PLAYNOTE 柏市民劇場CoTiK企画公演『家族の在り方』

2009年10月19日

柏市民劇場CoTiK企画公演『家族の在り方』

[公演活動] 2009/10/19 01:41
CoTiK-logo.jpg

こんばんは、杉並区在住の演劇悪魔、谷賢一です。僕がまだ悪魔になる前、柏で立ち上げたCoTiKという市民劇団が、公演をやるようだよ。12月な。俺はもはや柏市民ですらないのだが、稽古にも行こうと思うし、とても応援している。つーかまりか、貴様受験生のはずなのに何故出ている。

柏市民劇場CoTiK企画公演『家族の在り方』

【日程】
2009年12月05日(土)13:00~【A】/16:00~【B】/19:00~【A】
2009年12月06日(日)13:00~【B】/16:00~【A】/19:00~【B】

    本公演は【A】と【B】の2バージョンがあります。

【場所】
京北ホール(各線柏駅より徒歩3分)

【料金】
1000円

何か2バージョンあるらしい。最近流行りだね、そういうの。うちもこないだそうだったけど。

【A】
「ピロシキ(A)」 脚本:中野守(中野劇団)
「Apple of my eye」 原案:松本隆志(Mrs.fictions)/脚本:村井真也(新劇団松葉ステッキ)
「ねじ式(未来篇)」 原案:夏見隆太(Mrs.fictions)/脚本:中島康太(Mrs.fictions)
「夫のトイレ」 脚本:平田侑也(劇団開店花火)

【B】
「ピロシキ(B)」 脚本:中野守(中野劇団)
「恋女房」 脚本:芳田小夏(青☆組)
「Mother is in the home」 脚本:有沢雪音(:Aqua mode planning:)
「往信~返事のないラブレター~」 脚本:小林さなぎ(:Aqua mode planning:)

全て作品の潤色・演出:CoTiK代表・松本隆志(Mrs.fictions)

【出演】
イシバシイチロ、大熊三千代、岡部葵、角地未保子、工藤幾代、斉藤美貴、鈴木洋輔、竹内麻奈美、Cozy、前島三四子、丸山浩樹、村山香菜、山崎由美子、吉原真利佳、吉原妃佳利、渡辺小夏

~~~

僕はあえなく杉並区民になってしまったわけだけれど、やはり柏は思い入れの深い街だし、誰の了承もとってないけど今も名誉顧問というか裏番長のつもりでいるので、是非みなさまにお知らせしたい。

俺は最初のサイコロを振って、最初の人を集めただけだけど、そいつがこうやって3年目を迎えるわけだ。何だ、これ、子供の七五三とかこういう気持ちかね。ところでクレジットの【B】にある

「恋女房」 脚本:芳田小夏(青☆組)

これはあえてなのかマジなのか、とても気になるところだ。明日会うから訊いてみようかしらん。

コメント

投稿者:D (2009年10月19日 04:22)

まりかは『推薦で受かるから大丈夫!』と言って、推薦に落ちたよ。
「芳田」になったのはネカフェでオレの前にそのPCを使った奴がそう変換していたからであって、決してつまりはオレのミス。

投稿者:Kenichi Tani (2009年10月19日 18:09)

まりか馬鹿すぎる(笑)。
いずれ稽古場に遊びに行きます。頑張ってるようで何より。

投稿者:小夏 (2009年10月19日 19:10)

D>
クレジットのミスは制作者としては最大の恥ですので、生意気をいうようですが、今後は重々気をつけていただきたい。
でも、HPのぞいたら、既に修正されたのを確認いたしました。迅速な対応を、ありがとうございます。
がんばってください!皆様にもよろしく。

投稿者:D (2009年10月23日 07:39)

〉小夏さん
大変失礼しました。自分のミスを軽視したつもりはないのですが、改めて見ると身近な人のブログだからと気を許して軽率なコメントになっていたかと思います。公に閲覧される事への思慮が欠けたのを深く反省しています。勿論、そもそものミスに対しても。
谷くんにはCoTiKのブログが更新されると通知メールが届くので、レイアウトと誤字脱字を確かめながら更新している最中に猪の一番にこちらに取り上げてくれました。なので誤表記自体は即座に直していました。とはいえ。これは言い訳。行動で示します。以降、一層の慎重さを心掛けていきます。
激励ありがとうございます。励みになります。しっかりみんなに伝えます。青☆組もちょうど同じ頃ですね。それぞれに目指す頂きに達成出来たらと思います。お互い頑張りましょう。