PLAYNOTE 演技の基礎を考えるWS、戯曲論・演技論セミナー、ほか

2010年10月07日

演技の基礎を考えるWS、戯曲論・演技論セミナー、ほか

[公演活動] 2010/10/07 20:17
ws-2010-11.jpg
チラシ

今年最後のWSを、11月に開催します。あと、今回、実験的にセミナーと、さらに飲み会も主催してみます(笑)。ラインナップは、

  • 谷賢一ワークショップ「演技の基礎を考える」全3回
  • セミナー「私の戯曲論・演出論」全2回
  • 谷賢一主催・ただの飲み会

です。Project BUNGAKUにチラシを折り込んだので、すでに応募を頂いておりますが、ブログでも告知するよ。以下詳細。

まずは俳優向けワークショップの告知。明確に「オーディション」とは銘打っていませんが、当然この先のキャスティングにおいて、幸福な出会いがもたらされますことを期待しつつ。前回のWSは本当に豊作だったんだな。今回もそうだといいな。

そうして、演技について、ちょっと包括的に考えたい、基礎をきちんと、考えてみたい。参加者にも考えてもらいます。僕が一方的に教えるのではなく、考えるWSにしたいなぁと思っています。

谷賢一ワークショップ「演技の基礎を考える」全3回

費用:3,000円
日時:2010年11月2日(火)18時~22時
         11月4日(木)18時~22時
         11月7日(日)13時~22時
定員:20名以下
場所:都内某所(杉並区あたり)

内容:
今までたくさんWSをやってきました。スタニスラフスキー・システムについて、身体と感情について、台詞の読み方、嘘について考える、その他諸々。今回は「これ」と縛らず、演技の基礎を考えます。日常の演技と舞台上の演技に違いはあるのか、ないのか。あるのならば、一体何が俳優に必要とされるのか。稽古用のエクササイズやシアターゲームを交えつつ、テキストも用いて、演技の基礎と応用について考えます。

演技初心者は歓迎ですが、舞台に立つ野心のない方はご遠慮下さい。今回出演している俳優の8割とは、WSで出逢いました。このWSでも、たくさんの素敵俳優さんたちと出会えることを期待しています。

こちらのワークショップ、定員に達しましたので、募集は締め切りました。

以上、WS。今回は日程が1つ分だけなので、溢れそうです。お早めに。応募の際には、

(1) 氏名とフリガナ
(2) 電話番号
(3) メールアドレス
(4) 簡単なプロフィール
(5) 応募理由
(6) 顔写真(写メールとかでも可)

を ken あっとまーく playnote.net までお願いします。

で、その分、演出と脚本に関するWSというかセミナーをやってみることにしました。以前からあちこちで戯曲論や演出論については話しているけれど、まとまった講演のような形で整理したことはなかったので、自分の勉強の意味も込めて、やります。手前味噌だけど、これはちょっと斬新で面白いと思いますよ。内容的に、アリストテレスの戯曲論から始まって、でも題材はトイ・ストーリーっていう(笑)。

セミナー「私の戯曲論・演出論」全2回

費用:1,000円
日時:2010年10月28日(木) 18時~22時
         10月29日(金) 18時~22時
場所:都内某所(未定)

内容:
演技についてとかじゃなくて、自分なりの戯曲論・演出論について話してみる、ということをしてみます。つい先日ある知人に「演出の仕事って、結局何なんですかね?」と訊かれ、さらに別の知人に「脚本ってどうやって書くの?」と訊かれ、あれこれ答えているうちに、何だかもっとちゃんと喋りたくなりました。それに、久々にきちんと戯曲分析だったり演出論だったりを扱ってみたい、という欲求もあります。

戯曲論では演劇戯曲以外も参考に話を進めます。今のところ、『トイ・ストーリー2』の構造分析を経て、古今東西の戯曲論や自分の執筆法などについて話すつもりです。

演出論では演出の歴史について少し触れた後、現場での演出家の仕事、役割、立場、あるいは心構え等について扱います。

ちょっと試験的に始めてみるものですので、いずれも作・演出の人以外、俳優さんや一般のお客様のご参加も歓迎です。

ご応募はやはり ken あっとまーく playnote.net までお名前とメアドをお願いします。

最後に、ついでに、飲み会やります。これはもう参加者自由です。誰でもどうぞ。なんか、不特定多数が参加する飲み会って面白いなーと思うので.。ちなみにこれが一番人気じゃねーかと思ったけど、現状、WSとセミナーには応募があるものの、飲み会への応募はゼロです(笑)。誰か来て。

谷賢一主催・ただの飲み会

費用:よくわかんねぇから割り勘
日時:2010年11月5日(金) 20時~
場所:都内某所(明大前近辺)
定員:40名(そんなに来るかな)

演劇のチラシで飲み会を告知するとどうなるのか、やってみたかったので告知します。誰でも参加可能です。割り勘なので下戸は割引。

ご応募はやはり ken あっとまーく playnote.net までお名前とメアドをお願いします。

~~~

割と真剣にワークショップはやっているので、来てもらってハズレはないと思いますから、どうぞ今年最後のWS、ふるってご参加下さいませ。