNGAKU進捗

[公演活動] 2010/09/25 12:14

Project BUNGAKU『太宰治』、劇場入りまであと3日。これ以上なく美しい「追い込み」のサンプルのような3日間。9時間の稽古と7時間のスタッフワークの3日間。

と書いたのはもう2日前で、あと1日で小屋入りのようだ。

→この記事の続きを読む

2010年09月19日

Project BUNGAKUチケプレやってる模様

[公演活動] 2010/09/19 10:04

僕は『人間失格』の翻案で参加するProject BUNGAKU『太宰治』ですが、チケットプレゼントを実施しているようです。各回2名様ずつってことは、17ステージ×2名ずつ=最大34枚も放出される模様なので、倍率かなりユルいですよ。太っ腹だなぁ。知らねぇぞ(笑)。

応募方法は、以下の通りです。どうせなら34枚使い切ってやるといいんじゃねぇかな。残席僅少売り止め間近な回もいくつかあるので、お早めに。

スケベ椅子を探しています

[公演活動] 2010/09/19 00:12
sukebe_gold_dtl.jpg
スケベ椅子(金色)

Project BUNGAKU『太宰治 - 人間失格』で使う、スケベ椅子を探しています。お持ちの方いましたら、ぜひ貸して下さい。普通に買うと7~8,000円程度するようで、買うのが嫌なので、ぜひ貸して下さい。

ちなみにGoogle先生で検索かけたらこんなナメたメッセージが出て来ました。Amazonさすがだな。

amazon-for-sukebe-chair.jpg
**「スケベ椅子ならAmazon」**

貸してくれた方には、何か御礼します。何か。しかしスケベ椅子って酷いネーミングですね。一般名詞として普及しているのが逆に怖いわ。

2010年09月18日

Project BUNGAKUの稽古が先鋭化しつつある

[公演活動] 2010/09/18 23:41
201009121458000.jpg
愛しの亜希にゃん&コロにゃん

Project BUNGAKU『人間失格』の稽古が先鋭化している秋。コロが震え百花がとろけ、ハマカワのおっぱいを触る日々。あぁ、器用な人たち集めてよかった。私、苦労もありますけれども、お稽古楽しゅうございます。

今回は久々に演出的に遊べる内容なので、ドーパミンを放出しカフェインを摂取しながらざくざくと台本を切り刻んでいる。反応のいい俳優が多いので、あれもこれもと試したくなる。今回やろうと思っていることなどを書く。

→この記事の続きを読む

2010年09月06日

Project BUNGAKUが朝日新聞に載りました

[公演活動] 2010/09/06 09:00
dazai-asahi.jpg
松枝さんファイト

今月末より公演開始のProject BUNGAKU、朝日新聞に紹介記事が掲載されました。

  • asahi.com
  • asahi.comの魚拓 朝日新聞のページは数日で見れなくなっちゃうので、キャッシュ取っておきました。

いい感じに内側も外側も盛り上がってきている本企画ですが、僕のハートがまだまだ燃えないのでニャンニャンしています。よろしければ是非応援の意味も込めてCoRichの「観たい!」にご登録下さいませ。PCはこちら携帯はこちらから

ご予約はこちらから: http://ticket.corich.jp/apply/21919/003/ 24時間受付中だよ! 売り止めの回が出る前にお早めにどうぞ。

2010年08月30日

Project BUNGAKU、アフタートークゲストの変更・移動

[公演活動] 2010/08/30 18:02
nagai-ai.jpg aoi-sora.jpg
永井愛/蒼井そら

絶賛ご予約ありがとうございます、Project BUNGAKUですが、アフタートークゲストの日程が少し変更になりました。10月2日 19時の回 永井愛(劇作家・演出家、二兎社代表)、10月8日 14時の回 蒼井そら(女優)となりました。すでにご予約頂いた方でも変更等々も受け付けておりますので、お早めにご連絡下さいませ。projectbungaku@gmail.comか090-6521-5230(制作きたざわ)までどうぞー。

永井愛さんゲスト参加ばんざい! 先日お話した感じでも大変知的でスマートな方だったし、そりゃ当然文芸文学には造詣の深い方ですから、実りあるアフタートークになりそうです。

ご予約・公演の詳細はこちらからどうぞ。
Project BUNGAKU『人間失格 - 太宰治』翻案・演出します - PLAYNOTE

2010年08月28日

谷賢一作・演出のProject BUNGAKU『人間失格 - 太宰治』、予約開始です

[公演活動] 2010/08/28 12:00
stage16380_1.jpg
ちらし

以前も告知したけれど、若手で注目な作家・演出家を4人集めて太宰を翻案してみろ企画『Project BUNGAKU』の一般予約が開始されました。ご予約は以下のURLからどうぞ!

八幡山ワーサルシアターはキャパ100人程度の小劇場なので、お目当ての回はあっという間に埋まってしまうと思います。日替わりゲストも豪華なのでお早めに。すでに僕んとこにも問い合わせが結構来ています。詳細はこちらからどうぞ!

2010年08月27日

本読み会:つかこうへい『熱海殺人事件 ザ・ロンゲスト・スプリング』

[公演活動] 2010/08/27 20:37
img2-910.jpg
笑う酒巻氏

去る23日、本読み会・つかこうへいをやってきた。僕の他に参加者は、本読み会主催の大野遥氏、松山立(松山流)氏、北見さんという女子に加え、つかフリークの中田顕史郎御大、ぼっここと木下祐子ちゃん、三嶋義信さん、酒巻誉洋(elePHANTMoon)と、このまま公演打てるメンバーであった。

それより何より、つかこうへい読んだが、すごかった。

→この記事の続きを読む

2010年08月21日

やきとり焼いてきた

[公演活動] 2010/08/21 00:23
yakitori-kenichi1 yakitori-kenichi2

宣言通り、駒場商店街・夏の盆踊り大会で、テキ屋をやってきたよ! 写真はご来場(?)頂いた人々に撮ってもらった写真だよ。

以下詳細。

→この記事の続きを読む

2010年08月10日

Project BUNGAKU『人間失格 - 太宰治』翻案・演出します

[公演活動] 2010/08/10 19:47
chair-in-somewhere.jpg
どっかの椅子

今秋、小劇場界で勢いづいてる作家・演出家を4人集めて、太宰治の翻案・演出で競演する企画・Project BUNGAKUに参加します。DULL-COLORED POP・谷賢一ひょっとこ乱舞・広田淳一青☆組・吉田小夏、そして制作総指揮のアロッタファジャイナ・松枝佳紀ら4人で、太宰治をベースにした翻案作品×4をご覧に入れます。僕は代表作『人間失格』を担当、主演は柿喰う客のコロちゃんです。

本企画では異常に豪華なアフタートークゲストも一つの目玉です。初日から3名をリストアップしてみても、香山リカ(精神科医)三田佳子(大女優)猪瀬直樹(作家)永井愛(劇作家・演出家)と誤植でもしたか発狂でもしたかという顔触れ。4人の作家・演出家が太宰治をどう描くか、そしてそれをゲスト陣がどう切るか、絶対面白いです、これは。

予約用URL: http://ticket.corich.jp/apply/21919/003/

→この記事の続きを読む

2010年08月08日

青年団新人発表パレードチームの打ち上げ

[公演活動] 2010/08/08 01:45

青年団新人創作発表で一緒だったパレードチームの人々と打ち上げっつーか祝勝会っつーかただの飲み会をしてきたよ。制作部新人でありフレンチシェフでありあと映像使いである齋藤拓氏の自宅にて。

parade-men.jpg

写真は左から、制作部・石川景子ちゃんの耳と、演出部・林成彦氏のどアップと、俳優部・折原アキラくんのどアップと、制作部・齋藤拓さんのウィットにとんだ横顔と、俳優部・由かほる嬢のポニーテールの尻尾の部分。

→この記事の続きを読む

2010年08月05日

Theatre Polyphonic『悪魔の絵本』脚本提供

[公演活動] 2010/08/05 21:14
TPakumanoehon.jpg TPakumanoehon_ura.jpg
フライヤー

10月、僕の脚本提供台本が上演されます。Theatre Polyphonicという劇団の旗揚げ公演に書き下ろさせて頂くことになりました。20数年間に及び蜷川幸雄氏の演出助手として活躍し、この度自身の劇団を立ち上げた石丸さち子氏が主宰。元モーニング娘。の市井紗耶香と小劇場の悪魔ガール・岡田あがさが共演する、ある意味凄まじいキャスティングです。プッチモニ好きでした。市井さんと岡田あがさが並ぶと思うと、ぜんぜん意味がわかりませんし、親心として彼女の素晴らしい毒電波が心配で心配でなりません。

タイトルは『悪魔の絵本』。以下、公演情報です。

→この記事の続きを読む

2010年08月03日

谷賢一出演『駒場東大前商店街・夏祭りのテキ屋』

[公演活動] 2010/08/03 15:42
tekiya.jpg
テキ屋

谷賢一の出演情報です! アゴラの近くの商店街でテキ屋やります。盆踊りです! 焼き鳥売ったり綿あめ売ったりしてると思います! アゴラ経由で引き受けたんだが、青年団員としての初仕事がテキ屋なんて素敵! ミーティングにすら顔を出してない&公演も観に行ってないのに、こういうのには飛びつく自分が僕は大好きです。

日程 8/19(木) 18:00~22:00、8/20(金) 18:00~22:00
場所 駒場東大前商店街(井の頭線・駒場東大前駅下車すぐ)
料金 入場無料(焼き鳥代は別途)
問い合わせ よくわかりません(><)

ぜんぶ本当です。本当にやります。みんな遊びに来てね!

2010年07月28日

青年団新人創作発表があったよ

[公演活動] 2010/07/28 05:19
kamaboko-sumo.jpg
小道具のチラシ

去る7月の23日金曜日、アトリエ春風舎にて、青年団新人一同による創作発表会があったんだよ。今年&去年入った新人40人くらいが5グループに別れて、20~30分くらいの現代口語演劇作ってみろっていう奴。「お前、青年団入ったの、嘘だろ」と未だに言われる俺も、きっちり参加してきたんだ。ちゃんと脚本書いたんだよ! 現代口語演劇!

うちらは「パレードチーム」っていうグループ名で参加したんだけど、みごと観客投票で一位を頂きました。よかったですね。ありがとうございます。おめでとうございます。以下雑記。

→この記事の続きを読む

2010年07月14日

マリウス・フォン・マイエンブルク作『醜男』

[公演活動] 2010/07/14 11:03

某筋からご厚意でご招待頂いた&ちょっと会っておきたい方がいたので観に行った。世田谷パブリックシアターにて。

作者のマリウス・フォン・マイエンブルクは、ドイツ演劇界のホープとして最も期待される若手劇作家です。『醜男』は3年前に発表され、ヨーロッパで大ヒットし、再演を重ねています。

だそうです。僕も名前はよく聞きますが、長いのでその度に忘れていました。だが、多分もうこれで忘れやしません。名作過ぎました。

→この記事の続きを読む

2010年07月03日

最近考えていることなど

[公演活動] 2010/07/03 01:50

今現在、パソコンの前に存在している俺の意識としては「腹減った」と「〇〇したい」に意識が満ち満ちていて、あぁまぁ当然疲労はしているんだけど、そちらはあんまり近い距離にいない。最近考えていることメモ。

→この記事の続きを読む

2010年06月25日

深夜の咆哮その2

[公演活動] 2010/06/25 03:12

世間はどうやらサッカーワールドカップの日本代表VSデンマーク戦とやらを見ているらしい。ハートの中でナポリタンの皿がひっくり返って興奮した子猫が大暴れ中の俺にとっては、対岸の火事っつーか、遠い惑星の宇宙戦争っつーか、隣の家の葬式っつーか、もう何かどうでもいい。非国民になりたい。

→この記事の続きを読む

演劇なぞかけ7つ+1

[公演活動] 2010/06/25 02:35

先日、友人たちと食事中、なぞかけの話題になったんだ。なんか巷で流行りだした、よくバラエティとかで見るのは知ってたけど、今まで一つも思いつかなかったんだよ。だけど、演劇をネタにしたら、いくつか思いついたんだ。だからここに書いておくんだ。

主に古典劇をネタにして7つほど。是非、「その心は」の先を当ててみて下さい。

→この記事の続きを読む

2010年06月05日

10月公演のためのワークショップ・オーディション告知

[公演活動] 2010/06/05 20:29

またしてもPLAYNOTEでの告知が遅れてごめんなさい。あと怒涛に忙しいので、今回はリンクのみ。

10月にアロッタファジャイナの松枝さんやひょっとこ乱舞の広田さんや青☆組の小夏嬢や、いろんな人と太宰をネタに競作すんだけど、それの出演者募集のWS/ADだよ。A日程はもう埋まっちゃったので、B日程でご応募お急ぎ下さい。

10月の脚本提供作品が作家としての最高傑作なら、こちらは演出家としての最高傑作を目指したいと思っています。

※追記: もう定員いっちゃいました。あんまりにもあっという間だったので、6月末辺りを狙って追加WS/ADを検討しています。が、忙しいのでやんないかもしれません。また報告します。6/6夕方。

※追々記: やっぱりあんまりにも応募多数&締め切り早すぎだったので、追加募集を行うことに致しました。7/4(日) 9時00分~17時00分 @ 世田谷区某所(途中休憩あり)で、後は一緒です。詳細は、リンク先の掲示板からご参照下さいませ。

ジェットラグ『幸せを踏みにじる幸せ』満員御礼

[公演活動] 2010/06/05 16:20
img2-611.jpg
俺の原風景、新宿靖国通り

ジェットラグ・プロデュースが主催で、僕が作・演出をさせてもらった、『幸せを踏みにじる幸せ』、無事全日程終了しました。ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。わずか4日間という公演日程に押し寄せて下さいまして、結果的には動員率88%という満員御礼公演となりました。サンキュー新宿。

以下、恒例の振り返りエントリーだよ。

→この記事の続きを読む

2010年05月29日

『幸せを踏みにじる幸せ』初日あけました

[公演活動] 2010/05/29 12:16

ジェットラグ『幸せを踏みにじる幸せ』、無事開幕致しました。「このドSが」「このひねくれロマンチストが」「人生がんばります」等々、ひとしきり好評のようでほっとしています。今日は二日目、これからダメ出し、頑張ります。

今日以降、まだ前売り・当日券ともにお席ご用意できます。ご予約は、
080-5076-0481 (制作・北澤)
info あっとまーく jetlag.jp
までどうぞ。31日・月曜日まで、毎日昼夜、14時・19時半でやってます。劇場はおなじみタイニイアリス。僕がアリスで公演やるのもこれが最後になるかもしれないので、アリス見納めと思って是非に。

CoRich! 舞台芸術での「観たい!」「観てきた!」のご登録、励みになりますので、是非よろしくお願いします。
PC -> http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=18141
携帯 -> http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=18141

以下、雑感&ウェブ上で頂いた感想など。

→この記事の続きを読む

2010年05月24日

ジェットラグ『幸せを踏みにじる幸せ』を、観たがって下さい。

[公演活動] 2010/05/24 22:58
img2-597.jpg
稽古写真

稽古も佳境、ってかあと2日で、芝居のフレームが見えてくると、あぁまた自分らしい芝居を作ってしまった、って感じが湧いてくる。乱暴なんだよ、作り方がいろいろさ。ごった煮なんだよ、演劇的要素がいろいろさ。バタバタしたコメディもやりたいし、淡々とした会話劇もやりたいし、やかましいバカ騒ぎもやりたいし、叙情的な台詞を謳い上げたいし。僕にしか作れない演劇です。

あと4日くらいで本番、って日程で、忙しさに窒息しそうになっているけれど、ぜひ観にいらっしゃって下さいませ。この作品は僕なりの人生讃歌、人間賛美なのだと思います。新しい戯曲を、次のステップの戯曲を、これでまた書くことができる。行きたいけど行けないよー、って方は、CoRich!の「観たい!」だけでも是非登録して頂きたい! よろしく頼むよ!

PC -> http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=18141
携帯 -> http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=18141

以下稽古雑感など。

→この記事の続きを読む

2010年05月16日

ジェットラグ・プロデュース『幸せを踏みにじる幸せ』作・演出します

[公演活動] 2010/05/16 12:05
jetlag-flyer.jpg
ちらしだよ

今月末に愉快なお芝居をやるよ。作と演出です。5/28(金)~5/31(月)、古巣のタイニイアリスにて、ジェットラグ・プロデュース主催、谷賢一作・演出にて、『幸せを踏みにじる幸せ』というお話です。

柿喰う客の玉置玲央くんや、コマツ企画の小松美睦瑠さん、桟敷童子の中井理恵さんや、elePHANTMoonから永山智啓さん、山口オンちゃんなど、今までどっかですれ違いつつもちっとも絡めていなかった人々、「わー素敵」ってメンツです。

以下公演情報など。

→この記事の続きを読む

2010年05月10日

『日本語を読む』終演

[公演活動] 2010/05/10 07:43

たった2ステしかないのが残念で仕方ないんですけど!『日本語を読む - 熱帯樹』初日あけて - PLAYNOTEに書けなかったことをちらちら書く振り返り。時間ないから急ぎ足で。

→この記事の続きを読む

2010年05月06日

『日本語を読む - 熱帯樹』初日あけて

[公演活動] 2010/05/06 09:01
img2-507.jpg
場当たり中の俺とトラムと

世田谷パブリックシアター主催公演『日本語を読む vol.3 - Aプログラム:「熱帯樹」』、無事初日終了しました。ご来場下さったすごいたくさんの方々、どうもありがとうございました。

正直、ビッグネームの俳優さんがごろごろ出ているので、俺はロビーで小さくなって爪でも弾いてるのが関の山だろう、と思っていたら、何かすごい「谷くんだから」つって来てくれた方々が多くて恐縮しました。みなさまどうもありがとう。僕は何とか生きています。

まだ終わってないんだが発見した感想とかだけ紹介しておくよ。今はTwitterでなんかすごい数の感想が流れるんだね。見つかったものだけですが。

→この記事の続きを読む

2010年04月27日

谷賢一演出/三島由紀夫脚本『日本語を読む その3 「熱帯樹」』

[公演活動] 2010/04/27 10:19
fly_100505_nihongo3_m_pm_img_3.jpg
チラシ

若手で生きのいい演出家を3人招いてベテラン俳優と組ませて、ちょっと昔の日本語戯曲をリーディングで再評価、っていう企画。光栄にもお招き頂きまして、ゴールデンウィークの三軒茶屋で、やります、濃厚かつ背徳的で「三島由紀夫死ね」って思うようなリーディング。ずっと尊敬しておった俳優さんとご一緒できるのでワクワクしております。

日本語を読む その3『熱帯樹』

日時: 5月5日(水・祝) 19時~、5月8日(土) 14時~
会場: シアタートラム(三軒茶屋)
料金: 1,000円(←安い)、U24((24歳以下)は500円(←バカ安い)

[作] 三島由紀夫 [演出] 谷賢一(DULL-COLORED POP)
[出演] 石母田史朗/久世星佳/中村美貴/松浦佐知子/吉見一豊

※別プログラムにて、柴幸男演出『ポンコツ車と五人の紳士』、中屋敷法仁演出『老花夜想』も上演されます。詳しくは
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2010/05/3_1.html

以下雑感だ。

→この記事の続きを読む

2010年04月20日

松山流、終演

[公演活動] 2010/04/20 20:37

脚本提供をした「松山流」、終演しました。僕は初日にいただけですが、ご来場頂いた皆様、本当にどうもありがとうございました。わざわざ僕の本目当てに足を運んで下さった方々もいらっしゃったようで、そういうホントのファンみたいな人には僕は頭が上がらないのです。身を投げ出して地に這い蹲り、靴を舐めて御礼申し上げたいのです。

頂いた感想とか関連記事とか。見つかった分だけですけれども。

松山流:作家紹介その4 谷賢一
「松山流 vol.1」|閑話休題
松山流 | シガラキ [観てきた!] ★CoRich 舞台芸術!
Twitter / komako。: 書き直し 『松山流 一人芝居』 は4人の脚本家による ...
Twitter / にゃま: @playnote 「松山流」拝見してきました!松山 ...
Twitter / にゃま: 松山立さんの一人芝居「松山流」を拝見。四人の作家によ ...

