PLAYNOTE 「音楽・ビートルズ」カテゴリー

"音楽・ビートルズ"

The Beatles『Help!』勝手訳 / 映画『ジョン・レノン、ニューヨーク』 / John Lennon『Nobody Loves You (When You're Down And Out)』勝手訳 / 『JR東日本 駅発車メロディーオリジナル音源集』 / 倉橋ヨエコ『解体ヨエコショー』 / クレモンティーヌの『バカボン・メドレー』が素敵&メイヤもアニメカバーアルバム出してた / The Cardigans『Lovefool』勝手訳 / 谷山浩子『ねこの森には帰れない』 / John Lennon『I'm Losing You』勝手訳 / The Beatles"Across the Universe"勝手訳 / CD一気借り / ジョン・レノン・ミュージアムに行った / 日本歌曲コンサート『音楽物語~大正ロマンに思いをはせて~』 / 『魔法の竜・パフ』 / R.I.P. Janis Joplin / マイケル・ジャクソン逝去 心臓麻痺で / 腕のないギタリスト『Let it be』 / FAIR LADYライブ / 椎名林檎『Unconditional Love』勝手訳 / 浅井健一ニューシングル『FRIDAY』のおまけフィギュア / ビートルズ最後の未発表曲『Carnival of the Light』、ついに発売か? / ジャニス・ジョプリンのブートレグが… / 池袋マイルス・カフェでの一夜 / ドキュメンタリー映画『ジャニス』 / KOSS『SPARKPLUG ヘッドホン』 / arthur『Pierott』 / John死後27年 / YUKI『five-star』 / 今日TSUTAYAで借りたCD(2007/11/26) / フィオナ・アップル『エクストラオーディナリー・マシーン』勝手訳 / ZAZEN BOYS『ZAZEN BOYS』 / 浅井健一 Sparkling Head Tour @恵比寿LIQUIDROOM / ZARD音楽葬@青山葬儀場 / 今日TSUTAYAで借りたCD / オーディオテクニカ『ATH-CK31』(イヤホン) / YouTubeで聴くビートルズの未発表曲・レア音源の数々 / ブッシュ大統領が歌う『Imagine』 / 植木等『スーダラ節』がすごい / arthur『rakuda』 / 低価格でナイスなイヤホン PHILIPS SBC-HE580 & KOSS THE PLUG / ビートルズの新譜『Love』を試聴 / 合唱曲でも聴いてみようか / 新戸のベース講座ムービー / PSP専用ソフト『LocoRoco』の歌が可愛過ぎる件について / 「五人目のビートル」、ビリー・プレストン死去 / 戸川純『TWIN VERY BEST COLLECTION』 / Money, That's What I Want! / ジャコ・パストリアス『ジャコ・パストリアスの肖像+2』 / ポール死亡説に新説 / melico live in 本八幡 route 14 / melico『melico』 / Musical Baton / マイケル・ジャクソン『アルティメット・コレクション』 / melico 1st live @ Shibuya O-nest / ジョス・ストーン『The Soul Sessions』 / ジョン・レノン『LOVE(ACOUSTIC)』 / melico ライブ at 渋谷O-nest / エリック・サティ『ザ・ベスト・オブ・サティ』 / 今日はジョン・レノンの命日でした。 / Mr.Children『シフクノオト』 / クイーンを聴いているよ / ビートルズ『No Reply』はストーカーソングではないか? / 64歳のジョン・レノンの顔 / If John was 64 / ポールが天気を変えた / ポールが声優に挑戦 / 吉田拓郎を聴いてみた / CD借りまくり / 音楽史上最も偉大なアルバム、ベスト500 / エド・サリヴァンショーとビートルズの死に順 / 『Hey Jude』に日本語バージョンがあった / ビートルズ自己ベスト盤を作ろう / トップにもどる

2014年03月25日

The Beatles『Help!』勝手訳

[音楽・ビートルズ] 2014/03/25 01:39

ちょっと人様へのメールでビートルズ『Help!』のことを書いたもんだから、訳詞が欲しくなって、パパっと訳してみた。意訳ばりばりの勝手訳なのでご注意下さい。

→この記事の続きを読む

2012年07月20日

映画『ジョン・レノン、ニューヨーク』

[音楽・ビートルズ] 2012/07/20 02:25

資料用の映画を借りに近所のDRAMAに行ったら置いてあって「えっ!」ってなった。知らないこんなの! 「2011年8月、東京都写真美術館ホールにて公開、大ヒットを記録した”ジョン・レノン映像の最高傑作”とも評された話題作!」「遂にDVD化!」ってことらしい。

で、さっきメシ食いながら見始めて、メシ食い終わっても見続けて、ついさっき見終わったんだけど、本当に良かった。ビートルズ解散後の、ソロ・アーティストとしてのジョン・レノン、あぁいや、人間ジョン・レノンの軌跡を追っかける、ドキュメンタリー映画。聖人君子じゃない、悩める一人の人間としてのジョン・レノンをくっきり切り取った名作であった。

→この記事の続きを読む

2012年03月26日

2011年02月01日

『JR東日本 駅発車メロディーオリジナル音源集』

[音楽・ビートルズ] 2011/02/01 05:57

俺も変なCD持ってるもんだな。JR東日本の駅ホームで使われている電車の発着音メロディ・全74曲を一挙収録、という誰が得するんだかわからない、いや鉄オタが狂喜乱舞するかもしれないCD。

