PLAYNOTE 「映画・美術など」カテゴリー

"映画・美術など"

ドキュメンタリー映画『1/10 Fukushimaをきいてみる 2014』 / チャールズ・ファーガソン監督『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』 / 纐纈あや監督『ある精肉店のはなし』 / 三谷幸喜作『12人の優しい日本人』 / 山田洋次監督『男はつらいよ15 寅次郎相合い傘』 / ビリー・ワイルダー監督『情婦』 / 東京都現代美術館『こどものにわ』 / 東京都現代美術館『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』 / ピクサー『トイ・ストーリー3』 / フランシス・コッポラ監督『地獄の黙示録』 / 米林宏昌監督『借りぐらしのアリエッティ』 / ロベルト・ベニーニ主演『ライフ・イズ・ビューティフル』 / ピクサー『モンスターズ・インク』 / スティーヴン・キング原作/フランク・ダラ ボン監督『ミスト』 / 吹越満『フキコシ・ソロ・アクト・ライブラリー タイトル未定』 / 細田守監督『時をかける少女』 / 佐藤東弥監督『ごくせん THE MOVIE』 / 三谷幸喜監督『ラヂオの時間』 / 損保ジャパン東郷青児美術館『モーリス・ユトリロ展 -パリを愛した孤独な画家-』 / ミシェル・ゴンドリー監督『エターナル・サンシャイン』 / ワリス・フセイン監督『小さな恋のメロディ』 / ラース・フォン・トリアー監督『奇跡の海』 / ラース・フォン・トリアー監督『マンダレイ』 / ミッシェル・オスロ『キリクと魔女』 / 損保ジャパン東郷青児美術館『ベルギー王立美術館コレクション』 / NHK『プロフェッショナル仕事の流儀スペシャル 宮崎駿のすべて~“ポニョ”密着300日~』 / 本広克行監督『曲がれ!スプーン』 / 東京オペラシティアートギャラリー『ヴェルナー・パントン展』 / きれいな画面 / 江戸東京博物館『手塚治虫展』 / 映画版『ドラえもん のび太と鉄人兵団』 / 三谷幸喜監督『THE 有頂天ホテル』 / NHKスペシャル『微笑と虐待』 / 横浜美術館『特別展・源氏物語の1000年』 / 国立新美術館『エミリー・ウングワレー展』 / ベット・ミラー主演『ローズ』 / ジェシカ・ユー監督『非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』 / 気狂いアニメ『世にも恐ろしいグリム童話/日本昔話』シリーズ / マルジャン・サトラピ監督『ペルセポリス』 / 東京国立博物館『京都五山 禅の文化展』 / Bunkamuraザ・ミュージアム『ルドンの黒』 / 宮崎駿監督『魔女の宅急便』 / 蜷川実花監督『さくらん』 / 東京都美術館『オルセー美術館展』 / ケヴィン・マクドナルド監督『ラストキング・オブ・スコットランド』 / マーティン・スコセッシ監督『タクシードライバー』 / ペドロ・アルモドバル監督『オール・アバウト・マイ・マザー』 / ダスティン・ホフマン主演『レインマン』 / 佐々部清監督『半落ち』 / ラース・フォン・トリアー監督『ダンサー・イン・ザ・ダーク』 / デビット・フィンチャー監督『セブン』 / デビッド・フィンチャー監督『ファイト・クラブ』 / ラース・フォン・トリアー監督『ドッグヴィル』 / V.A.『10ミニッツ・オールダー』 / ペドロ・アルモドバル監督『死ぬまでにしたい10のこと』 / 中島哲也監督『下妻物語』 / 中島哲也監督『嫌われ松子の一生』 / 塚本晋也監督『双生児』 / パトリス・ルコント監督『列車に乗った男』 / ボブ・フォッシー監督『キャバレー』 / バズ・ラーマン監督『ムーラン・ルージュ』 / ミロス・フォアマン監督『アマデウス』 / テレビ東京『美の巨人たち~シュザンヌ・ヴァラドン~』 / ロジェ・ブランション監督『ロートレック~葡萄酒色の人生~』 / 古畑任三郎 TVラストシリーズ / 『ワダエミの衣装世界』 / ジャック・ベッケル監督『モンパルナスの灯』 / 東京都美術館『プーシキン美術館展』 / Bunkamura『スコットランド国立美術館展』 / 劇場版『機動戦士ガンダム』(DVD特別編) / 森美術館『フィリップス・コレクション展』 / ロマン・ポランスキー監督『ローズマリーの赤ちゃん』 / ピーター・ジャクソン監督『乙女の祈り』 / ケイト・ブランシェット主演『エリザベス』 / リーアム・ニーソン主演『ロブ・ロイ』 / メル・ギブソン主演・監督『ブレイブハート』 / 宮藤官九郎監督『真夜中の弥次さん喜多さん』 / オーソン・ウェルズ監督『マクベス』 / ロマン・ポランスキー監督『マクベス』 / ジム・ジャームッシュ監督『コーヒー&シガレッツ』 / ジャック・ニコルソン主演『カッコーの巣の上で』 / トニー・ジャー主演『マッハ!!!!!!!!』 / ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ / Jon Scoffield演出『Antony & Cleopatra』 / ギリシャの写真家、Georges Meis / 大河ドラマ『利家とまつ』 / クァク・ジェヨン監督『ラブストーリー 』 / 映画観た→『Войда』、『The Last Samurai』 / 黒澤明『羅生門』 / 黒澤明『乱』 / ダニー・ボイル監督『Trainspotting』 / トニー・リチャードソン監督『Look Back in Anger』 / Dominic Savage監督『Out of Control』 / オーソン・ウェルズ監督『The Trial』 / オーソン・ウェルズ『Citizen Kane』 / 『ロードオブザリング』、アカデミー賞11冠 / 『ロードオブザリング 王の帰還』 / みうらじゅん原作『アイデン&ティティ』 / サルガド写真展『ESSAYS』 / エーリヒ・ケストナー原作『飛ぶ教室』 / ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督『1980』 / トップにもどる

2014年12月30日

ドキュメンタリー映画『1/10 Fukushimaをきいてみる 2014』

[映画・美術など] 2014/12/30 01:53

佐藤みゆきちゃんの紹介で、彼女の主演しているドキュメンタリー映画『1/10 Fukushimaをきいてみる 2014』を観てきました。70分という短い時間の中に、生まの言葉や表情がぎゅっと詰まっていて、東京にいながら福島の今の空気を吸える貴重な時間を共有させてもらいました。

東京で生活する人は、いま何が福島で起きているのかを知りません。(略)ドキュメンタリーを通して佐藤とともに福島の現状を観客に伝え、「本当の復興とは何か」を考えてもらうきっかけとしたいと思います。
1/10.Fukushima.ask - Project intentionより)

→この記事の続きを読む

2014年08月10日

チャールズ・ファーガソン監督『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』

[映画・美術など] 2014/08/10 23:37

11月に予定されているThéâtre des Annalesの次回公演へ向けて、一年半前くらい、つまり『従軍中のウィトゲンシュタイン』以来ずっーと経済や金融について読んだり調べたりを続けているんだけど、今回観たドキュメンタリー映画『インサイド・ジョブ』が飛び上がるほど面白かったので内容についてメモ書きしておく。

要は、リーマン・ショックは何故起きたか? ってことを追っかけたドキュメンタリーなんだけれども。サブプライムローン問題がどうこう、という基本はもちろん丁寧に解説してくれた上で、アメリカの金融界を操る問題を多角的に描き出してくれている。そして僕に言わせれば、その「問題」とはすなわち、人間の心ということに他ならない。

