PLAYNOTE 震災雑感

2011年03月13日

震災雑感

[トピックス] 2011/03/13 23:35

死者予想が1万人を超える、という衝撃的なニュースがNHKで流されていて、改めて状況の深刻さが痛感されてくる。明日からは輪番停電が始まるそうだが、福島原発が完全に死んだ以上、向こう2~3年は電力不足が日常という生活が待っているかもしれない。2011年3月11日は、アメリカの911並みに日本史を大きく左右する一日になってしまった。

東北にいる親戚とは連絡がついた。とりあえず3親等以内は全員無事のようである。老人介護施設にいるばーちゃんの安否がとにかく気遣われたが、ホールのようなとこで集まって警戒しつつ雑魚寝しているらしい。80近いばーちゃんにとっては、それこそ身も世もないと言った心情なんだろうな。

関東での生活は、まぁ多少の不便もあるだろうけど、ぜんぜん生きていけるレベルだろうから気にしない。火急・緊急の事態が去ったら、さっさと新しい生活のスタイルを手に入れて、その中でまた日常に戻るしかない。東北の分まで頑張って経済を元気にしてやる、そうして東北に金を送る、それもまた一つの復興支援になるんだろう。

原発雑感

僕は兎に角原発が不安である。以前、『セシウムベリー・ジャム』というチェルノブイリ原発事故に取材した戯曲を執筆した経験がある上に、うちの親父は原子力関係が専門ではないものの技術者として原発に出入りしていたことがある。福島原発にも、東海村にも、浜岡原発にも出張していた。

福島原発の運転開始が1971年。チェルノブイリは1971年に着工して1978に運転開始と、実はチェルノブイリの方が新しい。もちろん日本とウクライナで技術の差はあるだろうし、そもそも炉の方式が全然違うので何の比較にもならないが、しかしチェルノブイリは、当時としては「絶対事故はない」として運転されていた。当然、日本の原発にも「絶対事故はない」と思う。

科学的に絶対は存在するだろう。絶対安全な設計、絶対安全な計画、それは可能だ。ただ、人文学的に、絶対は存在しない。絶対安全な運用、絶対安全な対応、そんなものはない。機械が怖いんじゃなくて、人間が怖いんだ。

この混乱のさなかに原発の是非を問うのはちょっと気が早いし、現地で働いている技師や職員には土下座してありがとう言いたいくらいだが、兎に角頭から離れない。今は三号機がピンチらしいね。しばらくはヒヤヒヤしながら暮らすしかない。

演劇雑感

この非常時に、演劇には一体何ができるか。

という話題がTwitterなどでは大変盛り上がっているが、特に何もできなくてもいいと思っている。非常時の真っ最中にまで、そんなに演劇に食い込まなくたっていい。もうちょっと落ち着いてきたら、いつも通り公演をやればいいだけで、非常時に何もできないからと言って、演劇が無力だなんてことはない。非常時には演劇人もただの人、それでいいだろう。

お笑い芸人だって、ミュージシャンだって、いくら笑いや感動を与えると言っても、例えば今まっさきに被災地入りしてコントでもライブでもやろうもんなら頭おかしいって言われるでしょう。

この週末に公演を葬らざるを得なかった人々、そしてその決断を下した人々は本当に勇敢だったと思う。来週末、公演を予定している人は、堂々とやればいい。

心の半分を東北に寄せつつ、しかし心のもう半分では東京で普通に暮らすことを考えていていい。

執筆の遅延が理由でクビにされた『歌え! カチューシャ』は、まさに関東大震災からの復興を描いたお話だったので、上演できてたらよかった、いつかやろう、という気持ちがまたどこかで再燃している。

Twitter、リンクから

この中で、状況を理解している企業は「グリコ」だけだ!... on Twitpic
こういう誠実な対応している企業はきちんと報われて欲しい。
不謹慎・自粛ムードに関する反論 - 松本孝行 : アゴラ - ライブドアブログ
自粛しろ、不謹慎だ、という声の方が危険、という議論。
各放送局災害情報
NHKがまとめてる災害情報のページ。携帯でも見やすいシンプルレイアウト。
原発がどんなものか知ってほしい(全)
二十年間、原発で技師として働いた人が書く、原発の真実。
もみあげチャ~シュ~ : 女の子がおっぱいをうpして日本を元気づけるスレ - ライブドアブログ
これこそまさに不謹慎。いいぞもっとやれ。
原発に関するQ&AまとめScience Media Centre of Japan | Science Media Centre of Japan
わかりやすい福島原発の現状Q&A。

予告

明日からは俺も日常にもどるので、当然PLAYNOTEにも地震と関係ない記事が流れるかもしれません。不謹慎とか言わないでね。

コメント

投稿者:motoko (2011年03月16日 18:31)

 「歌え、カチューシャ暁の歌」、クビにされただなんて、世莉さんだって、苦渋の決断をなさったと思います。

 是非書き上げてください。 こんな時だからこそ、是非書き上げて、公演までこぎつけることができますように。 そして、谷さんと世莉さんのrelationshipにひびが入ったり、傷がついたりしませんように。

投稿者:谷 (2011年03月16日 18:43)

ご心配どうもありがとうございます。いずれ自分の手で上演します。

ただ、裏側にはいろんな事情がありまして。