PLAYNOTE 話をする、話を聞く

2009年07月29日

話をする、話を聞く

[雑記・メモ] 2009/07/29 00:33

朝方まで仕事して、昼過ぎに起きる。固い体を無理矢理ストレッチで伸ばして、シャワーを浴びて。昼は空想組曲主宰・作・演出、ほさかよう氏と来年の話や、今の話や、演劇の話など。驚いたことに初顔合わせだが、さらにもう一つ輪をかけて驚くほどシャープで鋭利な方であった。

夜は初通し。劇団員なつみ・客演顕史郎丞も参加し、カオスな一幕。その後、美術・土岐さんとアツい演劇トークをぶちかました後、池袋芸劇前の公園でだらしなく路上飲み。演出家の仕事は主に話を聞かせることと話を聞くことにある。いろいろな人と話をし、話を聞いた一日であった。

視野を広く持つということと、八方美人になるということはまるで違う。そして、演劇や仕事のために、犠牲にするプライベートもある。俺はやりたいことはよくわかっているし、どうすればそれが手に入るのかもわかっていて、その通りにやっていけない、そういうところで不器用である。