PLAYNOTE WS台本『月並みはなはし(っぽい)』

2009年06月22日

WS台本『月並みはなはし(っぽい)』

[公演活動] 2009/06/22 01:23

明日からDULL-COLORED POPワークショップ・オーディションが始まるので、台本を書いた。

今まで過去二回WS/ADはやっていて、いずれもスタニスラフスキーをメインに扱ったかなり講義寄りのWSだったんだけど、今回はオーディションとしてもちゃんとやろうぜと思い、台本を物すことにした。

たった三回のWSのためだけに台本書くとか、どんだけwwwって話だけど、高い受講料頂いているので、きっちり働かなければなるまい。ぼったくりにはなりたくないし。

どこかの台本の抜粋でもよかったんだけど、勢いで台本書いたら面白いんじゃね? と思ってしまい、黒澤世莉氏(時間堂)作の『月並みなはなし』の設定だけ拝借して、台本でっち上げてみた(もちろん許可とってます)。WS参加者には「俳優以外でやってみたい職業は?」と尋ね、その設定をそのまま流用。

さすがに10人近くで月並みやるわけにはいかないので、2グループに分けてやることにしたから、2つ書いた。それぞれ90分くらいで書けたが、『月並みなはなし』はそんだけ設定が強いっていうことだと思う。以前中屋敷くんが逆説的な意味で「この台本は上演したらつまらなくなりようがない」と言っていたが、それは別に「誰でもできる」というわけではなくて、台本がカッチリしてんだからつまらなくしたらてめぇの責任だぞ、ということだと思う。

宇宙飛行士、マッサージ師、飲み屋のマスター、ジャズピアニスト、彫刻家、教師、プロ野球選手などが出て来るAグループと、ラーメン屋、イタリアンのシェフ、ホテルマン、畳屋、フラダンサー、研究職(日本文学)、債権回収業者が出て来るBグループ。何か、ジョブチェンジしてプレイするFFみたいな感じがするな。

自分はかなり古臭い演劇理論を信奉していて、「劇とは対立である」という木下順二やら三島由紀夫やらの言説を支持している。『月並みなはなし』は状況設定の段階で「対立」というのを引き出しているし、一対一ではなく全員が敵対し合うという状況を生んでいる。同じく世莉さんが演出した『俺の屍を超えていけ』なんかも基本的には同じエッセンスを用いているし、ありふれた例で言えば「犯人はこの中にいる!」なんかもそうだろう。

物語のフォーマットというのはギリシャ時代に出尽くした、なんてことをよく言うけれど、換骨奪胎、温故知新でいいものなんかいくらでも作れるわけだ。

『月並みなはなし』の脚本的に言って秀逸なところは、もともと仲の良かった一団が、一つの椅子を狙って椅子取りゲームをせざるを得ない状況を生み出した点にある。しかもすごくシンプルに。余計な設定や無駄なプロットもないし、小道具や衣装もほとんど必要ない。以前空間ゼリーがWS用に使っていたように思うが、俳優訓練の素材としてはかなり理想的な脚本だし、俳優の色が出しやすいということ、脚本自体の完成度も含めて、再演に耐えうる台本なんだろう。

俺が書いたのはいずれも10~12ページくらいの小品で、もちろん本家『月並み』ほどプロットが練られていないから蛇足も多いけど、WSの素材としては面白くなりそう。一本の完成したお話を作る上で、どう守り、攻め、展開するか、俳優力が剥き出しになる。普通に公演の稽古してるみたいにはならないように、いろいろうんちく話を交えながらやろうと思っている。

~~~

いずれやってみたい企画として、演劇合宿みたいなのやりたいなぁと思っている。アリスに一週間泊まり込んで、初日に観客投票で集めたお題を三つくらい発表して、要は三題噺になるわけだが、そこから俺はひたすら書き、出演者たちは自己紹介を済ませ(笑)、たぶん初日の夜くらいからは稽古ができるだろうから、3日くらい狂ったように一日中稽古して、狂ったように舞台を立て込み照明・音響プランを立て、衣装を買い漁り、週末金・土・日で本番。

「誰が得すんの?」と言えば、誰も得しない。公演の作り手側がレベルアップするだけで、観客にとっちゃ「普通にやれよ」と思うことでしょう。なので、実行していませんが、いずれワークショップ公演とでも銘打ってやりたいなぁ。創作の課程や寝静まった劇場をすべてライブカメラで実況する。

他にもいっぱいやりたい企画はあるんだけれど、なかなか時間と金が追いつかない。

~~~

WS台本はそれぞれ90分くらいで脱稿したが、次回作『マリー・ド・ブランヴィリエ侯爵夫人』は90分かかって1ページとか、そんな進捗。「俺もしかして書けなくなった?」と戦慄し、試しにWS台本書いてみたら、まぁ進む進む。設定・プロット・人物が決まっているわけだからそりゃもちろん早いだろうけど、今ブランヴィリエで煮詰まっているのは、新しくて大きな壁に立ち向かっているからだ、ということが確認できて、まぁよかった。

明日は夜にWSがあるだけなので、朝11時くらいまで書いて、一眠りして出かけよう。

コメント

投稿者:なお (2009年06月22日 15:46)

わたしお洋服屋さんか
猫カフェの店員さんか
花火職人がいい。

投稿者:Kenichi Tani (2009年06月22日 16:00)

花火職人以外は俳優やめなくてもバイトでやれるんじゃないかな。
俺は物理学者とか宗教家とかがいいなー。