PLAYNOTE うちにあるキーボードの殿堂

2009年06月26日

うちにあるキーボードの殿堂

[ネット・PC] 2009/06/26 01:00

もともとパソコンオタクですし、文章たくさん書きますし、去年くらいからパソコンの他のスペックは大体満足しちゃったので、理想のキーボードを求めて、あるいは安いキーボードで遊ぶために、あれこれキーボードを買い足して来ました。そして今日購入したジャンクキーボード×3で、トータル7台(+1おまけ)のキーボードが一部屋に乱立する状態に! もちろんマニアさんは何十枚って持ってるんでしょうけど、7枚並べてみるとさすがに壮観だわ。

自分でも把握しきれなくなったし、あれこれ比較してみたくなったので覚え書き程度にレビューしていくよ。

サンワサプライ SKB-MK1BK

IMG_6526 IMG_6527
IMG_6528 IMG_6529

柏のビックカメラにて7,000円くらいで購入した、今現在うちにあるキーボードの中では最も高価な一品。サンワサプライ製だけど、ALPS軸を使った立派なメカニカルキーボード。

打鍵音がバカに大きくてキータッチが死ぬほど軽いという極端なキーボードだけど、このブラインドタッチしてる最中の「カチャカチャカチャカチャ……」というクリック音の連続はやはり病み付きになる。アドレナリンが出る。

ノートPCの軽くて浅いパンタグラフに慣れている指には、キーは軽い方がもちろんいいんだが、ストロークが浅いと入力が逆に疲れるし、確実に入力している手応えがない。そこで、キーが軽くて音がでかいこのキーボード。俺は気に入っている。

キーボードとしてもさすがに堅牢な作りで、キートップが安定していてブレないし軽いしストロークが深めだから確実に入力できる。いや、ストロークはこれ深くないのか。メカニカルで軽いから深く確実に感じるんだろうか。

黒くてシンプルなデザインと言い、ずっしりした重量感といい、やはり素晴らしい。1万5,000円とかするRealforceやらMajestouchやらに比べたらもちろん安物なのだが、入手しやすくてしかもしっかりメカニカルキーボードの醍醐味を味わえる本機はオススメです。

キー深さ 深め
キー重さ かなり軽い
打鍵音  すごく大きい
本体重さ 重め
キー構造 メカニカル(ALPS軸)

今はAmazonで買うと5,000円ぽっちだったりする…。安すぎるなぁ。

SANWA SUPPLY SKB-MK1BK メカニカルキーボード
SANWA SUPPLY SKB-MK1BK メカニカルキーボード

FUJITU FKB8724(T351)

IMG_6523 IMG_6522
IMG_6524 IMG_6525

秋葉原のジャンクショップにて購入。展示機に繋いであって見た目は汚れまくり、値段もついてないようなジャンク中のジャンクだったけど、ちょっと触れてみてピンと来た。型番見てみたらビンゴ。キーボードファンの間ではなかなか評価が高いらしく、2chの某スレでは

FKB8724:ソフトなタッチで安価な人気機種、日本製>マレーシア製>中国製。

と紹介されているようなものだった。今回購入したのは中国製なので一番悪いってことになるけど、さてどんなものか。なお、値段は交渉したらわずか100円だった(笑)

実際に打ってみると、ぐらぐらせずにキーが確実に押せるのがわかる。キートップを外してみると、ラバードームじゃなくてスイッチめいたものが埋め込まれている参考。なるほど。打鍵音も小さく、長時間打っていても疲れなさそう。

難点は、ファンクションキーが少し離れた位置にあるのでちょっと本体サイズがでかく、他のキーボードの感覚で使っているとEscキーやファンクション系に指が届かないことがあること。もちろんこの程度の差は三日も使えば慣れるんだろうが、その日の気分であれこれ変えている身としてはちょっと残念。

しかし、ここまでの文章をずっと入力してきたが、若干指に絡みつくような重さを感じるだけで、俄然実用に耐える。これだけ使い込んでいるような外観なのに反応が悪いキーもない。本格的に使うとなったら一度丸洗いは必須だろうけど、100円だもの、いい買い物しました。日本製の奴も欲しいな……。

キー深さ ちょい浅い
キー重さ ふつう
打鍵音  静か
本体重さ 軽め
キー構造 メカニカル?