2010年04月08日

松山立一人芝居『松山流』(4/16~18)に脚本提供をしたよ

[公演活動] 2010/04/08 06:48
style_ryu_160P.jpg
松山立さん

相変わらず告知の遅いPLAYNOTEで申し訳ありません。松山立さんというイギリス帰りの俳優さんが一人芝居を4本やる、いい感じの無茶ぶり公演『松山流 vol.1』に、脚本提供をしました。『発信音のあとで』という20~30分程の短編です。

松山さんは僕の明治大学時代の先輩で、学内では抜群に芝居が上手いということでちょっとした有名人でした。大学院を修了した後に渡英し、向こうできっちり俳優トレーニングを終え、グローブ座の舞台とかも踏んで帰ってきた求道者です。以下、公演詳細、続いて『発信音のあとで』のちょっとしたネタバレを書くよ。

→この記事の続きを読む

2010年04月07日

Theatre Polyphonic 第一回公演・主要キャスト募集

[公演活動] 2010/04/07 14:40

僕が脚本提供する予定の Theatre Polyphonic という劇団が、主要キャストのオーディションを行います。書いてる僕が言うのも何ですが主要な役のオーディションで、アクが強くていい役だから、ぜひ皆様応募するといいと思うよ。

Theatre Polyphonicは劇団としてはこれが旗揚げだけれども、主宰の石丸さち子女史は蜷川幸雄の演出助手として現場に来ない蜷川先生のかわりに八面六臂の活躍をしたり、商業演劇やミュージカルの演出で経験値豊富なベテランさんです。まぁベテランだとか経験値だとかどうでもいいんだけどさ、やたらと彼女とは感性が合うので、いいコラボレーションができるといいなと思うのです。一部キャストをオーディションにて選出、他はすでに活躍している実力俳優さんが出るようなので、経験値貯めたい俳優さん、俺と石丸さんのヤバいドライブにつきあいたい役者さんは是非。

以下詳細です。応募締め切りは4月23日(金)だから気をつけろよ!

→この記事の続きを読む

2010年03月22日

復帰のご連絡と4月公演降板のお知らせ

[公演活動] 2010/03/22 22:23
sunflower.jpg

事情を知らない方には寝耳に水ではありましょうが、御報告致します。
私、先々週末より体調を崩し、しばらく入院した後に実家にて自宅療養しており、10日くらいほとんど連絡がとれない状態にあったのですが、この度、ようやく復調し、とりあえず連絡とれる状態になりました。まだ本調子ではないので復帰には不安もありますが、できる仕事を一つずつこなし、お掛けした御迷惑の後始末をしていくつもりです。多方面に多大な御迷惑・御心配をお掛け致しましたことをお詫び致します。

また、このタイミングでのブレイクダウンに伴い、4月に予定していたミュージカル『私のこの目で』の演出を降板致しました。演出は代わりに時間堂の黒澤世莉さんが引き継いで下さったようです。関係者・御客様に深くお詫びすると共に、穴を埋めて下さった黒澤世莉さんやどうにかしてくれた関係各所には心から御礼申し上げます。

→この記事の続きを読む

2010年03月11日

ジェットラグ顔合わせ

[公演活動] 2010/03/11 02:36
KC3R0004.jpg
伊達役者・玉置玲央×怪女優・山口オン

今日は5月末に上演されるジェットラグプロデュース/谷賢一作・演出『幸せを踏みにじる幸せ』の顔合わせでした。軽くエチュードとかしたよ。写真は玲央くんとオンちゃん。

→この記事の続きを読む

2010年03月09日

劇団スカラベ『私のこの目で』演出するよ

[公演活動] 2010/03/09 13:29

4/9(金)~11(日)、新宿はシアターブラッツにて、ミュージカルの演出をするよ。フライヤーができたのでご報告。今回のフライヤーも鮫島あゆさんです。

scarab-a-850x1200.jpg scarab-b-850x1200.jpg

以下公演情報。

※体調不良により、降板致しました。

→この記事の続きを読む

2010年03月08日

5月『日本語を読む』のチラシ

[公演活動] 2010/03/08 04:00
oqow.jpg
どこで??

Twitterでこんなの拾ったんだけど、いつの間に…。中屋敷くんのコメントが酷い。

id:nakayashiki 柴くんと谷さんが、なんとなく「故人」に見えた…。 RT @whiteflicker: 速報。。。 ドラマリーディング 中屋敷さんのこの写真初めて見たな。 谷さんはなんかミュージシャンっぽいw #engeki#kangeki http://yfrog.com/33oqowj

5月に、僕と、柿・中屋敷くんと、ままごと・柴くんというラインナップで、リーディング公演をやるのです。若手注目演出家ってラインナップに混ぜてもらえて光栄だよバカヤロー。会場はシアタートラム。世田谷パブリックシアターが主催だよ。僕は三島由紀夫の『熱帯樹』をやります。

ちなみに掲載された写真は、「プロフ写真送って-」と言われて4点くらい送ったうちの1枚で、決して故意にああいう気取った写真を送ったわけではありません。カジュアルなのもあった方がいいかなー、って…。地下鉄でネットブック搭載のウェブカメラで自分撮りしたものだけれど。

2010年02月17日

3月にワークショップやるよ

[公演活動] 2010/02/17 11:48

しょっちゅうやってるように見えて実はかなり真剣にやっている谷賢一ワークショップですが、3月にまたやります。

僕は毎回あれこれテーマを設定してワークショップをやっているのですけれども。それは、ただ「ワークショップやるよー」って言われても参加者側からすれば「何やんだよ」ってなるだろうし、俺の方でもやる以上は自分にとってもプラスになるもの、研究し甲斐のあるものをやらねば時間の空費になっちまうから、必ず設定しているのです。

今回は全3回ですが、本当は、全10回とか20回とかかけてみっちりやってみたいものです。本気で何か方法論を獲得しようと思ったら、それくらいは必要でしょう。ちゅうても全10回とかになると俺負担も参加者負担もあんまり大きくなっちまうので、難しいところですが。

とにかく以下概要。定員まであと5人くらいです。ご参加お待ちしています-。

→この記事の続きを読む

僕の肩書きや所属について

[公演活動] 2010/02/17 10:09

最近、肩書きがえらい増えて、この先も増え続けることが予想されるのだけれど、今んとこの僕のポジションをざっくり説明しておきます。いろいろ誤解されているようなので。

肩書き・所属を列挙すると、こんな感じになります。

  • DULL-COLORED POP主宰
  • 柏市民劇場CoTiK代表(裏)
  • タイニイアリス・プロデューサー
  • 青年団演出部
  • フォセット・コンシェルジュ業務提携

→この記事の続きを読む

2010年02月14日

4月ミュージカル顔合わせ

[公演活動] 2010/02/14 03:24

今日はタイニイアリスでオペ仕事を終えた後、吉祥寺にて顔合わせに参加した。4月に自分が演出を手掛けるミュージカルの初会合である。

→この記事の続きを読む

2010年02月10日

新宿系演劇人代表として『歌舞伎町ブレインストーミング』に出演するよ@2月20日(土)

[公演活動] 2010/02/10 00:15
vision01m.jpg
チラシだよ

「歌舞伎町2020」Vision01という企画で、「歌舞伎町をアート使って盛り上げちゃおうぜ!」みたいな会議をやるのですが、そいつにゲストとして出演します。2月20日(土)の14:00~17:00、ポタライブの岸井大輔さんや指輪ホテルの羊屋白玉さん、コミュニティアート・ふなばしの下山浩一さん、あといろいろ各方面のヤバい人に囲まれて、若造らしく生意気トークを炸裂させてきます。

観覧無料、千客万来。詳細はこちら。
「歌舞伎町2020」がスタートします!: コミュニティアートのページ 特活法人 コミュニティアート・ふなばし

→この記事の続きを読む

2010年02月06日

『犬ども』終演

[公演活動] 2010/02/06 16:06

今さらだけど谷賢一単独企画公演『幸せの歌をうたう犬ども』、無事終演致しました。どうもありがとうございました。

以下雑感。

→この記事の続きを読む

2010年02月01日

『幸せの歌をうたう犬ども』夜全部完売

[公演活動] 2010/02/01 01:12

思いついたからやっちゃえ! と平日オンリーの日程で劇場押さえて決行して、「お客さん入るのかよ」と散々心配した企画公演『幸せの歌をうたう犬ども』ですが、おかげさまで夜の回はすべて完売致しました。ご予約頂いた皆様、どうもありがとうございました。

昼はまだあるんだ! 来ておくれ! こんど青年団演出部に入る人間の作演とは思えないぶっ飛んだ内容になっています。オリザさんが観に来たら「やっぱりあいつはクビだ」とか言われそうな気がする公演です。計量カップいっぱいの悪ふざけと小さじ一杯のペーソスで、お前のハートを月に遠吠えさせてやるぜ。

ご予約はこちらから

青年団演出部に入りました

[公演活動] 2010/02/01 00:46

ご報告です。谷賢一はこのたび青年団演出部に所属することになりました。DULL-COLORED POP主宰(休止中)と二足の草鞋だけど、方法論全部パクるつもりで頑張るよ! 先輩方どうぞよろしく(※エイプリルフールは2ヶ月先です)

実際にいろいろ始まるのは春以降みたいだからまだ先の話なんだけど、動機とか野心とかいろいろ書いておくよ。

→この記事の続きを読む

2010年01月26日

売れ行き

[公演活動] 2010/01/26 11:33

「幸せの歌をうたう犬ども」、初日完売わーいと思ったら、気がついたら他の日のソワレも残席20程度。結構早めに売り止め掛かっちゃいそうですのでご予約はお早めに。ご予約はこちらから

平日マチネはまだ余裕ありますー。

2010年01月22日

『幸せの歌をうたう犬ども』チケプレやってます

[公演活動] 2010/01/22 17:29

今日は稽古OFFの『幸せの歌をうたう犬ども』。CoRich! 舞台芸術でチケットプレゼントをやっているよ。CoRichで「観たい!」を登録してくれれば、誰でも応募できます。5組10名様まで実施中なので、結構倍率低いはず。ぜひぜひどうぞ。

PC http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=18237
携帯 http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=18237

「チケプレとか別にいーし」って方も、ぜひ「観たい!」登録をお願いします。劇団を離れて単独公演、だもんで、ぼっちだもんで、不安だもんで。「観たい!」登録してくれっと、モチベーションも上がるし、危機感も煽られるし、しかもCoRich内の注目公演ランキングも上がるしで、いいことづくめなのです!

以下余談。

→この記事の続きを読む

2010年01月20日

『幸せの歌をうたう犬ども』、脱稿

[公演活動] 2010/01/20 03:53
aterare-a-850x1200.jpg
クリックで拡大

「出演者が役を決めて、俺が何とか1本の台本にする」というまさに誰得(誰が得すんのそれ)企画・「あてられ書き」としてスタートして、宇宙人やらニートやらゲイやら目的のためには手段を選ばない女やらをあてがわれ、「どうすんのこれ、どうすんの」とおろおろし続けた一ヶ月。ようやく、脱稿しました。『幸せの歌をうたう犬ども』。フライヤーもできたよ! 遅いよバカ!

我ながらすさまじいものを書いてしまいました。果たして世に出していいのかどうかわかりません。見所は、本編と一切関係ないダンス、あまりにも酷い下ネタ、シュール過ぎてリアクションに困るギャグなど悪ふざけの数々と、強引だがしかし切実な物語です。宇宙とか幸せが好きな人は是非観に来て下さい。

意外ときっちり、お話としてまとまり、かつ「幸せって何だ!」という人類共通の問題をどストレートに扱いました。ちょいちょい挿入されるシュールな空気感に気分を害されながら、「谷賢一はバカだと思っていたけれど、やっぱり本当にバカだった」という事実を、ぜひ確認しに来て下さい!

結構、チケット、売れています。初日がもう半分出ちゃった&平日オンリーという滅茶苦茶な日程なので、ご予約はお早めにお願いします。

公演情報

谷賢一(DULL-COLORED POP主宰)単独企画公演『幸せの歌をうたう犬ども』
2010/2/2(火)~2/4(木)@新宿タイニイアリス

出演:萱怜子、菊地奈緒(elePHANTMoon)、如月萌、鈴木麻美(北京蝶々)、鈴木アメリ(犬と串)、西尾友樹、藤尾姦太郎(犬と串)、堀雄貴(犬と串)、安川結花(アロッタファジャイナ)、山本真由美

ご予約はこちらから(そのまま谷扱いになります)
http://ticket.corich.jp/apply/18237/004/

2010年01月10日

俺単独企画公演『幸せの歌をうたう犬ども』公演予告

[公演活動] 2010/01/10 02:49
aterare-a-850x1200.jpg
クリックで拡大

お待たせしました。2010年、門出の年、結構いいセン行ってた劇団DULL-COLORED POPを一時的にぶっ壊してまでやる俺単独企画公演、清水の舞台から飛び降りて全身全霊複雑骨折覚悟の上で挑む完全新作、題して『幸せの歌をうたう犬ども』の公演予告です。

谷賢一(DULL-COLORED POP主宰)単独企画公演
『幸せの歌をうたう犬ども』

2010/2/2(火)~2/4(木)@新宿タイニイアリス
作・演出 谷賢一

2010年の谷賢一、1発目の上演作品は「当てられ書き」。当てられ書きとは、出演俳優が自分の役の名前・性格・特徴・職業などを勝手に決め、作家(谷)がその俳優の役指定に従い、何とかまとめて1本の長編台本にする、という、自分から自分へ無茶振り企画。バカじゃねーの?

で、“今まで絡んだことない俳優限定”で集めた出演者陣は、完全一新ニューフェイスばかり。そいつらから集まった役の希望は、

「妹」「宇宙人」「ゲイ」「結婚サギ師」「すごく嘘つきな奴」「アル中のニート(元作家)」「ハイテンションロック歌手」「目的のためには手段を選ばない女」「ヒロイン」「挙動不審な男」

の計10役。ふざけんなバカ野郎。職業も世界観もバラバラな計10人の登場人物達を、どうにかまとめて、欲望と幸福を奏でる1本の新作戯曲を生み出しました。

詳細は「続きを読む」から。

→この記事の続きを読む

2010年01月07日

谷演出ミュージカルのオーディション情報

[公演活動] 2010/01/07 22:08

告知が遅れてしまって申し訳ないのですが、4月第2週に僕が演出するミュージカル『See What I Wanna See』の出演者オーディションが2010年1月15日・17日にあります。芥川龍之介の短編『藪の中』『龍』『羅生門』を下敷きにした異色のミュージカル、本邦初上演で、初演出します。

男女若干名募集。出演料も出るしいい俳優集まりそうなので我こそはと思う方は是非ご応募下さい。新規立ち上げ団体ですがしっかりした団体だし主宰がなかなか魅力的な男なので僕も楽しみ。詳細は以下。

→この記事の続きを読む

2009年12月14日

今年一番の演劇

[公演活動] 2009/12/14 18:25

来年一緒にお仕事する人から、こんなメールが。

→この記事の続きを読む

2009年12月01日

DULL-COLORED POPシークレットイベント『プルーフ/証明(Repirse)』1日限り上演

[公演活動] 2009/12/01 06:00

以前から告知していた12/12(土)のシークレットイベント、身近な人にはちょいちょい漏らしてたんだけど、OPENします。10月に上演してえらい評判のよかった『プルーフ/証明』の再演です。「見逃した悔しい」「もっかいみたい」という声が無茶苦茶多かったので、1日限り、2ステのみ、上演致します。

詳細は「続きを読む」をクリック。

→この記事の続きを読む

2009年11月30日

12/4(金)、青☆組『午后は、すっかり雪』のアフタートークに出演します

[公演活動] 2009/11/30 19:22
gogoyuki-OMOTE1013outlinemidi.jpg
フライヤー

12/3(木)~12/13(日)にかけて、アトリエ春風舎にて上演される青☆組の新作公演『午后は、すっかり雪』の、アフタートークに出演させて頂きます。僕が出るのは12/4(金)です。

確かな脚本力と繊細かつ丁寧な作り込みで作品に外れのない青☆組ですから、今回も期待して下さい。今作は、生誕80周年を迎える向田邦子をモデルにした創作だとか。ご予約・お問い合わせは以下からどうぞ。

吉田小夏にコスプレをさせる計画

こないだTwitterで青☆組主宰の吉田小夏嬢と話していて、リクエストが多かったら私コスプレして出るという言質を取りました証拠。本人は忘れてるかもしれないけど、こんな面白い計画を俺が忘れるはずがない。さぁ、全国2,000人のPLAYNOTE読者の皆様、吉田小夏を苦しめる遊びをしようぜ。ここに青☆組の問い合わせフォームを用意したから、「小夏コスプレ希望」と書いてどんどん送るんだ。

conatsu1.jpg
吉田小夏(標的)

青☆組および吉田小夏を知らない方は、「作・演出やってる奴なんて男も女もブサイクだけって相場が決まってんだから、コスプレなんかしても面白くねぇよ!」と思われるかもしれませんね。残念、小夏嬢は美人です。写真を掲載しておきました。

Twitterではバーのママって設定だったけど、多分リクエストが多けりゃ彼女はいくらでも奮発すると思うので、是非皆さんの声を下さい。「メール送るのめんどくせ」って人は、この記事のコメント欄に「バニーガールがいいなぁ」とか「白スクで」とか書いておいてくれれば、俺が意見書として責任を持って彼女に提出します。

俺が私服で彼女だけ幼稚園児の格好とかリラックマの着ぐるみとかしてたら超面白いアフタートークになると思う。アフタートークにもイベント性が必要だよ。悪ふざけとも言う。

2009年11月21日

フジコとの再会

[公演活動] 2009/11/21 01:34
img2-344.jpg

飴屋法水演出『4.48サイコシス』を観て微妙な気持ちになった後、DULL-COLORED POPの初代制作・フジコと一杯。主に人の悪口を言い合った。アルコールが促進するのは利尿だけではない、悪口だ、とは、イギリスの詩人・ジャン・ゴールドバッハの言葉。イヤッホー。

「いつかまたダルカラの制作やりたい」と言ってくれて心から嬉しかった。第2回~第4回公演の制作しかやってないんだけれど、彼女なくしてはこの劇団はあり得なかった。思い入れはひとしお。しかし、ガチで活動再開はできるんだろうか。

とりあえず、あの演目を1日限りで再演する12/12の秘密イベントと、続々ユニークな出演者が集まりつつある俺の個人企画&WSをお楽しみに。WSは定員まで10名を切りました。

2009年11月18日

スポーツ演劇VSお料理演劇

[公演活動] 2009/11/18 17:13

柿喰う客の東京公演が決定(12/25~27)したらしいが、煽り文に「スポーツ演劇」って書いてあって笑った。これは観たい。。。稽古場WEB中継なんてのもやってるようだから、後でちょっと見てみるかな。

何だか書いておかないと誰かとかぶる気がするので、宣言しておくけれど、来年の谷賢一単独企画公演、一発目は以前書いた&今もWS参加者募集中の当てられ書きですが、夏か秋にお料理演劇をやろうと思っています。

→この記事の続きを読む

2009年11月12日

演劇悪魔のワークショップ・オーディション&単独企画公演のお知らせ

[公演活動] 2009/11/12 18:28
meishi-ver5.jpg
最近の名刺

来年は演出仕事が3~4本、書き仕事が4~5本と、劇団は休止中ですが全然休んでないじゃんって一年になりそうです。が、1月だけぽっかり空いてしまった。その上、馴染みの劇場(あそこです)がぽっかり空いてた。ので、企画公演をやることにしました。実は1年前くらいやりたかった企画で、題して「当てられ書き」とでも言うもの。内容は「続きを読む」にて。

でもって、その参加者募集も兼ねて、ワークショップをやります。ちょうど身体もなまってるし、いい頃合いだろう。

谷賢一ワークショップ・オーディション

「テキストに行動を書き込める演技」「自分を演出する演技」をテーマに、2回構成でワークショップを行います。演出家の言いなりにならず、独創的に演技を生み出すために俳優は何ができるか? 2010年2月頭に公演を予定している谷賢一単独企画公演へ参加希望の方、および今後谷賢一作品に出演してみたいという方もご参加下さい(ワークショップのみの参加も可)。

日程1(朝方コース) 12/5(土)AM9:00~12:00&12/6(日)AM9:00~12:00
日程2(ふつうの方) 12/8(火)PM19:00~22:00&12/9(水)PM19:00~22:00

※日程1・2ともに、両日とも参加できる方限定です。
※12/8(火)はジョン・レノンの命日なので、参加者から抽選で1人、ジョン・レノン・ミュージアム特製記念バッヂを差し上げます。

費用: 3,000円
場所: 都内某所(参加決定者にのみお伝えします)
申込: ken あっとまーく playnote.net まで、①氏名とフリガナ②電話番号③メールアドレス④簡単なプロフィール⑤応募理由⑥参加希望日程(日程1・2のうちいずれか)⑦顔写真(写メールとかでも可)を添えてご連絡下さい。定員に達し次第〆切とさせて頂きます。

→この記事の続きを読む

2009年11月07日

DCPOP秘密イベント

[公演活動] 2009/11/07 20:13

活動休止って言ったじゃん! でも一夜だけ秘密イベントやります。情報公開は11月下旬を予定しているけれど、気になる人は下記日程あけておいて下さい。アレをやります。

DULL-COLORED POP シークレット・イベント

日程: 12/12(土) 14:00~&19:00~
場所: 渋谷SPACE EDGE(渋谷駅より徒歩7分くらい)
料金: 前売2,500円 当日3,000円
情報: (まだ秘密) | DULL-COLORED POP [演劇公演紹介] ★CoRich 舞台芸術!

