PLAYNOTE DCPOPのWS/AD、終了

2012年08月23日

DCPOPのWS/AD、終了

[公演活動] 2012/08/23 14:55
ワークショップなう

DCPOP史上最大の人数が参加し、最終日は劇場借り切って行ったワークショップ・オーディションが終了しました。

12名×3チームの予定が、あまりの応募多数につき4チームまで増やした結果、もう毎日まったく休みなくワークショップ講師やり続けて、へとへと。だけど謎の充実感と、異常に豊富な出会いがあったとさ。

WSの内容は、僕の一番大好きなプログラムである『身体的行動の方法』であったけど、きちんとやるのは2年振りとか、かな? なので、自分にとってもいい復習になったし、やっぱり俳優の数だけ違うアイディアが出てきて、俳優の力を改めて信じられた。

僕は、ぐいぐい引っ張る演出家でありたい、と思っている。だから逆に、俳優に提案力や発想力、現場への寄与力を求めてしまう。俺は本気でぐいぐい引っ張るから、お前らも本気でぐいぐい走っていけ、その綱引きの最中にきっと、演出家と俳優の本当の共同作業があるのだ。俳優におもねる演出はクソだし、演出の顔色を見る俳優も嫌いだ。お互いが全力だから、いいもんができると思うんだな。

しかしまぁ、くったびれた。そして出来はガチでユニークで、生まれてきたこんなにユニークなショートシーン、WSの試演会だけで終わらせるのもったいない! と思ったけれど、まぁ、しょうがない。いろんな人に見せたかったけど、それはまた別の機会に。

ご参加頂いた皆様、本当にどうも、ありがとうございました。次はWS会場ではなく、稽古場でお会いしましょう。