PLAYNOTE John Lennon『Nobody Loves You (When You're Down And Out)』勝手訳

2012年03月26日

John Lennon『Nobody Loves You (When You're Down And Out)』勝手訳

[音楽・ビートルズ] 2012/03/26 02:03

マイナス一年記事。

ジョン・レノンの名曲『Nobody Loves You (When You're Down And Out)』を勝手訳。

愛の不毛

いくら落ち込んでも 愛されない
調子のいいときは ほっとかれる
小銭稼ぎにみんな大騒ぎ
裏をかいたりかかれたり

思えば遠く来たもんだ
隠し事なんか一つもない
それでも君が愛の云々を口にする度
「本当に?」「本当に?」
言えるのはこれだけ それがショービジネスさ
言えるのはこれだけ それがショービジネスさ

いくら落ち込んでも 愛されない
調子のいいときは ほっとかれる
小銭稼ぎにみんな大騒ぎ
裏をかいた と思ったら 背中をナイフで突き刺された

思えば遠く渡ってきたもんだ
あの片目の魔女は今は迷子
それでも君が愛の云々を口にする度
「ひどい」「ひどい」
手に入れた端から こぼれ落ちていく
手に入れた端から こぼれ落ちていく

朝起きて 鏡を見ると チクショウ!
横になっても眠れない チクショウ!

老いぼれたらもう 愛されない
引き返したらもう 居場所もない
みんな自分の誕生日の事ばかり大騒ぎ
死んでようやく愛してもらえる

ヨーコとの「失われた週末」の間に書かれた曲らしい。ごめん。適当。前からメロディラインが綺麗な割に、とっても静かな憂鬱というか、とっても静かな諦念というか、そういうのが漂っている感じがしていた。