PLAYNOTE 執筆の合間に雑記日記

2014年12月31日

執筆の合間に雑記日記

[雑記・メモ] 2014/12/31 02:45

2月ダルカラ『夏目漱石とねこ』の執筆中である。元台本はあるので、リライト中と言うべきか。リライトなので簡単だ、とはなかなかいかない。現に今も机の前に五時間いて、とても「いけそう」なフィーリングがしていたのに、結局いけなかった。ここが難所だ、頑張ろう。

ドサクサに紛れて7インチタブレットを買った。前から一つタブレットが、しかもAndroidのタブレットが欲しかったのだ。ヤマダ電機で見かけたら1万円ちょっとで、触ってみたら思いの外さくさく動いた。どうせお遊びに使うのだ。1万数千円でこれなら良いだろうと購入。

……しようと思ったら、在庫がないと言う。ならこの展示品を売ってくれと言ったら、クリーニングしてからのお渡しになるので一週間後になると言う。クリーニングしなくていいよ、と俺が言ってもダメなのかい? と尋ねたら、そうは言っても商品ですので、と言って、なかなかウンと言わない。俺はいいよと言っているのだが……。まぁいろいろ規則があるのだろう。現代社会はややこしい限りだ。

それでも何かとヤマダ電機びいきの俺なので、近くのヤマダ電機にあるかいと尋ねたら、新宿まで出ないとないと言う。参った。今欲しい。すると隣に、五千円ほど高いモデルが売ってる。じゃあもういいや、これをくれ、と言ったら、それも展示品のみ、しかもやっぱりクリーニングが必要だと言う。商売する気があるんだろうか。

仕方がないのでAmazonで買った。なんてこった。一応、店頭で触らせてもらった恩義を感じてヤマダ電機さんで買わせてもらおうぞと思ったのに。店頭で触るだけ触って買うのは安い通販で、というやり方は、賢いのだが何か少し卑怯な感じがするし、こすっからい感じがして好きじゃない。まぁ結果的にはそうなっちまったわけだが。

これでパソコンはWindows、スマホはApple・iPhone、タブレットはAndroidという三すくみが完成した。ややこしいが満足だ。Windowsは絶対に手放せない。気に入っている縦書きエディターがあるのだ。やはり文章は縦書きに限る。Windowsが、と言うより、このエディターが手放せないのだ。しかしスマホはiPhoneが一番スマートだと思う。しかしiPhoneは脱獄しないとあれもできない、これもできないで不便である。だもんでタブレットはAndroidにして、また別の世界を探索することにした。

とにかく執筆中というのは気が滅入る。自分が世界で一番の大馬鹿者に思えてくる。ストレスも溜まるが、誰とも合わない。「たまには気晴らしに飲もうよ」などと言ってくれる友人もいないではないが、約束はできない。だっていつ神が降りてくるかわからないんだ。「じゃあ、明日の夜」とか言って、明日の夜に神様がいらっしゃった場合に「ごめん、また」とは言えない。少ない友達が余計に少なくなる。とかやっているとどんどんストレスが溜まるので、仕方がないからパソコンとかタブレットがお友達になってしまう。

移動中限定ではじめたiOS版ドラクエ3は、ついにバラモスを倒してアレフガルドに到着してしまった。もうちょっとでエンディングじゃないか。移動したくない。移動すると、ドラクエが進んでしまう。やめよう。

あとテレビを捨てる決意をした。9月くらいに調子が悪くなって、ほったらかしにしておいたのだが、結局テレビがなくて一度も困らなかった。なきゃないで困らないが、あると色々、困る。アメトーークとか怒り新党とか、つい観てしまう。気が付くと一時間二時間、ぶっ飛んでいる。だからいっそのこと捨てることにした。そのせいでド年末なのに特番とか一つも見てない。おかげで歳末感が過去最高にない年越しになりそうである。

明日も机に向かおう。