2009年11月04日

大入り袋集

[公演活動] 2009/11/04 02:48
大入り袋集.jpg
これくらい

部屋の整理のために、過去の大入り袋を片っ端から整理してみた。計43枚。

→この記事の続きを読む

2009年10月28日

DULL-COLORED POP活動休止記念公演を振り返る

[公演活動] 2009/10/28 19:54

10月が終わる前に、書いておこうと思ったんだ。左、『プルーフ/証明』。右、『心が目を覚ます瞬間 ~4.48サイコシスより~』

w1000-013.jpg w1000-012.jpg

→この記事の続きを読む

2009年10月19日

柏市民劇場CoTiK企画公演『家族の在り方』

[公演活動] 2009/10/19 01:41
CoTiK-logo.jpg

こんばんは、杉並区在住の演劇悪魔、谷賢一です。僕がまだ悪魔になる前、柏で立ち上げたCoTiKという市民劇団が、公演をやるようだよ。12月な。俺はもはや柏市民ですらないのだが、稽古にも行こうと思うし、とても応援している。つーかまりか、貴様受験生のはずなのに何故出ている。

柏市民劇場CoTiK企画公演『家族の在り方』

【日程】
2009年12月05日(土)13:00~【A】/16:00~【B】/19:00~【A】
2009年12月06日(日)13:00~【B】/16:00~【A】/19:00~【B】

    本公演は【A】と【B】の2バージョンがあります。

【場所】
京北ホール(各線柏駅より徒歩3分)

【料金】
1000円

→この記事の続きを読む

2009年10月04日

CoRich! 舞台芸術まつり2009にて俳優賞ゲット

[公演活動] 2009/10/04 03:17

DULL-COLORED POP7.7『ショート7』にて上演された『エリクシールの味わい』、そいつに出演した岡田あがさ・小林タクシーの両名が、ダブルで俳優賞を受賞しました。

CoRich舞台芸術まつり!2009春[俳優賞] | 演劇、ミュージカル等のクチコミ・チケット情報ポータル★CoRich 舞台芸術!

俺のあんなコメントをそのまま載せてくれたCoRich!さんの敬意に敬礼。俺は杉林を片っ端からなぎ倒してやる。ライオンジャンパー、シャーベットタイフーン。

2009年09月27日

DCPOP9、CoRich! にてチケプレ実施中

[公演活動] 2009/09/27 10:01
IMG_0037

ぜんぜん告知してなかったので一言。CoRich! 舞台芸術にて、チケプレ実施中です。チケプレとは関係なく、「観たい!」コメント登録して下さると、ランキングが上がって僕らの花火が大きく咲きます。ご協力頂ければこれ幸い恐悦至極。どうぞよろしくお願いいたします。

写真は昨夜打ち合わせを行った時間堂・堂主、黒澤世莉。2人で未来を叩き壊す話をした。ブレてるのは写真だけで、僕らの心にはブレがない。自分が何を手に入れたいのか、わかってない奴には、絶対にそれを手に入れることはできない。人口学。

2009年09月24日

心が目を覚ます

[公演活動] 2009/09/24 23:46

P9231762P9231765

本番まであと2週間を切った、原作:サラ・ケイン、翻訳・翻案・演出:谷賢一の『心が目を覚ます瞬間 ~4.48サイコシスより~』。写真は左から出演者の堀奈津美、谷賢一。何故か俺は今金髪だ。お写真は稽古場見学に来て下さったすしこさんが撮ってくれたもの。どうもありがとうございました。

今日は稽古場に元チェリーブロッサムハイスクールの天才作家にして稀代のハイパーマルチクリエーター、現キコ主宰の小栗剛氏と、前回のブランヴィリエに出演してくれた演劇アブノーマル・塚越健一、高校生のくせに演出助手やってる酒井一途、ハッピー・スプリンクラーの二つ名を与えたい制作・北澤芙美子らが参加し、すさまじく有意義な稽古であった。

→この記事の続きを読む

2009年09月23日

サラ・ケインと俺と。何故4.48サイコシスを上演するのか。

[公演活動] 2009/09/23 02:29

なぜ今ここでサラ・ケインか? きちんと理由を書いていなかったので、夜半過ぎ、多くの人が「私は幸せだ」と自分に言い聞かせ、その片隅で「私は不幸だ」という思いを噛み潰そうとしている時間、そして俺にとっては、ようやくソリッドな演出プランが固まりつつある今、書いておこうと思います。

その前に公演の宣伝。観てもらわなきゃ始まらない。

DULL-COLORED POP vol.9『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』
原作:サラ・ケイン 翻訳・翻案・演出:谷賢一 出演:谷賢一、堀奈津美
DULL-COLORED POP「『プルーフ/証明』 『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』」予約ページ

→この記事の続きを読む

2009年09月15日

DULL-COLORED POP稽古場公開

[公演活動] 2009/09/15 14:19
IMG_0001

DULL-COLORED POP vol.9『プルーフ/証明』『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』の稽古風景を一部公開致します。DULL-COLORED POPの稽古にご興味がある方はお問い合わせ下さいませ。

結構いろんな人から「稽古を観に行きたい」と言われ、別段特殊なことなど1つもやってない稽古場なのだけれど、むげに断るのもどうかなぁと思い、でも俺の友達にだけ公開ってのもケツの穴が小さい気がして、じゃあ一般公開って運びになりました。どうぞどうぞ、何ならご一緒にどうぞ。

写真は『プルーフ/証明』の稽古風景、木下祐子ちゃん a.k.a. ぼっこさん。

→この記事の続きを読む

2009年09月14日

サラ・ケインと話す

[公演活動] 2009/09/14 03:37
DCPOP9flyer-4.48.jpg
フライヤー・ゲラ

DCPOP9『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』のフライヤー・ゲラが完成したからリーク。げらげらげら。

裏切った人間が信じた人間より得をする、というのは、多分ずいぶん昔からの真理で、僕はそういうマニフェストに乗っかった上で生きていた人間だったのだけれど、最近悔悛してみたらあんまりいいこともなかったので、この先どんどんと我道覇道を問うていこうと思っています。

『心が目を覚ます瞬間』は、サラ・ケインの遺作を元にしてはいますが、かなりオリジナル色の強い作品になります。翻訳、翻案、演出、出演と、ここまでやったらもうほとんど自分の世界だ。以前から繰り返し書いていることだが、これを持ってDULL-COLORED POPの最高傑作&打ち止め記念作品としたい。

DULL-COLORED POP vol.9『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』
原作:サラ・ケイン 翻訳・翻案・演出:谷賢一 出演:谷賢一、堀奈津美
DULL-COLORED POP「『プルーフ/証明』 『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』」予約ページ

→この記事の続きを読む

2009年09月12日

DCPOP9『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』稽古開始

[公演活動] 2009/09/12 19:20
natsumi090912.jpg
奈津美

今日は『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』の初稽古。これからほぼ毎日、ひたすら濃厚にやることになる2人稽古だが、初回としてはまずまずのスタート。とりあえずサラ・ケインの概論講義をやったあと、2人の心の傷をえぐりまくるところからスタートし、超ダウナーな内容である上に場所はおろか誰が登場しているのかすらわからないテキストを読んで、浮かんできたイメージをディスカッション。これを元に、さらにテキストを翻案し、俺がテキストを書き足して完成。

サラがこのテキストを書いたのは27歳。俺も今、27歳。死を前にテキストを書くサラと俺、2人の劇作家の対話というスタイルをベースに、様々な演劇的あそび、インスタレーション的やりとりをどんどん足していく。サラとゆっくり話をして、奈津美とゆっくり話をして、そして自分自身とがっつり話をする一ヶ月。DULL-COLORED POP打ち止め公演に相応しい作品内容、演出的冒険になります。

ご予約はこちらから。俺も出演します。

DULL-COLORED POP vol.9『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』
原作:サラ・ケイン 翻訳・翻案・演出:谷賢一 出演:谷賢一、堀奈津美
DULL-COLORED POP「『プルーフ/証明』 『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』」予約ページ

役者・小栗剛についての端書き

[公演活動] 2009/09/12 11:04

次回公演『プルーフ/証明』の方に出演する小栗剛君が、ブログにこんなこと書いておった。俺が延々説明するより、彼の言葉を読んでもらえれば、いい作品、いいキャスティングであることが「証明」できると思う。

『プルーフ/証明』に出演します: 世田谷純情ディスコード

→この記事の続きを読む

中屋敷くんについて

[公演活動] 2009/09/12 10:59

昨日は柿喰う客を観劇してそのままアフタートークへ参加。正直言って、手が震えた。喋ることがなくて。あんまり同世代の演劇人を手放しでべた褒めとかしたくない、バカに見えるから、と思うし、事実、手放し喝采なんてほとんどないんだが、今回の柿喰う客『悪趣味』はもはや歌舞伎と言っていい洒脱なビジュアル感覚および遊び・茶化し・傾きのマインドと、タイトな劇構造およびどっすりしたメッセージ、くだらねーギャグが煮詰まって、さすがとしか言いようがなかった。

したら、中屋敷くんがこんなことをブログで書いていたよ。
柿喰う日々: 理由とか目的みたいなこと
こういう中屋敷が見たかった。奴は本当にひょうひょうとしていて、まぁ何かに苦しんではいるはず、でなきゃあんなに気の触れた作品は作れないよって思ってたんだが、いい文章である。

俺は、書くことで世界を変えようとしていて、演出することで自分自身を楽しませようとしている。公演を打つことで、演劇界を変えようとしているし、自分自身を変えようとしているのだと思う。楽しく演劇したい。

2009年09月11日

DCPOP9『プルーフ/証明』『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』上演のお知らせ

[公演活動] 2009/09/11 02:11

次回のDCPOPは2本立てです。『ショート7』のようなパッケージング作品ではなく、完全に独立した2作品です。片方は(『プルーフ/証明』)、ウェルメイド・プレイ、骨太なドラマを持つ会話劇、俳優同士の交流が生む奇跡、そういう作品で、もう片方(『心が目を覚ます瞬間~4.48サイコシスより~』)はアヴァンギャルド全開、プロットもト書きも役の指定もない破綻劇、演出においてかつてないほど遊び冒涜する芝居、そして谷賢一出演と、まるで方向性の違う2本。

活動休止を前に、すべての引き出しを開けきって、そしてゆっくりおやすみ。おはようは言わないで。

→この記事の続きを読む

DULL-COLORED POP活動休止のお知らせ

[公演活動] 2009/09/11 02:07

俺の魂、俺の血、俺の骨髄液であった劇団・DULL-COLORED POPが、次回公演を持ってしばらく活動休止するので、そのお知らせをここでもやります。テキーラ飲んで、やります。マルボロふかして、やります。ブランキージェットシティ聴きながら、やります。

以下、公式サイトより引用。

→この記事の続きを読む

2009年09月05日

なぜお前が出演する

[公演活動] 2009/09/05 02:19
white_background_tools_264351_l.jpg
ハサミ

DULL-COLORED POPの第9回公演は、2本立てです。片方はちょくちょく話題にしている『プルーフ/証明』。もう一本は、サラ・ケインの遺作『4.48サイコシス』を翻案した『心が目を覚ます瞬間』。出演は、DULL-COLORED POPより谷賢一、堀奈津美の二人です。

僕が出ます。

→この記事の続きを読む

2009年08月31日

柿喰う客『悪趣味』のアフタートークに出演します

[公演活動] 2009/08/31 12:00

現代演劇の異端児、異彩にして異才な妄想エンターテイメント劇団・柿喰う客の一年半振りの本公演、『悪趣味』のアフタートークに、DULL-COLORED POPより谷賢一が出演致します。9/11(金)19時30分~の回、三軒茶屋シアタートラムにて。

中屋敷くんは飄々としているけれど最も「話せる」若手演劇人の一人です。トーク自体も面白くなりそう、だけれど同時に、今回の柿は方々から伝わる噂を聞く限り気合の入り方や準備の入念さがいつもと比べ物にならない感じ。観劇自体も楽しみです。

ご予約・お問い合わせは柿喰う客まで。

2009年08月30日

引っ越しパーティー明日

[公演活動] 2009/08/30 18:08

明日の午後から明後日の明け方まで、方南町の新居で飲んでいます。詳細はこちらドン・キホーテ環七方南町店まで来たら電話下さい。僕の電話番号を知らない人は、知ってる人に聞いて下さいね。

何の計画性もない突発的なイベントなので、ひどい目にあっても笑える人以外はご遠慮下さい。あと騒いで入居二日目で警察呼ばれるとかはやっぱり嫌なので、その辺のご協力もお願いします。

今晩は自宅に帰って荷造りだ。こんちくしょう。

2009年08月21日

期間限定・DULL-COLORED POP台本販売

[公演活動] 2009/08/21 13:58

今回、ロビーで台本販売をやったら、えらい反響があって、とてもありがたかったのですが、初日に間に合わなかったため、買い逃した! という方もいらっしゃいました。つーわけで、台本販売をやることにしました。9/2までの期間限定・完全受注生産です。