→この記事の続きを読む

2014年01月04日

纐纈あや監督『ある精肉店のはなし』

[映画・美術など] 2014/01/04 10:49
aru-seinikuten.jpg

今年末に企画されているThéâtre des Annales第3弾の企画会議で「とても良い」「次の題材の参考になるかも」と言われたので観に行った。今どき珍しく牛の飼育から屠畜・解体、そして小売まで、すべて手掛けている大阪の小さなお肉屋さんのお話。ポレポレ東中野にて。

巧妙に隠された屠殺と差別の歴史を柔らかい手つきでフィルムに収めた佳作であった。普段すげー無自覚にお肉食べてる私たちのこと、効率化の先に体温や手触りや生の実感を失ってしまった私たちのこと、消えた家族・地域コミュニティのこと。色々考えた。

→この記事の続きを読む

2011年05月12日

三谷幸喜作『12人の優しい日本人』

[映画・美術など] 2011/05/12 23:16

今度出演してもらう相島一之さんが出ているので、そして今度友人たちが法廷劇をやるというので、そしてあまりにも懐かしいので借りてみた。高校生以来だなあ。

→この記事の続きを読む

2011年04月17日

山田洋次監督『男はつらいよ15 寅次郎相合い傘』

[映画・美術など] 2011/04/17 10:54

黒色綺譚カナリア派の参考映像として観た。山田洋次監督。

わざわざDVD借りて寅さん見るなんて日が来るとは思わなかったが、本当に見てよかった。作品に対する驚き、昭和という時代に対する驚き、俳優に対する驚き。

→この記事の続きを読む

2010年09月01日

ビリー・ワイルダー監督『情婦』

[映画・美術など] 2010/09/01 23:09

驚愕の展開、凄まじいどんでん返しと煽られて気になっていたこと、愛の物語であるらしいということ、そして決め手は監督がビリー・ワイルダーだったので観た。

どんでん返しあるよー、とわかっていて、身構えていながら、予想だにしない角度からどんでん返しで裏切られて、しかも裏切られて気持ちいい名作でした。

→この記事の続きを読む

2010年08月16日

東京都現代美術館『こどものにわ』

[映画・美術など] 2010/08/16 12:00
img2-847

この夏、赤ちゃんから大人まで楽しめるアートのにわが東京都現代美術館に出現!
きれいなもの、ワクワクするものがいっぱい。
美術館に来たことのある人も、はじめての人も、大人もこどもも、みんな一緒に来てくださいね。
小学生以下は無料です。

東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

こどものにわ、っていう名前だけで半分くらいやられていたが、観に行ったら期待通りに楽しかった。体感型・参加型の現代アート。写真は二つ目の部屋で、ひたすら真っ白な空間の中にカラフルな花模様が咲き乱れている。すっごい幻想的なのに、中に入って、動いて、楽しい。こういうコンテンポラリーアートもあるんだな。

→この記事の続きを読む

東京都現代美術館『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』

[映画・美術など] 2010/08/16 11:46

もう一つの特別展『こどものにわ』が目当てだったので、こっちはそれほど調べもせず、「アリエッティ観たし、清澄白河まで行くんだからついでに」くらいのつもりで立ち寄ったのだが、この展覧会のためだけに足を運ぶ価値があるはず。映画観てから行くといいよ。

→この記事の続きを読む

2010年08月11日

ピクサー『トイ・ストーリー3』

[映画・美術など] 2010/08/11 01:00

ピクサーを観るのはこの間の『モンスターズ・インク』に続いてまだ2つ目なんだけど、何だかやばい予感はしていたんだ。要はオモチャのチャチャチャのCGアニメ版だろ? あの変な三つ目の緑色の宇宙人も主役のカウボーイも何か宇宙飛行士っぽい顔の濃いおっさんも全然かわいくないし、まぁブタくらいだ、かわいいのは、キャラが愛せない映画なんて行ってそこそこの面白さに決まってるだろ。

という予防線をぶっちぎる面白さであった。かみさまー!! ほとんど100点をつけたい。僕は1も2も観ていなので、そんなに楽しめないと思ってましたが、簡単に裏切られました。

→この記事の続きを読む

フランシス・コッポラ監督『地獄の黙示録』

[映画・美術など] 2010/08/11 00:49

まだ観ていなかったので観た。何か戦争映画観たかったので。

大して期待もせずに観始めて、もうほとんど好きな映画ベスト5入り確定なくらい度肝を抜かれた。これが1980年の作品って、どういうことだよ。

→この記事の続きを読む

2010年08月08日

米林宏昌監督『借りぐらしのアリエッティ』

[映画・美術など] 2010/08/08 00:45
arietty.jpg

急に誘われて観てきた。池袋HUMAXシネマにて。

ジブリらしい田舎や自然の美しい描写と、うまく散りばめられた伏線、魅力的なキャラクターたちで、ほっこりさらっと楽しめる90分間であった。

→この記事の続きを読む

2010年08月04日

ロベルト・ベニーニ主演『ライフ・イズ・ビューティフル』

[映画・美術など] 2010/08/04 11:19

約10年振りに観た。超定番の戦争映画で、ベタベタのヒューマンドラマで、こういうの好きって言っとけばとりあえずいい人っぽく見えちゃうタイプの映画だろ?

大好きです。

→この記事の続きを読む

2010年08月03日

ピクサー『モンスターズ・インク』

[映画・美術など] 2010/08/03 16:16

『トイ・ストーリー3』を観に行ったが3D版しかやってなくておめおめ帰ってきて、ヤケクソになって「ピクサーだから」っつって観た。結果的には全力で楽しんでしまった。

→この記事の続きを読む

2010年07月19日

スティーヴン・キング原作/フランク・ダラ ボン監督『ミスト』

[映画・美術など] 2010/07/19 08:10

「衝撃のラスト15分」

なんて煽り文をあちらこちらで目にしたし、実際評判もよかった、各地のレビューサイトやそこそこ信用している評論サイトでも評判がよかったので観てみた。どんなストーリーテリングをしてくれるんだろう? と。

が、期待外れであった。

→この記事の続きを読む

2010年07月15日

吹越満『フキコシ・ソロ・アクト・ライブラリー タイトル未定』

[映画・美術など] 2010/07/15 02:09

俳優・吹越満が2008年に下北沢・本多劇場にて上演した一人芝居のDVD化。一人「芝居」と言っても、ショートコントのようなものの積み重ねで、コンテンツ的には「お笑い」に近いのかもしれないが、用いられている手法やスタイル、スピリットは確実に「演劇」であった、実に高度な「演劇」だったんだ。

→この記事の続きを読む

2010年07月14日

佐藤東弥監督『ごくせん THE MOVIE』

[映画・美術など] 2010/07/14 11:35

ちょっとワケあって見ることになったんだけど。ちょっと言葉を失ったね。

→この記事の続きを読む

三谷幸喜監督『ラヂオの時間』

[映画・美術など] 2010/07/14 10:46

十年ぶりくらいに見返したが、今見ると色褪せている。ファッションとか生活スタイルとか。だのに笑える、だのにぐっとくる。やっぱり名作でした。

→この記事の続きを読む

2010年07月03日

損保ジャパン東郷青児美術館『モーリス・ユトリロ展 -パリを愛した孤独な画家-』

[映画・美術など] 2010/07/03 00:10
2010020903.jpg
モーリス・ユトリロ『ラパン・アジル、モンマルトル』(1914年)

