PLAYNOTE セミナー『私の戯曲論・演出論』について

2010年10月27日

セミナー『私の戯曲論・演出論』について

[公演活動] 2010/10/27 23:25

28日・29日と開催されるセミナー『私の戯曲論・演出論』、ご応募ありがとうございます。なのですが、僕から送ったメールが全然届いていない方が複数名いらっしゃる模様です。具体的にはS田T士さんやF.T.さんやN原S太さんなど、届いてますか? 届いてませんよね? おーい?

電話番号わかる方にはお電話差し上げたんですが、わかんない人にはいよいよ連絡の取りようがないのです。携帯のメールフィルター、マジファックです。しょうがねーので、ここに詳細書いておきますね。

参加者に送ったメールです。一部伏字。まだ場所等々確認していない方ー! 連絡下さいー!

谷賢一セミナー「私の戯曲論・演出論」受講者各位

こんばんは、DULL-COLORED POP主宰の谷賢一です。
セミナーの開催が明日になりましたので、詳細をご連絡致します。

【重要】
届いているかどうか確認したいので、
お手数ですが受信された方は一言「読んだよ」とご返信下さいませ。

■日時
10月28日(木) 18時~22時 戯曲論
10月29日(金) 18時~22時 演出論

■場所
上北沢区民センター・第1会議室
東京都世田谷区上北沢3-8-9
※京王線・上北沢駅南口より徒歩3分

■参加費用
1,000円

場所がわからなかったり迷ったりした場合、
極力自力でどうにかして辿り着いて下さると大変助かりますが、
どうにもならなくなった場合は僕の電話番号までお電話下さいませ。

明日の戯曲論で使用する資料のうちいくつかを、ウェブにアップロードしておきました。
明日また配りますので印刷とかはしなくて結構ですが、
「××××」に関してはお時間のある方は目を通しておいて下さるとあれこれスムーズかと思います。
http://○○〇〇

【質問など】
セミナーでは質問の時間を取る予定ですが、
演出や戯曲のことについて何か聞いてみたいことがおありの方は、
事前にメールにてご質問頂けると助かります。
その場で答えるよりきちんとしたお返事ができると思いますので、是非どうぞ。

何かありましたらご連絡下さいませ。
では明日・明後日と、どうぞよろしくお願い致します。

─-
谷賢一
Tel: 070-6488-7500 / Blog: www.playnote.net / Twitter: @playnote

ちなみに、枠自体はまだ余っているので、当日飛び入りも可能です。

内容について

僕自身が頭の整理をするためにも、内容について少し書いておく。

戯曲論。こっちが難しいし、慎重に準備する必要がある。レジュメはきちんと用意したんだが、あとは時間配分が大変そう。

まず最初に戯曲論の梗概をさらっとお喋り。その後、対話劇について多少机上のワークショップめいたことをやりながら、台詞、人物、プロットなどについて分析・説明を済ませる。ここまでで70~80分はかかっちゃうんじゃないかな。

その後、プロットの作り方を大きく2種類に分けて説明。これで前半終了な気がする。

後半戦、まずは『トイ・ストーリー2』の戯曲構造分析というトンデモから。60分くらいかかりそうだけど、40分でまるめられるといいな。その後、さまざまな戯曲の分析・分類をしつつ、いい戯曲とは何か、どうすれば戯曲が書けるのか、検討しようと思っている。

戯曲は誰にでも書ける。そして、自分らしく書く必要もなければ、ボツを繰り返す必要もない。自分のためにも、そういうことを確認しておきたいんだ。

かなり強引だがこんな表を作ってみた。

analysis-plots.jpg

きちんと説明しないと誤解されまくりそうな表だけれど、なかなか興味深く使えそうな気がしている。