見逃した公演のある方や、気になる台本のある方は是非。今のところDVD販売の予定はありませんから、台本で我慢して下さい(笑)。でも、素人撮影のDVDより、台本の方が楽しめるとも思います。

~~~

DULL-COLORED POPでは、多く寄せられたご要望にお応えして、このたび期間限定で過去作品の台本販売を行います。

飲尿ミュージカルからシェイクスピア風赤毛モノまで、意味不明に幅広い脚本で話題をさらい続ける演劇悪魔・谷賢一の全作品を、完全受注生産にて一挙販売。一部500円、全部セットなら4000円というサービス価格で、9/2(水)までご注文を受け付けます。

送料について

1部につき100円、送料を頂戴致します。ただし、5部以上ご購入or全部セット購入の場合は、一律500円の送料を頂戴致します。ご了承下さいませ。

お申し込み方法

info あっとまーく dcpop.org か、 090-6521-5230(制作)まで、以下の内容をご連絡下さいませ。

  • ご購入を希望される台本(作品名)
  • お名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 発送先住所

折り返しこちらよりお振り込み先をご案内致します。ご入金が確認でき次第、台本を発送させて頂きます。

※恐れ入りますが、振込手数料はお客様の方でご負担下さい。振込先はご注文頂いた際にご連絡致しますが、三菱東京UFJ銀行か、ゆうちょ銀行からお選び頂けます。
※台本は、ご入金が確認出来次第、順次発送させて頂きます。9/2(水)までにご入金頂いたお客様には、9月第2週までにご送付差し上げる予定です。

→この記事の続きを読む

2009年08月20日

モリエールとツーショット

[公演活動] 2009/08/20 14:38
img2-168_m.jpg

王子系でもアゴラ系でも下北系でもない、新宿系劇団・DCPOPにとって、モリエール進出には言葉にできない感慨がある。トップス亡き今、次に目指せということになれば、サンモールシアターかスペース109になるんだろうか。別に新宿にこだわる必要は全然ないんだが、居心地のいい街である。

→この記事の続きを読む

2009年08月19日

次の公演について

[公演活動] 2009/08/19 00:06

そうそう、次回公演が、もう10月第2週だから、すぐそこです。構想は広がりつつあり収束しつつあるので、近日中に発表できると思うけれど、今回が「ド・ストレートプレイ」「新劇や海外古典劇へのオマージュ」「台詞の音としての威力や、台詞の持つ力を引き出す」「小劇場の流行と反対に思いっきりハンドルを切る、あえて小劇場っぽくないことを思いっきりやる」みたいなコンセプトだったのに対して、10月公演は、こういうコンセプトになると思います。

演劇の持つ「遊び」の要素を、徹底的に遊ぶということ。オママゴトをしっかりやるということ。葉っぱが数枚、木の棒が数本あれば、三つ星レストランでのディナーだろうが、ベトナム戦争の情景描写だろうが、やれるということ。そういう公演にしたいと思っています。そして、27歳の自分を、しっかり殺すということです。

ショート7、ブランヴィリエと、演劇の振れ幅を右へ左へ大きく揺れながら、今年中にきちんと引き出しを全部、あけておきたい。そうして、新しいステップへ行きたい。

2009年08月18日

マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人、公演終了

[公演活動] 2009/08/18 23:39
mary-de-brinvilles-stage-photo.jpg
斬首

DULL-COLORED POP第8回公演『マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人』、無事全日程終了しました。ご来場頂きました皆々様、本当にどうもありがとうございました。お盆なのに。お盆なのに。

まだまだやらなくちゃいけない仕事が山積みで残っているのだけれど、少し書いておきたい。

→この記事の続きを読む

2009年08月16日

PIKOからのメール

[公演活動] 2009/08/16 02:42

PIKOからメールが来て、俺たちまだまだ頑張ろうぜみたいな内容で、ジャニスの台詞が引用してあって、感動した。で、台本ファイル開いて中身を確認してみたら、いい台詞過ぎてびっくりした。

ジャニス「……あなたくらいの年頃だと、愛って、リヴィング・ルームのクッションみたいなものだと思ってるかもしれないけど、本当は、もっと底抜けに冷たくて……、硬い、黒くて硬いものなの。私はクッションに座って紅茶を飲むこともできた、できたんだけどね、前の男となら。でも、私は冷たくて黒くて硬い方を選んだの。選んだ、って言うよりは……、私は決められないの、やっぱり。わかる?」

今回のブランヴィリエ侯爵夫人でもいい台詞はいっぱいあるが、これもいい台詞だな。

2009年08月12日

明日から小屋入りブランヴィリエ

[公演活動] 2009/08/12 02:25
perchten-krampus-brauchtum-1219512-l.jpg
作者近影

我々は明日、新宿シアターモリエールに劇場入りを果たす。勝算しかない戦いを、悠々と戦ってくる。虚栄や見栄やリップサービスではなく、私は演劇において無敗である。それがあなたの舌に甘く感じられるか、辛く感じられるか、酸っぱく感じられるか、それはわからんが、少なくとも俺にとって舌鼓を打てない味であったことは一度もない。

「隠されているものは、絶対に見えない」。いいフレーズだ。残念ながら、俺の方が1枚も2枚も上手だってことを、今に貴様に思い知らせてやる。棚の上で腐ってゆくプリン、電信柱の根本で行き倒れる死体、靴を奪われたバレリーナ。隠されているものは、絶対に見えない、ということを、見えるようにしたい。

ご予約お待ちしております。演劇悪魔、谷賢一より。

2009年08月09日

タイムテーブル表示テスト

[公演活動] 2009/08/09 04:56

CoRich! チケットがバージョンアップして、こんなことができるようになったらしい。チケット予約フォームへの直リンク付きタイムテーブル表示。携帯からの予約はこちらをクリック!



CoRich舞台芸術!FX比較FXブログ通販ショップ

広告が鬱陶しい。。。有料オプション申し込んでるんだから、なくてもいいんじゃあ。タグだけ見るとすぐ消せるけど、さすがにそういう外道なことはしない。

こんな時間にひたすら音響プランをまとめている俺。いかんともしがたい。自動演奏器のCDを手に入れてとても気分がいいが、まだ弾数が足りない。朝風呂に入ってもう一勝負することにする。

今日はさんざんな目に遭ったが、そのことはまだ書かずにおくことにする。

2009年08月08日

ブランヴィリエ稽古

[公演活動] 2009/08/08 02:11

今日はreset-N原田紀行さん、百花亜希ちゃん、向陽舎・久保亜津子さん、三嶋義信さん、elePHANTMoon酒巻さん、マルタン高橋らと抜き稽古だった。濃密な時間を過ごせたと思う。

→この記事の続きを読む

2009年08月03日

ブランヴィリエ侯爵夫人、稽古状況

[公演活動] 2009/08/03 16:25

ここ最近の稽古状況などについて、ちょっと書きます。

  • CoRich! 一位
  • 所作稽古
  • 出演者について

→この記事の続きを読む

2009年07月30日

DCPOP8『ブランヴィリエ侯爵夫人』、チケットプレゼント実施中

[公演活動] 2009/07/30 02:50
DSC_56020003.jpg

昨日から、CoRich 舞台芸術!にて、次回公演のチケットプレゼントを実施しています。3組6名様までご招待です。CoRich! のチケプレは思ったより倍率が低く、俺も当たったことがあるくらいなので、一か八かで応募してみて下さいませ。

  1. 「観たい!」コメントを登録する。
  2. 希望日時・枚数を明記の上、チケットプレゼントに応募する。

応募条件は「観たい!」に公開コメントを頂くだけ。チケプレ応募じゃなくても、ぜひ「観たい!」コメントお願いします。何か雑誌とかフリーペーパーとかから「~~円で広告どう?」とか何度か聞かれてんですが、「お金ないんでゴメナサイ」と言ってるような弱小劇団ですから、ウェブで話題になるとかなり助かります。嬉しいしテンションが上がります。どうぞよろしくお願いします。

なお、応募にはCoRich!アカウントが必要です。登録はこちらから

写真はフライヤー用写真のアウトテイク。この小箱は出演するかもしれない。モデルは清水那保(崖っぷちのドラクル)、撮影は堀奈津美(水ぎわのジャンセニスト)

2009年07月29日

青☆組のアフタートークに出演します

[公演活動] 2009/07/29 05:27

8/5(水)15:00の回、青☆組の新作本公演『花とアスファルト』のアフタートークに出演させて頂きます。青☆組は青年団演出部の才色兼備のカリスマガール、吉田小夏嬢がプロデュースする演劇ユニットで、「劇場ならではの、肉声による日本語の音楽性にこだわり、言葉と、身体の織り成す、繊細な味わいを大切にした対話劇が身上」青☆組とは?より)だとか。「日本語の音楽性」、それって何だよ、とぼけたこと言ってんじゃねーぞ青年団が、とか思っちゃうようなテンテコテンは、一度ご覧になれば言ってる意味がわかるはず。

3月の『15 minutes made vol.5』では好敵手であった青☆組ですが、今回は応援する気満々で、「ファンかよ」みたいな前傾姿勢でアフタートーク出演して参ります。

青年団リンク 青☆組 vol.10 『花とアスファルト』

作・演出:吉田小夏(青年団演出部)
会場:アトリエ春風舎 
日程:2009年8月1日(土)-9日(日)
[http://www.aogumi.org/]

宣伝がてら、僕と小夏嬢について少し書きます。

→この記事の続きを読む

2009年07月23日

アロッタファジャイナ『溺れる家族』アフタートークに出演します

[公演活動] 2009/07/23 01:03

今週から本番が始まる劇団アロッタファジャイナの第十二回公演『溺れる家族』に、谷賢一がトークゲストとして出演します!7/26(日)19時の回に登板。

アロッタファジャイナ『溺れる家族』(作・演出:松枝佳紀)

2009年7月23日(木)~27日(月)@新宿タイニイアリス
前売3,500円・当日3,800円

作者の言葉:「観客の胸を打ち感動させるだけでなく、深い傷(問題意識、トラウマ)を残すような作品、「現代」という時代に必要とされる作品、ヒトタビ見れば時代から目をそらせなくなるような恐ろしい作品、にしたいと考えています。」http://www.alotf.com/stage.htmlより)

めっさ面白いアリスインタビューを読めばわかる通り、ちょっといかれた感じで鋭い感じの松枝氏による最新作。今日、場当たりを少し拝見しましたが、アリスにしてはすさまじく珍しい使い方をしている上に、美術もスタイリッシュで期待が持てました。

家族について、演劇について、ごりごりえぐるように喋ってくる予定です。「続きを読む」に詳細載せておきますね。僕のトークの回じゃなくてもいいので(笑)、ぜひご来場くださいませ。

→この記事の続きを読む

2009年07月22日

DULL-COLORED POP vol.8『マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人』

[公演活動] 2009/07/22 03:09

もうフライヤーも撒いてるし予約も開始してるのに、PLAYNOTEで告知するのがこんなに遅れて申し訳ない。それくらい忙しかったということです。

8/14(金)~17(月)まで、DULL-COLORED POP史上最大規模の金と時間を突っ込んだ、「それもう小劇場じゃないから」スケールの公演が幕を開けます。内容的にも規模的にも、最大の野心作です。俺の愛する毒婦、マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人について。

そうそう、これは書いておかねばなるまい。CoRich! の観たい! 登録お願いします
ぼく扱いの予約はこちらから http://ticket.corich.jp/apply/13697/003/ 。

まだ続くよ。

→この記事の続きを読む

2009年07月19日

マリー2nd脱稿

[公演活動] 2009/07/19 03:59
mary-real-photo.jpg

深夜の咆吼。無事脱稿。マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人。あんまりにもしんどい戦いで、もうやだ。でも嬉しい。いろいろなことが吹き飛んでいく。

写真は油絵加工を施す前の合成写真。

2009年07月14日

不幸の王子

[公演活動] 2009/07/14 03:24

昔、人からこんな内容の童話?を聞いたんだが、あれこれ童話を調べている最近でも引き当たらない。内容的に、グリムやアンデルセンより先、どちらかというと20世紀に書かれた星の王子様とかツバメと乞食の話に近い。人口とか考えると、戦後のものだろうな。

→この記事の続きを読む

2009年07月09日

DCPOP8、そろそろ情報解禁/フライヤーできた

[公演活動] 2009/07/09 13:42

DULL-COLORED POP第八回公演の情報解禁がそろそろ。フライヤーできた。

DCPOP8-A.jpg

出色の出来栄えだ。本番用の衣裳を一着だけ先行で作ってもらい、某所地下で徹夜で撮影。フライヤーの束をめくっていて度肝を抜かれる人々の顔が見たい。

実物の配布は、来週の世界名作小劇場とJACROWからの折込となります。世界名作には次回公演に客演してくれる酒巻さんが、JACROWにはDCPOP劇団員堀奈津美が客演しております。

あ、↑だとやたらおどろおどろしいですが、素材にはキュートな写真がたくさんあるので、いずれそれも公開する予定です。クレジット。撮影:堀奈津美、デザイン・編集:鮫島あゆ、照明:谷賢一、ヘアメイク:村山香菜、お手伝い:小林ケースケ。フライヤーモデル、清水那保。

2009年06月27日

DCPOP-WS/AD第一組終了

[公演活動] 2009/06/27 00:54

DCPOP-WS/AD第一プログラム、三日行程終了しての帰り道。今回は参加者のレベルが高かった。その分、楽が出来たとこもあるし、苦しかったとこもあった。一本の台本を通しでやってみるというスタイルは、いい意味でも悪い意味でも俳優のクセが剥き出しになる。筋のいい人、経験値の高い人が多いので、俺が教わったようなところもあり、いいWSであった。

来週からは追加日程だが、こっちにもくせ者がいるので気を張らねば。かつ、『マリー2nd』の台本を早急に仕上げねば。途中まで書いた感じ、これは、稽古初日に台本が上がってないと、ちょっと苦労しそうだ。

でも目下のところ大問題は、帰ったらメシ何を食うかだな。終電だからメシ屋なんかあいてないんだが、お袋と喧嘩中だから家にご飯はねぇだろうし。谷。

2009年06月26日

DCPOPに北澤芙未子が劇団員として加入

[公演活動] 2009/06/26 14:36
face-kita.jpg
写真左より谷・北澤

8月公演準備で大わらわの最近ですが、嬉しいニュースが一つ。初代劇団員にして俺の女房役であった大藤多香子の脱退以来、長らく不在であったDULL-COLORED POPの常任制作・劇団員として、北澤芙美子嬢が加入しました。

ずっと俺・なっちゃん・なおちゃん+鮫島あゆという孤高のハーレム劇団で、制作不在が痛い痛いと嘆いていたが、モリエールでの8月公演を前にして心強い仲間が加わりました。

→この記事の続きを読む

2009年06月24日

feblaboプロデュース『これからの小劇場についてまじめに考える会』

[公演活動] 2009/06/24 06:20

ギリギリエリンギ主宰にして制作ユニット(?)feblaboの看板を立てている池田智哉くんが、今週末、恵比寿のバーで『これからの小劇場についてまじめに考える会』なんていうアツい名前のディスカッション飲み会を開くそうです。

僕も最終日に参加予定。こういう集い、自分で企画してやろうかと思っていたくらいなので、予定が空けば他も参加したい。小劇場なんて小さい狭い世間だから、連帯なんて古い言葉を使わずとも、智慧の出し合い、分け与え合いがもっとあってよかろうと思っております。詳細は以下の通り。

→この記事の続きを読む

2009年06月22日

WS台本『月並みはなはし(っぽい)』

[公演活動] 2009/06/22 01:23

明日からDULL-COLORED POPワークショップ・オーディションが始まるので、台本を書いた。

→この記事の続きを読む

2009年06月18日

やけに不適

[公演活動] 2009/06/18 05:17
snapshot20090531132253.jpg

深夜の事務作業、ううん、これはこたえる。

写真はやけに不適な笑みを見せるドラえもん。

→この記事の続きを読む

2009年06月17日

文体

[公演活動] 2009/06/17 03:50

次回公演『マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人』、難産です。文体を発見する。

→この記事の続きを読む

2009年06月13日

ワンダーランドに劇評が掲載されました

[公演活動] 2009/06/13 12:21

4/30~5/6にPit北/区域にて上演し、劇団初となる1,000人超え(1,111人)のご来場者数を記録した『ショート7』の劇評が、超硬派・小劇場メールマガジン「ワンダーランド」に掲載されました。

DULL-COLORED POP「ショート7」 - wonderland エロチシズムの上で弾けるポップコーンのように(三橋曉)

書き手はベテランのミステリ・コラムニストである三橋曉さん。お会いしたことはないのですが、こういう目の肥えた方に認めて頂くことは、至福、っつーか、ビビります。でもガッツポーズ、やった! 一作品ごとに丁寧にかつ端的に批評の言葉を与えてくれていて、大変読み応えのあるレビューになっています。劇団としての性格をも見抜こうという視線が垣間見えて、嬉しい反面背筋に緊張の走る文章でした。

→この記事の続きを読む

DULL-COLORED POP WS/AD

[公演活動] 2009/06/13 02:54

PLAYNOTEでは告知する気がなかったんだけれど、「え、知らなかったんですけど、なにそれひどい」となっても困るしなぁ、と思って、ここでも告知しておきます。すでに定員を2倍以上オーバーしてるので、書類審査でゴメンナサイになる可能性が高いものですが、僕のお芝居やDULL-COLORED POPに興味や愛を感じてくれている人がいたら、ぜひご連絡を下さいませ。

→この記事の続きを読む

2009年05月14日

ショート7回想

[公演活動] 2009/05/14 19:14

公演が終了してもう十日が経ちました。もうほとんどこの公演のことなど覚えていない人、二度とこの公演のことを忘れられない人、まだ負った傷から立ち直れずにいる人、様々かと思いますが、まずはご来場、どうもありがとうございました。おかげさまでDULL-COLORED POP史上最高動員、1111名(概算)もの方々に観て頂きました。また、この土方のようにハードで修道僧みたいにスピリチュアルな現場に携わってくれたすべての方々に、ありがとうより愛してるをぶん投げつけるぜ。

→この記事の続きを読む

2009年05月03日

『ショート7』、間もなく閉幕

[公演活動] 2009/05/03 03:01

長い長いと思っていたショート7、8日間18ステージの強行スケジュールも、ようやく折り返し、間もなく閉幕。チケット、後半日程の売り止めがはじまっています。ぜひぜひご来場下さいませ!

王道の物語性がある『ソヴァージュばあさん』、感性に訴える『Bloody Sauce Sandwich』、シンクロ三人一役『15分しかないの』、清水那保トランス一人芝居『アムカと長い鳥』のあるAプログラムは、シャープで怜悧なDCPOPらしい演目集。しっとり静かに不安な恋心を描く『息をひそめて』、異常に好評な業界初・飲尿ミュージカル『エリクシールの味わい』、そして圧巻の役者力による一人芝居『藪の中』を抱えるBプログラムは、見やすくかつ振れ幅の広いアラカルト。どっちも、マジで面白いです。胸を張って残り日程やっていくよ。

DULL-COLORED POP7.7『ショート7
2009/4/29(水・祝)~5/6(水・祝)@Pit北/区域 ☆ 前売2500円・当日3000円

演劇感想文におけるモラル

[公演活動] 2009/05/03 01:46

書けば損、言えば仇、示せば隙になるような、でも言わずにはいられないようなことが世の中にはあって、それを黙殺することは物書きにとって自殺行為だと思うから、あえて書くのだが、書く前からヒヤヒヤしています。演劇感想文におけるモラルについて問う。

→この記事の続きを読む

2009年04月27日

稽古日誌:『エリクシールの味わい』

[公演活動] 2009/04/27 03:43

いよいよ明後日から本番のDULL-COLORED POP短編集『ショート7』。今日は最後の稽古日誌、新作書き下ろし短編『エリクシールの味わい』について。

業界初・飲尿ミュージカルなんだぜ。業界初とか言ってるけど、最初で最後になるだろうな。岡田あがさ・小林タクシー・清水那保という贅沢なキャストを無駄使いするつもりで書き始めたが、無駄遣いどころかこの上ない有効活用。さらに作曲・生演奏として身の回りで天才度数がトップクラスに高い伊藤靖浩くんを起用。今んとこ、すごいものになっています。

笑って泣ける、おしっこミュージカル。バカじゃねーの、このうたい文句。でも本当だぜ。

初日、まもなく完売です。ご予約はお早めに!

DULL-COLORED POP7.7『ショート7
2009/4/29(水・祝)~5/6(水・祝)@Pit北/区域 ☆ 前売2500円・当日3000円

→この記事の続きを読む

2009年04月24日

アフタートークイベント『キャバクラードポップ』詳細

[公演活動] 2009/04/24 10:32

『ショート7』のもう一つの目玉、アフタートークイベント。また帰宅したら詳細書きますが、テーマが決まった! ので発表します。いろいろ本気です。

4/29(水) 中屋敷法仁(柿喰う客・代表)
『21世紀に演劇が絶滅を逃れる方法』

4/30(木) 船岩祐太(演劇集団 砂地・演出)
『演劇の復権は可能か』

5/01(金) 北嶋孝(小劇場レビューマガジン「ワンダーランド」編集長)
『小劇場演劇なんか何で観んの? バカなの?』

5/02(土) 松枝佳紀(アロッタファジャイナ・主宰)
『書を捨てて町へ出て、小さくまとまってしまった時代』

5/03(日) ハセガワアユム(MU・主宰/プロデューサー)
『演劇における主題としての現代』

5/04(月) 小栗剛(チェリーブロッサムハイスクール・座付作家)
『作家は演劇の神か、奴隷か、愛人か』

5/05(火) 夏井孝裕(reset-N・主宰)
『自分について書くという尊大さ、あるいは偉大さについて』

2009年04月23日

稽古日誌『アムカと長い鳥』

[公演活動] 2009/04/23 02:48
『アムカと長い鳥』1

