PLAYNOTE 3月にワークショップやるよ

2010年02月17日

3月にワークショップやるよ

[公演活動] 2010/02/17 11:48

しょっちゅうやってるように見えて実はかなり真剣にやっている谷賢一ワークショップですが、3月にまたやります。

僕は毎回あれこれテーマを設定してワークショップをやっているのですけれども。それは、ただ「ワークショップやるよー」って言われても参加者側からすれば「何やんだよ」ってなるだろうし、俺の方でもやる以上は自分にとってもプラスになるもの、研究し甲斐のあるものをやらねば時間の空費になっちまうから、必ず設定しているのです。

今回は全3回ですが、本当は、全10回とか20回とかかけてみっちりやってみたいものです。本気で何か方法論を獲得しようと思ったら、それくらいは必要でしょう。ちゅうても全10回とかになると俺負担も参加者負担もあんまり大きくなっちまうので、難しいところですが。

とにかく以下概要。定員まであと5人くらいです。ご参加お待ちしています-。

下記の要領でワークショップを行います。
今回のテーマは「台詞を読む」。
適当にシアターゲームとエチュードだけやってお茶を濁すワークショップではなく、
テキストを用いて台詞と仲良くなるワークショップです。

内容的には、
・スタニスラフスキーのテキスト分析術の紹介
・意識の分散とリラックスを用いた台詞の掌握
・マイズナー理論の概説
あたりを、やれるところまでやりたいと思っています。
「自然に台詞を読む」ことと、「感情的に台詞を読む」ことを同時にやるために蓄積した方法論をいけるとこまで紹介致します。

日程(全3回):
3/2(火)18:00~
3/5(金)18:00~
3/6(土)18:00~

参加費:3500円

会場:都内某所(参加者にのみお知らせします)

申込: ken あっとまーく playnote.net まで、
(1)氏名とフリガナ
(2)電話番号
(3)メールアドレス
(4)簡単なプロフィール
(5)応募理由
(6)顔写真(写メールとかでも可)
を添えてご連絡下さい。
定員に達し次第〆切とさせて頂きます。

今回はあえてワークショップ・「オーディション」と銘打ちませんでしたが、
ステキ俳優さんと出会えたら是非お仕事ご一緒したいと思っています。
真剣に演技術を考えるワークショップですので、向上心のある方のご参加をお待ちしております。

○谷賢一プロフィール

作家・演出家。翻訳もたまに。

明治大学演劇学専攻卒(卒論テーマは「スタニスラフスキーの身体的行動の方法について」)。同大学元公認サークル・騒動舎28期OB。大学在学中に渡英し、University of Kent の Theatre and Drama Study 三回生に編入。主に近現代演劇史、イギリス現代戯曲論、演出論などを学ぶ。

2005年に劇団「DULL-COLORED POP」を旗揚げ。CoRich!舞台芸術の注目公演ランキングで2007年以来常勝1位を誇る。他に、青年団演出部、タイニイアリス・プロデューサー、柏市民劇場CoTiK代表など幅広く演劇活動を展開中。

2010年には創英社より処女小説の出版も予定されている。