確か音響用に借りたんだと思うが、仕事のBGMに流してみると自宅にいるんだか外にいるんだかさっぱりわからない気分になる。柏駅(地元)のメロディが突然流れてさらに前後不覚の感覚は強くなり、高田馬場の「鉄腕アトム」とか流れるとカレーが食いたくなる。

→この記事の続きを読む

2010年09月23日

倉橋ヨエコ『解体ヨエコショー』

[音楽・ビートルズ] 2010/09/23 08:37

根暗な情念を素晴らしくポップに歌い上げる謎の平成シャバダバ歌謡歌手・倉橋ヨエコの解体(解散)ライブのDVDがついに発売。2008年7月20日、東京キネマ倶楽部にて行われたライブの模様を余さず収録しており、ファンなら必見の内容であった。

→この記事の続きを読む

2010年08月03日

クレモンティーヌの『バカボン・メドレー』が素敵&メイヤもアニメカバーアルバム出してた

[音楽・ビートルズ] 2010/08/03 23:30

夕飯食べながらTV見てたら、何かボサノヴァ調の『天才バカボンのテーマ』が流れてきてびっくりした。「コレデ~イイノダ~」って、意外とおしゃれ&リラックスな感じでGood。何だこれ、超欲しいわ、誰がこんなアホな曲作ったんだ、と思って調べたら、泣く子も黙るクレモンティーヌさんでした。

これはCD欲しい。あるの? と思って調べたら、『アニメンティーヌ ~Bossa Du Anime~』なんてそのまんまなアルバムが今年の夏(2010/7/21)に出ていたようだよ! 『うる星やつら』から『キャッツアイ』『ドラゴンボール』『一休さん』まで、他の収録曲もすごい。

→この記事の続きを読む

2010年07月28日

The Cardigans『Lovefool』勝手訳

[音楽・ビートルズ] 2010/07/28 04:54

2年前くらいからちょろちょろ聴いてたんだけど、最近「やばい気持ち落っこちてる、なんか気楽な音楽を」と思ったときに聴いたりしていて、『Lovefool』という最近Perfumeにもカバーされたりして面白い曲が気になったので勝手訳してみた。

ポップ過ぎる曲なので、てっきり頭の悪そうな女の子が「もっと好きって言ってダーリン」みたいな内容かと思ったら、失恋間際の曲だった。うーん、でれでれの曲の方がよかったな。でもここまで来たら訳すよ!

→この記事の続きを読む

2009年12月23日

谷山浩子『ねこの森には帰れない』

[音楽・ビートルズ] 2009/12/23 15:03

今年出会った一番素敵な歌、一番悲しい歌だ。

きのう手紙がとどきました ふるさとのねこの森から
お元気ですか もう10年も 帰らないので心配してます
あたしの好きな 赤いきのこ なつかしい 朝のそよ風
思い出したら 泣きたくなった だけど 今では 仕方ないこと

ねこの森には 帰れない ここでいいひと見つけたから
ねこの森には 帰れない なくした夢は もどらない

→この記事の続きを読む

2009年11月23日

John Lennon『I'm Losing You』勝手訳

[音楽・ビートルズ] 2009/11/23 00:30

そんなに長い付き合いでもないのにもうずっと前から知っているような、そんな友達が何人かいる。そのうちの一人と昨日再会したんだが、彼が訳してくれと言うので一発お前の目を覚ますために翻訳するぜ。John Lennon『I'm Losing You』勝手訳。

→この記事の続きを読む

2009年11月05日

The Beatles"Across the Universe"勝手訳

[音楽・ビートルズ] 2009/11/05 03:36
90913a5c.jpg

ビートルズ最高傑作の1つに絶対挙げられる名曲、ジョン・レノンの作詞における最高傑作の1曲、中後期ビートルズを象徴するインド哲学およびオノ・ヨーコがもたらした日本文化の影響が色濃く反映されている傑作、"Across the Universe"を、恐れ多くも勝手訳してみた。

リクエストされてないが、こなちゃんとメールしてる最中に話題になって、気になって気になって仕方がなくなって、自分で翻訳してしまった。吉田小夏と実家に置いてきたアライグマのぬいぐるみに捧げます。

→この記事の続きを読む

2009年11月01日

CD一気借り

[音楽・ビートルズ] 2009/11/01 15:03
img2-299.jpg
18枚

TSUTAYAの奴がCD5枚で1,000円キャンペーンなんかやってるもんだから、恒例のCD一気借り。今回はおとなしめに18枚。「何でそんなに曲たくさん持ってるんですか?」ってこないだ聞かれたが、借りてるからだバーロー。18枚の中ではポストロックに分類されるらしいAphex Twinって奴がよさげだった。あと、ステフ・ポケッツがすごく楽しみ。今年末に書く戯曲の資料とテーマBGMも借りてきた。