Chicony? KB3920

IMG_6536 IMG_6538
IMG_6539 IMG_6540

秋葉原のワゴンセールにて525円にて購入。メーカー不明の怪しい品だったが、打鍵感が気に入り購入。

中身は普通のラバードームタイプのメンブレンキーボードなんだけど、どういうわけか打鍵音がカチャカチャうるさい。否、うるさい、じゃなくて、小気味いい。自分は割と打鍵音の大きいキーボードが好きなので、この「打ってる感じ」はすごくいい。

どうやらNECの昔のパソコンについていたキーボードのようで、OEM元はChiconyというちょっと有名なキーボードブランドらしい。まぁ作りは安物だけど、かと言ってこれと言った欠点もないから、全然メインで使えるキーボードだな。

ラバードームタイプとしては割と普通とは言えるものの、ノートPCのパンタグラフに慣れた指には結構重く&深く感じるかもしれない。もう少しタッチが軽くて、ラバードーム特有のこの指をうにっと押し返す感じさえなければ大量に購入してストックしたかもしれない。しかし、コストパフォーマンスを考えると素晴らしい。525円。ファーストポイントにて。

キー深さ ちょい深い
キー重さ ちょい重い
打鍵音  大きめ
本体重さ ふつう
キー構造 ラバードーム

128872-103 Rev.A (AQ6-RT2900)

IMG_6530 IMG_6531
IMG_6533 IMG_6534

秋葉原のジャンクショップにて、展示機に繋がれていたゴミキーボード。「これ売ってくれない?」と言ったら奥からもうちょい美品の同モデル引っ張り出してきてくれた。

FUJITSUとロゴがあるけどミネベアというブランドのOEM品らしい。ミネベアはマイナーだけどちょっとしたファンがついてるメーカー。タッチが気に入って買っただけだが、いいもの引き当てたな。

感触も重さもメンブレンっぽさ、ラバードームっぽさはあるし、押下時の引っかかりも少し気になるが、メンブレンにしては軽いキータッチと確実な押下感はなかなかのもの。うーん、キータッチが独特なんだけれど、これがミネベアっぽさってことかしら。

標準的なメンブレンよりは軽いし確実に感じるけど、絶賛するほどでもない、微妙な立ち位置。でも好きだ。

キー深さ ちょい深め?
キー重さ ちょい重め
打鍵音  ふつう
本体重さ ふつう
キー構造 メンブレン

SONY PCV-S510付属キーボード

IMG_6541 IMG_6542
IMG_6543 IMG_6544

高校生の時に親に買ってもらった二代目PC・VAIO PCV-S510付属のキーボード。

長年使っていただけあって手に馴染むし、キー配置も普通だから戸惑うことはないんだが、今使ってみるとやっぱりこのラバードームっぽいゴムゴム感や、重めのキータッチにはちょっと抵抗を感じる。長くタイピングしていると疲れるんだよね。それに、軽いキーになれてきたものだから、ミスタイプも若干ある。

横からの写真を見るとわかるけど、シリンドリカルの曲線が比較的ゆるい上に、角度をつけるための足がもう外れちゃってるものだから、角度的にもちょっと手が疲れる感じがする。

三代目PCを自作したときもこのキーボードを引き続き使用していたから、実に15歳~25歳までの10年間愛用した計算になる。愛着があるから捨てる気はさらさらないし、ゴムゴム感はあるにせよキー部分の作りはしっかりしているから引っかかりはないんだが、常用することはもうないだろうな。

キー深さ 何か浅く感じる
キー重さ 重い
打鍵音  少し小さく感じる
本体重さ 軽い
キー構造 メンブレン

ELECOM TK-U08FYSV

IMG_6545 IMG_6546
IMG_6547 IMG_6549

以前キーボードがお釈迦になったときにピンチヒッターとしてAmazonで急遽購入した一品。Amazonなのに、新品なのに、ジャンクじゃないのに640円という価格に衝撃を覚え、購入。

安いだけあって特にこれというメリットもない普通のキーボード。シリンドリカルな傾斜がなく、キーも本体もフラットで、しかもラバードームのゴムゴム感がとてもあるから、打っていて指が突かれるのは頂けない。なるほどな、キーボードの傾斜って、ないとこんなに指が疲れるんだなぁ。

とは言え640円なんていうふざけた価格設定の割には驚くほどまとも。自分みたく長文を書く人間には向かないが、ちょっとメールするくらいの人には全然いい選択肢であると思う。値段が張って変態配列で無駄な機能キーがあれこれついているものを選ぶくらいなら、こういうオーソドックスなものがいい。