明後日までで終わってしまうと思い出して、押っ取り刀でばたばたと東郷青児美術館へ行ってきた。敬慕する画家、モーリス・ユトリロの特別展。ユトリロ展には2002年にも2006年にも行ってるんだが、90点余りが「すべて日本初公開」との触れ込みで、期待高まる。

→この記事の続きを読む

2009年12月18日

ミシェル・ゴンドリー監督『エターナル・サンシャイン』

[映画・美術など] 2009/12/18 21:56

信頼する友人からの激賞があり、これも現在取っ組み合ってるプロットの参考になればと観てみた。

→この記事の続きを読む

ワリス・フセイン監督『小さな恋のメロディ』

[映画・美術など] 2009/12/18 21:39

ベンジーがこう言うんだ。小さな恋のメロディという名の映画を見たことがないなら早く見た方がいいぜ。俺の血はそいつでできてる、12才の細胞に流れ込んだまままだ抜ききれちゃいない。ちょうど今向き合っているプロットの参考になればと藁にもすがる思いで見た。

→この記事の続きを読む

2009年12月06日

ラース・フォン・トリアー監督『奇跡の海』

[映画・美術など] 2009/12/06 00:41

僕の愛する映画監督、なんて思っておきながら、まだ全作は見切っていないんだけれど、ラース・フォン・トリアーの傑作だというので観た。

黒板を爪で引っ掻くと嫌な音がするだろう。甲高くて鋭い、透き通った、でもどこまで深いな音が。そういう感触を心にもたらす、最高に最悪な映画だった。「二度とこんな映画見たくない」、そういう気分にさせてくれる、だから僕は彼の映画が好きなんだな。

→この記事の続きを読む

ラース・フォン・トリアー監督『マンダレイ』

[映画・美術など] 2009/12/06 00:40

ラース・フォン・トリアーは、僕が「好きな映画監督」として名前を挙げたい気持ちになる数少ないアーティストだ。自分の最高傑作の一つだと思っている『セシウムベリー・ジャム』は、『ドッグヴィル』からの影響を色濃く受けて書かれたし、同作は一番好きな映画と言ったっていいくらい好きかもしれない。

そんな『ドッグヴィル』の続編だと聞いたので、のこのこ観てきた。DVDでだけどね。

→この記事の続きを読む

ミッシェル・オスロ『キリクと魔女』

[映画・美術など] 2009/12/06 00:38

ベンジーが薦めていたから観た。何だかアフリカっぽい雰囲気を漂わせたアニメーション映画だ。製作はフランスのようだけれど。

→この記事の続きを読む

2009年11月29日

損保ジャパン東郷青児美術館『ベルギー王立美術館コレクション』

[映画・美術など] 2009/11/29 12:34
bonnard_contre00.jpg
ピエール・ボナール作『逆光の裸婦』

「ベルギー王立美術館のコレクションから、ベルギーならびにフランスの画家による油彩画約70点を展示し、19世紀におけるベルギー絵画のあゆみをご紹介」するという展覧会。コローやシスレーといったお気に入りの画家や、あまり親しみはないけれど興味のあるベルギーの画家たちに触れられるとあって行ってきた。今日で終わりなんだけど。

2万点を超すというコレクションから選び抜かれた69枚。バルビゾン派のリアリズムに始まって、テルヴューレン派、印象派を経由し、フォービズムまで絵画の変遷が辿れるいい展覧会であった。

→この記事の続きを読む

2009年11月17日

NHK『プロフェッショナル仕事の流儀スペシャル 宮崎駿のすべて~“ポニョ”密着300日~』

[映画・美術など] 2009/11/17 08:35
snapshot20091117083829.jpg
手を止める宮崎駿

もう2年半も前に放送されたものの再放送。『崖の上のポニョ』創作の現場を追いながら、宮崎駿の仕事と人生に迫るドキュメンタリー。寝る前に半分観て、起きてから残り半分観た。

→この記事の続きを読む

2009年11月07日

本広克行監督『曲がれ!スプーン』

[映画・美術など] 2009/11/07 19:25

関係者試写に呼ばれたのでのこのこ観に行ってきた。日比谷シャンテ何とか試写室にて。

あえて言うぜ、単純な話だぜ。あえて言うぜ、エンターテイメント作品だぜ。あえて言うぜ、白玉あんみつみたいな映画だぜ。でも僕はそういうのに弱いので、きっちり涙腺を刺激されて、きっちり術中にハメられて、「長澤まさみになりたい」とか思って帰ってきた。

以下ネタバレ。

→この記事の続きを読む

2009年10月18日

東京オペラシティアートギャラリー『ヴェルナー・パントン展』

[映画・美術など] 2009/10/18 19:24
panton.jpg

初台、新国立劇場のお隣、オペラシティの2階だか3階だかにあるギャラリーで、ヴェルナー・パントン展という奴を観て来た。生活空間を彩るおしゃれチェアーだとかライトだとかが展示されてんだけど、もう、家具店とかじゃねーの。もはや空間美術。サイケデリックな色調なのに妙に落ち着く。風景としてのインテリア。安心できるサイケデリック。くつろげるレトロフューチャー。

写真は実際に中に入って座ったり寝転がったりできる部屋。ここが最高に気持ちよかった。

→この記事の続きを読む

2009年05月26日

きれいな画面

[映画・美術など] 2009/05/26 15:11

『猟奇殺人の心理学』というディスカバリーチャンネル製作のビデオを観た。内容に斬新さはなかったが、映像が美しかったので貼っておく。

psycho-02.jpg psycho-01.jpg

海外のドキュメンタリーは質が高くてうらやましい。日本のドキュメンタリーはたまに面白いのあるけどほとんど報道とイデオロギーがくっついちゃっててうんざりする。↑の映像も多少そうだが、「これ誰が得するの?」ってくらいドキュメンタリーしてるドキュメンタリーが観たいなぁ。

2009年05月22日

江戸東京博物館『手塚治虫展』

[映画・美術など] 2009/05/22 01:14

手塚治虫のまとまった展覧会なんて行ったことないので行ってみた。

手塚治虫が他界したのは平成元年、俺は小学一年生。亡くなった時期からしても、業績からしても、俺の感動っぷりからしても、雲の上の人である。そんな人の手書き原稿がずらり百数十点も展示してあって、「神様は本当にいたんだ」という感じがした。

→この記事の続きを読む

2009年05月15日

映画版『ドラえもん のび太と鉄人兵団』

[映画・美術など] 2009/05/15 13:32

前述の通り、風邪で死んでいるので、横になりながらDVDなんか観てる。しかもなるたけライトな奴を。でも、当然ドラえもんの映画なので、またボロボロ号泣してしまった。

→この記事の続きを読む

三谷幸喜監督『THE 有頂天ホテル』

[映画・美術など] 2009/05/15 13:20

何を今さら、な鑑賞。風邪が治らなくってうんうん唸りながら、ベッドに寝ながら。次回公演の参考に。もはや説明する必要もない、三谷幸喜作による超豪華キャストによる正月映画。

→この記事の続きを読む

2008年11月20日

NHKスペシャル『微笑と虐待』

[映画・美術など] 2008/11/20 02:29
mary-shape.jpg

深夜、終電、しかも満員。品のない千代田線、くたくたになって帰る。テレビをつけっぱなしで眠りこけている父親。『むちゃぶり!』がやっているので楽しくそれを観る俺。ワサビをあんなにたくさん食べて、庄司智春はガッツがあるなぁ。俺でもあそこまではやらないなぁ。

