PLAYNOTE 『千に砕け散る空の星』アフタートークに出てきます

2012年07月13日

『千に砕け散る空の星』アフタートークに出てきます

[公演活動] 2012/07/13 13:42
fly_t_120719_sennikudaketiru_m_pm_img_2.jpg
ちらし

7/19(木)よりシアタートラムで上演される、イギリス作家三人による共同執筆作品『千に砕け散る空の星』に、アフタートークゲストとして出演します。僕は7/26(木)夜、休演日開けのソワレに出て喋り倒して来るよ。

演出は文学座出身の要マークな若手演出家、上村聡史氏。こないだパンフの収録用でトークしてきたけど、演出についても翻訳についても、俳優論についても喋れる大変な俊英でありました。って、年齢的にもキャリア的にも先輩なんだから、こんな言い方失礼なのだけれども。帰りのタクシーが一緒だったんだけど、妙な連帯感がありました。

僕は俳優さんたちとお喋りすることになるようだけど、どんな話しようかな。

あ、ちなみにパンフに収録されている対談と、対談がそのまま収録されたDVD、これどちらも大変おもしろいと思います。特に翻訳については「ここからは殴り合いだ! やめよう!」と言ったのに、スタッフが「面白いからやろう」と言って続行されたりとドラマがあったりして、舞台芸術の翻訳にまつわる、いくつか立場の違う意見のぶつかり合いがあります。