PLAYNOTE 長塚圭史演出『マクベス』

2013年12月25日

長塚圭史演出『マクベス』

[演劇レビュー] 2013/12/25 22:31

シアターコクーンで長塚圭史演出『マクベス』を観てきた。ちっとも奇をてらっているとは思わない。僕たち観客の想像力をガツガツ刺激してくる演劇的な遊びに満ちた演出に素直に踊らされて、わくわくしながら見続けた休憩込み3時間。上り詰めては落っこちて、最後は徹底的にコケにされるマクベスの姿。

かつてここまでマクベス本人をコケにした演出があったかしら? 白痴の喋るたわごとばかり。明日も明後日も意味などないさと達観して、自分自身を嗤うマクベスの姿を、さらにコケにする演出。観客もリンチに加担し、最後は何だか大衆や観客の持つ暴力性を描いているようにすら見えた。

本当にあの人はアイディアの宝庫で、演出家として恐ろしいばかりだ。これからも、もうじゃんじゃんやって欲しい。