PLAYNOTE 84?

2016年07月16日

84?

2016/07/16 00:06

On7『まんこの話』が無事幕があき、無事評判もよく、無事わたしの来年や再来年のことも進んでおり。みんなで元気よく「まんこの話!」とか叫んでいる間に、フランスではトラックがニースのお祭りに突っ込んで84人の人が死んだ。

84人? ちょっと、ちっとも実感の沸かない数だ。しかも銃火器でも爆弾でもガスでも細菌でもない。ただの、レンタカーで借りれるトラックで。84人。

犯人はフランス在住のチュニジア人らしい。これでまた、ヨーロッパの移民に対する警戒は増え、壁は高くなるだろう。よその国やよその文化に対する嫌悪や反感はむくむくと育っていくだろう。ゆるやかにゆるやかに、テロリストに対する怒りは他国に対する怒りにすりかわっていき、どこかで防波堤を超えたところで溢れ出して戦争になるだろう。いや、正確には、国民の怒りの水かさが増していく様をじっと見ていて、いまだ、というタイミングで戦争を起こしたい権力者が戦争を起こすスイッチを押すだろう。排外主義的な感情の高まりは、どこかで戦争のスイッチを押す勇気になるだろう。

なんてことを書いているのは、トラックで84人、というニュースを聞いて、あまりにも僕が暗澹とした気持ちになってしまったからだ。どうやったらこの負の連鎖を止められるだろう? と考えてみて、愚かにも僕は「ISぶっ潰しちゃう動きとか、ねぇのかな」と考えてしまった。自分はきわめて平和主義的な人間だと思っているが、そんな自分でさえ、「ISぶっ潰しちゃう動きとか、ねぇのかな」と思ってしまう。それは自然な感情と言えるだろうか?

いや。仮に自然な感情と言えるとしても、すさまじく非理性的な態度だ。これでISのいそうなところに爆弾をばら撒けば、この負の連鎖はいったん鎮まり、また十年後くらいにさらに大きなテロとなって連鎖するだろう。1980年台のアフガン侵攻がビン・ラディンを生み、ビン・ラディンを殺したことがISの生まれる遠因となったように、また別の形で連鎖するだろう。西洋における文明の衝突は、いつ終わるだろう。

しかしこの「文明の衝突」という言い方も、おそらく正確ではない。ISをはじめとするイスラム過激派組織がこのようなテロを続けているのは、「なんか自分たちだけ損してる気がする」という劣等感、かっこよく言えばルサンチマンなのだと思う。仮に今、経済的にイスラム教圏の方が栄えていたら、逆にキリスト教圏が新しい十字軍を組織するだけだろう。「なんか自分は損してる気がする」という気持ちは、すべての人間にあるものだが、それが集まると何だってできてしまう。詐欺、窃盗、殺人、略奪、戦争。

* * *

人間は人間に、騙されてきたのだと、最近考えている。われわれ人間は、自分自身を今までずっと誤解してきたのだ。ホッブズの書いた「万人の万人に対する闘争」なんて嘘だ。ということをいずれ、順序立てて書いてみたいと思っている。