PLAYNOTE 腕のないギタリスト『Let it be』

2009年06月21日

腕のないギタリスト『Let it be』

[音楽・ビートルズ] 2009/06/21 13:50

生まれつき両腕のないニカラグアのTony Melendez氏による、アコースティック・ギター伴奏による『Let it be』のカバー。腕がないので、足で演奏している。

成せば成る、どころの騒ぎじゃない。人生にはどんな言い訳もきかないんだ、ということを立証している。そして歌う詩が『Let it be』、「なすがままに、身を任せる」。感動した。

コメント

投稿者:みあざき (2009年06月24日 00:52)

ご本人の歌もうますぎる
gift of hope
うーん。わたしも死ぬまでには。