短編7本やるよ企画、『ショート7』。DCPOPが飼育する平成の化け猫・清水那保がお送りする、一人芝居『アムカと長い鳥』について書きます。写真は初演版のもの。こんなんやってました。目撃者巣128人の悪夢です。

キャッチコピーは『身も心もセミヌード』ですが、セミヌードどころか皮を剥いでその裏側を見せようっていう一人芝居。ベビードール(下着?の一種)一枚という、共演者の堀越涼くんが一言で「頭おかしだろ」と切って捨てたトンデモ衣装で臨む演目ですが、刮目すべきは肌ではない、魂だ。

DULL-COLORED POP7.7『ショート7
2009/4/29(水・祝)~5/6(水・祝)@Pit北/区域 ☆ 前売2500円・当日3000円

→この記事の続きを読む

松枝さんが本気だ

[公演活動] 2009/04/23 00:42

えー、来週から始まるDCPOP7.7『ショート7』ですが、7本もある! ってだけでバカ企画なんだが、終演後毎日「キャバクラードポップ」なるトンチキなトークイベントを設定しています。まぁまた後日きちんと詳細掲載しますが、名だたる若手演出家・脚本家を招いて、生ぬるくないトークをしようという会なのですが、ゲストの一人、アロッタファジャイナ主催の松枝さんがいきなり本気で面白いことになりそうである。

正しくも松枝日記: 仁義なき戦い(小劇場篇)

ご予約・お問い合わせは僕まで! 谷賢一扱いの予約フォーム http://ticket.corich.jp/apply/10281/002/ かメールでどうぞです。新作ミュージカルがえらい面白いことになってるので、近日中に紹介するよ。

2009年04月19日

STスポット主催公演『二人で狂う』上演中止のお知らせ

[公演活動] 2009/04/19 03:04

七月に、柿喰う客の中屋敷くんと一緒にやるはずだった企画が、劇場側の都合により公演中止となってしまいました。いろいろ煮えくり返るものはあるにせよ、また、何とか公演を実現しようと自分としては最大限の努力をしたものの、こういう結果になってしまいました。大変申し訳ありません。

以下に、DULL-COLORED POPウェブサイトに掲載した公式謝罪文を転載致します。

→この記事の続きを読む

2009年04月10日

稽古日誌: 『ソヴァージュばあさん』

[公演活動] 2009/04/10 00:27
savage-seri.jpg
キャストの面々+世莉さん

昨年4x1hで二位っていう今ひとつ中途半端な栄誉を頂いた短編。モーパッサン原作だけど、原作とは全然違うよってことをいつまで経ってもわかってもらえない。原作読んでみろって、驚くから。

今回、満を持して自分の手で演出する機会到来。ソヴァージュ役に世田谷シルクの怪優・堀川炎を招聘。男A・B・Cは、それぞれ和知龍範・佐野功・堀越涼の若衆三人。しかもアクティング・ディレクター(演技指導・監修)に4x1hで二度も演出して下さってた黒澤世莉さんをお招き。

絶対外せない演目だし、絶対外したくない演目なので、鉄板の布陣で挑んでいます。

DULL-COLORED POP7.7『ショート7
2009/4/29(水・祝)~5/6(水・祝)@Pit北/区域 ☆ 前売2500円・当日3000円

→この記事の続きを読む

2009年04月09日

WS/AD募集締め切り

[公演活動] 2009/04/09 03:28

ワークショップ/オーディション開催!4/12・13 - PLAYNOTE

で告知していたワークショップオーディションですが、定員オーバーのため、募集を締め切りました。ご応募頂いた方々、どうもありがとうございます。定員オーバーになっちゃった方々、大変申し訳ございません。でも、これ以上多いとまともなワークショップにならない気がするので、ここまで! とさせて頂きます。

また五月か六月にやるかもしれないので、よかったらそのときどうぞよろしくお願いします。

2009年03月30日

『ソヴァージュばあさん』のタイトルの意味

[公演活動] 2009/03/30 22:55

今度『ショート7』でも再演する『ソヴァージュばあさん』。「ばあさん」ってどうよ、と思い、改訂台本では「ばあさん」の使い方にずいぶん注意して書いたんだが、フランス語の単語の意味を調べてみたら意味が深くて驚いてしまった。

→この記事の続きを読む

稽古日誌: 堀越涼ひとり七役『藪の中』

[公演活動] 2009/03/30 15:02
DSC_57120037.JPG
堀越涼

今日の稽古日誌は『藪の中』花組芝居ではエキセントリック女形として、他の小劇場作品では天下御免の伊達男として人気と注目を集める堀越涼、ひとり七役の一人芝居。原作、芥川龍之介。条件が揃いすぎている。これで面白くなかったら、…ホント落ち込むよなぁ。大きく出たもんだ。

なんてプレッシャーを吹き飛ばすように、堀越涼の切れ味が鋭い。そして取り組み方が美しい。まだ本番一ヶ月前ながら、すでに引き込まれる魅力がある。わずか三十分の短編だが、大作になる予感。

→この記事の続きを読む

2009年03月28日

稽古日誌: 『Bloody Sauce Sandwitch』

[公演活動] 2009/03/28 23:47
DSC_56980033.JPG
ハマカワフミエ

たぶん七本ある中で一番ユニーク。枠からはみ出している。ナンセンスで不条理でシュールな一品。俳優の肉声で演じられるのを約半年ぶりに聴いてみて、また、さっそく独自演出のテストをやってみて、忘れかけていたあの「うぬうぬする感じ」が舞い戻ってきた。出演は、ハマカワフミエ(国道五十八号戦線)×佐々木なふみ(東京ネジ)+千葉淳(東京タンバリン)

しかしこの本は本当に疲れる。臓腑の奥で、鈍重な芋虫がゆっくりとのたうっているような嫌な後味。自分がびっくりしちゃった。

DULL-COLORED POP7.7『ショート7
2009/4/29(水・祝)~5/6(水・祝)@Pit北/区域 ☆ 前売2500円・当日3000円

→この記事の続きを読む

ワークショップ/オーディション開催!4/12・13

[公演活動] 2009/03/28 17:24

えー、忙しくて忙しくて折り込みにいけないものだから、ネットで告知をしています。DULL-COLORED POPでワークショップオーディションをやるよ!

前回やってみてとても評判がよかったので、またスタニスラフスキー・システム後期についてのWSやります。あと、夏以降俺と一緒に演劇と戦ってくれる仲間を探したりもします。公演が多いので、いろんな人と知り合いたい! ぜひお友達とかにもお知らせしてくれるとうれしいです。

詳細は以下の通り。続きを読むをクリック!

→この記事の続きを読む

2009年03月27日

「CoRich! 舞台芸術まつり! 2009春」の一次審査を突破

[公演活動] 2009/03/27 18:41

倍率6.5倍の競争をくぐり抜け、驚くべきことに、DULL-COLORED POPが「CoRich! 舞台芸術まつり! 2009春」の一次審査を突破しました! 何かお花つけてもらっちゃったよ!

corich-fes.jpg

→この記事の続きを読む

2009年03月26日

『ショート7』特設サイトOPEN

[公演活動] 2009/03/26 14:06

DULL-COLORED POP7.7回本公演『ショート7』の特設情報サイトがOPENしました! デザインはフライヤー同様、マルチタレント・小林タクシー様。公演情報、出演者プロフィールなどがアパレルっぽくまとめてあります。

今後も情報は追加・更新予定です。アフタートークイベントについての詳細や、谷賢一インタビューなんかも掲載予定。チェキ! …書いてこんなに恥ずかしい言葉ってなかなかないな。チェキチェキ!

http://www.dcpop.org/short7/

DULL-COLORED POP7.7『ショート7
2009/4/29(水・祝)~5/6(水・祝)@Pit北/区域 ☆ 前売2500円・当日3000円

『息をひそめて』稽古

[公演活動] 2009/03/26 02:32
DSC_46460067.JPG
佐野功

今日はDULL-COLORED POP7.7『ショート7』のBプログラム一番打者を飾る一作、『息をひそめて』の稽古をしてきたよ。時代錯誤に大きく振りかぶった独白と現代口語会話のアンバランスなミックスが魅力の、大人の恋の有り様を描いた一品。

DULL-COLORED POP7.7『ショート7
2009/4/29(水・祝)~5/6(水・祝)@Pit北/区域 ☆ 前売2500円・当日3000円

→この記事の続きを読む

2009年03月25日

DULL-COLORED POP第7.7回本公演『ショート7』

[公演活動] 2009/03/25 12:00

一人芝居、リアリズム、不条理、前衛、何でもありに短編をずらり七本並べたDULL-COLORED POPの第7.7回公演『ショート7』、あと一ヶ月で本番です。豪華客演陣を招いて、一本一本が主役級の七本立て。短編集とは言え、本公演です。

いろんな作家や劇団が集まって短編集をやる企画はちらほらありますが、一人の作家・一人の演出家で七本もやるというのは希なんじゃないでしょうか。七本ぜんぶ作・演出:俺でお届けします。公演情報は以下から。

→この記事の続きを読む

2009年03月24日

脚本の声を聴く

[公演活動] 2009/03/24 02:33
ビスコ.jpg
これはビスコ

『15 minutes made vol.5』が終わり、一週間。顔合わせを済ませ、DULL-COLORED POP次回公演稽古が始まりました。今回は7本演出します。

すでに3本終えたわけだが、脚本ごとにまるで稽古の感触が違って面白い。と言うことを書く。

DULL-COLORED POP7.7『ショート7
2009/4/29(水・祝)~5/6(水・祝)@Pit北/区域 ☆ 前売2500円・当日3000円

→この記事の続きを読む

2009年03月16日

15mm参加『15分しかないの』終了

[公演活動] 2009/03/16 23:31

小劇場のプチ演劇祭、Mrs.fictions主催による『15 minutes made vol.5』、無事全日程終了しました。ご来場頂きました皆様、誠にどうもありがとうございました。

→この記事の続きを読む

2009年03月13日

初日あけて

[公演活動] 2009/03/13 11:33

Mrs.fictions『15 minutes made vol.5』初日あけました。ご来場いただいた皆様、幸せ最高ありがとうマジで。

→この記事の続きを読む

2009年03月12日

Mrs.fictions『15 minutes made vol.5』本日より

[公演活動] 2009/03/12 10:29

演出家にとって最初の仕事は何だろう、と考えたとき、「この本は面白い」って胸を張ることではなかろうか。自分の本でも、他人の本でも。で、最後の仕事は何だろうと考えたとき、ほぼ同じ答えが思い当たる。「この作品は面白い」と胸を張ること。それって役者のプレッシャーを和らげて本番を思い切りよく迎えさせる、というアピールの意味もあるが、同時に自分への評点のタイミングでもある。貴様は十分に稽古をしたか。ゲネまでに満足のいく物を作れたか。

Mrs.fictions『15 minutes made vol.5』、本日より本番です。平日昼は完売ですが、それ以外はまだお席に余裕あります。

→この記事の続きを読む

2009年03月07日

DCPOP新作短編『15分しかないの』稽古も佳境

[公演活動] 2009/03/07 02:17
alessandra-ferri.jpg<

今日も稽古だ。今年は365日中250日くらい稽古してそうな予感。忙しい忙しい。

今日は残すところあと数回となったDULL-COLORED POP新作短編『15分しかないの』の稽古。15分しかない短編なので、4回通した。一回やるごとにきちんと課題設定をして、かなりシビアに稽古中。

→この記事の続きを読む

2009年03月05日

稽古における演出家と俳優

[公演活動] 2009/03/05 01:49

今日は日暮里で稽古であった。近くていい。Mrs.fictions『15 minutes made vol.5』出品、『15分しかないの』、来週から本番です。以下ネタバレ。

→この記事の続きを読む

2009年02月20日

DULL-COLORED POP新作『15分しかないの』近日公開

[公演活動] 2009/02/20 02:18

僕が主宰する劇団・DULL-COLORED POPは、来る3月、Mrs.fictions主催の『15 minutes made』というイベントに参加します。小劇場の話題の団体を一同に集め、15分の短編×6本を一挙に観れるという実にお得でスリリングな企画。DCPOPは、タイトルもそのものずばり『15分しかないの』という短編を引っ提げての参加。狙いはもちろん一番人気に決まってるぜ。くせ者ぞろいだから頑張るよ!

DULL-COLORED POP『15分しかないの』

作・演出・音源製作 谷賢一
2009年3月12日(木)~15日(日)@池袋シアターグリーン Box in Box

出演:写真左から、堀奈津美(DULL-COLORED POP)、境宏子(リュカ.)、桑島亜希、千葉淳(東京タンバリン)
15minutesleft.jpg

今日、初稽古があったんだけど、初日から実にいい仕上がりだ。DCPOPでは必ず毎回まったく新しいことにチャレンジしているが、今回のは鮮やかだわ。おしゃれ過ぎて鼻血が出る。詳細は以下の通り。

→この記事の続きを読む

2009年02月18日

柏市民劇場CoTiK『源氏物語』終演

[公演活動] 2009/02/18 03:34

市民劇@柏→地域文化交流、というCoTiKの第二回公演が終了した。雑感を書き留めておく。

→この記事の続きを読む

2009年02月15日

2009年01月10日

柏市民劇場CoTiK『源氏物語』告知

[公演活動] 2009/01/10 03:02

柏の一般市民をざくざく集めて市民劇やるよ! っていうCoTiK。ロミジュリに続いて二年目は『源氏物語』です(笑)。市民劇でやる話題じゃねーってのはわかってるが、そこがロックで面白い。相変わらず幅広いご年齢の方々がご参加されており、今回は下は8歳、上は72歳とさらに意味不明な年齢層になっております。千葉県による地域活性化プラットフォーム事業(柏市)採択事業だ。フライヤーできた。

genji-omote.jpg genji-ura.jpg

去年は柏駅の公衆の面前でロミオがジュリエットにプロポーズしている、というやんちゃにふざけたチラシだったけど、今年はこういう感じになりました。ふざけたかったんだけど、今回の客層を考えるとふざけない方がいいと思ったんだ。ユーモアよりも真剣さが必要だと思ったんだ。なぜなら今回のお話は、もう耳たぶまで真っ赤になるくらいの青春と純愛のお話だから! あえて毎日J-POPを聴きながら、純愛とトキメキのことばかり考えているよ!

→この記事の続きを読む

2009年01月07日

CoTiK稽古始め

[公演活動] 2009/01/07 04:15

1/6、下は8歳から上は72歳まで参加の無謀な市民劇団体・CoTiKの稽古始めがあったよ。

→この記事の続きを読む

2008年12月31日

2008年総括

[公演活動] 2008/12/31 14:51
1559416959_l.jpg

2008年を総括する。

→この記事の続きを読む

2008年12月28日

CoTiK第二回公演『源氏物語』脱稿

[公演活動] 2008/12/28 12:10

本当に長い、絶対に終わらないと思っていた戦いがようやく終わった。源氏脱稿。

→この記事の続きを読む

2008年12月27日

劇評サイト・wonderlandに『JANIS』評が掲載されました

[公演活動] 2008/12/27 16:09

小劇場界をウォッチする硬派な劇評メールマガジン・wonderlandに、DULL-COLORED POP『JANIS』の劇評が掲載されました。執筆して下さったのは飯塚数人さんという人形劇研究家のお方。

お会いしたことはないのですが、執筆意図、演出意図、要は僕の「思惑」を、実に鮮やかに拾い上げて下さっています。こういう見方をしてくれる方がいるのは嬉しいことです。ぜひ一度ご覧下さいませ。

2008年12月19日

台本が難航しても稽古には行く

[公演活動] 2008/12/19 00:35

プロット六本潰して草稿二本潰して、三本目の源氏脚本案を引っ提げて、「風邪なんで休みますー☆」みたいなメールに苛々しながらも、それでも稽古には行く。

→この記事の続きを読む

2008年12月16日

俺と源氏物語

[公演活動] 2008/12/16 14:59

もうまじで発狂しそうなんだがどうにかしてくれ。愚痴的書き散らし。

→この記事の続きを読む

2008年12月14日

決戦前夜

[公演活動] 2008/12/14 01:44

ロンダルキアの洞窟や次元の狭間に手ぶらで行く奴がいないように、今夜は書くぞってときの作家はきちんと「最強装備」してから出発する! 10時〜22時で戦って(レベル上げ+お金貯め)、宿屋で寝てないのが不安だが、回復アイテムはばっちり持ったし、いつでも行けるぜ! パーティーメンバーは俺一人だ!

final-weapon.JPG

俺が精神を失調するか、お前が地べたにキスするか、どっちかだ! 待っていろモンスター・ム○サキ×キ△!

→この記事の続きを読む

2008年10月28日

そして『JANIS』を振り返る俺

[公演活動] 2008/10/28 12:05
janis-the-end.jpg

ようやく、DULL-COLORED POP vol.7『JANIS』を振り返ります。ようやく。

→この記事の続きを読む

2008年10月21日

俺・脚本提供:ギリギリエリンギ明日から

[公演活動] 2008/10/21 00:59
giringi-2008-10.jpg

脚本提供なんて偉そうなことをするのもこれでもう五回目くらいでちょいと慣れてきてはいるんだが、今日はじめて稽古を観たら、想像以上の出来の良さに少し驚いてしまったんだぜ。劇団ギリギリエリンギ AnotherWorks Vol.3『1K ~部屋とYシャツと、時々、ワタシ~』・宮益坂編に、『Bloody Sauce Sandwitch』と言う名のトンチキな本を書き下ろしたよ! その公演が、明日から。

→この記事の続きを読む

2008年10月05日

JANIS、初日&土曜日完売

[公演活動] 2008/10/05 00:42

稽古が毎日超しんどいJANISです。余裕を持って稽古してきた分、いくらでも欲が出てしまう

結局、台本が一ヶ月前に出ていても、あと一ヶ月やりたいと思うのは同じなのだな。ただ、「間に合わない間に合わない!」って感じではなくて、「もっとやりたい」であるのはいいことだ。

JANIS、初日&土曜日完売です。そう言うとすごい好調な売れ行きに見えますが、そうでもなくて、他の日は半分以上空いてる回があったりします。バラつくよなぁ。。。木曜日の昼は特に平日昼ってこともあって空いちゃってるので、困っているところです。二日落ちのきっかけになりそうで怖い。

酒が飲めて、バンド生演奏が聞けて、芝居が観れて、日によっては煙草が吸えて御弁当まで食える、ちょっと他にはない体験だと思います。昔の映画館や芝居小屋では飲酒喫煙は当然だった、そういう猥雑な感じをもちろん今では前面復活はできないんだろうけど、一度でいいから味わって見たいと思いませんか? 一番そう思ってるのは俺なのだが。

始まってしまうのも終わってしまうのも惜しい芝居です。
是非、観に来て下さい、と、ストレートに書いておきます。

  • --
  • 演劇×ロックバンド生演奏でえぐる、ロックの女王ジャニス・ジョプリン最後の一ヶ月。

*DULL-COLORED POP #7 『JANIS -Love is like a Ball and Chain-』*
2008/10/8(水)~10/13(月)@新宿タイニイアリス
[詳細] http://www.playnote.net/archives/001103.html

ご予約はこちらから↓
http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=8457

2008年10月01日

JANISバンド単独ライブ(いきなり)

[公演活動] 2008/10/01 12:55

DULL-COLORED POP『JANIS』、準備が着々と進んでいますが、そんな中、バンドメンバーの度胸試し&腕試しとして、新宿にあるロックバーで単独ライブを行うことになりました。いきなり(笑)。予約は不要。10/2(木)の19:00~、お時間の空いている方は是非お越し下さい!

10/2(木) 19:00 START
チャージ料1000円+ドリンク代
場所:新宿CRAWDADDY CLUB(JR新宿駅より徒歩5分くらい。⇒地図はこちら

★チケット売れ行き情報

10/8(水)に初日を迎える『JANIS』ですが、現在初日・土曜日のチケットが間もなく完売という情況です。これらの日を狙っている方はお早めにご予約をお願い致します!
http://ticket.corich.jp/apply/8457/001/

2008年09月30日

ジャニス進捗

[公演活動] 2008/09/30 03:32

台本は本番一ヶ月前に上がって、バンド練習は二ヶ月前にスタートで、オーディションは三ヵ月半前に終了。前倒し前倒しで準備してきたけど、楽な現場ってないもんだね。小屋入り一週間前にしてゲロゲロに疲れているが、同時にテンション的にはピーク。抜けるところで抜いとかないと維持できんだろうな。

→この記事の続きを読む

2008年09月10日

DULL-COLORED POP#7『JANIS』、間もなく上演

[公演活動] 2008/09/10 01:20
チラシ表

チラシ裏

俺が主宰・作・演出を努めるDULL-COLORED POPの第七回公演『JANIS -Love is like a Ball and Chain-』、ついに本番まで一ヶ月を切ったよ! 台本はとっくに完本(=脱稿)、出演者もクセだらけの奴が集まり、主演のジャニス役にも、ジャニス好きの自分が聴いて十分戦える歌唱力と魅力を持った女が見つかりました。今回の見所は何と言ってもロックバンド生演奏。演劇ファンのみならずフツーのお客さんが来ても絶対に退屈しない、イイ興行になりそうです。

演劇×ロックバンド生演奏でえぐる、ロックの女王ジャニス・ジョプリン最後の一ヶ月。予約も開始しています! ご予約は以下のリンクからどうぞ。

公演詳細

公演場所 新宿タイニィ・アリス→地図
公演日程 2008年10月8日(水)~10月13日(月・祝)

10/08(水)   19:30~☆
10/09(木)   14:00~、19:30~
10/10(金)   19:30~、25:00~☆
10/11(土)   19:00~
10/12(日)   14:00~☆、19:00~
10/13(月・祝) 14:00~、18:00~
※☆マークの日は喫煙席設置・持込飲酒飲食OKの"Livehouse Day"。愛煙家の方、飲食しながら芝居を見る昔ながらの雰囲気を楽しみたい方、いかがわしい雰囲気を味わいたい人、是非是非この日にご来場下さい!

出演者

ロックな面構えと太い演技のいいメンバーを集めました。よくこんなの見つけて来たなって自分でも思うよ。

cast.jpg
左上から順に、武井翔子(ジャニス)、清水那保、堀奈津美、岡部雅彦(ギター)、影山慎二、桑島亜希、齋藤豊、新戸崇史(ベース)、千葉淳(ドラムス)、中村祥