新しい作品を書くには、新しい音楽が必要だ。

2009年10月28日

ジョン・レノン・ミュージアムに行った

[音楽・ビートルズ] 2009/10/28 18:57

10月26日(月)昼、念願のジョン・レノン・ミュージアムを訪れる。

→この記事の続きを読む

2009年10月26日

日本歌曲コンサート『音楽物語~大正ロマンに思いをはせて~』

[音楽・ビートルズ] 2009/10/26 01:01

かつてJMSミュージカル『若草物語』のダージリン版で主役をやった諸星美砂が歌うと言うので西日暮里くんだりまで行ってきた。演劇じゃない、コンサートだ! わくわくする! やなか音楽ホールにて。

結論から書くと、ため息が出るほど素晴らしかった。あと2時間でも聴いてたいって思ったくらい。

→この記事の続きを読む

2009年10月23日

『魔法の竜・パフ』

[音楽・ビートルズ] 2009/10/23 01:44

今回、『心が目を覚ます瞬間 ~4.48サイコシスより~』の劇中、服を重ね着しまくった後、距離感のゲームをしながら痛切なテキストを読むシーンで使った『Puff the Magic Dragon』の和訳。をやってから寝る。

→この記事の続きを読む

2009年10月05日

R.I.P. Janis Joplin

[音楽・ビートルズ] 2009/10/05 00:07
IMG_0005R

今日はジャニスの命日。武井からテンションの高い電話が来て、俺も魂が震える。ゆうべ、サザンを一瓶あけたとこだが、もう一瓶買ってきて、飲んだ。そしてジャニスと一枚、パシャリ。同い年だぜ、ジャニス。27歳。10月4日。

写真は、武井がくれたジャニスの写真、彼女が愛飲していたサザン・コンフォート、俺の左手。僕は今、同じく27歳を終えたところで死んでしまった作家のテキストと戦っている。

ジャニスの歌は、本当にいいなぁ。こんな歌、こんな叫びに近い作品を、一つでも作れたら、後に残せたら、いつ死んでも俺は本望だな。

2009年06月26日

マイケル・ジャクソン逝去 心臓麻痺で

[音楽・ビートルズ] 2009/06/26 12:56

朝起きてネット開いたら友人が3人くらい日記でこの件について触れていた。あのマイケル・ジャクソンが日本時間の26日午前4時、心臓麻痺で亡くなられたそう。50歳だった。信じられない。

→この記事の続きを読む

2009年06月21日

腕のないギタリスト『Let it be』

[音楽・ビートルズ] 2009/06/21 13:50

生まれつき両腕のないニカラグアのTony Melendez氏による、アコースティック・ギター伴奏による『Let it be』のカバー。腕がないので、足で演奏している。

成せば成る、どころの騒ぎじゃない。人生にはどんな言い訳もきかないんだ、ということを立証している。そして歌う詩が『Let it be』、「なすがままに、身を任せる」。感動した。

2009年06月16日

FAIR LADYライブ

[音楽・ビートルズ] 2009/06/16 16:57
200906152246000.jpg
牛乳

昨日は『JANIS -Love is like a Ball and Chain-』出演のPIKOこと岡部雅彦ライブ as FAIR LADYに行ってきた。四谷Outbreak!にて。

『JANIS』の頃からクレイジーなカリスマを発揮する21歳の悪魔であったが、ステージのセンターに立つとさすがの風格。キメキメなだけじゃなくてPIKOの人柄が出ていてMCも可愛い。オリジナル曲にロックの古典カバーを交えたセットリスト、小道具を使ったステージング、最高に楽しめた。音楽を楽しんだだけでなく、そこにいることを楽しめる一夜であった。

俺はこんなモンスターと一緒に舞台をやっていたのか、と、目の覚めるような一晩であった。ビールがうまかった。

2009年06月10日

椎名林檎『Unconditional Love』勝手訳

[音楽・ビートルズ] 2009/06/10 04:52

椎名林檎がこうまで女子の支持を受けているのは何でだろう。初期の名カバー『Unconditional Love』勝手訳。

→この記事の続きを読む

2009年06月02日

浅井健一ニューシングル『FRIDAY』のおまけフィギュア

[音楽・ビートルズ] 2009/06/02 19:54
benzi-figure.jpg
ベンジー人形

7/22にベンジーこと浅井健一のニューアルバム・『FRIENDLY』(初回生産限定盤)が発売されるそうなんだが、それに特性フィギュアがついてくるそうだ。

こんなのベンジーじゃない…。でも、やっぱちょっと欲しい。おいアキラお前どうするこれ。

2008年11月17日

ビートルズ最後の未発表曲『Carnival of the Light』、ついに発売か?