母親は明日は資源ゴミの当番なので五時半起きだと言う。書き置き、「明日の予定は?」、ラップをかけた手料理。鶏肉を乗せた丼ものと、蠣のソテー。父親が目を覚まし、布団へ入ろうと二階へ登る。

『むちゃぶり!』が終わったのでチャンネルをひねったら、NHKでドキュメンタリーがやっていた。黒魔術の祈祷師のような格好をした人間が箱の上に立っている。アナウンス。「手足と性器の先端に電極を取り付けられた囚人が……」

abu-ghraib-03.jpg
「手足とペニスの先端に電極をとりつけられ、虐待される人間」

以下に掲載する写真は、いずれもアブグレイブという地球上に実在する土地で撮られた写真である。

→この記事の続きを読む

2008年11月04日

横浜美術館『特別展・源氏物語の1000年』

[映画・美術など] 2008/11/04 01:42

来年源氏やるから取材熱心な俺はわざわざ美術館のために横浜くんだりまで足をお運びなすったんだよ。

あらためてよくわかったこと。

  • 絶対に土日祝日の美術館に行ってはならない。
  • 絶対に会期終了間際の美術館に行ってはならない。

→この記事の続きを読む

2008年07月14日

国立新美術館『エミリー・ウングワレー展』

[映画・美術など] 2008/07/14 05:13
Kngwarreye.jpg
ビッグ・ヤム

『小部屋の中のマリー』の参考にしようと、展示が始まってからすぐに行ったんだけど何も書いてなかったんだな。今になって感想を思い出しても、ちっとも鮮度がないから書く気はないんだが、展覧会でとったメモがあったのでここに書き写して残しておく。

→この記事の続きを読む

2008年06月18日

ベット・ミラー主演『ローズ』

[映画・美術など] 2008/06/18 05:36

ジャニス・ジョプリンをモデルにしたらしい映画。2時間ちょい。

ここから書くことは映画評論でも何でもありません。

→この記事の続きを読む

2008年04月09日

ジェシカ・ユー監督『非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』

[映画・美術など] 2008/04/09 03:13

今年の一月くらいにチラシを見つけてからずっと観たかった映画。ダーガー作品は前からチェックしていたのだが、さすがにインターネットのちまちました画像で見るのと、スクリーンで踊るそれを目の前で観るのとでは断然違うな。映画としては割とうんこだと思うのだが、ダーガーのサイコな世界が臨場感たっぷりに体験できたって意味で、実に満足できる映画体験。渋谷シネマライズにて。

→この記事の続きを読む

2008年03月09日

気狂いアニメ『世にも恐ろしいグリム童話/日本昔話』シリーズ

[映画・美術など] 2008/03/09 01:04
snapshot20080309005902.jpg
『ヘンゼルとグレーテル』より

わけあってグリム童話について調べていたら発見した。昔流行った『本当は恐ろしいグリム童話』の安易な映像化だろう、と思って眺めていたら、とんでもない秀作だったよ。思わず全編通して観てしまった。

→この記事の続きを読む

2008年01月04日

マルジャン・サトラピ監督『ペルセポリス』

[映画・美術など] 2008/01/04 23:49

ちびまる子ちゃんみたいなユーモラスな絵柄でナメてかかると痛い目を見る、革命のイランの現実をシビアに切り取った名作。

1978年のテヘラン。9歳のマルジは、パパとママ、そしておばあちゃんに愛され、何不自由なく暮らしていた。そんな時代に革命が起き、反政府主義者だったおじさんが帰ってくる。しかし革命から1年後、おじさんが投獄。自由に発言もできなくなった社会にマルジの将来を案じた両親は、彼女をウィーンへ留学させる。ウィーンでマルジは次第に大人の女性へ成長するが、海外での生活に疲れ、テヘランの家族の元へ帰る決心をする。

→この記事の続きを読む

2007年08月07日

東京国立博物館『京都五山 禅の文化展』

[映画・美術など] 2007/08/07 16:41

その日、上野という街の重圧に耐え切れなくなった俺は駆け込んだ、『禅の文化展』。かなりダメダメな展覧だったな。公式ウェブサイト見たら「Let's Zen!」って書いてやがる…。

→この記事の続きを読む

Bunkamuraザ・ミュージアム『ルドンの黒』

[映画・美術など] 2007/08/07 16:32

心の中に闇黒い虫を飼っている一人の少女に誘われたので観に行った。Bunkamuraザ・ミュージアムにて。

→この記事の続きを読む

2007年07月13日

宮崎駿監督『魔女の宅急便』

[映画・美術など] 2007/07/13 23:36

ああどうせ金曜ロードショーだよ、悪いか!

風呂入ろうと思ったらやってたんだ。俺はジブリは嫌いと公言して憚らないんだが、空を舞う鳥の描写があまりにも美しかったもんだから、妹に風呂の順番譲って見てたんだよ。麦茶飲みながら、親父の煙草をくすねながら。あぁそうだよ結局最後まで見たよ。そしてボロボロ泣いたよ。いい作品じゃないか!

→この記事の続きを読む

2007年05月07日

蜷川実花監督『さくらん』

[映画・美術など] 2007/05/07 22:03

蜷川実花が最近好きだ。ああいう色使いはとても平成的であるように思う。時代の転変の後に来る経済の爛熟って奴は、アールデコでもバロックでもそうだけど、ぶっちぎったどぎつさを持ったある意味キッチュな文化を生み出すものなのかしら、とか思う。漫画やアニメやファッションにもそういう香りを感じるが、蜷川実花の写真はそういうのをとても繊細な哀れさを抱擁した上で焼いている気がする。気がするだけね。語れるほど知らない。

で、映画を観て来た。期待通り!

→この記事の続きを読む

2007年03月25日

東京都美術館『オルセー美術館展』

[映画・美術など] 2007/03/25 01:34

前々から行きたい行きたい、と思っていたオルセー美術館展。フランス・パリであちこち美術館観た中でも、オルセーは雰囲気といいラインナップといい大変気に入っていたので、是非是非行きたいと思っていた。

結果、期待を裏切らないもんが観れて大変満足。身の回りに安っぽい複製品やマスプロダクツ、ディスプレイ上の美しかない中で、本物を見るとやはりぐっとくる、霊感を吹き込まれるような感覚、それがある。行ってよかったー。

→この記事の続きを読む

ケヴィン・マクドナルド監督『ラストキング・オブ・スコットランド』

[映画・美術など] 2007/03/25 00:40

友人に招待券をもらって鑑賞。1970年代のウガンダに君臨した独裁君主イディ・アミンの盛衰と、三十万人に及んだと言われる国民虐殺の歴史を映画化。有楽町のスバル座にて。

何と言うか、物語と映像の運び方が実にテンポよくて、ちっとも飽きない約二時間。展開の早さと描かれる出来事の残虐さを理解しようと必死で画面に食らいつこうとする脳味噌をよそに、映画の方は的確なテンポで進んでいく。置いてけぼりされるほどは飛ばさず、ほっと一息つけるような間は作らず、見事であった。

虐殺のおぞましさやそのリアリティをしっかりとした重みで描きながら、かつ同時にそれを引き起こしてしまった人間の心の問題や、それをただ遠巻きに見ているだけだった西欧諸国の視線まで描いた野心作。劇中、あるシェイクスピア作品を下敷きにしている、と気づいた瞬間には鳥肌が立った。いい映画であった。