→この記事の続きを読む

2008年08月11日

スタジオ入り

[公演活動] 2008/08/11 01:39

気温は高いが不快指数の大変低いこんな真夏の昼下がりに、スタジオでロックがやれる、ロックが聴ける。これに勝る幸せなんて、世界中の洞窟を隈なく探したってまず見つからないぜ!

DCPOP第七回本公演『JANIS』に向けて初のスタジオ入り。参加者は、俺、音楽監督・伊藤靖浩、ベース・新戸崇史、ギター・PIKO、ドラム・千葉淳、そしてボーカル・武井翔子。人相的にもキャラクター的にもまるでバラバラな一同で、並んでるのを見てるだけでも面白かったから、写真でも撮っておけばよかった。

→この記事の続きを読む

2008年08月07日

ジャニスが決まりました

[公演活動] 2008/08/07 23:07

2008/10のDCPOP第七回本公演『ジャニス・ジョプリンの生涯(仮)』、オーディションの結果、ジャニスが決まりました。この人です。

→この記事の続きを読む

2008年07月11日

LOVE JANIS

[公演活動] 2008/07/11 03:05

ジャニス、ジャニス、ジャニス。生活の余白はすべてジャニス。ジャニスのために余白を作る生活。

調べれば調べるほど裏切られていく俺のこの恋心。ジャニス、ジャニス、お前は何て嫌な女なんだ。

→この記事の続きを読む

2008年07月04日

elePHANTMoon次回公演のPPTに出るよ

[公演活動] 2008/07/04 02:22

elePHANTMoon次回公演『心の余白にわずかな涙を』のポストパフォーマンストークにゲスト出演することが決まりました。7/19(土)14:00~の回です。ぜひぜひDULL-COLORED POPをご愛顧頂いているお客様、別に俺がトークする日じゃなくていいのでelePHANTMoonに足をお運び下さい。

僕が思うに、人間の情感を台詞ですべて処理することに任せず、きちんと行動や光景に落とし込むことができる大変秀逸な脚本をお書きになっている団体です。演劇とは台詞ではなく行動による芸術ですから、ここは非常に重要な点。が、うまくできている団体って少ないと思います。作風もアンビバレントだったりバイオレンスだったりする瞬間を、露悪的ではなく、でもきちんとフォーカスの合った形で描いている、そういう筆力と上演力のある劇団さんです。王子でやっておりますよ。

4x1hで『ソヴァージュばあさん』が二位でした

[公演活動] 2008/07/04 02:04

fringeでトピックになった記念に、再度書いておきます。4x1h Reading#0に脚本提供した『ソヴァージュばあさん』が、全6作品中2位になりました。ルデコで投票してくださった皆様、どうもありがとうございました。

→この記事の続きを読む

2008年07月02日

柏市民劇場CoTiK、二年度目助成金採択

[公演活動] 2008/07/02 18:46
CoTiKロゴ

柏におけるコミュニティ・シアターの在り様を模索する市民劇団体・「柏市民劇場CoTiK」が、昨年度に引き続き、無事、地域活性化プラットフォーム事業(柏市)の助成金に採択されました。

今年度は9月頃に出演者オーディションを行い、来年2月に本番予定。上演予定演目は『源氏物語』。『源氏』の原文を読み通して、あはれなる源氏物語の世界観と紫式部の美文にじっくり浸かってから、上演台本を作成する予定です。

→この記事の続きを読む

2008年06月28日

G.com『闘争か逃走か ~或いは、浄水器販売員の異常な日常~』

[公演活動] 2008/06/28 00:31

あれこれとご縁があって伺った。アトリエ・フォンテーヌ(麻布十番)にて。

→この記事の続きを読む

2008年06月24日

DULL-COLORED POP次回公演『ジャニス・ジョプリンの生涯(仮)』主演女優オーディション

[公演活動] 2008/06/24 01:59

DULL-COLORED POPの次回公演(2008年10月)では、実在のロック・シンガー、ジャニス・ジョプリンを扱います。生のロック・バンドを入れて、やがて死へと繋がるジャニスのコンプレックスと孤独を描くつもりです。

で、この芝居の主演女優をオーディションで募集します。主演女優をオーディションって、結構リスキーだと思うんだけれど、とにかく歌えないと始まらないし、「この程度でいっか」と妥協したくないので、オーディションで選抜します。主演女優には出演料をお支払いします。応募要綱は以下の通りです。

→この記事の続きを読む

2008年06月19日

この一年半の演劇活動を振り返って、ただぼやくだけ

[公演活動] 2008/06/19 22:45

まるまる一年半、現場が途絶えることがなかった。執筆作品、計10本(翻訳2・本案2を含む)。演出作品、計7本。一年半でこれって、異常だ…。ちょっと書き出してみたんだけど、それは「続きを読む」の先に。

→この記事の続きを読む

2008年06月17日

『小部屋の中のマリー』を振り返って

[公演活動] 2008/06/17 03:50
img681.jpg
6/8マチネ

アフリカのとある部族の言い伝え。子どもは真っ白くてピカピカの心を持って生まれてくるが、雨や風や人の心に触れるたびに、自分を守ろうとして、真っ白くてピカピカの心に一枚ずつ色のついた皮を乗せていく。例えば悲しみに触れて真っ青になってしまわないように赤、例えば親や先生に怒られて赤くただれてしまわないように黄色。そうやっていろんな色を重ねていくうちに、小さくて丸くて白かった心は、いつの間にか、いびつでデコボコ、黒に近い濁ったにび色に変わってしまう。アフリカのとある部族の言い伝え。

→この記事の続きを読む

『小部屋の中のマリー』、感想集

[公演活動] 2008/06/17 03:25

フリーチベット! リンクフリー! 先日終演しました『小部屋の中のマリー』、感想集です。

→この記事の続きを読む

2008年06月07日

『小部屋の中のマリー』、残席情報

[公演活動] 2008/06/07 15:45

昨夜は異常な開演時間・25時スタートでレイトショーを敢行。深夜にも関わらず乗車率100%のホットな客席で、役者の集中力も切れず、むしろ張り詰めたいい公演ができました。

さて、CoRich!舞台芸術の注目公演ランキングで一位ゲット!も束の間、あと5ステージで終了、かつ、日曜昼は売り切れてしまいました。月曜日は結構まだすいているのですが、ここにきて予約がどんどん増えていますので、今のうちにご予約をどうぞお願い致します。

6/7(土) 19:30~[残席少々]
6/8(日) 15:00~[残席なし]、19:30~[残席少々]
6/9(月) 14:00~[残席あり]、18:00~[残席あり]

ご予約の際は、nobeernolife あっとまーく wm.pdx.ne.jp (谷携帯)までメール下さい! ギリのギリまで受け付けます。こちらのウェブ予約もご利用下さい。ウェブ予約は24時間前までです。
https://ticket.corich.jp/apply/7082/001/

いろんな方から「DULL-COLORED POPの最高傑作」「過去の公演で最も谷賢一らしい作品」とお褒めの言葉を頂いておりますが、事実、そうだと思います。最新作が最高傑作というのはある意味クリエーターとして当然のことかもしれませんが、そういう意味ではなくて、俺らしい、実に俺らしい、俺の本です。是非、観に来て下さい!

公演情報は以下から。ぜひぜひご来場下さい。お待ちしております!
http://www.dcpop.org/stage/index.html

2008年06月06日

『小部屋の中のマリー』、公演中止

[公演活動] 2008/06/06 16:58

公演二日目にしてCoRich注目ランキングで二位になったり、作品の評価・感想もすごくイイ今回公演『小部屋の中のマリー』ですが、本日(6日・金)夜・19:30の公演が、中止になりました。お詫びと共にご連絡させて頂きます。

理由は以下から。

→この記事の続きを読む

2008年06月02日

小屋入り/「ソヴァージュ」無料公演

[公演活動] 2008/06/02 14:31

DCPOP第六回本公演『小部屋の中のマリー』。昨夜から劇場入り。もうセットは立った。機関銃のように大量の灯体が投入され、照明家・松本大介のセンスが火を噴く準備をしている。今回、極めてシンプルで、しかもすべて白というセットなので、照明は本当にセンスが問われる。マジで何もないので、「照明で絵を描く」ということをガチでやるしかないからだ。松本大介への挑戦としてぶつけてみたが、この後の明り作りが楽しみ。

注目の『ライブペインティング舞台美術』の準備も着々と進んでいます。面白くなりそうです。やっと不安よりわくわくの方が大きくなってきました。 面白いが、再演したくない本です。作るのがあまりにも大変で大掛かりなものだから。ですから、是非今回観に来てください。

ご予約は nobeernolife あっとまーく wm.pdx.ne.jp までメールを頂くか、下記のURLからどうぞ。いずれも谷扱いになりますし、タイムラグなくすぐ予約できるのでおすすめです。

PC:
https://ticket.corich.jp/apply/7082/001/
携帯:
http://ticket.corich.jp/apply/7082/001/

そしてニュースを二つ。リーディング公演に脚本提供した「ソヴァージュばあさん」について。

→この記事の続きを読む

2008年05月25日

DULL-COLORED POP第六回『小部屋の中のマリー』いよいよ

[公演活動] 2008/05/25 02:00
dcpop6a-600x850.jpg
dcpop6b-600x850.jpg
鮫島あゆ 渾身のフライヤー・アートワーク

僕が主宰する、そして溺愛する二人の役者・清水那保と堀奈津美が所属する劇団、DULL-COLORED POPの第六回本公演が、6/4(水)~6/9(月)まで、新宿タイニイアリスにて上演されます。今までで一番人に見せるのが恥ずかしく、かつ、一番好きな脚本です。哲学上の思考実験にある「マリーの部屋」から着想を得た話で、白黒の小部屋に監禁されて育った少女マリーが外の世界に出て、あれやこれやする話です。

その他、ざっくりと見所を。

  • 「ライブペインティング美術」という、恐らく誰もやったことない舞台美術をやります。舞台監督さんと大道具さんをえらい困らせていますが、今回一番やりたかったのがこれ。舞台上でセットに色を塗っていきます。げらげら。
  • キャスティングがユニーク。団体主宰者が三人いるんだけど、それぞれ覗き部屋演劇・小劇場版大衆演劇・三島由紀夫連続上演と、全然違う畑の人々。ユニークです。
  • 今回も日替わりゲストをやるんだけれど、これがまた理想的な布陣。個性の幅も広いが、俺にとっちゃ大先輩な方々も出てくれていて、今から自分が一番楽しみだ。

ご予約はウェブかメール(nobeernolife あっとまーく wm.pdx.ne.jp)でどうぞ! あ、まだ続くよ!

→この記事の続きを読む

2008年05月11日

『若草』修了

[公演活動] 2008/05/11 01:43

多忙の上に多忙を極め、疲労の底に疲労を堆積しているので、非常にざっくりした形ではあるが、ミュージカル『若草物語』を振り返っておこうと思う。

→この記事の続きを読む

2008年04月30日

JMS小屋入り、4x1h脚本初稿脱稿

[公演活動] 2008/04/30 07:11

コーヒーと煙草のやりすぎで胃の中がうずうずしている。

→この記事の続きを読む

2008年04月28日

何マジになっちゃってんのwww

[公演活動] 2008/04/28 02:08
img585.jpg

写真は一週間ほど前のドトールにて。今の現場のストレスが爆発し、脳内を鉛色の蛇が這い回るような不快感が支配していたので、「原チャで東京まで行ってみよう。前は横浜まで行ったんだから大丈夫」と思い立ち、松戸あたりでどうでもよくなってやめた後、日暮里で打ち合わせをしながらジャーマンドックをヤケクソのように三本頼んだときの写真。頭一つ下げられないような人間があちこちに闊歩しているから、自分は永久に苛立ちと不快を感じずには生きていけないのだろうし、また、書き続けることができるのだろう。

ミュージカル稽古近況。昨日も一昨日もほとんど寝てないので寝た方がいいのだが、こういうのは衝動が最優先だ。

→この記事の続きを読む

2008年04月24日

公園でカイトを獲得する

[公演活動] 2008/04/24 03:21
DVC00055_M.JPG

先週、公園でカイトを獲得した。

→この記事の続きを読む

2008年04月20日

谷賢一翻訳・演出ミュージカル『Little Women~若草物語~』

[公演活動] 2008/04/20 03:16

以前からPLAYNOTEでもちらちらと宣伝している、谷演出のミュージカル公演がいよいよ二週間後に迫って来ました。完全な外注演出現場なので、誰一人知り合いがいない状態からスタートして、ようやく人様に見せられるクオリティに到達できそうな手応えを感じ始めたので、告知しました。

見所

  • 本物のブロードウェイミュージカルを上演(きちんと版権買ってます)
  • ブロードウェイミュージカルの曲のクオリティはそのままに、小劇場の密な空間で上演
  • 割と必死で翻訳した、古臭さを感じさせない台詞
  • 「はちみつ組」と「ダージリン組」、WキャストでW演出
  • びっくりするくらい歌のうまい奴が数人いる
  • 「ミュージカルだから」で許さない、きちんと心理の溝を掘り込んだ演技指導

ご予約はこちらから(下記フォームから予約すると自動的に谷扱いになるんで、特に気にせず使ってもらって大丈夫です。メールでの予約も受付中)。是非観に来て下さい!

さてもう少し書くよ。ミュージカルについて。

→この記事の続きを読む

2008年04月19日

DCPOP次回公演、CoRichに登録したよ。

[公演活動] 2008/04/19 04:56
dcpop6-a-full.jpg

DULL-COLORED POPの次回公演をCoRichに登録しました。

さっそく「観たい!」に五名も登録して下さっている。すげぇ、すげぇ、この時期、公演一ヵ月半前で「観たい!」×5って、そうそうないぜ。嬉しい限り。今回は「観たい!」に登録するとチケットプレゼントに応募できるので、是非皆さんも「観たい!」に登録してタダで観に来て下さい。

→この記事の続きを読む

2008年04月01日

ミュージカル稽古進行中

[公演活動] 2008/04/01 16:32

5/1~5/6、アイピット目白でミュージカルの演出します。

-ブロードウェイミュージカルをきっちり版権買って上演してます。
-演出替えで二度おいしい。はちみつ組とダージリン組。はちみつVer.は脳内から心臓まではちみつまみれな感じのどストレートべたべたポップミュージカル、ダージリン組は天の邪鬼に読み変えてちょっとほろ苦く洗練されたミュージカル。
-歌唱指導の先生が若いのにマジですごいので歌もご期待下さい。

→この記事の続きを読む

2008年03月26日

ミュージカル稽古開始

[公演活動] 2008/03/26 00:35

今日はミュージカル稽古二日目。@経堂。家から二時間。どんだけ遠いんだよ。

→この記事の続きを読む

2008年03月25日

2008年03月07日

新宿タイニイアリスの小屋つきさんになりました

[公演活動] 2008/03/07 20:37
tiny-usagi.jpg
タイニィうさぎ

別に秘密にしとかなきゃいけない話でもないのについ書きそびれていたが、先月くらいから新宿タイニイアリスの小屋つきさんになりました。

→この記事の続きを読む

2008年03月03日

CoTiK反省会

[公演活動] 2008/03/03 04:52

今日はCoTiKの反省会があったのでちらとだけ日記を残しておく。

→この記事の続きを読む

2008年03月02日

地域活性化プラットフォーム事業(柏市)成果報告会

[公演活動] 2008/03/02 01:52

CoTiKで助成金を頂戴した、千葉県主催の地域文化交流支援助成金「地域活性化プラットフォーム事業(柏市)」の助成採択団体による成果報告会に行って来た。

いつのまにか当然みたい・風みたいになっちまうのは、夫婦も友人も助成金も同じことなのです。

→この記事の続きを読む

2008年02月20日

CoTiKメモ

[公演活動] 2008/02/20 05:57

どこにも行き場がなかったのだが、消してしまうには勿体無いので、まとめてここにぶち込んでおく。実際に投稿したのは2008/06/17 05:57:58だが、今更トップに表示されても意味わからんので昔の日付でポストしておくよ。

→この記事の続きを読む

2008年02月18日

CoTiK『ロミオとジュリエット』上演終了

[公演活動] 2008/02/18 23:31
cotik-rj.jpg
カーテンコール

「柏で創り、柏で観る」をテーマに、八ヶ月に及び企画・オーディション・稽古とコマを進めてきた柏市民劇場CoTiKの第一回公演『ロミオとジュリエット』が昨日無事に終了。全4ステージ、総動員数849名。規模的にも内容的にも、柏の市民劇としては胸を張って「成功」と言っていい内容だったように思う。

あれこれ述懐していくよ。

→この記事の続きを読む

2008年02月13日

CoTiK『ロミジュリ』、ただいま仕込み中

[公演活動] 2008/02/13 11:22

柏の市民劇・CoTiK『ロミジュリ』、仕込み中だバッキャロー。

追記(16:10)

ただいま照明フォーカス中だが、実にいい画ができてきた。テンションがあがる。やはり松本大介は間違えないなぁ。柏の小ホールでこんないかした画が見れることはまずないぞ。舞台美術がすさまじく美しく見える。マジで皆様、観に来て下さい。これは観て欲しいなぁ。

→この記事の続きを読む

2008年02月10日

DULL-COLORED POPでワークショップオーディションをやるよ

[公演活動] 2008/02/10 10:54

CoTiK本番間近でひーひー言っているんだが、こちらも大事なので告知をしておく。DULL-COLORED POPでワークショップオーディションをやるよ!概要は以下の通り。

DCPOPでは新しい出会いを求めてワークショップをやります。全二回のお手軽ワークショップです。今年6月に新宿タイニイアリスにて行われる第六回本公演への出演者オーディションを兼ねています。

詳細
日時 2008/2/22(金)18:00~・23(土)18:00~
場所 杉並区内
参加費 2000円
応募〆切 2/18必着

応募方法
info あっとまーく dcpop.org まで以下の情報をお送りください。郵送をご希望の方は、〒277-0825 千葉県柏市布施991-32 谷賢一(主宰)までどうぞ。
①氏名
②性別
③年齢
④携帯番号
⑤所属・芸歴など簡単なプロフィール

※詳細はこちらでご確認ください。
→ワークショップオーディション(平たく言うと出演者募集)

定員まであと数名です。ご興味ある方、応募よろしくどうぞー。オーディションとか関係なく、ワークショップで遊ぼう!という腹積もりで全然結構ですよ。皆様お気軽にどうぞです。

2008年02月08日

CoTiK『ロミジュリ』来週本番

[公演活動] 2008/02/08 09:37
CoTiKフライヤー・オモテ

僕が去年、一人で立ち上げた市民劇団体・CoTiKの本番が、来週です。去年の6月には一人だったのが、今では出演者20名、スタッフ約10名。シェイクスピア『ロミオとジュリエット』やります。感涙です。

下は15歳から上は70歳まで、これまで全く知己のなかった柏市民が一つの舞台に取り組んでいます。そういう光景を見て、自分、毎日涙ぐみそうになっています。お金も時間もかかってますが、何より愛がこもっています。まじで。ある五十代の女性参加者は、「青春を取り戻したみたい」とまで言ってました。そこでまた当然自分は泣きそうになるわけですが、とにかく本番です。

至らぬ点も多いかと思いますが、どうぞよろしくお願いします!

★チケット予約はこちらから

→この記事の続きを読む

2008年01月14日

CoTiK『ロミジュリ』フライヤーを作った

[公演活動] 2008/01/14 15:17

まぁ今回もクレジットは鮫島あゆなのだが。

CoTiKフライヤー・オモテ CoTiKフライヤー・ウラ CoTiKポスター
左から順に、フライヤーの表、フライヤーの裏、ポスターです。

→この記事の続きを読む

2008年01月13日

柏市民劇場CoTiK『ロミオとジュリエット』予約受付開始

[公演活動] 2008/01/13 03:02
CoTiK-logo.jpg
CoTiK

柏市民でシェイクスピア! とか、企画ぶち上げた時点では、自信なんか全くなかったし、そもそもどの段階でポシャってもおかしくなかった。結成、企画、助成金申請、オーディション告知、オーディション、配役、稽古。今思っても、どの段階でポシャってもおかしくないくらい、ギリギリの綱渡りをしてきたわけだが、ついに予約開始です。異常です。よくできたもんだ。

マジでキャスト20人、全員フツーの一般市民で集めました。小劇場つながりとか一切ナシ。下は15歳から上は70歳までという、ギャグみたいな年齢層の広さ。今回、俺の中でのキャッチコピーは、クソガキVSジジババです(笑)。

フライヤーとポスター

クリックで拡大します。写真撮影&編集は、DCPOPでおなじみの鮫島あゆです。

CoTiKフライヤー・オモテ CoTiKフライヤー・ウラ CoTiKポスター
左から順に、フライヤーの表、フライヤーの裏、ポスターです。

→この記事の続きを読む

2007年12月31日

2007年総括

[公演活動] 2007/12/31 18:45
Unica Zurn 4.jpg

2007年を総括する。

→この記事の続きを読む

2007年11月11日

来た、見た、勝った。柏CoTiKオーディション一日目終了

[公演活動] 2007/11/11 00:11

今日はCoTiKのオーディション一日目があったわけだが。

→この記事の続きを読む

2007年11月06日

CoTiK Produce『藪の中(Remix)』終了

[公演活動] 2007/11/06 17:19
芥川龍之介が書いた落書(本物だよ)
芥川が書いた落書(本物)

柏の街路で大騒ぎ。『藪の中』、終了しました。

→この記事の続きを読む

2007年10月28日

CoTiKの説明会やったりしてた

[公演活動] 2007/10/28 13:52

今週末はCoTiKのオーディションへ向けて説明会やったりしてたよ。

→この記事の続きを読む

2007年10月25日

CoTiK Produce『藪の中』をやるよ@11月4日

[公演活動] 2007/10/25 16:30
芥川龍之介
原作:芥川龍之介

柏の路上で、ならず者と変態を七名集めて芝居やります。演目は芥川龍之介原作『藪の中』。昨年一度、自分の翻案で上演したことがあるのだが、さらに手を加えて野外向けにアレンジ。個性だけで破裂しそうな七人の男女が、芥川の傑作を輪姦します。

日時: 2007年11月4日(日) 18:30~
場所: 千葉県柏市・寺島文化会館前広場
料金: 完全無料
出演: 危村武志(巌鉄)、岩☆ロック(岩☆ロック座)、猫道(猫道一家)、小櫃川桃郎太(小櫃川桃郎太一座)、大野遥、ハマカワフミエ(3WD)、菅野貴夫