[音楽・ビートルズ] 2008/11/17 15:09

来た。どれだけ海賊版やネットを漁っても絶対に見つけられなかった、まさに幻の一曲を、ポール・マッカートニーがリリースしようとしていると言う。

ポール・マッカートニーが、「アバンギャルド過ぎる」との理由でお蔵入りになったビートルズのトラックを40年ぶりにリリースしたいと考えているそうだ。 1967年にレコーディングされた14分間のサイケデリック大作「Carnival Of Light」は、一度、ロンドンのフェスティヴァルでパフォーマンスされたものの、メンバーは実験的で「ファンには過激すぎる」と考え、封印することにしたという。

ソースは「The Beatles : ポール・マッカートニー、前衛すぎてボツとなったビートルズ曲を公開? / BARKS ニュース」「ビートルズの未発表曲、ポールが発売の意向--オンライン配信の可能性も:ニュース - CNET Japan」など。

→この記事の続きを読む

2008年07月21日

ジャニス・ジョプリンのブートレグが…

[音楽・ビートルズ] 2008/07/21 22:01

ジャニスが生前に残したアルバムは三つ。もう一個あるけどそれは面倒なので書かない。かっこ内は制作年代とアルバム制作に参加したバンド名。

綺麗に一年に一枚のペース。『パール』の実際の発売は1971だけど、1970にジャニスは死んでいる、つまり、録音は終えているので↑には1970と書きました。一年に一枚、しかもそれぞれ別のバンドメンバーと。波乱含みの人生だったわけです。

で、ジャニスのブートレグが、何かネットですげーたくさん聴けたよ、という話。

→この記事の続きを読む

2008年06月26日

池袋マイルス・カフェでの一夜

[音楽・ビートルズ] 2008/06/26 19:15

池袋にあるマイルス・カフェというライブハウスに行って来たよ。

→この記事の続きを読む

2008年06月25日

ドキュメンタリー映画『ジャニス』

[音楽・ビートルズ] 2008/06/25 03:50

伝説のモントレー・ポップ・フェスティバルでの『Ball and Chain』や、テレビ出演時の『Move Over』、さらにはジャニスが人前に姿を現した最後の瞬間と言われる高校の同窓会での映像まで収録された、ジャニス・ジョプリンを語る上で欠かせないドキュメンタリー映画。数年前に観ていたのだが、改めて観てみて、あいかわらずあんぐりさせられた。

→この記事の続きを読む

2008年03月03日

KOSS『SPARKPLUG ヘッドホン』

[音楽・ビートルズ] 2008/03/03 04:43

毎日音楽を聴くのでイヤホンが死ぬのが早い。どうせイヤホンなどは消耗品なのだから、一万も二万もするものを買う気はないが、でもiPod付属のものや100均や電気屋の店頭で買えるものとは雲泥の差を感じられるものが2000円で買えれば、そりゃあ手も延ばすだろう。

で、そういう低価格でナイスなイヤホンを捜し求めるオーディオマニアにも評判の良いKOSS SPARKPLUG ヘッドホンを購入したよ。

→この記事の続きを読む

arthur『Pierott』

[音楽・ビートルズ] 2008/03/03 04:38

あまりCDを買わない自分だが、arthurだけは特別な思い入れがあるので購入。TSUTAYAで借りれないからってのもあるけれど…。

→この記事の続きを読む

2007年12月09日

John死後27年

[音楽・ビートルズ] 2007/12/09 03:10

John Lennon死後27年で、今年はどうやらドキュメンタリー映画も公開されているようですね。DVDになったら観てやるから安心しろよ、ジョン。

→この記事の続きを読む

2007年12月05日

YUKI『five-star』

[音楽・ビートルズ] 2007/12/05 06:33

今日は珍しく早ね早おき(12時に寝て5時に起きた)したので、YUKI『five-star』なんぞを聴いているのだが、朝に聴くといいなぁ。

シングルがバッキバキに封入されているだけのアルバムなのだが、結構BGMとしてはいいな。JUDY AND MARYは聴くとテンション上がって疲れちゃうのだが、ソロになってからのYUKIはBGMとして流していても疲れない。朝の空気にとても合う。16曲・74分でとってもお買い得。まぁ借りたわけだが。

ハミングバードがとても好きです。

2007年11月27日

今日TSUTAYAで借りたCD(2007/11/26)

[音楽・ビートルズ] 2007/11/27 00:01

今なら5枚で1000円だよ。しかも、前に再生できないディスクがあったときにもらった無料レンタル券×2枚と、カード更新したらレンタル1枚無料券があったので、13枚借りて2000円だった。安い安い。

→この記事の続きを読む

2007年11月03日

フィオナ・アップル『エクストラオーディナリー・マシーン』勝手訳

[音楽・ビートルズ] 2007/11/03 04:14
Everything's gotta be fine.

90年代後半以降の洋楽アーティストとしては自分が最も強烈に尊敬している人物であるフィオナ・アップルの現状時点での最新アルバム『エクストラオーディナリー・マシーン』に収録されているタイトル曲『エクストラオーディナリー・マシーン』は並外れて桁違いにエクストラオーディナリーな出来で、こっそりと自分の芝居(『ベツレヘム精神病院』)で使用したりしていたのだが、とにかく歌詞の説得力がとんでもなくて、いつか訳したいと思っていたのだが、今日何かちょうどいいタイミングがやって来た感じが個人的にとてもするので勝手かつ唐突に邦訳してみた。

→この記事の続きを読む

2007年07月25日

ZAZEN BOYS『ZAZEN BOYS』

[音楽・ビートルズ] 2007/07/25 07:14

今さら聴いた。だってTSUTAYAに置いてないんだもん。

→この記事の続きを読む

2007年06月28日

浅井健一 Sparkling Head Tour @恵比寿LIQUIDROOM

[音楽・ビートルズ] 2007/06/28 00:27

本日6/27、『CHELSEA』『Rod Shake Shock Service』と二枚のアルバムを同時リリースしたベンジーのライブに行って来た。俺の血はそいつで出来てるってくらいに未だに聴き惚れ続けている BLANKEY JET CITY & 浅井健一。実はライブ行くのは今日が初! 何か、そのうち死んじゃいそうな予感がしたので、無理矢理ヤフオクでチケット落として行って来た。高かった…。