→この記事の続きを読む

2007年02月02日

マーティン・スコセッシ監督『タクシードライバー』

[映画・美術など] 2007/02/02 04:53

台本に煮詰まりヒントを求めて観た。以前理系にも薦められていたし、精神医学関係の書籍でもよく引き合いに出されるのでずーっと観たかったのだが、新宿TSUTAYAでDVDが延々と「レンタル中」だったので、しびれを切らしてVHSで借りた。

タクシー運転手のトラビスは、大統領候補の選挙運動員ベッツィに心を惹かれる。だが、デートは失敗。そんな折、トラビスは13歳の売春婦、アイリスと出会い、足を洗うよう説得する。トラビスは使命を感じ、アイリスのいる売春宿に向かったのだが…。

ニューヨークの夜を走る1人のタクシードライバーを主人公に、現代都市に潜む狂気と混乱を描く。ベトナム帰りの青年トラヴィスをロバート・デ・ニーロが演じ、世界の不浄さへのいらだちを見事に表現した。トラビスの強烈な個性は、70年代を代表する屈折したヒーロー像となった。

監督は、マーティン・スコセッシ。ホームタウンのニューヨークを舞台に、先鋭な人間ドラマを作りあげた。これが遺作となったバーナード・ハーマンの音楽も印象的で、特にトム・スコットのアルトサックスが冴えわたっている。(アルジオン北村)

→この記事の続きを読む

ペドロ・アルモドバル監督『オール・アバウト・マイ・マザー』

[映画・美術など] 2007/02/02 04:34

人生の先輩に薦められたので観た。レビュー書いてるような暇はないんだが、今書いとかないとずっと書けない気がする(最近忙しくてそういう舞台、映画、本が多過ぎる)ので、メモがわりに書いておく。

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

ペドロ・アルモドバル監督のヒューマンドラマ。17年前に夫と別れ、一人息子を育ててきたマヌエラは、ある日息子から夫について聞かれ、今まで秘密にしてきたことを話す決心をするが…。

→この記事の続きを読む

2007年01月27日

ダスティン・ホフマン主演『レインマン』

[映画・美術など] 2007/01/27 06:27

サヴァンとかアスペルガーとか高機能自閉症とかその辺について調べるために借りた。ダスティン・ホフマンの演技がとにかく有名な作品。

中学校んときに英語のリーディング教材で読まされた記憶がある。そんときは不気味&退屈な印象しかなかった。ちゃんと観てみたら、やはり名作との呼び声高いだけあって、それなりに面白かった。

→この記事の続きを読む

2006年11月29日

佐々部清監督『半落ち』

[映画・美術など] 2006/11/29 06:00

親父が借りていたので観た。僕はどんどんポピュラー映画を観ようと最近考えています。

この手の作品を否定すると、心の温かい人たちに「冷たい人!」「人でなし!」と言われてしまいそうでいつもびくびくしながら生きている自分です。

すっきりしないラスト。消化不良感のせいでいいと思ったシーンや台詞も台無し。つまんなくはなかったが…。

→この記事の続きを読む

2006年11月27日

ラース・フォン・トリアー監督『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

[映画・美術など] 2006/11/27 11:55

主人公が盲目と聞いたので観た。以前友人も絶賛しており観ねば観ねばとは思っていたのだが。こないだ観てえらく感動した『ドッグヴィル』のラース・フォン・トリアー監督、ビョーク主演。2000年公開。

シロップとクリームだらけのフルーツ・ケーキは、かえって胸が悪くなる。自分が「いわゆる」ミュージカルが嫌いなのは同じ理由からだろう。甘くもあるがほろほろ苦い、シフォン・ケーキは割と好き。そういうものが観たいんだ。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は、絶望的に低く重いストーリーに、ビョークの重く美しい歌声と白昼夢的なダンスをあしらい、絶望的な悲劇に崇高さを与えている。さもなければこんな、苦くて不味いだけのストーリー、口に入れる気はしないだろう。

→この記事の続きを読む

2006年11月23日

デビット・フィンチャー監督『セブン』

[映画・美術など] 2006/11/23 08:23

とても有名な映画。「七つの大罪」をモチーフにしているというので観た。

観ている途中で中学生くらいのときにTVでオンエアーされていたのを思い出したが、改めて観て本当によかった。

→この記事の続きを読む

2006年11月17日

デビッド・フィンチャー監督『ファイト・クラブ』

[映画・美術など] 2006/11/17 05:53

先週から今週にかけてTSUTAYA半額キャンペーンがやってましたね。僕はCDを31枚とDVDを9枚借りました。半額でも七千円以上かかった…。

『ファイト・クラブ』は高校生んとき映画館で見てかなり好きだった覚えがあったので、まぁ脳の箸休めのつもりで借りたのだが、意外にもこの歳でエキサイトしてしまい、随分楽しんでしまった。サイケデリック・ロックとパンクを足して二で割って、そいつを映画にしたような作品だな!

→この記事の続きを読む

2006年11月09日

ラース・フォン・トリアー監督『ドッグヴィル』

[映画・美術など] 2006/11/09 06:39

アメリカのどこか、小さな村落、そこに逃れてくる一人の女。たったこれだけの導入で口火を切った物語は、徐々にその漆黒の顎門あぎとを広げていく。牧歌的と言えなくもない、何の変哲もない村なのである。そこに潜む人間性の深淵をつまびらかにしてしまう、ラース・フォン・トリアーの傑作。

映像方面の勉強をしている先輩に是非観ろと推薦されていて、ようやく暇が出来たので観た。手放しで賞賛できるような映画を観たのはどれくらいぶりだろう? 映画も案外、面白いかも。

→この記事の続きを読む

2006年09月15日

V.A.『10ミニッツ・オールダー』

[映画・美術など] 2006/09/15 10:08

今とある仕事を頼まれていて、その勉強のために観た。「面白くないよ」と言って貸してくれたのがよかった。「すっげーいい、最高」と言って貸されたら戸惑っていたろうな。

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

映画史に輝く巨匠監督たちが10分間という定められた時間の中で競作した短編集。『~RED』『~GREEN』の両作品を収録し、アキ・カウリスマキやベルナルド・ベルトルッチといった錚々たる顔ぶれの並ぶ15人の巨匠たちによる全15編の映像世界が展開する。

→この記事の続きを読む

2006年09月08日

ペドロ・アルモドバル監督『死ぬまでにしたい10のこと』

[映画・美術など] 2006/09/08 03:52

三年前に映画館で一人で観た。今日、深夜にオンエアーされていたので無理矢理観た。

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバルが製作総指揮を務める感動ドラマ。若干23歳にして余命2ヵ月と宣告されたアンは、そのことを誰にも話さず生きることを決意する。彼女は“死ぬまでにしたいこと”リストを作り、死ぬための準備を始める。

→この記事の続きを読む

2006年07月30日

中島哲也監督『下妻物語』

[映画・美術など] 2006/07/30 04:58

ちょっと嫌な思い出があるので敬遠してたんだが、『嫌われ松子~』(こちらも中島哲也監督作品)があまりにもよかったので、勉強させてもらおうと思って観た。

…陳腐な感想しか出て来ない気がするけど、とにかくよかった~。『松子』もだけど、やばい、DVD欲しい。

→この記事の続きを読む

2006年06月12日

中島哲也監督『嫌われ松子の一生』

[映画・美術など] 2006/06/12 02:18

タイトルがおもしれかったのと、周りで観た人がことごとく良いと言っていたので観た。

出演者を見るとあちらこちらの有名人ばかりで、話題取りのための映画業界的な策略なのかなぁ、とぶすぶすくすぶりつつ観に行ったが、正解。ただ「面白かった」ってのを通り過ぎて、映画もみんなこうだったらおもしれーのにな、とか、表現の可能性について、とか思いを馳せた。素晴らしい。

以下ネタバレあり。

→この記事の続きを読む

2006年06月04日

塚本晋也監督『双生児』

[映画・美術など] 2006/06/04 18:00

友人の薦めで鑑賞。原作:江戸川乱歩。塚本晋也という監督の作品、恥ずかしながら初めて観ました。

→この記事の続きを読む

パトリス・ルコント監督『列車に乗った男』

[映画・美術など] 2006/06/04 00:30

実に渋い映画であった。決して交わることのないはずの、正反対の生き方をしてきた中年と初老の二人の男が偶然出会い、お互いの生き方に惹かれながらも…。これ以上書いたらぶち壊しかな。

→この記事の続きを読む

バズ・ラーマン監督『ムーラン・ルージュ』

[映画・美術など] 2006/06/04 00:30

ニコール・キッドマン! ユアン・マクレガー! バズ・ラーマン!

