PLAYNOTE 劇作家協会主催・SHINSAI Theatres for Japan in Tokyo、演出します

2012年07月14日

劇作家協会主催・SHINSAI Theatres for Japan in Tokyo、演出します

[公演活動] 2012/07/14 14:18
shinsai-reading-flyer.jpg
チラシ

8/5(日)、リーディング公演やります。劇作家協会が主催で、アメリカの著名劇作家らの短編に加え、坂手洋二から平田オリザ、鴻上尚史から岡田利規の作品、さらにはミュージカルナンバーまで計20近い作品を「朗読」する震災支援のリーディングイベントです。

僕は第1部で2本やります。1本はリチャード・グリーンバーグ作『あの頃の私たちの話』、翻訳・演出。出演は木下祐子、渡邊亮。2本目は何と平田オリザ作のロボット演劇『さようなら Ver.2』を、人間の俳優で演出します。出演は荒井志郎(青☆組)、川村紗也(劇団競泳水着)

SHINSAI Theaters for Japan in Tokyo

2012年、3月、アメリカ。

東日本大震災の報に触れたアメリカの演劇人たちが、互いに声をかけあって立ち上げた、短編戯曲のドラマリーディング企画があったことをご存知ですか?

一人の俳優の呼び掛けから始まったこの企画には、アメリカの著名な劇作家のみならず、坂手洋二、鴻上尚史、平田オリザ、鈴江俊郎、岡田利規など日本の劇作家からも作品が提供されました。

「日本の震災支援の義援金とするため、1日のみ著作権フリー」

とされたこの作品群は、2012年3月11日、ニューヨークの主要劇場から大学の演劇部まで、アメリカ各地70ヶ所を超える場所でリーディング上演され、大きな反響を呼びました。

まったくのボランティアで企画され上演されたこのアメリカからの「絆」に応えるため、提供された日米の劇作家の作品すべてを、日本語でドラマリーディング上演します。

主催:文化庁、日本劇作家協会
制作:日本劇作家協会
協力:座・高円寺、NPO法人・劇場創造ネットワーク
※文化庁委託事業『平成24年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業』

http://www.jpwa.org/main/content/view/161/#nichiyou

公演概要

2012年8月5日(日)
・第1部 15時~
・第2部 18時~

座・高円寺2
※JR高円寺駅・北口より徒歩5分。

入場料: 各回 \1,000円

◎第1部 プログラム

作・演出:鴻上尚史『残された人』
作:ジョン・グワー、訳:小田島恒志、演出:成島秀和『少数の屈強な人々』
作:平田オリザ、演出:谷賢一『さようなら Ver.2』
作:フィリップ・カン・ゴタンダ、演出:土田英生『子は人の父』
作:篠原久美子、演出:関根信一『北西の風』
作:リチャード・グリーンバーグ、訳・演出:谷賢一『あの頃の私たちの話』
作:坂手洋二、演出:前川知大『一時帰宅』
作:スーザン=ロリ・パークス、訳:常田景子、演出:河原その子『この劇の長さはウラニウムの半減期』
作・演出:瀬戸山美咲『指』

◎第2部 プログラム

作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム、訳・演出:青井陽治『太平洋序曲』からの2曲
作:石原燃、演出:小笠原響『はっさく』
作:ナオミ・イイヅカ、訳・演出:河原その子『消えたイザベル』
作:岡田利規、演出:赤澤ムック『ゾウガメのソニックライフ』
作:ダグ・ライト、訳:常田景子、演出:坂手洋二・常田景子『日本流エチケットの手引き』
作:鈴江俊郎、演出:樋口ミユ『ふるさとを捨てる』
作:エドワード・オールビー、訳:鳴海四郎、演出:鈴木聡『海の風景』
作:坂手洋二、演出:前川知大『血の問題』
作詞・作曲:トニー・クシュナー、ジャニーン・テゾーリ、訳・演出:青井陽治『水の中』
作曲:ジョン・カンダー、作詞:フレッド・エブ、訳・演出:青井陽治『危機一髪』

◎ご予約

オンライン予約 → http://ticket.corich.jp/apply/38021/
メール予約 → sec-02@jpwa.jp
※件名を「公開講座予約」とし、お名前・フリガナ・お電話番号・ご希望プログラム名・枚数をご明記のうえ上記アドレスまでメールをお送りください。

演出家陣がやたら豪華ですが、入場料1,000円です。少しでも東北に届けられるよう、頑張りたいであります。第1部は鴻上さん演出のがあるけど、鴻上さん自身も出演するらしい! 第1部には長野里美さんやら松浦佐知子さんなんかも出るのだね。すごいや。他にも坂手会長やラッパ屋鈴木さんが自ら出演してたりして、変にユニークな企画です。

演劇の力で人が集まり、声や言葉が届く、という意義に、大変賛同しているし、こうしてすげー心強い味方がいるので、すごい楽しみです。オリザさんの本を演出する日が来るなんて! ぜひ、お楽しみに。というか、ぜひ、来て下さい。

追記

出演者出揃ったが、すごい面子だ。リッチでカオスだ。

第1部: 長野里美、三上陽永、鴻上尚史、片桐はづき(箱庭円舞曲)、永山智啓(elePHANTMoon)、蓮根わたる、廣瀬友美(こゆび侍)、宮崎雄真、荒井志郎(青☆組)、川村紗也(劇団競泳水着)、高阪勝之(男肉 du soleil)、伊藤めぐみ(青年劇場)、犬塚浩毅、坂東七笑(劇団だるま座)、藤あゆみ(座・コスモス)、山本悠生、吉村直(青年劇場)、木下祐子、渡邊亮、有川マコト、加茂杏子、川添美和、工藤佑樹丸、西山聖了、猫田直、藤井びん、安井順平、新井純、松浦佐知子、山像かおり(文学座)、つついきえ、山森信太郎(髭亀鶴)

第2部: 内田龍磨・木村万里(いずれもPカンパニー)、岡田栄美、須藤翔、山像かおり(文学座)、牛水里美・芝原弘・升ノゾミ・山下恵(いずれも黒色綺譚カナリア派)、坂手洋二(燐光群)、常田景子、安達修子、小椋毅(モダンスイマーズ)、佐々木琢、鈴木聡(ラッパ屋)、菊池明明、安井順平。ミュージカルには東京藝術大学の池田泰基・尾川詩帆・瀧本真己・本多都・松原凛子・川崎龍(ピアノ伴奏)