PLAYNOTE 前夜

2010年09月29日

前夜

[公演活動] 2010/09/29 02:09
2379183398_9e3c8592e0.jpg

日付変わって今日、9/29(水)は、前夜である。Project BUNGAKU『人間失格』場当たりの前夜であり、Theatre Polyphonic『悪魔の絵本』の小屋入り前夜である。そんな前夜に僕は最後の仕事を終えて、どうしていいかわからずに、髪を染めた。あぁ、これで一区切り、ということなのだろう。

以下、年の離れた親友に送ったメールを引用。

またしても愉快なメールをありがとうございます。
谷です。
明日が場当たり、明後日GP&本番、テンパっております。

僕は最早、太宰の話をやってんだか自分の話をやってんだか、わからない気持ちでいます。
人間恐怖、愛想笑い、女狂いに酒狂い、薬物依存に精神病院、妻の寝取られ、
大袈裟に書けば大体自分の人生もこんな感じだな、
みたいな筋書きの作品なので、やっていると錯覚します。 僕は一体、誰の話をやっているんだろう?

他団体の作風を見てみて、
僕も太宰好きですが、あえて太宰を嫌って作ろう、という意図が明確になってきました。
今あえて、太宰をすごく適当に扱って最後の調整、しているところ。
僕は、太宰の翻案をやっているのではなくて、演劇をやっているのです。

あぁ、酒は控えておりますよ。
いや、それでも常人の二倍くらいは飲んでいますが、まぁ死ぬことはないと思います。
今も卓上にウイスキーがゆらゆら、気持ちのいい時間です。

お時間とれたら、是非ご来場下さいませ。
うちは、トリです。
他と、比べてみて欲しい感じです。
他団体観てからのうち、という流れで、
何つーか、谷カラードを再認識して頂けるような構成になっていると思います。
主演・コロの他に、三嶋、百花、塚越、ハマカワなども頑張っております。
終演後は毎日飲みに行く予定なので、××さんも夜の回を狙って下さい(笑)。

来年には××××する予定です。
また、やりたい放題やりたいものです。
やはりずっと主宰・作・演出でやってきたので、
(この行削除)
その方が金になっちゃうんだから弱ったもんですが。

では、また。

明日は場当たり。場当たりが一番楽しい、のだが、今回は時間制限があるので、十分作戦を立てないといけない。

あああ、やりたい放題の演劇がやりてえなあ。採算度外視、ブーイング歓迎くらいの勢いで、やりたい放題の演劇がやりてえなぁ。明日、そこに少しでも肉薄するために、今晩はゆっくり、きちんと、寝たいと思う。場当たりは瞬発力だし、判断力、信念だ。

僕は一体何がやりたいのだろう? 多分、××がやりたくて、あと来年にはガチで××したい。早く発表したいことばかりだ。

Project BUNGAKU、太宰作品というより、DULL-COLORED POPの二時間モノを20分に凝縮したような作品になっています。ある意味、これは、DULL-COLORED POP作品です。スタッフさんとかから「ダルカラさん」と言われると、「いや、これは俺、谷賢一個人で参加してんすけど」と最初は思ったが、あぁ、いや、これは、ダルカラな作品なんだ。書き足してでかい劇場でやりたい。

観に来て下さい。
予約用URL: http://ticket.corich.jp/apply/21919/003/

明後日からサンモールスタジオで幕を開ける、脚本提供作品『悪魔の絵本』もいい仕上がりのようです。

岡田あがさ、あいつがこんなことをつぶやいていた。

  • :雨なのに、雨だからかな、幸せですわ。あと三日したら本番です。「悪魔の絵本」私的にある意味飲尿ミュージカル越えたので、本当みてほしいです。
  • コロさんからのメールに泣きそうなう。谷さんへの愛がマックスなう。ProjectBUNGAKUの皆に届けよ愛。我は谷賢一の傑作をやり遂げるぞよ。明日は小屋入り。

『悪魔の絵本』出演のあがさに、『人間失格』出演のコロちゃんからメールが届くとか、ちょっと感動的だな。にやにや。

あがさも、石丸さんも、そしてコロちゃんも、いろいろピュア過ぎてうまく生きていられない大馬鹿野郎どもなのだが、そういう連中は演劇の神さまに生贄にされちまって、何か舞台でしかイキイキできない感じにされちゃう。僕もその仲間でありたい。ウスノロたちの仲間にだけは入りたくない。必死で、半狂乱で、人間と人間の隙間をすれ違いながら、生きていく。

そろそろ髪も染まった頃だろう。明日に備えて、風呂入って寝る。