それだけの映画であり、あまりの酷さに途中で観るのをやめた。

→この記事の続きを読む

ミロス・フォアマン監督『アマデウス』

[映画・美術など] 2006/06/04 00:30

いろんな人に薦められていたので是非と思っていた映画。先に書籍版のアマデウスを読んでから観た。アマデウスとはモーツァルトのこと。歴史に名を刻んだ天才・モーツァルトと、時代に消費された音楽化・サリエリの二人を描く。と言うか、タイトルこそモーツァルト由来だが、完璧にこれはサリエリの映画だな。

→この記事の続きを読む

2006年03月12日

テレビ東京『美の巨人たち~シュザンヌ・ヴァラドン~』

[映画・美術など] 2006/03/12 01:00
シュザンヌ・ヴァラドン「シーツを手にした裸婦」
公式サイトより引用

ユトリロはともかくヴァラドンの特集なんて珍しい。こうやってブラウン菅を通してみると、自分のキャラクターだったものが突然実在の人物として独立し、奇妙な感じを受けてしまう。

→この記事の続きを読む

2006年01月04日

ロジェ・ブランション監督『ロートレック~葡萄酒色の人生~』

[映画・美術など] 2006/01/04 02:00

こないだ六本木にまで行って借りてきた奴。次回作の登場人物であるユトリロと同時代の画家・ロートレックのお話で、ユトリロの母・シュザンヌ・ヴァラドンとの恋も描かれるってんで観た。

→この記事の続きを読む

古畑任三郎 TVラストシリーズ

[映画・美術など] 2006/01/04 01:00

mixiで知人が激賞していたので友達んちでビデオで観た。きっといろいろ参考に勉強になるだろうから。

→この記事の続きを読む

2005年12月23日

『ワダエミの衣装世界』

[映画・美術など] 2005/12/23 04:00

一流の衣装デザイナーだよ、ってことは知っていたので見に行った。外苑前・梅窓院・祖師堂ホールにて。

→この記事の続きを読む

2005年12月21日

ジャック・ベッケル監督『モンパルナスの灯』

[映画・美術など] 2005/12/21 07:53
write an alternate text here

モディリアーニを主人公に描かれた半・伝記的な作品。当時のパリの空気を知りたくて観たのだが、久々に快哉を叫ぶ見事な映画を観た。

→この記事の続きを読む

2005年12月08日

東京都美術館『プーシキン美術館展』

[映画・美術など] 2005/12/08 01:17
カミーユ・ピサロ『オペラ大通り、雪の効果、朝』

何だかよくわからないけどフランス近代美術の巨匠の作品がずらり揃っているそうなので行って来た。上野は東京都美術館にて。

→この記事の続きを読む

2005年11月20日

Bunkamura『スコットランド国立美術館展』

[映画・美術など] 2005/11/20 20:53

シスレーが見たかったので足を運んだ。休日昼なのにガラガラで驚いたがゆっくり鑑賞できてよかった。ある程度美術に興味がある人にはおすすめできる展示内容。

→この記事の続きを読む

2005年10月10日

劇場版『機動戦士ガンダム』(DVD特別編)

[映画・美術など] 2005/10/10 22:44

「え、何で?」って感じだろうけど今さら初代ガンダム三部作観た。

→この記事の続きを読む

2005年07月11日

森美術館『フィリップス・コレクション展』

[映画・美術など] 2005/07/11 00:33
ピエール・ボナール『棕櫚の木』

「アートの教科書」という副題の通り、マネからルノワール・ピカソまで幅広く(ただし浅く)展示。意外と空いてた上に併催の古代と今の中国美術の展覧も結構内容がグーで楽しめた。

→この記事の続きを読む

2005年07月01日

ロマン・ポランスキー監督『ローズマリーの赤ちゃん』

[映画・美術など] 2005/07/01 03:58

最近一番気になる映画監督、ロマン・ポランスキーの出世作。実は随分前に深夜放送か何かで前半分くらい観た気がするんだが、あえて再度鑑賞。

→この記事の続きを読む

2005年06月30日

ピーター・ジャクソン監督『乙女の祈り』

[映画・美術など] 2005/06/30 06:09

1994年の作品。1954年にニュージーランドで起きた実在の事件・人物をモデルに、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが脚本・監督で映画化。後に『タイタニック』でヒロインを演じることになるケイト・ウィンスレットのデビュー作でもあるそうだ。

思春期の子供特有の、止めどなく加速し肥大化する妄想を視覚的に演出していて鳥肌モノ。二人の少女が描くヒロイック・ファンタジーが、徐々にメルヘンからホラーに変わっていく。ある意味手法も題材もオカルトに近い映画だが、発育途上の子供の心理をこれほど見事に描いた作品はそうそうないだろう。

→この記事の続きを読む

2005年06月27日

ケイト・ブランシェット主演『エリザベス』

[映画・美術など] 2005/06/27 07:01

中世イギリスのお勉強に今日もビデオを。以前『コーヒー&シガレッツ』で完全に俺を魅了しやがったケイト・ブランシェットが主演。

ケイト・ブランシェットの演技のためだけに観てもいいが、他に見所なし。脚本もぬるく、映像的にも特筆すべきところなし。前半はまぁまぁ緊迫感あってよいかも。千変万化するケイトの演技は、ややもすると軽く見えるけど、後半で見せる微細な心理のグラデーションは見事と言う他ない。彼女に★二つ(えんぺ風に)

→この記事の続きを読む

2005年06月24日

リーアム・ニーソン主演『ロブ・ロイ』

[映画・美術など] 2005/06/24 06:04

やはりスコットランドが舞台ってことで薦められた映画。『ブレイブハート』のウィリアム・ウォレス同様、この映画の主人公であるロブ・ロイも実在した義賊だそう。西洋にも義賊なんてのがいたんだなぁとびっくり。

ちなみに邦題は『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』と、無茶苦茶センスの悪い副題がついてます。配給会社どこだよ。

→この記事の続きを読む

メル・ギブソン主演・監督『ブレイブハート』

[映画・美術など] 2005/06/24 02:33

マクベスやるなら是非観ろ、と勧められて鑑賞。ただでさえ三時間ある大作、日本語字幕ナシでいちいち巻き戻しながら観た(途中でギブして英語字幕つけたけど)上に、参考資料になりそうなシーンをキャプチャーしたりしてたので、五時間弱くらいかかって観た。

