PLAYNOTE 萌え系科学読本2つ:『ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論』&『ツンデレ相対性理論』

2010年02月23日

萌え系科学読本2つ:『ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論』&『ツンデレ相対性理論』

[読書] 2010/02/23 03:07
ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論 ツンデレ相対性理論 ねこ耳少女の量子論~萌える最新物理学~

こないだコンビニ行ったら500円で『ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論』なんて本が売っていて、ネコ耳少女も相対性理論も超ひも理論も好きな俺は思わず購入したんだけれども、今日コンビニ行ったら『ツンデレ相対性理論』なんてのも売ってた。萌え系科学の本が流行ってるのか?

どちらも非常にわかりやすく相対性理論を扱っている。相対性理論の解説に限って言えば、『ツンデレ相対性理論』の方が詳しい&内容的に突っ込んでいて軍配が上がるが、『ネコ耳』の方は一般相対性理論と量子論の矛盾を解決する超ひも理論の入り口までを解説していて、一概にどっちが面白いとは言えない。

もう、絵柄が好きな方買ったらいいんじゃないかな。『ねこ耳少女の量子論』なんてのもあるよ。こちらは量子物理学入門編。

おそらく普通の人はニュートン物理学的な観点から世界を認識して生きていると思うし、生活する分にはそれで全く困らないのだが、相対性理論&量子力学の世界は、一度覗くと世界のルールがひっくり返る感じがして大変面白い。世界を見る目が変わる。であるからして、萌えを入り口にして、すべての男子は現代物理学に触れるべきである。

コメント

投稿者:chie* (2010年02月24日 20:30)

わぁ☆
めっちゃ気になるんですけど。