PLAYNOTE 大入り袋集

2009年11月04日

大入り袋集

[公演活動] 2009/11/04 02:48
大入り袋集.jpg
これくらい

部屋の整理のために、過去の大入り袋を片っ端から整理してみた。計43枚。

捨てちゃった分、なくしちゃった分、よそ様の団体でもらった=今回整理するにあたって省いた分もあるけれど、計43枚。作とか演出とか、主体的に関わった公演だけで、もうこんなにあるんだな。高校演劇時代や演出助手参加・スタッフ参加も入れると、たぶん200本近く演劇に携わってるんじゃないかしら。

ちなみに2009年10月までで、谷賢一としては、脚本を

  • 長編11本(DCPOPで8本、よそへの書き下ろしで1本、騒動舎時代2本)
  • 翻訳3本(プルーフ、若草物語、サラ・ケイン)
  • 短編7本(ぜんぶショート7で上演済み)
  • CoTiKで翻案2本

これで全部だと思う。まだあるかな?いずれにせよ、最低でも22本は脚本を書いていて、演出もそれくらいやってるって計算になる。22本! 驚くべき数字だ。来年は+5くらいされそうだけど。つかまだまだいくらでも仕事とかできるんすけど。どんどん仕事下さい→えらい人へ

演出数は数えるのも面倒だからやらないけど、たぶん23だと思う。上に上げた22本中21本は自分で演出していて(他の人が演出した後で自分がやったのも含む)、これに渡英前の岸田國士短編集、それに明大文化プロジェクトの『マクベス』が入る。企画公演とか再演とかは入れない。企画や再演入れると+5~7くらいされそう。

大入り袋、2007年が極端に少ないのは、時間堂の演出助手とパチンコ屋のバイトを一生懸命やってたからと、卒業年度で単位取得の最終追い込みのために割と学校に行っていたから。2007年は世莉さんとこで随分と鍛えられたもんだ。時間堂2007年計画ノートとかこないだ発見して、笑っちゃったよ。すげー細かく作ってんのな、俺。

2003年が抜けてるのは、イギリスに行っていたから。と言っても2003年にも渡英前の三ヶ月で出演一本、演出一本(岸田國士三本上演)やってるから、十分な数ではある。

(……と書いた後で、写真撮った後で気づいたんだが、2004年のとこに貼ってある下から6本は2003年のものだった。)

騒動舎時代は、それこそ毎月芝居やってたな。だから今、周囲から「やりすぎだよバーロー」って言われてもあんまりやりすぎ感がないのかもしれない。若い演劇人どもよ、せめて年に6本やってから「やりすぎ」と思え。俺は今年だけで11本演出して(うち短編が7本)、6本新作を書いたぞ(うち短編が2編)

今年演出したものリスト:CoTiK『源氏』、『15分しかないの』@15mm、ショート7で7本、ブランヴィリエ、翻訳2本立て。あ、11本で合ってるわ。

マジで、パトロンさえいれば、僕は1月に1本、芝居が打てます。パトロン募集。あるいは主催事業者募集。〆切守ります。現場で偉そうにしません。オーダーに応えます。遅刻しません。ご飯は残さず食べます。寝る前に歯を磨きます。

しかし、本当に演劇悪魔だな。こんちくしょうめ。今、これ全部部屋の壁に貼ったんだが、何だか逆にうんざりしてしまった。見慣れるまでまだ時間がかかる。