会場を出た後、大雨の中をマラソンしたみたいにズブ濡れのTシャツにコーラを飲みながら、ガードレールに腰を降ろしてコカコーラを飲み、煙草を吸った。「疲れた、というより、何かが消えたな」とぽろっとこぼした俺だったが、まさにそんな感じのライブであった。

→この記事の続きを読む

2007年06月27日

ZARD音楽葬@青山葬儀場

[音楽・ビートルズ] 2007/06/27 11:28
様子

ZARD音楽葬に来てます。現地から更新。

→この記事の続きを読む

2007年05月25日

今日TSUTAYAで借りたCD

[音楽・ビートルズ] 2007/05/25 00:22

レンタル半額クーポンがあったのでたくさん借りた。一部羅列しておく。…本当はどれもきちんと紹介しようと思ったんだけど、面倒臭くなっていい加減なまま。

→この記事の続きを読む

2007年04月18日

オーディオテクニカ『ATH-CK31』(イヤホン)

[音楽・ビートルズ] 2007/04/18 11:07

使っていたKOSS PLUGは、安価ながらカナル式イヤホンの音の迫力を楽しめてかなり気に入っていたのだが、イヤーピースの部分をなくしてしまい、これを購入した。

→この記事の続きを読む

2007年04月12日

YouTubeで聴くビートルズの未発表曲・レア音源の数々

[音楽・ビートルズ] 2007/04/12 07:13

ビートルズの未発表曲。想像しただけで胸が高鳴り血が沸きます。アンソロジー・シリーズに結構な数が収録されてファンを喜ばせたものの、それ以上をとなるとブートレグ(海賊盤)の聖地・西新宿へ走るしかなく、俺も未だ耳にしたことのない未発表曲・未公開音源がかなりの数あります。

よもや、よもやそんなレアトラックたちが、YouTubeに上がっていようとは! リンゴ加入以前、デッカ・オーディションに落選していた頃の音源から、解散間際のセッションの様子まで、探せば探しただけざくざく出てくる。しかも、既知の曲のデモ音源やアウトテイクのみならず、アンソロジーにも収録されていない全くの未発表曲がたくさん見つかりました。その数十二。まだ増えるかも。

→この記事の続きを読む

2007年04月11日

ブッシュ大統領が歌う『Imagine』

[音楽・ビートルズ] 2007/04/11 03:50

YouTubeですさまじい労作を見つけた。マッシュアップとしてのクオリティもかなりのものだが、ブッシュにジョン・レノンの『イマジン』を歌わせたら? という発想がまずすごい。

→この記事の続きを読む

2007年04月03日

植木等『スーダラ節』がすごい

[音楽・ビートルズ] 2007/04/03 02:00

先日逝去なされた植木等の『スーダラ節』。YouTubeより。すごいので一見の価値あり。

→この記事の続きを読む

2007年02月16日

arthur『rakuda』

[音楽・ビートルズ] 2007/02/16 02:33

久々にCD衝動買い。少女のようなかすれた声で頼りなげに歌うボーカルと、ピンク色の雲の夢をみているようなふわふわとした演奏がとてもファンタジック。

2006年11月15日

低価格でナイスなイヤホン PHILIPS SBC-HE580 & KOSS THE PLUG

[音楽・ビートルズ] 2006/11/15 22:05

iPod shuffle が一万円を切る価格で買えるようになって、貧民層でも楽しめるようになってきた携帯オーディオ・プレーヤー。安くてもイヤホン替えるとぐっと音が良くなるよ。俺は二つ試してみたのでそのインプレッションを書いておく。

参考: ヘッドホンスレ/低価格でナイスなイヤホン - wiki@nothing

→この記事の続きを読む

2006年11月14日

ビートルズの新譜『Love』を試聴

[音楽・ビートルズ] 2006/11/14 21:58

11月20日に発売されるビートルズの新譜『LOVE』。基本的にはよくあるリミックス盤なのだが、手掛けているのはジョージ・マーティンと息子ジャイルズ・マーティン、ってことで期待が高まる。発売一週間前を切り、四曲が試聴できるそう!

→この記事の続きを読む

2006年10月19日

合唱曲でも聴いてみようか

[音楽・ビートルズ] 2006/10/19 02:25

こんな寝付かれない秋の夜長に、小中高で歌った合唱曲のMIDIデータを探して聞いてみたら、あまりの懐かしさに爆笑、そしてちょっとしんみり・じわっとしてしまった。

マイバラード! 大地讃頌! 筑後川!

→この記事の続きを読む

2006年09月17日

新戸のベース講座ムービー

[音楽・ビートルズ] 2006/09/17 06:08
スクリーンキャプチャ

『新戸崇史』でググったら、ローランドのホームページで新戸がメガデスの元ギタリスト・マーティ・フリードマンと名前を連ねているとんでもないページを発見した。すげぇ。

公開されているムービーが最高に面白いので、新戸ファンは是非見よう。詳細は「続きを読む」をクリック!

