PLAYNOTE 鳥居みゆき『夜にはずっと深い夜を』

2009年09月20日

鳥居みゆき『夜にはずっと深い夜を』

[読書] 2009/09/20 02:39

鳥居みゆきならやってくれるだろう、と思って購入したが、駄目だった。超短編と言っていい内容なので、あまりにもさらっと読めるが、文学作品としては読めない。どの作品も死をテーマに書かれていて、鳥居みゆきのネジが外れた感じは楽しめるものの、コントのネタにするのがせいぜいという程度のえぐり方。一人称作品が多いんだが、もっとタガの外れた気違いさを見せてくれれば読めたのに。いろんな角度から死を扱っている、それは面白いんだけど、一つのテーマをもっと掘り下げて書いて欲しかった。

装丁およびページのデザインがとても素敵。真っ黒い背景に真っ白い文字。そこは評価できる。あと、文学じゃなくてナンセンス・ジョークとして読むのもなかなか楽しめるかもしれない。