PLAYNOTE 演出は楽しいねこねこ

2012年03月05日

演出は楽しいねこねこ

[公演活動] 2012/03/05 00:25
DSC_02310183.JPG

DULL-COLORED POP11『くろねこちゃんとベージュねこちゃん』、あと一週間で小屋入りです。CoRich「観たい」欄見てたら鼻血出るようなコメントがあった。

観よう観ようと思って観ていない劇団がいくつかあるが、その一つが「DULL-COLORED POP」。
「作品は素晴らしい!」と言う噂と 「主宰がちょっと…」と言う噂を何度も耳にする度に、観なければと言う思いが強まる。どうやら今回はその機会に恵まれそうだ。期待はせず自然体で観に行こう。

くろねこちゃんとベージュねこちゃん | DULL-COLORED POP [観たい!] ★CoRich 舞台芸術!より。句読点・改行筆者)

多分どっちも当たってるので、是非観に来て下さい。……主宰がちょっと、何だろう。ひとでなし? ナルシスト? 自己中? 気取り屋? 売国奴? 人格破綻者? サイコパス? 悪党? 小悪党? バカ? うんこ野郎? げろしゃぶ野郎? ピーナッツ頭? ナイアルラトホテップ? 冷血漢? 風林火山? 悪だぬき? アル中? いけすかない? グレイプバイン? ジャスミンおとこ? 洗濯板? まな板? 六本木? 全部合ってる。

今日は美術の中心になる、と言うか、9人目の出演者になる「テーブル」が稽古場に届いた。小道具も共演者。テーブル見ながらあれこれと妄想しプランを組む。

あぁ楽しい。演出のことだけ考えてるときは、すげー楽しい。脚本が0を1にする作業なら、演出は1を10とか100とかにする作業だ。で、0を1にすること、これは本当死ぬほど大変。

  • 「0から1を創るのはすごく難しい、でも何とか絞り出したら0.1くらいは生み出せる。それを10回やる、そうやって創ってます」(ラーメンズ・小林賢太郎)
  • 「1を10にするのはちょっと才能があればできるけど、0から1を創るのは天才にしかできない。それを、ウチは大竹がやってる」(さまぁ~ず・三村マサカズ )

お笑い芸人の名言を集めよう:哲学ニュースnwkより)

しばらく台本の直しに集中してたので、役者には1を与えてほとんど放し飼いにしていたのだが、今日あれこれやってみたらぐっと面白くなっていた。放し飼いにした百花亜希は1を100くらいにしていた。あの人、中身、どうなってんだろう。確実に脳みそがおかしい。本当に脳みそが入っているかどうかも怪しいもんだ。かにみそとかマヨネーズとか入ってるんじゃないかしら。カスタードとか。

『Caesiumberry Jam』や『ヌード・マウス』と同じ作者が書いたものとは思えない、謎のエナジーとパトスに満ちた、ありふれた家族劇であります。くろねこちゃんとベージュねこちゃん。演劇って何だろうね。今日は稽古場でメイエルホリドに関するウンチクとお手軽ライフハックの話をしたよ。そして帰り道でスーパー物色した。

Meyerhold2.jpe
メイエルホリド演出作品の舞台写真

ドラマチックであることを考える時間は終わった。これからはシアトリカルであることについて考える時間だ。メイエルホリド先生、お会いしとうございました。ソ連共産党め! 大した男を殺してくれちまったもんだぜ。

紅茶飲んで寝る。今日は禁酒。