→この記事の続きを読む

2006年06月29日

PSP専用ソフト『LocoRoco』の歌が可愛過ぎる件について

[音楽・ビートルズ] 2006/06/29 08:07

今朝何気なく朝のニュース見てたら脱力系の意味わかんねー超かわいいCMが! ロコロコっていうゲームのCMらしいんだけど、歌が可愛過ぎる。外国の男の子が舌っ足らずで意味不明な造語歌詞を歌っている感じ。センス良い。

ダウンロードできる場所見つけた。一個目がCMの奴で、二個目はゲームで使われてる曲? どっちも同じ男の子が歌っており、えらく可愛い。

→この記事の続きを読む

2006年06月08日

「五人目のビートル」、ビリー・プレストン死去

[音楽・ビートルズ] 2006/06/08 18:30

ビリー・プレストンが亡くなりました。享年59歳。ってことは、『Get Back』の頃はまだ22歳(!)。若い…。

彼がいなかったら『Get Back』も『Abbey Road』もなかったかもしれない。後期ビートルズのあのざらっとした質感、減点回帰的なロックンロールサウンドの中で、異彩を放つプレストン。あのキーボードがないとダメって曲は多いよなぁ。

→この記事の続きを読む

2005年12月29日

戸川純『TWIN VERY BEST COLLECTION』

[音楽・ビートルズ] 2005/12/29 01:00

ただ帰るのも何だったので、戸川純のベスト盤と CUBISMO GRAFICO のリミックス盤を借りて来た。いずれもちょっとキチガイじみた友人(別人です)が激賞していたので借りたのだが、とりあえず戸川純はすごい(ちなみに戸川純は岩藤一成のフェイバリット)。歌詞にエキセントリックな暴風が吹き荒れている。が乙女チック。

→この記事の続きを読む

2005年12月28日

Money, That's What I Want!

[音楽・ビートルズ] 2005/12/28 01:00

ビートルズが演奏した2曲、『Money』と『Can't Buy Me Love』をざっくり比較してみるエントリー。ジョンとポールのお金の価値観について。

→この記事の続きを読む

2005年12月18日

ジャコ・パストリアス『ジャコ・パストリアスの肖像+2』

[音楽・ビートルズ] 2005/12/18 09:15

久々に目を剥くくらいすげー音楽を聴いた。世紀の天才ベーシスト・ジャコ・パストリアスの華々しく衝撃的なデビューアルバム。

→この記事の続きを読む

2005年12月11日

ポール死亡説に新説

[音楽・ビートルズ] 2005/12/11 00:44
替え玉ポール
"Faul"

「ポールは実は途中で死んでおり、後期ビートルズのポールは替え玉だ」

一時期ビートルズファンを騒がせた「ポール死亡説」(詳細はWikipediaを参照)、今じゃ完全に否定されているけど、何か新説が紹介されていた。面白い。

右はポールの替え玉に仕立て上げられ、一生かかって影武者をしているとされる Faul ことニール・アスピナール氏の写真。

→この記事の続きを読む

2005年12月06日

melico live in 本八幡 route 14

[音楽・ビートルズ] 2005/12/06 01:28

実に七ヶ月ぶり! になる melico のライブ。『ROCK STEADY』というイベントで、本八幡route14にて。

→この記事の続きを読む

2005年06月22日

melico『melico』

[音楽・ビートルズ] 2005/06/22 02:07
ジャケットc写真

渋谷O-nestで二ヶ月に一回くらいずつライブやってるポップスバンド、melicoの1st音源をゲット。

→この記事の続きを読む

2005年06月19日

Musical Baton

[音楽・ビートルズ] 2005/06/19 04:20

あちこちでやってて
「けっ、くだらねーネタで盛り上がりやがって」
とか思ってたけどそりゃあ俺だって回ってきたら嬉しいよ。

ってことで堂々と書く。

→この記事の続きを読む

2005年04月05日

マイケル・ジャクソン『アルティメット・コレクション』

[音楽・ビートルズ] 2005/04/05 10:00

60年代な雰囲気とかモータウンとか好きなのでジャクソン5は以前聴いたが、マイコゥは友達と『スリラー』『ビート・イット』のPVを観てゲラゲラ笑った覚えぐらいしかない、というビギナーながら、友人の好意で貸してもらった。

ずっしり重いパッケージを開けると、CD4枚+DVD1枚。この時点で笑う。だって五枚組だぜ。で、DVDの中身は輪をかけてすげかった。すげーぞマイコゥ!