ゲストコンパニオン: 堀奈津美(DULL-COLORED POP)、清水那保(DULL-COLORED POP)
統率: 谷賢一

以下にこの公演の見所を記します。

→この記事の続きを読む

2007年10月18日

ジャム芝居、終了

[公演活動] 2007/10/18 23:15

DULL-COLORED POP vol.5『Caesiumberry Jam』、終了しました。

→この記事の続きを読む

2007年10月13日

やばいやばい満席!

[公演活動] 2007/10/13 10:32

ただいま新宿にて公演中のDCPOP5『Caesiumberry Jam』ですが、満席続出でチケットのご用意がかなり難しくなっています。月曜の昼夜ならまだ空きがありますが、土日は結構絶望的です。

ちょっと自信作なのでいろんな人に観てもらいたいのですが、こうなってくると…。一度連絡下さい。携帯じゃないともう当分見れないので、連絡は携帯に。

nobeernolife あっとまーく wm.pdx.ne.jp

どうぞよろしく!

2007年09月08日

DULL-COLORED POP vol.5『Caesiumberry Jam』

[公演活動] 2007/09/08 06:49

早いものでもう五回目の本公演。DULL-COLORED POP『Caesiumberry Jam(セシウムベリー・ジャム)』、本日台本脱稿しました(騒動舎用語で完本と言う)。まだ小さな修正はあるだろうけど、異様に早い今回の脱稿。稽古に潤沢に時間を使いたいという意図で、これからまるまる一ヶ月、稽古に専念できるのが今から楽しみ。ユトリロ・蕎麦屋・ベツレヘムのエッセンスを組み合わせ、某有名戯曲へのオマージュも含めた意欲作です。ぜひ観に来いよ。

チラシ表 チラシ裏

10/12(金)~10/15(月)の四日間・八ステージ。今回は「アリスフェスティバル参加」「ニューフェイス」「日替わりゲスト」「椅子席予約オプション」「昼ギャザ」と話題も多い本公演なので、ちょっと紹介しようと思います。

→この記事の続きを読む

2007年08月29日

CoTiK.org オープンしました

[公演活動] 2007/08/29 03:45

以前PLAYNOTEでもお伝えした柏で市民集めてめちゃくちゃ面白い演劇やるぞというCoTiKのウェブサイト・CoTiK.orgがオープンしました。ライセンスフリーのブログシステム・Nucleusを使用。

→この記事の続きを読む

2007年08月18日

DULL-COLORED POPのコミュニティができたよ

[公演活動] 2007/08/18 09:42
DCPOPコミュ
DCPOPコミュ

mixi内にDULL-COLORED POPのコミュニティができました。

→この記事の続きを読む

2007年08月09日

一週間で芝居作り - おやつの時間堂『Proof』

[公演活動] 2007/08/09 22:26

一週間で読み合わせから本番まで全部やっちゃう、しかも、稽古場全公開という大胆な企画が、来週から王子で催されます。時間堂主催の企画公演(コードネーム: おやつの時間堂)『Proof』がそれです。谷は翻訳と演出助手で参加しています。

今回は演出家、黒澤世莉と、各劇団の看板俳優4人を集めて、1週間で作品をつくり、その過程を一般公開するという、ワークインプログレスやワークショップのような、シーンスタディのような企画です。

→この記事の続きを読む

『Proof』、訳者あとがき

[公演活動] 2007/08/09 22:00

David Auburn "Proof" の紹介。

→この記事の続きを読む

2007年08月03日

谷WS for 明大文化プロジェクト'07

[公演活動] 2007/08/03 22:41

今年は『オセロー』をやるらしい、明大文化プロジェクト。今年の演出が俺がやった『マクベス』の出演者だったものだから、依頼受けてワークショップをやってきた。三時間×三日。以下、俺専用メモ。

→この記事の続きを読む

2007年08月01日

柏でコミュニティ・シアターを! CoTiK創設

[公演活動] 2007/08/01 00:25
CoTiKロゴ

この度、千葉県による地域活性化プラットフォーム事業(柏市)の助成対象団体として採択され、新たに CoTiK という名の演劇団体を立ち上げました。命名はCommunity Theatre in Kashiwaの頭文字から。僕の地元・柏で活動する、柏におけるコミュニティ・シアターを模索する団体です。

「柏で創る、柏で観る」、「演劇について学ぶ、演劇を通して学ぶ」の二つをテーマに、芝居作りを通して年代や職場を超えた地域交流を図ると共に、柏という地域・都市にとって演劇ができることを考えていこうと考えています。

→この記事の続きを読む

2007年05月28日

時間堂&黒澤世莉の楽しい日曜ワークショップ

[公演活動] 2007/05/28 01:54

時間堂&黒澤世莉の、みんなニコニコ楽しい日曜ワークショップ。『ピンポン』終了後、三回目の今日。参加して来ました。

→この記事の続きを読む

2007年05月07日

猫道ロックフェスティバル'07『息をひそめて』終了

[公演活動] 2007/05/07 20:56
息をひそめる貴夫さん

ライブハウスUFOクラブにて一夜限りの短編共演イベント・猫道ロックフェスティバル'07、無事終了しました。写真はUFOクラブの狭いステージに無理矢理組んだ四畳半のセットにて、来る本番を睨み据える伊達男・菅野貴夫。

作品的にも今までと違う冒険ができたし、いろいろ素敵な出会いができたので大変実のあるイベントであった。やっほー!

→この記事の続きを読む

2007年05月01日

猫道ロックフェスティバル'07 開催迫る

[公演活動] 2007/05/01 02:42

今日は『ピンポン、のような』公演楽日。昼に猫道ロックフェスティバル'07のスタッフ打ち合わせ&通し稽古を終え、公演に合流。任務を済ませ、ひたすらバラし、打ち上げに10分だけ顔を出して帰って来た。明日は昼から10時間稽古だ。

猫道ロックフェスティバル'07参加作品『息をひそめて』。チケット完売間近、マジであと20席切ったらしいと今日猫道さんから聞いた。ライブハウスという場所的制約から、席は65席で打ち止め。今からのご予約は?03-5306-0240?((ライブハウスUFOクラブ・チケット窓口直通))までどうぞ。

※チケット売り切れました。当日券もほとんど出なさそうです。今からご来場予定の方、必ず一度お問い合わせの上ご来場下さいませ。
谷→07064887500

→この記事の続きを読む

2007年04月30日

『ピンポン、のような』今日が千秋楽

[公演活動] 2007/04/30 00:04

時間堂『ピンポン、のような』、今日30日が千秋楽。昨日は満席でしたが楽日の今日はまだお席に余裕あります。まだご覧になっていない方は是非!評判も良いし、自分も個人的に好き・プッシュしたい公演なのです。

公式ブログ
http://blog.m.livedoor.jp/jtc2007/index.cgi

→この記事の続きを読む

2007年04月24日

今日から小屋入り@『ピンポン、のような』

[公演活動] 2007/04/24 06:04
わんわん

演助でついている現場『ピンポン、のような』が今日から小屋入り、明後日水曜日から本番を迎えます。人が集まり、卓球台が届き、気が付いたら小屋入りになっていました。

黒澤世莉の独特な演出術に興味を持ったのがきっかけでしたが、出ている役者さんたちがみんな大変大人で素敵な方たちばかりで、間違っても「うんこ」とか言わない(言えるように口の機構ができていない)のではないか、と思わせておいてあっさり言い放ってしまう、そんな軽やかさ。やばい、この文章は何一つ事実を伝えていない。そこにあるのは手触りだけだ。

「死守せよ、そして軽やかに手放せ」
ブルックおじさんの言葉だそうですが、そういう感じになっていくのかしら。だとしたら楽しみだ。

→この記事の続きを読む

2007年04月21日

DCPOP新作『息をひそめて』 in 猫ロック

[公演活動] 2007/04/21 09:23
なつみ in 渋谷の焼き鳥屋

猫道一家主催のライブパフォーマンスイベント『猫道ロックフェスティバル』にDCPOPが参加します!

猫道ロックフェスティバル参加作品『息をひそめて』

公演日時
2007/5/4(金) 18:00~ 一回限り
公演場所
高円寺UFOクラブ →地図
料金
前売1800円、当日2000円(いずれもドリンク代別途要)
作・演出
谷賢一
出演
菅野貴夫、堀奈津美、清水那保
スタッフ
鮫島あゆ(美術)、黒澤ナホ(音響チョイス)

→この記事の続きを読む

2007年04月10日

初めて演出助手します@時間堂『ピンポン、のような』

[公演活動] 2007/04/10 05:55
チラシ

4/26~4/30に王子小劇場で上演される、時間堂『ピンポン、のような』で演出助手をすることになったよ。そしてもうしているよ。

作・演出は、昨年『vocalise』『俺の屍を越えていけ』で演出作を拝見し、DCPOP4『ベツレヘム精神病院』で三回構成のワークショップをお願いした黒澤世莉氏。スタニスラフスキーとサンフォード・マイズナーを学んだ下地を活かし、「舞台上で俳優が深呼吸できる演劇」という、リアリズムとも現代口語演劇ともちょっと違う、独特な感覚の演出論を考えている人です。

あと、DULL-COLORED POPからは清水那保が出演してしまうよ。

→この記事の続きを読む

2007年04月05日

2007年03月20日

DCPOP4『ベツレヘム精神病院』、公演終了

[公演活動] 2007/03/20 00:54

DULL-COLORED POP第四回公演『ベツレヘム精神病院』、公演終了致しました。ご来場誠にありがとうございました。

昨年五月の『国境線上の蕎麦屋』以来、ほぼまるまる十月十日ぶりの本公演ということで、気負い過ぎってくらい気負いまくって手掛けた公演。いろいろ書いておきます。

→この記事の続きを読む

2007年03月18日

DCPOP4、明日千秋楽

[公演活動] 2007/03/18 01:23

携帯から無理矢理更新なので手短かに。

明日でDCPOP公演千秋楽です。すごく感想や反応の気になる芝居でいろんな方の意見が聞きたいので、是非是非まだの方はご来場下さいませ。ぼろぼろ泣いてる人や清々しく笑顔で帰る人、すごくアンケートに真摯な考えを書いてくれる人など様々で、人の数だけ感想があり、勉強になります。マジで、未熟な自分にご意見下さい。

とは言え楽日はあと少しで二時の回も六時の回も満席なので、お早めにお願いします。携帯 nobeernolife あっとまーく wm.pdx.ne.jp まで、よろしくお願いします!

2007年03月08日

DCPOP4、稽古状況

[公演活動] 2007/03/08 01:29

mixiの方に書いてる日記をこちらにも掲載。稽古や準備が忙しすぎてとてもブログが更新できません。本番まであと一週間切った!

→この記事の続きを読む

2007年03月06日

明大前⇔自宅間 2時間50分

[公演活動] 2007/03/06 03:19

濃い一日。

昼から稽古し、夕方にタイニイアリスのインタビューに応え、夜は通し。その後、明大前の居酒屋・まるやで、通しを一部始終観て頂いた reset-N の原田紀行さんにあれこれとご相談&質問。ああ、本当にありがとうございました、原田さん。

23:47の京王線に乗って、家に着いたのが2:37でした。明大前⇔自宅間、2時間50分。どういうことだ!

→この記事の続きを読む

2007年01月30日

DULL-COLORED POP vol.4『ベツレヘム精神病院』予告

[公演活動] 2007/01/30 12:43

DCPOP4回目、チラシが出来たのでようやく告知。猫道一家・党首猫道、活劇工房ハマカワフミエ、青春事情の加賀美秀明など魅惑のニューフェイスを加えて約十月十日ぶりの本公演です。

チラシ表  チラシ裏
左がオモテ、右がウラ。クリックで拡大します。

→この記事の続きを読む

2007年01月15日

2006年12月21日

DCPOP次回出演・ハマカワフミエと飲んだ

[公演活動] 2006/12/21 15:39
ハマカワ1
ハマカワ嬢

首にはきつねのえりまき。装身具には質流れ品のようなどことない身元不明感が漂う。僕が待ち合わせ場所に到着すると、ハッカの煙草をくゆらせながら、にび色の空を見つめていた。アングラ劇団時代の空気を色濃く残すオーラをまとい、彼女は平成の都会に浮遊している。大部屋女優・ハマカワフミエ、29歳の冬である。

「じゃあどこで飲みましょうか? 明大前でいいっすか?」
「あそこは埃臭くて嫌い。それに、鳥の鳴く声がとても哀しいでしょう。いいところを教えてあげる」

さすがハマカワさま! 放つ言葉の一つ一つがデカダンス。そんな彼女が次の自分の芝居に出演してくれるなんて!

→この記事の続きを読む

2006年12月09日

Happening Arts Fujiko

[公演活動] 2006/12/09 02:05
write an alternate text here
↑Fujiko

俺がてくてくと大学のロビーを歩いていたら、朋輩のフジコがただの一人きりで前衛芸術を繰り広げていた。

俺「何してたの?」
ふ「何も! 何もしないで、何分間こうしていられるかな、って! ハプニング・アートみたいな感じで!」※俺を見つけた途端、何故かやたらハイテンション

東京中の絶望をただ一人その小さな双肩に背負い込むようにして、だがあくまでもにこやかに、彼女はそう答えた。30分間やってたらしい。一人で。ただ座ってただけの彼女がまさか前衛芸術に身を投じていたなんて、誰が想像できたろう? 誰に問われるでもなく彼女は答える。「あの、あれ、オノ・ヨーコとか!」フジコの微笑の裏に、小麦色の寂寞に舞い散る枯れた紅葉が鮮やかに見えたのは、俺の気のせいだろうか。冷凍都市、だがまだ四時半。おまえなにやってんだ。

谷賢一はハプニング・アート団体「フジコひとり」を応援しています。次回公演予定が決まったら告知します。

2006年10月24日

猫道一家vol.8、終了

[公演活動] 2006/10/24 19:41

制作チーフで、というか、一人で制作やっていた猫道一家Vol.8『ナ〃ノャス彡語辞典』(大人の事情によりギャル文字で表記しています)が無事終了。制作ヴァージンだった自分が、ここで制作の破瓜を迎えることで、一回り大きくなれたような気がする。

公演は楽ソワに拝見したが、自分が目にした猫道一家の近作の中では抜群にいい作品であった。

→この記事の続きを読む

2006年10月10日

劇団宝船『坩堝』にチラと出て来た

[公演活動] 2006/10/10 03:05

まさか自分が三鷹星のホールの舞台に立つとは思わなかった。劇団宝船第三回公演『坩堝』、理系からの「お前やらね?」の一言で、のこのこエキストラ参加して来た。

→この記事の続きを読む

2006年08月24日

D-C.A-P『4 nudists』を終えて

[公演活動] 2006/08/24 04:16

「小さなスペースで、気軽に一人芝居×4!」

などと思って始めてみたが大間違い。難産、苦難の連続で、えらい目にあった。が、その分、芝居を作るということを再度考え直すいい契機になったし、とんでもなく勉強になった公演であった。

→この記事の続きを読む

2006年08月15日

アンチポップ稽古盛り

[公演活動] 2006/08/15 01:25

毎朝九時から稽古している。早い! 一人芝居の稽古なので、普段の稽古とは違う妙な時間感覚が独特。役者が本や役に「乗っかって」くると大変スムーズに進むが、そうでないと俺がごちゃごちゃ演出つけても定まらん。一人芝居は実に奇特なスタイルなのだ。

が、先週くらいからぼつぼつようやく定まりがついてきた。本の面白さ、役者の魅力がぎゅぎゅっと出て来た。一人芝居なんて不安で仕方ないアレではあったが、ようやく確信が生まれて来た。

→この記事の続きを読む

2006年08月09日

DULL-COLORED ANTI-POP『4 nudists』

[公演活動] 2006/08/09 07:00
write an alternate text here
本チラシ(まじ)

久々の公演のお知らせです。お知らせするのが遅くなって申し訳ない。

8/17(木)、19(土)20(日)の三日間、下高井戸にある不思議居酒屋『不思議地底窟 青の奇跡』にて、お酒を飲みお洒落な音楽を聴きながら、日本の夏の蒸し暑さを忘れるような、ひんやり・じっとり・ローな芝居、一人芝居を四本上演致します。

客席数が限られているので直前のお知らせになりましたが、劇場とはちょっと違った雰囲気でやる DULL-COLORED ANTI-POP『4 nudists』、是非ご来場下さいませ。詳細は「続きを読む」をクリック!

→この記事の続きを読む

2006年08月03日

猫道仮チラシ

[公演活動] 2006/08/03 06:00

WORDでダダ打ちするよりは全然いいだろう、と思い作成。こういうフォントの使い方がありきたりだとか言わない。右下の猫が可愛く描けたので良しとする。今回もIllustrator。

本チラシは鹿殺しのフライヤーデザインをなさってる方が作るそうですよ。楽しみだな。

2006年05月29日

猫道一家・次回公演出演者オーディションに参加して来た

[公演活動] 2006/05/29 15:35
オーディション会場の様子
会場の様子(一部)

常日頃お世話になっており、岩藤一成を介して穴兄弟のつもりでいる猫道氏が主宰する猫道一家の次回公演出演者オーディションに参加して来た。ただし、受験者ではなく、ゲスト審査員として。部外者なりに気を使い頭を使い頑張って来ました。

→この記事の続きを読む

2006年05月16日

DCPOP3『国境線上の蕎麦屋』、終了

[公演活動] 2006/05/16 22:48
060507_2331~01r
↑アラビアータ

♪21回目の誕生日の朝に 彼女は死んだ
一度も海を 見ることもなく 死んじまった

Blankey Jet City『彼女は死んだ』より。24回目の誕生日の夜に、初日をあけた DULL-COLORED POP Vol.3 『国境線上の蕎麦屋』、終了しました。イギリスから帰って来て一年、五本の演出と四本の脚本を手掛けたけど、ラッシュもこれで一段落。一度死んだような誕生日の朝に迎えた芝居の初日でした。

→この記事の続きを読む

2006年05月13日

蕎麦屋 on stage now

[公演活動] 2006/05/13 10:59

『国境線上の蕎麦屋』、無事初日&二日目終了しました! だんだん読めるようになってきたのか、本を書いたときに見た絵が舞台に立ち現れ始め、まー俺らしい話だから○○○なんだけど、自分自身が見ていてゾクッとできる芝居になってきた。役者もようやく乗って来ていい感じ。アドリブギャグで毎回笑ってしまう。

今日明日の二日で終わりです。笹塚にて。

詳細: http://www.dcpop.org
予約: nobeernolife あっとまーく いーじーうぇぶ

2006年05月04日

ラジオデビュー

[公演活動] 2006/05/04 03:09

DULL-COLORED POP Vol.3『国境線上の蕎麦屋』の宣伝のため、ラジオに出演して来ました。人生初! いやー、割と楽しかったよー。

→この記事の続きを読む

DCPOP3、声の出演・上野庸平

[公演活動] 2006/05/04 02:49
田子作と尊師
収録中の上野氏(右)

DULL-COLORED POP Vol.3『国境線上の蕎麦屋』に、自衛官になって広島へ行っちゃった上野庸平くんが声の出演しました。

→この記事の続きを読む

2006年04月07日

DULL-COLORED POP Vol.3『国境線上の蕎麦屋』

[公演活動] 2006/04/07 23:44

DULL-COLORED POP第三回公演の詳細が決まったのでお知らせします。というか、チラシができたのでお知らせします。今回のチラシは僕が自力で作りました。

→この記事の続きを読む

2006年03月17日

上野庸平単独公演、終了

[公演活動] 2006/03/17 21:13
上野庸平

前代未聞の単独公演、上野庸平『俺と阿修羅』が終了した。照明ブースからゲネ一回本番二回全部観たけど、笑いっぱなしでした。お疲れ尊師。

→この記事の続きを読む

2006年03月12日

上野庸平単独公演『俺と阿修羅』

[公演活動] 2006/03/12 20:21
尊師
プライベート・ショット

DULL-COLORED POP 第一回公演で一年ぶりに舞台にカムバック、衰えぬエネルギーでコアな人気をさらったのち、怪奇ヒューマン人間の中心メンバーとして八面六臂の活躍を見せてきた上野庸平が、ついに単独公演を打つことになりました! ジョークではなく、本当にやります。

上野庸平、一人きり、一時間。3/16!

→この記事の続きを読む

2006年03月10日

DCPOP2 公演終了

[公演活動] 2006/03/10 01:00

公演終了から随分経つけど、このまま放置しておくわけにもいかないのでとりあえずここから。

→この記事の続きを読む

2006年02月27日

五日ぶり

[公演活動] 2006/02/27 01:00

五日ぶりに家に帰って来た。まずはおめでとう。>俺

DULL-COLORED POP Vol.2『ラパン・アジルと白の時代』、稽古中の日記。

→この記事の続きを読む

2006年02月07日

DCPOP2 チラシできた

[公演活動] 2006/02/07 01:00

ヒューマン→DCPOPに頭をSwitching。DULL-COLORED POP Vol.2 『ラパン・アジルと白の時代』、チラシが明日印刷あがってくるのでさっそく掲載。

→この記事の続きを読む

2006年02月06日

ハルシネーション・ロッジ、終了

[公演活動] 2006/02/06 01:00

無事終わった。小屋入り前日まで映像作りつつ演出やってて、こりゃ今回本当にヤバいぞと久々に逃げ出したい気分を味わっていたが、結構な好評のもと幕を閉じることができてよかった。アンケートにほとんど酷評がなかったんだけど、これって騒動舎の舞台だと相当珍しいこと。嬉しい。

→この記事の続きを読む

2006年02月01日

怪奇ヒューマン稽古日誌

[公演活動] 2006/02/01 01:00

2006/01/03(火)~2006/02/01(水)まで、断続的に書いた稽古日誌。記念に残しとく。

→この記事の続きを読む

2006年01月22日

交渉

[公演活動] 2006/01/22 00:30

DCPOP制作・フジコと某劇場へ出向き、次・次・次回公演の予約のための打ち合わせ。ずいぶん先のことのように思えるかもしれないけど、劇場って半年前にはほとんど予約が埋まってしまうものだからこれくらいで遅くない。

→この記事の続きを読む

2006年01月17日

怪奇£ヒューマン人間Vol.6『ハルシネーション・ロッジ』

[公演活動] 2006/01/17 01:00
チラシ

「幽霊が出る人気旅館」…。

学生映画サークル・必痴酷苦(ひっちこっく)は、いわくつきの古びた旅館を撮影ロケで訪れた。遅れる撮影。降り出す雨。振り返らない見返り美人。倒壊するトーテムポール…。困惑するメンバーに告げられた旅館の秘密とは?

