PLAYNOTE 伊豆高原『ガラムマサラ』

2010年10月17日

伊豆高原『ガラムマサラ』

[お出かけ・旅行] 2010/10/17 22:02
img3-039
きのこカレー

一泊旅行で赴いた伊豆・熱海。そんな中で見つけたカレー屋が、ちょっと僕の16年に渡るカレー大好き人生においても稀に見るほど美味で珍味でユニークなカレー屋だった。伊豆高原にあるガラムマサラというお店だから行くといいよ! と言ってもなかなか行けないだろうけど、万が一伊豆高原に立ち寄る機会があったら他の全てをフイにしてでも立ち寄るべき。

僕がきのこカレーを、連れが海老カレーを頼んだのだが、この二つの味がまるで違う! 使っているスパイスの配合からダシの取り方・味のつけ方まで全く違う、別のお店のカレーを食べているかのよう。こだわりだらけ。

きのこカレーの方はタマネギとトマトの甘みがぎゅっと詰め込まれていて、「化学調味料も砂糖も使っていない」という宣言通り、素材の甘さが堪能できる大人っぽい味。きのことひき肉がたっぷり入っていて、その甘さ・旨みもさることながら、ふんだんに使われたスパイスがきっちりカレーとして味を整えている。とにかくうまかった。

海老カレーの方は、よくある「トッピングにエビ入れてみました」なんてレベルのものとはまるで違って、エビの旨みを中心に味が組み立てられており、エビを食べずにルーだけ食べても「確かに海老カレー」と思えちゃうほどエビの味がよく出ている。シーフードカレーとかならいわゆる魚介の味がルーに滲み出ているって感じのものは確かにあるけど、エビの味がこんなにたっぷり、こんなに自然にルーに溶け出しているようなカレーは初めて食った。

ウェブサイトより。

  • ガラムマサラのカレーは、小麦粉やカレー粉は使わず、とろみは野菜と果物だけで出しています。
  • それぞれのカレーは、はじめから別々に作ります。スパイスの配合も、スープもカレーの種類で変えています。
  • 化学調味料や砂糖などはいっさい使っていませんので、ヘルシーですっきりとしたおいしさです。

小麦粉もカレー粉も化学調味料も砂糖も使わない、ってことは、素材とスパイスと塩くらいしか使ってないってことかしら。それでこんなに奥深い味を作るのは、ちょっと想像してみただけでも恐ろしく大変そうな。

笑顔の素敵な、マイルドな雰囲気をしたご夫婦がひっそりやっていて、店内もシックな内装にピアノジャズとか流れていて落ち着く素敵さ。カレーは一品あたり1000~1500円と少々お高めだけど、倍の値段でも金払う価値のあるカレーだわ。

カレー初心者にも「カレーってこんなにおいしいんだよ」とオススメできるし、カレーマニアを自称する人々にも「こんなカレーがあったんだぜ」と驚きを味わって欲しい、ちょっと、いやかなり珍しいタイプのカレーであった。伊豆高原に行く機会なんて今後人生の中で何回あるかわからないけど、立ち寄る際には必ず行く。

ルーの通信販売もやっているようだから、カレーマニアを自称する方は是非食べてみて欲しい。僕の中でのカレー屋ランキングで確実に三本の指に入った! し、あちこち食べ歩いたけど、このこだわりの深さ、味の深さ、しかし舌にも胃にも優しいオーガニックな感じは、本当に初めてでした。絶賛。