→この記事の続きを読む

2005年04月01日

melico 1st live @ Shibuya O-nest

[音楽・ビートルズ] 2005/04/01 01:12
melico live
ライブ写真 by 携帯カメラ

友達が結成したニューバンド・melicoの1stライブに行ってきた。めちゃくちゃ期待して期待して、半ば期待過剰気味で聴きに行ったんだけど、その期待の遥か上をいくサウンド。やった! 結成一ヶ月半でこのレベルだから、ホントに次が楽しみ。

→この記事の続きを読む

2005年01月08日

ジョス・ストーン『The Soul Sessions』

[音楽・ビートルズ] 2005/01/08 16:40

イギリスのラジオで流れまくってる曲。16歳少女が歌うソウル。女性ボーカルって好きだけど、この声が当時16歳とは思わなかったなー。ジャニス・ジョップリンの再来なんて呼ばれたりもしてるみたいだけど、確かにちょっとかぶるかも。

プロモ。この曲いいなー。映像は超ださいけど。このライブ映像は結構いけてる。コーラスの人々がいい。

2005年01月07日

ジョン・レノン『LOVE(ACOUSTIC)』

[音楽・ビートルズ] 2005/01/07 13:59

実家の母から届いたクリスマスプレゼント。アコギ一本で歌うジョン・レノンの製作途中の歌が16曲つまった企画盤。あくまで製作途中であっていずれも完成度は低く「初心者は絶対手を出すな」と皆が口を揃えるであろうアルバム。

とはいえ海賊版は買いたくないけど未発表音源は聴きたいという自分みたいなファンにとっては資料的価値はあるし、歌とギターだけというシンプルなアレンジの中にボーカリストとして、そしてギタリストとしてのジョン・レノンの魅力を再発見できた一枚。誰にもオススメしないが個人的には今一番聴き込んでるアルバム。

→この記事の続きを読む

2005年01月05日

melico ライブ at 渋谷O-nest

[音楽・ビートルズ] 2005/01/05 01:00

友達のバンド、というより最近普通にファンになってしまっている melico のライブ。もうこれで来るの四回目だなー。

→この記事の続きを読む

2005年01月01日

エリック・サティ『ザ・ベスト・オブ・サティ』

[音楽・ビートルズ] 2005/01/01 01:00

最近ヘビー・ローテーションしているのがエリック・サティ。20世紀初頭に活躍した作曲家で、音楽史のことはよくわからんが、とにかく個性的で非クラシック的な作曲をした変な人だったらしい。

→この記事の続きを読む

2004年12月08日

2004年11月28日

Mr.Children『シフクノオト』

[音楽・ビートルズ] 2004/11/28 05:00

ミスチルはもう滅多に聴かない。『Discovery』以降、どの曲もみんな同じみたいに聴こえる。青筋立てて歌うようなファルセットが嫌い。ロックバンドとしての愉楽はもうない。歌詞の青臭さが俺22歳には耐えられん。

でも聴くとぐっときてしまう。ミスチル世代ど真ん中、CDがレーザーで焼け焦げるくらい『深海』を聴いた世代としては、感動の琴線がミスチル方面に反応するように出来上がってしまっているんだろう。ミスチルだっせー、と思いながらCDかけて、泣きそうになる。

→この記事の続きを読む

2004年11月08日

クイーンを聴いているよ

[音楽・ビートルズ] 2004/11/08 15:35

三週間ぶりに部屋の掃除をしたよ。掃除機もかけたよ。洗濯もしたよ。その間ずっとクイーンを聴いていたよ。

クイーンというと貞弘くんのことを思い出す。

「たにく~ん、クイ~ンいいんだよ~、クイ~ン、えっマジで? うそー」

この会話の流れで語尾の「えっマジで? うそー」はありえないんだが、何か彼はいつも「えっマジで? うそー」って言ってた気がする。

→この記事の続きを読む

2004年10月30日

ビートルズ『No Reply』はストーカーソングではないか?

[音楽・ビートルズ] 2004/10/30 12:18

かねがね思っていたことなんだが、ビートルズの『No Reply』はストーカーソングではないだろうか。歌詞の内容は、「家に行ったけど入れてもらえなかった、電話もしたけど取り次いでもらえなかった、でもキミが家にいたのはわかってる、家に入るところをちゃーんと見たんだからね…」というもの。

家人が取り次いでくれないってことは、つまり一家総出で避けているわけだ。
「パパ、ママ、あの人が来ても絶対あたしがいるって言わないでね」
とか約束してたわけで、主人公の嫌われっぷりはかなりレベル高い。

で、ストーカー調で訳してみた。

→この記事の続きを読む

2004年10月12日

64歳のジョン・レノンの顔

[音楽・ビートルズ] 2004/10/12 21:10

最新テクノロジーで描き出された64歳のジョン・レノンの顔CGネタ元。ベースにしたという『The John Lennon Collection』のジャケ写(当時40歳)と並べてみた。

40歳 64歳
左40歳・右64歳

全然違和感なく64歳だ。ちょっと贅肉が増えてる。すげー頑固じじいっぽい顔してるなー。

→この記事の続きを読む

2004年10月09日

If John was 64

[音楽・ビートルズ] 2004/10/09 17:30

10月9日はジョン・レノンの誕生日。ポールより二歳年上のジョンは、もし生きていれば今日で64歳。64歳と言えば当然『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録の『When I'm 64』を思い出す。以下、2chビートルズ板の名物スレッド・F・シーマン著「ジョン・レノン最後の日々」より引用。もし今日ジョンが64歳の誕生日を迎えていたら。