→この記事の続きを読む

2005年05月04日

宮藤官九郎監督『真夜中の弥次さん喜多さん』

[映画・美術など] 2005/05/04 00:42

やりたい放題&やりっ放しで驚き笑う映画。映画に限らず演劇にも小説にもまず第一に物語を求めてしまう自分にはちょっと食い足りない感じ。映画でこれだけ悪ふざけをしたのは偉いと思うが、悪ふざけに過ぎないよなぁ。笑いもネタより役者の顔でウケてる気が。でもこれで芯になる「物語」が立っていれば絶賛してたかも。

一番感動したのは、音楽を担当した ZAZEN BOYZ の向井秀徳の成長ぶりだった俺個人的感想。

2005年04月25日

オーソン・ウェルズ監督『マクベス』

[映画・美術など] 2005/04/25 20:41

あんまり評価が高くないことは知っていたけど、それも納得。

→この記事の続きを読む

2005年04月24日

ロマン・ポランスキー監督『マクベス』

[映画・美術など] 2005/04/24 22:42

「もっと血だ。シャロンの流した血はこんなものじゃなかった」

愛妻シャロン・テートをアメリカのカルト集団に惨殺された直後にポランスキー監督が撮影した、黒沢明『蜘蛛巣城』と並んで世界的に評価の高いマクベスの映画化。上記の一文は撮影中にポランスキーが叫んだとされる台詞。

Amazon.co.jp: ビデオ: マクベス

→この記事の続きを読む

2005年04月08日

ジム・ジャームッシュ監督『コーヒー&シガレッツ』

[映画・美術など] 2005/04/08 02:39
Coffee and Cigarettes
トム・ウェイツ&イギー・ポップ

コーヒーと煙草と会話。この映画を構成する11の全く独立した短編が共通して持つのはこの三つだけ。全編モノクロで、イギー・ポップからマーラーまで、節操なく、だがセンスのいいチョイスで音楽を流し、ひたすら会話にフォーカスしている。誰にもオススメしないが、すごく印象深い一作になった。

(以下、感想ではなく俺のメモ)

→この記事の続きを読む

2005年04月04日

ジャック・ニコルソン主演『カッコーの巣の上で』

[映画・美術など] 2005/04/04 07:00

75年にアカデミー作品賞ほか主要五部門を独占した名作。何だか独特の空気が流れている作品。70年代のものなのでテンポは遅く比較的淡々と進む映画だけど、エピソードの一つ一つが静かに心に染み込んでくる。画面に悲しみの色が滲んでいる。いい映画。

→この記事の続きを読む

2005年03月31日

トニー・ジャー主演『マッハ!!!!!!!!』

[映画・美術など] 2005/03/31 06:09

CGやスタント、ワイヤーアクションをすべて排除して生身でやれるとこまでやったバカ映画。

脚本のひどさに始終笑いっ放し&トニー・ジャーの超人的肉体能力とムエタイ技に驚嘆しっ放し。やっぱ俺アクション映画とかダメかも。ズボンの膝から下に火をつけて竜巻旋風脚みたいなキックしたとこと、仏像の生首でラスボスが死んだとこが一番面白かった。

次回作、ロボットとか宇宙人と戦うなら観に行きます。

→この記事の続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

[映画・美術など] 2005/03/31 02:28
DVD: ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

オカマのロックシンガーが愛とその意味を悩み求めながらディストーションバリバリで歌いまくるオフ・ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。パッケージからしてテンション高いが、内容はもっとケレン味たっぷり。ビジュアル的にはややグロでちょっと悪趣味だが、中身はみずみずしくて美しい映画。

→この記事の続きを読む

2005年03月01日

Jon Scoffield演出『Antony & Cleopatra』

[映画・美術など] 2005/03/01 20:47
ビデオ: Antony & Cleopatra: Literary Masterpiec

30点。RSCだけに役者はすごく良い。Richard Johnson(アントニー)、Patrick Stewart(エノバーバス)、Corin Redgrave(オクタヴィアヌス)辺りはしびれた。

が、全体としてはとにかく散漫な印象。尺はなげーし(2h40m)カメラワークはなまくらだし、展開はもったりしてて緊張感ないし。ハリウッド的なスペクタクルに頼らずに役者で魅せようとした点は評価したいけど、映画としては凡作。舞台版は良かったっぽい。

リンク: Amazon.com: Antony and Cleopatra(アマJPにはレビューが皆無なので)

2005年02月16日

ギリシャの写真家、Georges Meis

[映画・美術など] 2005/02/16 17:05
Georges Meis その1
©Georges Meis

観光地で売られてるようなポストカードってレイアウトも色彩も退屈で、ちっとも購買意欲をそそられないのが常なんだけど、今回のギリシャ旅行である写真家のポストカードに完全に惚れこんでしまった。

Georges Meis という方の写真で、目の覚めるようなビビッドな色彩と被写体のセレクトのセンスの良さが抜群に良い。公式サイトによると近年ではファインアートとしての評価も高まっているそうな。

→この記事の続きを読む

2005年01月17日

大河ドラマ『利家とまつ』

[映画・美術など] 2005/01/17 18:38
DVD: 利家とまつ 加賀百万石物語 第壱集
長かった

冬休み暇で暇で見た。生まれて初めて見る大河ドラマが in England。友達からビデオ借りたんだけど、よくイギリス留学に大河ドラマ三倍で録画したビデオテープ持ってくるよな。普段TVドラマを全く見ないので、いろいろ勉強になった。

尾張・荒子の小大名から成り上がり、金沢を中心に加賀百万石の映画を築き上げた前田利家とその妻・まつのお話。以前金沢へ旅行して感激した思い出があるので、ちょっと思い入れもありつつ。

→この記事の続きを読む

2005年01月16日

クァク・ジェヨン監督『ラブストーリー 』

[映画・美術など] 2005/01/16 15:11

「嗚咽するほど号泣した」と韓国人の友達に激賞されて見た。…空振り。

こういうの気まずいんだよなぁ。「すっげーいいから!」と折り紙付きで推薦されて、ダメだったとき。ごめんよSくん。貸してくれてありがとうよ。でも俺は泣けなかった。

→この記事の続きを読む

2004年12月17日

2004年12月02日

黒澤明『羅生門』

[映画・美術など] 2004/12/02 18:12

図書館で借りて観た。カウンターで注文票書いて渡したら、間違えて渡されたのは『スパイダーマン』。おい!

「いや、これじゃないんで」
「あらそう? あの棚、こればっか借りられてくから、てっきり…」

みんなスパイダーマンとか観てんのか。俺もそういうの観ようかしら。

タイトルこそ『羅生門』だが、実際には芥川龍之介の名短編『藪の中』を原作にした90分ほどの作品。1951年にヴェネチア国際映画祭・金獅子賞(グランプリ)およびアカデミー賞特別賞を受賞、「日本映画を全世界に注目させるきっかけとなり世界にクロサワの名を知らしめた傑作」だそうだ。三船敏郎が観たかったから借りた。

→この記事の続きを読む

2004年12月01日

黒澤明『乱』

[映画・美術など] 2004/12/01 15:34

100点。

(減点すべき点がないわけではないが、芸術評は減点法でするもんじゃない。ミケランジェロやピカソのマスターピースを前にデッサンの崩れや構図上の問題点を指摘しても意味がないのと同じで、あるラインを超えた作品に対する減点法は粗探しか個々人の好みの表明にしか行き着かない。散見するアラを鑑みても、この巨大な表現を前に俺は100点以外与えられない気がする。)

巨匠クロサワによる『リア王』の翻案。「シェイクスピアの映画化」という文脈では、洋の東西を問わずオリヴィエやウェルズと並んでまず第一に挙げられるレベルの完成度と影響力を誇る作品。