キー深さ ちょい浅め
キー重さ ふつう
打鍵音  ふつう
本体重さ 軽い
キー構造 メンブレン

今値段調べてみたら768円まで値上がりしてた(笑)。それでも768円だけど……。

ELECOM USBフルキーボード TK-U08FYSV
ELECOM USBフルキーボード TK-U08FYSV

サンワサプライ SKB-SL10SV

IMG_6550 IMG_6552
IMG_6551 IMG_6553

愛用携帯・W-ZERO[es]にとりつけて使おうと思い、購入したもの。確か4,000円くらいで買った気がする。

典型的なミニキーボード。ネットブックのキーボードよりちょっと小さいくらい。パンタグラフらしく浅くて軽い軽快なキータッチだが、自分の手にはどうしても小さく感じられるため、打っていて窮屈で手が疲れる。また、テンキーがないのはいいとしても、DelやPageUp/Downなどはあった方がやっぱり便利だな。

据え付けで使うようなタイプのキーボードではないのだが、一時期二ヶ月くらいメインに使っていた。慣れると割と苦もなくすいすいと使えるし、机が一気に広くなるので、なかなか見捨てたもんじゃない。『JANIS -Love is like a Ball and Chain-』はこいつで書いた。二時間越えの本公演を一本こいつで書き切っているわけだから、隅に置けない。

コンパクトキーボードにしては配列も常識的で、変な詰め込みをしてないから、用途次第ではオススメできます。

キー深さ 浅い
キー重さ 軽い
打鍵音  小さい
本体重さ 超軽い
キー構造 パンタグラフ

今は2,800円まで値下がりしているみたい。個人の好みに左右される部分を除けば、もう完成されちゃってる商品だと思うんだが、これ以上値下がりするんだろうか。

サンワサプライ USB&PS/2スリムキーボード SKB-SL10SV
サンワサプライ USB&PS/2スリムキーボード SKB-SL10SV

おまけ ネットブック・ASUS Eee PC 900 のキーボード

IMG_6554 IMG_6555
IMG_6557 IMG_6558

うん、おまけ。こいつでも一本芝居を書いた(『エリクシールの味わい』)ので、その功績を称えてここに並べておこう。

こうやって見ると前述のコンパクトキーボード・SKB-SL105Vと大きさ・特徴ともにかなり似ている。最上段の詰め込み方が若干違っていて、個人的にはSKB-SL105Vの配列の方が気に入っているが、まぁ小さな違いなので気にしない。

こいつで長文を打つのはなかなかに気の滅入る仕事ではあったが、しかしどうして慣れれば何でもできるのだね。

キー深さ 浅い
キー重さ 軽い
打鍵音  小さい
本体重さ ネットブックと一体
キー構造 パンタグラフ

|<

おまけのおまけ 今欲しいキーボード

いろいろ比較検討した結果、これが欲しい。

僕の理想をあれこれ書いていく。

まず機構としてはメカニカル一点。軸は、今使っているサンワサプライ SKB-MK1BKが採用しているALPS軸は好きだが、Cherry社のも是非欲しい。茶軸・白軸の打鍵感はALPS軸に近い感じがするので、黒軸が欲しいな。打鍵音控えめだけど、十分なクリック感がある。

キー配列は、Realforce86Uがかなり理想に近い(でも色が白しかないのでNG)。まず、テンキーは要らない。でも矢印キーとInsert/Dlete/Home/End/PageUp/PageDownは確実に欲しい。テンキーレスって少ないんだよね。もっと出して欲しい。変換/無変換キーはほとんど使わないので、代わりにスペースバーが長い方がいいな。スペースキーじゃなくてバーがいい。Windowsキーはショートカットキーとして多用しているので、あった方がいいな。

色は黒がいい。

ぶっちゃけ、これくらいの条件で十分なんだけれど、この辺を満たすだけでも上記Majestouchくらいしか見当たらない。探せばあるんだろうけど……。FILCOのキーボードはそれほど高くない割にバランスよくデザインされていて、かなり魅力的だ。1万円出せば買えちゃうみたいだから、何かのはずみで臨時収入があれば十分買えるんだけど……。

誰か僕にFILCO Majestouch FKBN91ML/NBを恵んで下さい。お礼のそのキーボードで、あなたのためにポエムを書きます。