PLAYNOTE 谷賢一プロフィール

2004年01月01日

谷賢一プロフィール

[雑記・メモ] 2004/01/01 05:00

Index

プロフィール

prof-2012-06-02 18.31.07-trimmed.jpg
2012年撮影
 
prof-chikamatsu.jpg
脚本 2016年『ETERNAL CHIKAMATSU』
(演出:デヴィッド・ルヴォー、主演:深津絵里・中村七之助)
prof-pluto.jpg
脚本 2015年『PLUTO』
(演出:シディ・ラルビ・シェルカウイ、主演:森山未來)
prof-tusk-tusk.jpg
演出 2015年『TUSK TUSK』
(作:ポリー・ステナム、主演:春名風花・太田啓斗)
DULL-COLORED POP vol.5『セシウムベリー・ジャム』
作・演出 2008年『セシウムベリー・ジャム』
DULL-COLORED POP vol.7『JANIS -Love is like a Ball and Chain-』
作・演出 2008年『JANIS -Love is like a Ball and Chain-』

作家・演出家・翻訳家。1982年、福島県生まれ、千葉県柏市育ち。DULL-COLORED POP主宰。Theatre des Annales代表。日本劇作家協会・事業委員。

明治大学演劇学専攻、ならびにイギリス・University of Kent at Canterbury, Theatre and Drama Study にて演劇学を学んだ後、劇団を旗揚げ。「斬新な手法と古典的な素養の幸せな合体」(永井愛)と評された、ポップでロックで文学的な創作スタイルで、脚本・演出ともに幅広く評価を受けている。

2013年には『最後の精神分析』の翻訳・演出を手掛け、第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、ならびに文化庁芸術祭優秀賞を受賞。また近年では海外演出家とのコラボレーション作品も多く手がけ、フィリップ・ドゥクフレ『わたしは真悟』(KAAT/新国立劇場)、シディ・ラルビ・シェルカウイ『PLUTO』(シアターコクーン)、アンドリュー・ゴールドバーグ『マクベス』(PARCO劇場)、デヴィッド・ルヴォー『ETERNAL CHIKAMATSU』(梅田芸術劇場/シアターコクーン)などに、それぞれ脚本や演出補などで参加している。

2016年よりセゾン文化財団よりジュニア・フェローに選出され、支援を受けている。

近年の代表作に、新国立劇場『白蟻の巣』(演出)、ホリプロ『わたしは真悟』(脚本)、梅田芸術劇場/シアターコクーン『ETERNAL CHIKAMATSU』(脚本)、ワタナベエンターテインメント『オーファンズ』(翻訳)、あうるすぽっと『TUSK TUSK』(演出)、KAAT『ペール・ギュント』(翻訳・上演台本)、PARCO『マクベス』(演出補)、東宝『死と乙女』(演出)、シアターコクーン『PLUTO』(上演台本)、DULL-COLORED POP『演劇』(王子小劇場)・『河童』(吉祥寺シアター)、Theatre des Annales『トーキョー・スラム・エンジェルス』(青山円形劇場)、『モリー・スウィーニー』(シアタートラム)などがある。

  • 執筆、翻訳、演出、ワークショップ講師など、お仕事の依頼はウェブからでも受け付けております。
  • 戯曲および著作のご購入・上演に関するお問い合わせは、連絡用メールフォームからどうぞ。

インタビュー・劇評など

インタビュー記事

ソーシャルネットワーク

IMG_5201.jpg

こんなところにいるよ!

  • メールを送る お問い合わせなどこちらへどうぞ。僕まで直接届きます。
  • Twitter 当然ながらフォロー&リムーブご自由に。
  • Facebook 2010年8月時点で完全放置です。
  • Skype IDはplaynote0511です。あんまり使ってない。
  • listagram スマホで適当に撮ったものなど。