ケレン味に満ちた画と大胆な脚色。だがこれだけ大胆なアレンジにも関わらず、これ以上にリア王という戯曲の底、すなわちとりもなおさず悲劇というものの本質に近づいた作品(悲劇とは悲しい劇のことではない)は、映画・演劇問わずないだろう。原作の『リア王』に思い入れがあればあるほど魅力を増す映画と思う。

→この記事の続きを読む

2004年11月03日

ダニー・ボイル監督『Trainspotting』

[映画・美術など] 2004/11/03 20:49

今さら観た。スリリングで最高カッコいい映画。Webの映画評見てたら「ミュージックビデオみたい」という指摘があったけど、ミュージックビデオで何が悪いのか。いわゆる映画っぽい映画が苦手な俺には、これくらいスピード感があって、悪趣味でえげつない方が面白いな。

ヘロイントリップ中の悪夢的な映像がすげー良かった。トイレ潜水のとこも。こういう効果が出せるんだから、映画も面白い表現媒体なんだよな。

→この記事の続きを読む

2004年10月19日

トニー・リチャードソン監督『Look Back in Anger』

[映画・美術など] 2004/10/19 12:55
ジミー
ぱぱらぷー

理解を深めるため…と思って観たけど、15点かなぁ。

→この記事の続きを読む

2004年10月01日

Dominic Savage監督『Out of Control』

[映画・美術など] 2004/10/01 19:23
Danny

"Modern Theatre - a theatrical landscape"という講義で観た映画。自然主義およびリアリズム演劇を扱うコンテキストの中で紹介された。確かに目をふさぎたくなるような克明なリアリズム。途中、気分が悪くなって退席した女生徒が出たほど。

もとはBBC1で放送されたテレビ用映画。が、これは観る価値ありだ。少年院に送られた三人の若者が、三者三様の結末を迎えるまでを描く。三人の苦悩と、家族の苦悩と、そして少年院職員の苦悩。ハッピーエンドでもなければご都合主義でもない、まさに人生の一端をそのまま切り取ったフィルムだ。

→この記事の続きを読む

2004年08月06日

オーソン・ウェルズ監督『The Trial』

[映画・美術など] 2004/08/06 18:55

カフカの傑作『審判』をオーソン・ウェルズが映画化。1962年公開。

→この記事の続きを読む

2004年06月25日

オーソン・ウェルズ『Citizen Kane』

[映画・美術など] 2004/06/25 13:30

歴代映画ランキングとかやると必ず一位になっている伝説の映画作品。1941年の作品で、後の映画界にとんでもなくでっかい影響を与えた、らしい。

オーソン・ウェルズはラジオで「火星人が来たぞー」とやってアメリカ全土をパニックに陥れた張本人。もとは俳優・演出家として劇団を率いていたが、火星人襲来と初監督作品であるこの『市民ケーン』で高い評価を得、その後もいろいろやってる、らしい。まだ生きてる。

→この記事の続きを読む

2004年03月03日

『ロードオブザリング』、アカデミー賞11冠

[映画・美術など] 2004/03/03 06:46
ピーター・ジャクソンとその妻
監督夫妻の笑顔

11冠は『ベン・ハー』『タイタニック』に並ぶ快挙。そんなにすごい映画になっていたのか。だが、この映画がここまでの栄誉を獲得したのは、決して予算や規模のためではないと思う。この映画にかける関係者の愛が、この快挙を生んだのだと信じたい。

→この記事の続きを読む

2004年02月21日

『ロードオブザリング 王の帰還』

[映画・美術など] 2004/02/21 02:09
フロド・バギンズ
Frodo Baggins

よかった! とにかくよかった。納得の出来。原作への思い入れが強過ぎるので、到底客観的な評価はできそうもないが、手放しで喝采したい。よくもここまで原作の情感と世界観を映像化したものだ。新宿ピカデリーにて鑑賞。

原作の『指輪物語』は、オックスフォード大学の言語学教授でもあったJ.R.R.トールキンが十年以上の歳月をかけて執筆し、1950年代に出版され世界的な大ベストセラーとなった長編小説。作品にはトールキンの創作言語であるエルフ語(シンダール語とクウェンヤ語)が用いられ、また、随所に中世英雄詩や北欧神話の影響が見られる。

→この記事の続きを読む

2004年02月13日

みうらじゅん原作『アイデン&ティティ』

[映画・美術など] 2004/02/13 10:07

みうらじゅんの人気コミックを映画化。つってもそんなコミック知らん。タイトル的にはイマイチながら、どっかで予告編を見て惚れた。風采の上がらないロック青年の主人公・中島(峯田和伸)がボーカルのジョニー(中村獅童)と言い争うシーン。こういうお洒落じゃない映画を観たい、ザラついた映画が観たいと思った。

個人的には90点。いい映画だった。これは映画として見てはいけない。ロックとして聴くものだ!シネセゾン渋谷にて。

→この記事の続きを読む

2004年01月12日

サルガド写真展『ESSAYS』

[映画・美術など] 2004/01/12 23:05
サルガドの写真
写真展を訪れたサルガド

現在最も注目されている報道写真家の一人、セバスチャン・サルガドの写真展に行って来た。東京都写真美術館にて。ブラジル人で、アメリカで経済学修士号を取得し、フランスで農業経済学の博士課程を修了した後、仕事でアフリカを訪れた際に興味を持ち、写真家に転向したという異色の写真家。

現在、世界で最も注目されている報道写真家のひとりがサルガドでしょう。彼はこれまでにも経済学や現地データに基づく徹底した取材力、そして圧倒的な作品の表現力を持って、世界中で起こる「現実」を私たちの目の前に突きつけてきました。…この展覧会では現時点におけるサルガド氏の活動の全貌を紹介します。ここで観たものを他者の歴史にしてしまうか、自己の現実とするか、きっと問われることでしょう。(写真展公式サイトより。)

→この記事の続きを読む

2004年01月08日

エーリヒ・ケストナー原作『飛ぶ教室』

[映画・美術など] 2004/01/08 01:26

何か原作はすごい有名な本らしいのですが、全く知らず。ただ誘われたので観に行って来た。恵比寿ガーデンシネマにて。本国ドイツでは"『ロード・オブ・ザ・リング』を押し退ける大ヒット"で、"観客動員数180万人を超えるシリーズ最大のヒット作"らしい。公式サイトから作品紹介を一部引用。

全世界30カ国以上で出版され、親から子へと70年の時を超えて読み継がれてきた永遠のベストセラー。日本では児童文学の巨匠として有名なケストナーは、…(中略)…児童文学作家、脚本家としてだけでなく、演劇評論家、小説家、詩人、エッセイストとして多方面で活躍する、時代を先がけた存在だった。

→この記事の続きを読む

2004年01月06日

ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督『1980』

[映画・美術など] 2004/01/06 01:08

最近舞台の方はとんと観ていないけど、やっぱり気になるケラリーノ・サンドロヴィッチの初映画監督作品。遅まきながら観て来た。テアトル新宿にて。

オープニングのテクノカット少年のモノローグと、プラスチックスの曲に乗せたちょっとサイケで古臭いアニメーションを見た時点では、正直「これはやばい、すべってるぞー」とヒヤヒヤしてたけど、後半からは水を得た魚のごとく元来のケラの勢いがうなる。三人姉妹が三者三様に男運の悪さを発揮しながら、1980年という時代をバックに悩みながらも前に進んでいく姿が印象的。

→この記事の続きを読む