PLAYNOTE 僕はあまり喋りたくないんだ

2011年02月26日

僕はあまり喋りたくないんだ

[雑記・メモ] 2011/02/26 03:12

よかった。泣き止んでくれて。うん、まぁ、そういうわけで。こういうこと、言ってからやるってのも、卑怯かなって思うんだけど。でも、まぁ、わかっていて欲しいし。わかっていて欲しいんだよね、何て言うか、一人くらい? 一人っつったら、お前じゃない。……そりゃそうだよ。当たり前だろ? 本気で、本気で、……いやまぁ、本気だからさ。今までも。これからも。ずっと。まぁ、これからとか、ねーわけだけど。

……だーかーらー。もう、他にないっしょ? あーごめん。確かに俺が悪い。うだうだ言わないで、黙ってやっちゃえばよかったんだろうけど。でも、それも薄情って言うか……。本当はね、俺はあまり喋りたくないんだ。言い訳がましくなるだけだから。32年間、生きてきて、わかったことって、それくらいで。理屈じゃないんだよ。本当に、理屈じゃない。喋れば喋るだけ、おかしなことになるだけで。

いやー本当に、人間なんて快不快で生きてるだけよ、本当。好きな人とか、得な人の言うことは支持するし、嫌いな人とか、不利益な人の言うことは、断固反対。俺だってそうよ。気づいてないだけで、俺だってそう。善も悪もないとか、ガンダムの見過ぎだろってまた言われそうだけど、本当、そういうもんでさ。別に誰も悪くないんだ、と、思いたいな。俺は。

だからね、だから、あんまり、言わないでおいて欲しいんだ。……そりゃあ湯川が悪いんだよ。あ、いや、専務。湯川専務。元はと言えば、あの人があんな実現不可能なプロジェクトをゴリ押ししてさ。役員会は反対もしなかったってよ。……だって、そりゃあ、うまいもの。口裏合わせっつーか、根回しっつか。今だって、こんな事態になったとこで、瀬田の野郎、あいつが、あいつがーって言いふらしてるんだろうからさ。俺はそこにいないから。

確かに、俺は、誤魔化したよ。……いや、それが、できちゃうんだって。経理、うち、俺と山木の二人だけでしょ? 山木はまぁノーカンみたいなもんだし。寝ずにやったんだよねー、過去の帳簿さかのぼって、全部数字ちょこちょこ書き換えて。架空の領収書切って。シンプルなもんだよ。理屈さえわかってればシンプルなもんなんだ、横領なんて。手間暇はかかるんだけどね。だから、あの頃、帰らない日が多かったのも、そういうわけでさ。本当。お前は疑ってたみたいだけど。何なら証拠に、俺が改ざんした帳簿、見せようか? なんて、ちょっとブラックか、それ。

監査は大抵、抜き打ちで来るからさ。今しかないの。本当。今しかないんだ。

……そんなこと言うなよ。あーいや、言ってくれて、いいよ。確かに、俺は、ちょっとおかしくなってたんだろうな。Zガンダムのエピソードでね、コロニーに、あ、まぁ、でっかい街みたいなもんなんだけど、そこに、毒ガスぶちこむ事件があってさ。30バンチ事件って言うんだけど。どう考えたって酷いでしょ? でも、やっちゃうのよ。人間。ごめんね、アウシュビッツとか731部隊とかの方がわかりやすいよな。……あ、マジ? 覚えてる? はは、なんかそれ、ちょっと嬉しいな。お前、退屈してんじゃないかって思ってたからさ。

そう、エマさん、エマさんだよ。エマさんは、こんなのおかしいーっつってティターンズを抜けてエゥーゴに寝返るわけだけど、あんなの普通できないよ? エマさんに家族とかいたりしたら、できないよ、マジで。視聴者から見たらエマさんよくやった! ってなもんだけど、ティターンズ側からしたら、あの裏切り者が、我々の大義も理解しないで、これだから女は、くらいの罵詈雑言だよ。どうせ、都合のいいことしか言ってないんだ。さっきも言ったけど、快不快でしか喋らないものだからさ、人間。みんな。むしろ、悪玉がいてくれる方が、組織ってのは動かしやすいのよ。