怪奇ヒューマン人間が送る至高の悪ふざけエンターテイメント。

→この記事の続きを読む

2006年01月16日

主宰するということ

[公演活動] 2006/01/16 01:00

今となってはぼやきでしかないように見えるが、こういう当時の心境を記録しておくことがブログの本懐であると思うので、残しておく。

→この記事の続きを読む

2006年01月13日

DCPOP Vol.2 顔合わせ

[公演活動] 2006/01/13 01:00
理系

DULL-COLORED POP 第二回公演の顔合わせ in まるや。

→この記事の続きを読む

2005年12月18日

照明家・松本大介さんと打ち合わせ

[公演活動] 2005/12/18 23:56
松本大介(30)
肉を見つめる松本大介氏(30)

DULL-COLORED POP次回公演で照明をお願いしているプロの照明家・大介さんと諸々打ち合わせて来た。明大前じゅうじゅうぼうぼうにて。

→この記事の続きを読む

2005年12月15日

怪奇$ヒューマン人間Vol.5『ロマンスの神様(シヴァ神)』 上演中断

[公演活動] 2005/12/15 23:00
岩藤一成
岩藤一成
(クリックで拡大)

上野・岩藤・向山ら出演のちょっとしたゲリラライブ。照明オペで参加した。和泉校舎視聴覚棟三階ホールを勝手に使ってやったら、学生課に踏み込まれて中断(笑)。久々に血が沸いた。

→この記事の続きを読む

2005年12月04日

怪奇ヒューマン人間 作演になりました

[公演活動] 2005/12/04 23:45

騒動舎28期ユニット・怪奇ヒューマン人間、二月公演の作演をとった!

俺は留学で騒動舎最後の一年間を完全にロストしてるから、言わば失われた一年の弔い合戦だぜ。本当に嬉しい。

→この記事の続きを読む

2005年11月08日

D-C.POP Vol.1 公演終了

[公演活動] 2005/11/08 03:31
舞台写真

俺が作って旗上げて、ホン書いて演出した DULL-COLORED POP 第一回公演『東京都第七ゴミ処理施設場 ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』が無事公演終了した。

写真は清水那保と上野庸平。こんなシーンないけど。

→この記事の続きを読む

2005年11月01日

最新作が最高傑作

[公演活動] 2005/11/01 01:47

すごい昔に俺の青春偶像であったあるポップスターが言っていた言葉だが、それを今ごろになって再認識してみる自分。ハロウィンの夜に俺の創造欲求のプレートテクトニクスが動いた。ごごごご。すごい地響き。

→この記事の続きを読む

2005年10月29日

イヤッホー本番一週間前!

[公演活動] 2005/10/29 04:56

DULL-COLORED POP Vol.1『東京都第七ゴミ処理施設場ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、本番一週間前だぜイヤッホーウ! いい感じに仕上がってきたので近況。

→この記事の続きを読む

2005年10月17日

サイトができた

[公演活動] 2005/10/17 07:35
スクリーンショット
こんなの

ずっと殴り書きでカミングスーンって書いてただけだった DULL-COLORED POP のウェブサイトが完成した。びっくりするくらいシンプルだけど、そういうデザインコンセプトなんだよってことで問題なし。

表紙の鳥くんは完全に我流でコラージュしてみました。チェルノブイリ原発の跡地や家具・キッチン用品を中心にぺたぺた。結構お気に入り。マスコットキャラクターにしよう。

リンク: DULL-COLORED POP

2005年10月12日

チラシができた

[公演活動] 2005/10/12 03:15
チラシ
クリックで拡大

DULL-COLORED POP11月公演『東京都第七ゴミ処理施設場 ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、チラシができました。作は岩藤一成。シュールで良い。一成が台本読む前に作ったものだけど、テレパシーかしら、このチラシのまんまの芝居です。

本も今日アガりました。書くってのは不思議なもんだ。よく漫画家なんかが「キャラクターが勝手に動き出すんだ」とか言うけれど、それに近い感覚があって、当初の構想から少し逸れたり言わせたかった台詞がとてもハマらなかったりする、でもそのせいでよりイイ本になったりする。早く役者に読ませたいな。

チケットのお問い合わせは info@dcpop.org まで。前売り1000円・当日1500円(ただし金曜昼はいずれも500円引き!)

公式ウェブ: DULL-COLORED POP 公式サイト

2005年10月02日

『マクベス』報告記事が明大HPに

[公演活動] 2005/10/02 03:22

「2,000人が感激!ダイナミックな舞台/文化プロジェクト『マクベス』」という名前で明治大学HPに先日行った『マクベス』公演の報告記事が載りました。

→この記事の続きを読む

2005年10月01日

名前が決まった

[公演活動] 2005/10/01 03:33

今後お芝居をやっていく団体名が決まりました。"DULL-COLORED POP"(だる・からーど・ぽっぷ)です。「劇団」という固定メンバー制ではなく、公演ごとに編成が変動するユニットのようなものです。

すごく覚えにくい名前ですがよろしくお願いします。ポップポップ!

リンク: DULL-COLORED POP(準備中)

2005年09月19日

11月に芝居やります。

[公演活動] 2005/09/19 03:46

つい昨日『マクベス』が終わったばかりですが、次の公演の告知です。音楽監修に melico の新戸崇史を迎え、生演奏を交えてお芝居します。

作・演出
谷 賢一
出演(五十音順)
岩藤一成、上野庸平、遠藤恵一、佐藤弘樹、清水那保、高橋絵梨佳、谷賢一、堀奈津美
場所
荻窪アールコリン
日程
11/3(木・祝日) 19:00~、11/4(金) 19:00~、11/5(土) 14:00~&19:00~、11/6(日) 14:00~&18:00~
公式ウェブ
DULL-COLORED POP 公式サイト

本はまだ書き始めてないけど、去年イギリスで偶然観たTV番組と小学生のとき聞いたニュースから着想を得たストーリーです。詳細が決まり次第また後日お知らせします。あー早く稽古してーなぁ。

『マクベス』公演終了

[公演活動] 2005/09/19 03:22

やっと終わった。もう何から書いていいんだかわかんない。やってよかった。

→この記事の続きを読む

2005年09月16日

『マクベス』本番

[公演活動] 2005/09/16 08:36

いよいよ本番当日。頭はモヤモヤのボサボサ、心はチクチクうきうき。いい芝居になりそうな手応えはありながらも、使い慣れない巨大ホールと最後まで格闘。

16日19:00〜
17日13:30〜&19:00〜
料金無料
御茶の水・明治大学アカデミーコモン三階 アカデミーホールにて
当日券出るかどうかは…連絡下さい。多分出ます。

2005年08月31日

『マクベス』近況

[公演活動] 2005/08/31 01:58

先日満員御礼報告をしたばかりですが、追加公演が決定しました! 宿願だったので無茶苦茶嬉しい。頭のカタイ明治大学の決断としては、これはちょっとすごいこと。芝居の内容もいい感じで締まってきてるし、ぜひ一人でも多くの人に観てもらいたい。金・土の夜も今のうちにキャンセル待ちの予約を入れれば観れる可能性大です。

で、最近の稽古とかお払いとかあれこれの近況を書く。

→この記事の続きを読む

2005年08月19日

『マクベス』予約 満員御礼

[公演活動] 2005/08/19 02:35

炎天下でも毎日八時間ずつみっちり『マクベス』稽古な夏休み。おかげさまで公演一ヶ月前にしてが全席予約終了しました。現時点で1500名様のご予約を頂いています。何かもうすごい数です。

現在、より多くのお客様にお越し頂くための方策を検討中です。ご予約がまだの方はご連絡下さい。もうちょっとなら僕の方でお席を用意できますし、追加席が加わるかもしれません(補助席や立ち見ではなくちゃんとした席です)

……疲労と精神的重圧で心身が軋みまくっている。頑張れ俺。1500って数にうかれんな。芝居は数や規模じゃねえ。しっかり作り込んでこだわって、いい芝居するぜ。あと一ヶ月だー。

2005年08月03日

演出は楽しい

[公演活動] 2005/08/03 00:36

明大主催の『マクベス』(9/16・17)、五月から週ニで稽古してて、七月は丸々休み。八月からは一日7~8時間をほぼ毎日というスケジュールで稽古がはじまり、いよいよ本格化してきた。基礎練に肉練も入ってきて、筋トレやジョギングがものすごい勢いで俺の体力を消耗させる。その上演出なので稽古時間中気を張りっぱなし。疲労でぶっ倒れるとかならいいけど、逃亡とか発狂しないといいな。

が、演出に対する意識が最近随分違ってきて、最近ひしひしミシミシ楽しくなってきた。

→この記事の続きを読む

2005年07月30日

『映像学』終了

[公演活動] 2005/07/30 03:14
参加作品『ピンクのヤギ』より
参加作品より

撮影が難航し、機材がトラブり、絶対出品できないだろうなーと煙を吹いてた本番当日の朝四時に、「これだ!」と閃いて新作を撮り始めた。撮り溜めてた素材(テープ二本分)は全部ボツ。もうええもんなんか作らなくていい、やりたいこと、撮りたいこと、普段悪伏せってることをそのままフィルムに translate してやれ、と思ったら、何か自分的にすげー満足いくものが撮れた。

→この記事の続きを読む

2005年07月27日

『七時限目の映像学』に関するお知らせ

[公演活動] 2005/07/27 20:38

以前から告知していた『七時限目の映像学』ですが、撮影の難航に機材トラブルが重なり、出品を中止する可能性が非常に強くなりました→結局出品しました。

→この記事の続きを読む

2005年07月06日

『七時限目の映像学』に参加するよ

[公演活動] 2005/07/06 22:47

下北沢にあるトリウッドという小さな映画館で、『七時限目の映像学』という上映会に参加します。俺は10分弱のショートフィルムを一本撮る予定。今までにも芝居中に流す映像を撮影・編集したことはたくさんあったけど、独立した一作品として撮るのは始めてなのでわくわく。

右に見えるのがチラシです。俺が作りました。女の子の足にフィルムをぐるぐる巻きつけての撮影はなかなか楽しかったな。是非画像をクリックして大きな版で見てみて下さい。結構いい出来でしょ?

七月はテスト休みでマクベス稽古ないから時間はある。頑張れるぞー! 頑張ろー! おー!

明大マクベス公式ウェブサイトが出来たよ

[公演活動] 2005/07/06 00:49
公式ウェブ スクリーンショット
スクリーンショット

明大文化プロジェクト『マクベス』の公式ウェブサイトができました。いろいろ情報載っててチケット予約ができたりもします。先行予約は締め切ったので、まだの方はこちらからどうぞ。

CGIの部分だけ手伝ったけど、他はWeb制作初心者の子が頑張って作ってくれました。ホームページビルダーでよくここまでやった!と思います。いやマジで。

→この記事の続きを読む

2005年06月23日

明治大学文化プロジェクト『マクベス』公演情報&先行予約のお知らせ

[公演活動] 2005/06/23 03:00

演出をやらせてもらっている明大バックアップの『マクベス』、チラシが上がってきました。今のところ計2ステージ、9/16(金)と17(土)、それぞれ19:00から。今回は予約制なので、ぜひお早めに連絡を。去年の入り具合で行くと客席溢れます!

PLAYNOTE先行予約

7/4の予約受け付け開始に先駆けて、PLAYNOTEで先行予約を受け付けます。制作部の方に無理言ってやらせてもらいました。チケットをご希望の方は、氏名・連絡先(メールアドレスか電話番号)・希望の回と枚数をご記入の上、uriuri@104.netまでメールを!(メールが使えない環境の方はコメント欄にご記入頂いても結構です)

明大主催なので入場無料、しかも豪華パンフレット(600円くらいしそう)つき。埋まっちゃうとアレなので早めに連絡下さい。

PLAYNOTE先行予約は終了しました。以後のお申し込みは公式ウェブサイトからどうぞ。

以下、公演情報。

→この記事の続きを読む

2005年06月11日

松岡和子さん・朝月真次郎さんにお会いした

[公演活動] 2005/06/11 18:04

今度の明大文化プロジェクト『マクベス』ではいろんなプロのスタッフさんに監修をお願いしてるんだけど、その中からまず二人、翻訳家・松岡和子さんと、衣装デザイナー・朝月真次郎さんにお会いした。どちらもすごい方で、「プロ」って言葉は想像以上に重い言葉なのだなぁと実感。

→この記事の続きを読む

2005年06月10日

二の轍を踏まない。

[公演活動] 2005/06/10 04:41

最近は、演出をやることになった明大文化プロジェクト・第二回公演『マクベス』に向けて、Eight Days a Week くらいな勢いで稽古やら調べ事やらしている。明大完全バックアップで予算も人も劇場も無茶苦茶大掛かり。素直にチャンスと見て全力な俺。

この企画自体去年が一発目で今年はまだ二回目なんだけど、とにかく今年は去年の「二の轍を踏まない」ってことが一つの努力目標になってます。

→この記事の続きを読む

2005年05月13日

稽古に困った

[公演活動] 2005/05/13 04:08

明大文化プロジェクト2005『マクベス』、現時点で100名を越す参加者(うち60人近いキャスト志望)で、正直困っている。大人数過ぎて稽古でさばききれない、という以上に、何を教えていいかわからない。ネットや書籍で役者の育て方を猛勉強している。

→この記事の続きを読む

2005年04月17日

明治大学文化プロジェクト公演『マクベス』 演出になったよ

[公演活動] 2005/04/17 16:05

概要が決まったのでフライング気味だけどお知らせします。明大の全学合同プログラムであるシェイクスピア上演企画の演出をさせて頂くことになりました。

マクベスは史劇的な面白さと心理劇的な面白さが共存するシェイクスピア屈指の名作。崩落し行くマクベスの精神世界をギリギリいっぱい危ない雰囲気でアルトー的に演出するつもりです。退屈な、守勢のシェイクスピアにするつもりは毛頭ないので、是非皆様こぞって足をお運び下さいませ。

明治大学文化プロジェクト2005年度公演『マクベス』

公演日程
9月16日(金)~18日(日) 三ステージ(日曜のみ昼公演)
場所
明治大学駿河台校舎 アカデミーコモン3F アカデミーホール(客席数1190)
監修
原田大二郎
衣装
朝月真次郎
演出
谷賢一

今後、稽古の進み具合とか追加情報とか、いろいろ決まり次第このサイトで紹介していきます。

2005年04月15日

仕込み中

[公演活動] 2005/04/15 01:57
バラリロガンガンベガス メンバー

丸一年ぶりの小屋入りは思い出の東演パラータ。元ラヴリーヨーヨーの峰明大が中心となり、騒動舎のOBらが結成した劇団・バラリロガンガンベガスの第三回公演本番、本日より。俺は照明手伝ってるくらいだけど、場当たり見てるだけで笑いっぱなしだった。本番が楽しみ。

かなり無責任に面白いので、馬鹿馬鹿しいことが大好きでお暇な人はぜひ。
B.G.V. Official Web Site

2005年02月15日

2005年01月30日

どのタイトルが面白そう? アンケート

[公演活動] 2005/01/30 22:22

この年末くらいからぼちぼちと、日本に帰ってやる芝居の脚本や演出プランを書き始めてます。「アイディアが頭の中にあるときは、誰でも傑作」なんてある偉い人が言った通り、ノートに書き付けてる間は自信たっぷりなんだけど、他の人はどう思うかしら?

気になったのでアンケートしてみようと思います。単純に、「どのタイトルが面白そうか?」
匿名で参加できるので、ぜひ「続きを読む」をクリック!

→この記事の続きを読む

2004年11月24日

僕らの代が代替わりです。

[公演活動] 2004/11/24 16:52

今日は感謝祭でした。騒動舎に、乾杯!

2004年08月01日

騒動舎次回公演『おとこのてんたいかんそく』

[公演活動] 2004/08/01 14:09
チラシ
騒動舎Vol.128 クリックで拡大

騒動舎夏公演、なんか気合が入ってます。「大騒動舎」「スーパー夏公演」だって。チラシもTOKYO・狂った街のサイコな感じがよく出ています。間違いなく岩藤一成くんの作だと思うのです。

タイトルは、「おとこのてんたいかんそく」。また素晴らしいタイトルだ。8/20(金)~8/22(日)の五ステージ、土曜の昼は100円だそうですので、ぜひ池袋小劇場でてんたいかんそく。

詳細:騒動舎・公演情報のページ

公演情報だけじゃ楽しくないので、過去の騒動舎の名タイトルを回想して見よう。

→この記事の続きを読む

2004年06月08日

OB of S.D.S. (Baka)

[公演活動] 2004/06/08 17:11

Manabu no ba-ka.

 6日午前7時すぎ、東京都墨田区吾妻橋の吾妻橋で「男性数人が橋から隅田川に飛び込んだ」と110番があった。飛び込んだのは明治大出身の芝居仲間7人で、うち渋谷区に住むアルバイトの男性(23)が200メートル流され、大量に水を飲み、救急車で病院へ運ばれ手当てを受けた。

 隅田川は水上バスなど船舶が通行するため、警視庁本所署は軽犯罪法違反(水路交通妨害)の疑いで7人から事情を聴いている。

 調べでは、7人は午前6時半に東京メトロ浅草駅前に集合して「今後それぞれ別の道を歩み始める記念に」(<-lie)と飛び込んだ。仲間の女性がカメラマン役でこの様子を写していたが、いずれも酒に酔った様子はなかったという

 水面から橋までの高さは平均約6・7メートルで、1日数百隻の船が通過するとされている。

→この記事の続きを読む

2004年05月31日

今度の騒動舎は…

[公演活動] 2004/05/31 11:22

今度の騒動舎は、今年入舎の連中による新人公演です。以下公演情報。

新人公演は6/19の19:00と 6/20 14:00、 18:00です。上野庸平作・演出、タイトルは「今すぐDJ!」です。場所は阿佐ケ谷アルシェです。前売500円です。前売予約したい方はメール下さい。『騒動舎のたのしい掲示板』より)

前回の『極悪天満宮』もだけど、『今すぐDJ!』って無茶苦茶おもしろいな。なんだこれは。

去年まで新人公演は明治のスタジオでやってたんだけど、大学追い出されちゃったんで今年からは外小屋のようです。大変だなぁ。毎年新人公演はやりたい放題で相当おもしろいので、お暇な方は是非観に行ってやって下さい。

騒動舎: http://sds.u-tokyo.com/

2004年03月30日

『岸田國士オムニバス集 - 日本の女』

[公演活動] 2004/03/30 21:20
チラシ
クリックで拡大

明治大学文学部・演劇学専攻の新三年生から有志を集めて芝居を打ちます。日本の近代劇の祖とも言える岸田國士の秀作三作をセレクトし、オムニバス形式で上演。30分×3本、90分のお芝居です。

日程:4/14(水)~4/16(金)
場所:明大前 KID AILACK ART HALL 地図
上演作品:『驟雨』『葉桜』『空の赤きを見て』(いずれも岸田國士作)
演出・舞台監督・照明プラン・宣伝美術:俺

→この記事の続きを読む

2004年03月27日

逆風吹いてる!

[公演活動] 2004/03/27 03:45
騒動舎・学館倉庫に描かれていた謎の壁画
※写真と本文は関係ありません。

前にもちらっと書いた演劇学専攻の公演に逆風が吹きまくっている。四月にやる芝居だというのに、まだ小屋が決まっていない。いや、正確には、決まっていたのがおじゃんになった。大学の頭の固い対応にはらわたが煮え繰り返りそうだ。

→この記事の続きを読む

2004年03月17日

怪奇ヒューマン人間、公演終了

[公演活動] 2004/03/17 00:47
舞台写真
左が尊師、右が雅弥

騒動舎28期ユニット・怪奇ヒューマン人間の公演が終わった。大入りのビールがうまかった。

今回はバイトも学校もなかったので、全身全霊芝居に専念できた。先週は一度しか家に帰っていない。友達んちに泊まったり、高円寺にあるタンタンという悪魔が住むラーメン屋に通ったりして夜を過ごし、昼は小屋入り。最高楽しかった。

→この記事の続きを読む

2004年03月08日

一生瓶と機関銃

[公演活動] 2004/03/08 23:21
和服と機関銃
クリックで拡大

演劇学専攻の連中を集めてやる春の公演の準備が着々と進行中。今日はチラシ用の写真撮影を明大前のスターバックスで行った。写真は杉山翔子。冗談半分で持っていった一生瓶や機関銃がこれほど似合う女だとは思わなかった。

この写真はアウトテイクだが、今回の撮影で収穫した写真を使ってチラシを作る予定。目標今週中。騒動舎の映像作りもあるから無理っぽい…。

明治大学演劇学専攻二年主催・新入生歓迎公演
岸田國士オムニバス集「日本の女」

作:岸田國士
演出:谷賢一
出演:演劇学専攻の連中

4/3(Sat)~4/5(Mon)、明治大学和泉校舎内 学生会館地下演劇アトリエにて。

2004年03月03日

怪奇ヒューマン人間、本番十日前

[公演活動] 2004/03/03 23:38
作・演出の向山佳綱くん
AVを選ぶ向山くん

騒動舎ユニット・怪奇ヒューマン人間の公演、本番一週間前を切った。稽古場では相変わらずおやつとお昼寝ばかりだが、皆だらだらしている風を装って一生懸命ネタを考えているに違いない。今週末にはセット作りの大工仕事、来週の木曜には小屋入りだ。いよいよ芝居作りも佳境に入ってきた。

→この記事の続きを読む

2004年01月25日

次回公演のお知らせ

[公演活動] 2004/01/25 00:43
怪奇ヒューマン人間チラシ
クリックで拡大

明大を追い出されたばっかりだけど、さっそく次の芝居の告知を。

騒動舎第28期ユニット・怪奇ヒューマン人間
第二回公演『天高く桜吹雪』
場所:阿佐ヶ谷アルシェ(変更の恐れあり)
日程:3/12(金)~3/14(日) 計5ステージ

今回のチラシは俺が作りました(右)『Revlover』(The Beatles)のジャケットみたいなのにしようと思って作り始めたんだけど、微妙に方向性が変わってこんな感じに。是非クリックして大きな画像で見てね。

また、四月には明治大学の演劇学専攻メンバーを集めて、岸田國士やチェーホフの一幕劇によるオムニバス公演を打つ予定。こっちはギャグったりしません。真面目そのものな公演になる予定。四月の第二週には日本を発つ予定なので、国内ではこれが最後の公演かな。

2004年01月24日

騒動舎、明治大学を放逐される

[公演活動] 2004/01/24 17:50
ロダン作『考える人』
明治大学のバーカ

我が愛する騒動舎が明治大学を放逐された。公認取り消しだけでなく、学内での永久活動停止というおまけがついてきた。本当に度量の狭い大学だな。何の考えもなく一番面白い演劇サークルを潰してしまうんだから。まぁ大学って言っても所詮は私企業だから、仕方ないんだろうけどさ。

→この記事の続きを読む

2004年01月01日