→この記事の続きを読む

2004年06月22日

ポールが天気を変えた

[音楽・ビートルズ] 2004/06/22 09:54

お金があれば割と何でもできるんだなぁ。

ポール・マッカートニーが、ロシアの天気を修正した。6月20日(日)にロシアのサンクト・ぺテルスブルグで行なうコンサートは、マッカートニーにとって3,000回目のステージとなる特別なものだった。しかし、あいにくその日の天気予報は雨。そこでマッカートニーは、ジェット機を飛ばし雨雲にドライアイスを噴射したという。

『The Sun』紙によると、2万ポンド(およそ400万円)をかけたこの作戦は大成功。マッカートニーがステージに登場するときは、雲の間から日が差していたという。 (BARKS

→この記事の続きを読む

2004年03月03日

ポールが声優に挑戦

[音楽・ビートルズ] 2004/03/03 00:05
熱演中のポール
いかにも外人なノリ

ポールが声優に挑戦したそうだやめときゃいいのに。ポールに音楽以外のことをやらせると、どうせろくなことにならない。

ちなみにこう見えて62歳の老人だ。年寄りの冷水もいいところである。

→この記事の続きを読む

2004年03月01日

吉田拓郎を聴いてみた

[音楽・ビートルズ] 2004/03/01 11:00
よしだたくろう『人間なんて』
人間なんて ララララララララ

芝居でフォークソングを流したら面白いんじゃないか、と思って吉田拓郎とかぐや姫のベスト盤を借りてみた。今までフォークソングを聴いた経験はほとんどない。車の中で親父がさだまさしとかアリス(?)とかのテープをかける度、心の中では反吐を吐いたいた。要するに、嫌いだった。

が、聴いてみたら割によかった。古臭くて笑っちゃうんだけど、たまにぐっとくる歌詞がある。「繁華街で前を行くいかした女の娘を ひっかけること ああ それが青春」とか、こんなのはお笑い種にしかならないけど、幾つか気に入った曲もあった。

→この記事の続きを読む

2004年02月09日

CD借りまくり

[音楽・ビートルズ] 2004/02/09 00:47
Pile of CDs
Pile of CDs

今日までTSUTAYAがレンタル半額だったので借りまくってみた。22枚、計3800円。最近聴くジャンルが偏っていたので、ベスト盤を中心にちゃんと聴いたことはないけど何となく聞いたことはあるアーティストを片っ端から借りてきた。

→この記事の続きを読む

2004年02月02日

音楽史上最も偉大なアルバム、ベスト500

[音楽・ビートルズ] 2004/02/02 00:37
『 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』のジャケット
奇跡のカバーアート

米ローリングストーン誌が選ぶ、音楽史上最も偉大なアルバムベスト500ランキング。十位以内に四枚もビートルズが入っちゃって、ビートルマニアの自分としてはニヤニヤしっぱなしのランキングとなったわけだが、この結果を巡ってアメリカではネット上で喧喧諤諤の大議論が巻き起こっているらしい。

一位は『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』。これは妥当だろう。ネットでこのランキングへの反応を見ると「Abbeyの方が傑作」みたいな意見が多いけど、音楽史や社会・文化への影響や、コンセプトの真新しさを考えるとやはりこれしかない。そもそもローリングストーン誌もこう言っている。

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band is the most important rock & roll album ever made, an unsurpassed adventure in concept, sound, songwriting, cover art and studio technology by the greatest rock & roll group of all time.

→この記事の続きを読む

2004年01月19日

エド・サリヴァンショーとビートルズの死に順

[音楽・ビートルズ] 2004/01/19 03:08
DVDジャケット
¥3,760

タワレコや新星堂で見かけるたびに欲しい欲しいと思ってた『エド・サリヴァン・ショー』のDVDだが、『たろぐ』の記事を読んだら余計に欲しくなってしまった。しかもAmazonで調べたら安い! 3,760円ってどういうことだ。ついはずみで買ってしまう値段だ。財布を隠してもクリックだけで買えてしまうからAmazonは恐ろしい。

さてここからはビートルズの死に順の話。…縁起でもない話だけど、ジョンとジョージが子の世を去り、ポールもリンゴももう齢60を超える立派なじじいだ。覚悟だけはしておかねばならない。で、偶然の一致だろうけど、エド・サリヴァン・ショーでのメンバーの登場順がちょっと気になる。以下『たろぐ』から引用。

→この記事の続きを読む

2004年01月07日

『Hey Jude』に日本語バージョンがあった

[音楽・ビートルズ] 2004/01/07 16:07

ビートルズの名曲、『Hey Jude』には、実は日本語バージョンが存在する。歌詞の日本語訳とは違う。ちゃんと日本語で歌えるように作られた、れっきとした「日本語版」が存在するのだ。歌い出しはこうだ。

♪Hey Jude 嘆くな

いきなりかなりいい加減な訳だが、終始この調子である。

→この記事の続きを読む

2004年01月05日

ビートルズ自己ベスト盤を作ろう

[音楽・ビートルズ] 2004/01/05 00:57

ビートルズのベスト盤と言えば、赤盤、青盤、それに最近発売された『1』などが有名だが、あの曲がない、この曲は要らないなど、誰しも不満があるものだ。ありきたりな発想だが、最近自分にもむくむくと「自己ベスト盤を作りたい」という考えが芽生えて来た。実は前に一度MDで作ったのだが、もうそれにも飽きたので、また作ってしまおうと思う。

→この記事の続きを読む