……だから、ってわけじゃないよ。ごめん。ごめんって。違うよ。違う。……俺は、俺なりに、よくねーなってのは、思ってたの。思いながら、過去の帳簿いじってたし、架空の領収書切ってたわけで。……こんな、つまらねぇ中規模商社の経理ごときにも、そこにはあるんだよね、職業的なプライド? みたいなもんは。数字は嘘つかないからさ。ピシッ! と合わせて当然だし、でも、それができる人は少ないから、みんな適当に帳尻合わせてるんだけど。でも俺は、今までね。今まで、そういうこと、やったことないわけ。それは、一種の誇りなんだ。明朗会計、末尾一桁まで正確にって。そんで残業増やしてんだから、バカみたいなもんだけどさ。実際。

でもね。そうやって俺がコツコツ帳簿いじってる間に、湯川はゴルフとか行ってるわけ。門前仲町でもんじゃ食ったとか言ってるわけさ。くだらないよ。本当、くだらない。俺には、会社存亡の危機だ、従業員897名が路頭に迷う、なんて言うわけだが、ならお前このちまちました改ざん手伝えよ、と、思う俺がいる反面、何で俺、こんなことに手を貸しちゃったんだろう、って思う俺もいて、いやいやい湯川がどうこうじゃなくて俺が悪いよ、って。でもね、でも、でも……。

まぁ、結局は、バカだったんだな。こういうことに首突っ込んでさ、結果、首吊ることになったわけじゃない? それはさ、まぁ、バカとしか言いようがないよ。俺には俺なりに、……だって、俺がさ、いじらないと、会社自体が潰れるわけじゃん。横領と脱税のダブルパンチだったら一発だよ。横田、岩本、甲谷、新井。俺の同期入社、みんな残ってんだぜ。そして、数字をいじれんのは俺しかいないわけだから。え、山木? バカ、山木は噛ませてないよ。入社してまだ二年だよ? こんなの、こんなこと、知る必要ないし、知って欲しくもないし。

いや、そもそも、俺が悪いんだよ。これはヤバいなー、マズいなーって思いながらも、言い出せなかったのは俺だし。そこは断固拒否するべきだったんだよ。エマさんみたく。ははは。……あ、いや、ごめん。そういうつもりじゃ。……でもさ、だって、ここで会社が倒れたら? 俺もおしまいだし、横田も岩本も甲谷も新井も山木も、まぁ、湯川も、それに、みんなおしまいなわけじゃない。それは、そりゃあ、

……あーごめん。俺もやっちゃったわ。違う違う。別に、そういうんじゃない。別にね、犠牲になったとか、誰かのためにとか、そういうつもりで言ったんじゃないんだ。俺は、俺のために、やったことだから。俺だって、って言うか、俺こそ、今ここで? おしまいにしちゃ、いけないって言うか。……まぁ結果、おしまいになっちゃったわけだから、間違ってたのは、間違いない、確かにそうなんだけど。でも、他に方法もなかった、って言うか……。

……違うよ。あくまで俺は、俺のために、帳簿いじって領収書切って、やってたんであって。お前のせいじゃない。でも、お前のためではあるかもしれない。あいつらのせいじゃないけど、あいつらのためでは、あるかもしれない。ただ、そんなこと、偉そうに言うことでもないだろ? エマさんはさ、そういうこと言わねーから、カッコよかったわけで。

でも、エマさんは結局、何だったんだろうな。あれ。あれこそアニメだよ。そういや俺、あいつの家族とか、知らないわ。このガンオタの俺が。たぶんWikipediaとか調べてもないと思うよ。描写されてないもん。サンライズ的には映像化されたものがオフィシャルだからね。いないだろ。家族も、恋人も、仲間も。それも不自然な話だよ。ティターンズがいくら残虐非道の極悪組織だって言ったって、仲の良い同僚くらい、いただろ? ジェリドとか? いや、そうでもないだろ。ジェリドは違うわ。

エマさんはさ、ティターンズが敵軍から人質とってまで、物事進めようとしたからブチ切れてティターンズ抜けたわけで、でも、エマさんに、人質がいたら、そんなことできたかな。できないだろ? 愛情でも友情でもそうだけど、それは、人を強くもするけれど、弱くもするもんでさ。どっちがいいのかね。孤高のヒーローと、家族ある脱税者と。俺は、どっちも嫌だな。

