PLAYNOTE ダウンロードエラーや回線切断に負けじとiOSをアップデートする方法

2011年02月08日

ダウンロードエラーや回線切断に負けじとiOSをアップデートする方法

[ネット・PC] 2011/02/08 00:09

ダウンロードエラーだとか回線切断だとかで、iTunesからiOSのアップデートに失敗し続けてる人を救うためのエントリー。簡単です。

iOSのアップデートがずっとできなかった。「更新があります」と表示されて、ダウンロードを始めるんだが、なにせ650MB近くもあるから、えらい時間がかかる。うちはイー・モバイルで繋いでるんだ。しかもイー・モバイルは一定時間接続してると勝手に一時切断される。つなぎっぱなしにしてp2pとかTorrentとかやらせないための処置なんだろうが、おかげでどう頑張ってもiOSのアップデートができずにいた。

そんで、ようやく解決した。時間ないからさくっと書いてメモっておくぞ。

一、ipswファイルを探し出す

iTunesからノロノロとダウンロードしてやがるファイル、リジュームも効かず、一度断線したらゼロからダウンロードし直さなきゃならないバカアップデートの中身は、ipswという拡張子の圧縮ファイル。実質ZIPと同じ物みたい。iPhone SoftWareの頭文字とかじゃないかな。

iTunesだとダウンロード失敗したら最初からやり直し、なので、このipswファイルを探し出して、リジューム・ダウンロードが可能なソフト、Irvineとか何ちゃらダウンローダーとかでダウンロードしてやればいい。Firefoxのダウンロードマネージャーとかでもできるんじゃねぇの?

俺が欲しかったのは、iOSバージョン4.2.1ipswファイル。というわけで、Googleで ios 4.2.1 ipsw と検索。あっさり直リンURLが見つかるので、これをIrvineに放り投げた。

途中、何度もダウンロードが止まったが、それでもリジュームが効くのでへいちゃら。ダウンロード成功。

ニ、iTunesからインストール

ここからはあっという間。iPhoneをPCに接続して、iTunesを開く。左側のサイドメニュー? みたいなので、デバイス→***のiPhoneを選ぶと、右側の画面にiPhoneのバージョンとか「更新を確認」とか「復元」とか「同期」みたいなのが配置された画面が開くよね。

そこでおもむろにShiftキーを押しながら「更新を確認」をクリック。普通ならネットワークに接続して新バージョンを確認しに行ったりするところが、問答無用でファイルダイアログが開く。


Shiftを押しながらクリックするとこの通り 何の説明もなくファイル選択ダイアログ

このダイアログで先ほどダウンロードしたipswファイル(僕の場合はiPhone3,1_4.2.1_8C148_Restore.ipswでした)を選択してOKすると、インストール&アップデートが始まります。めでたし、めでたし。


更新完了、iPhone4.2.1

回線が途中で切断されてしまう、なんて、いまどきイー・モバイル使用者か、特殊なルーター設定の人か、変態プロバイダーの人くらいしかいないだろうけど、この「Shift+クリックでipswファイルを直接インストール」はあちこちで応用が効きそう。覚えておいて損はないかも! 思いのほか簡単でよかった。