……あぁ、ごめん。そうだよね。煮え切らない話で悪いんだけど、煮え切ることなんか、ないんだよ。こうも、こんがらがっちゃった話だと。まぁ、どっちみち、俺には多分、私文書偽造だとか会計の虚偽報告だとか、散々くっついてきてどっちみちおしまいだから、これもこれでアリじゃないかって、あーいや、これしかないんじゃないかって、思うんだ。思うんだ。思うんだよ、俺は。生命保険、二年経ったから、落ちるんだ。おい、びっくり、二億だぜ? まぁ、半分くらいは訴訟で持ってかれちゃうかもしれないけど、少しは残るから。それで、さ、まぁ、……いい相手でも探して、なんて、おい、これ、ドラマみたいだな! バカみたいだ。ドラマみたいだよ。安っぽいドラマみたいなさ、オチじゃない。ねぇ。ニュースでも、いくらもあるけど。

……ごめん。……だから、あんまり、喋りたくなかったんだ。って言うと、全然できてねーじゃん、って思われるかもだし、たぶん、わかってもらえないんだろうけど。よくないよね。こういう。言い訳がましい……。今週中には、ニュースになるかもだから、……本当は、先に離婚届けでも出しとくべきだったんだろうけど、でも、おかしな話だけどさ。今、こうして死ねるのも、一緒にいれるからだと、思っちゃう俺がいるんだわ。実際。

絶対、誰にも、喋るんじゃないぞ。絶対にな。横田も岩本も甲谷も新井も山木も、まぁ、湯川も。あるわけだから。それなりの事情ってもんが。甲谷んとこのお母さん、一度、会っただろ? そうそう、あの、着物の。あの人、今、癌らしくってさぁ。笑っちゃうよ。息子の方はあんな、親不孝者なのに、あの人、……そうだよ。去年のあの伊藤ハムセット、あの人がベッドからカタログ見て選んで送ってんだってよ。癌なのに。筆文字で。息子をよろしくお願いしますって。それだけで満足だよ、俺は。それだけで。あいつは、本当、何も悪くないわけだから。俺でいいんだよ。俺で。

……二年ねぇ。二年かぁ。二年、経ったんだよなぁ、あれから。少し、太ったよな、ははは。……ううん、全然。その方が嬉しい。また勝手に、痩せたりするんじゃないぞ。……まぁ、俺はもう、アレだけど、こっちの方が、好きだからさ。いいよ、絶対。絶対。全然、まだまだ、愛してる。可愛い。

ごめんごめん、まだまだ、ってのは、おかしいよな。当然。当然だよ。当然のことだよ。

たぶん俺、報道ステーション、出るぜ。朝ズバだとかミヤネ屋だとかにも出るぜ。それは、いいんだ、別に。お袋も去年死んだことだし。お前は関係ないし。だから、別に全然、いいんだけど……。ただ、誰か一人には? いや、できれば多い方がいいんだけど、それは無理な相談だし、誰か一人でも、二人でも、……わかっていて欲しいんだ。

俺は脱税と会計の虚偽報告と、あと、もう一つバレれば収賄の片棒担いだ罪で、逮捕されます。被疑者脂肪の上での書類送検って奴だな。でも、できれば、収賄の方は、バレて欲しくないからさ。……それもまた、卑怯なことなんだろうけど、でもでも、俺は実際、あのクソ専務のことは、嫌いじゃなかったんだ。

いや俺は実際、誰のことも恨んでないよ。頭には来てるけど、まぁ、俺が、俺がこの手で、……数字を書き換えたのは、俺だから。絶対に、末尾一桁まで正確にって、その俺が。その俺がやったんだ。わかる奴には、わかってもらえるよ。言葉なんかよりもずっとね。だから、俺はあまり、喋りたくないんだ。

それなのに、お前にだけは、喋っちゃったね。ごめん。

* * *

まぁ会社が倒産するくらいで首をつるような奴はそれこそ馬鹿なんじゃないかと俺は思うんだが、いやしかし実際、会社はどうでもよくても、愛すべき人々のために首を吊ったんだとしたら、あのいつか報道された、哀れな経理社員の言行も、理解できようというものだ。結局その後、野次馬報道陣の手によって、すてべ暴露されちまうというのに。

名前を忘れちまったのが大変申し訳ない。全てフィクションですから、かえって名前なんかない方がいいのかもね。人生自体がフィクションのようなものなのだし。

よーし明日もがんばるぞー。わんわん。