PLAYNOTE プロペラ・ブロガーに当選しました

2009年05月21日

プロペラ・ブロガーに当選しました

[演劇レビュー] 2009/05/21 23:45
propeller-a.JPG
photo by Anthony Field

しのぶさんとこの記事で知った「プロペラ・ブロガー」って企画に当選しました。イギリスからやってきた「プロペラ」って劇団の招待券をやるよ、ただしブログに記事を書いたらな! っていう、モニタリングみたいな企画。

で、これから計三回記事を書く責務を負っているので、さっそく一発。タダで観れるなら何でも! ってほど暇ではないので、ちゃんと内容見て応募したんだけど、僕がこの企画に乗っかった理由。

久々にイギリスの演劇観たい

自慢じゃないですがイギリスに演劇留学していたので、イギリスの演劇シーンだのイギリスの劇団だのには大変興味があるのですが、来日してもチケット代が6,500円とか9,000円とかしてほぼ絶対観に行かないので、今度は行きたいと思ったんだ。ご招待なんてありがたい話じゃないか。

一般にご招待出してるってだけで、あ、意識の違うとこなんだな、って感じが伝わってくるよね。

東京芸術劇場・芸術監督:野田秀樹、初の仕事?

初の仕事かどうかは厳密にはよくわからないんだけれど、「野田秀樹 芸術監督就任記念プログラム」って書いてあるから多分そうなんだと思う。あの野田秀樹が芸術監督引き受けて初の仕事、さぁ何をやるってのは興味津々。

呼ばれた「プロペラ」って劇団もかなりユニーク。

  • 出演者は男だけ(宝塚に影響受けたらしい・笑)
  • 風車小屋を劇場代わりにして上演
  • 演出家のエドワード・ホールは、あのピーター・ホールの実子

これでシェイクスピアをやると言う。しかも野田秀樹の推薦状つきなわけだから、「絶対面白いです」って絶叫しているような煽り方だ。こうやって初日・二日目にブロガー招待をやる辺りにも自信が伺える。

まんまと乗っかった自分だけど、あと二回何を書こうか大変困っているのも確か。みんなと同じこと書いてもつまらないので、いずれイギリスでのレビューでも翻訳して載せてみようかしらん。モニタリング招待と思えば釣られただけなんだけど、意外とワクワクする企画。この辺も野田秀樹のロードマップにあるのだとしたら、さすがとしか言いようがない。

今から観るのが楽しみです。僕は、7/2、『夏の夜の夢』を観ます。

コメント

投稿者:奈美 (2009年05月22日 11:46)

こんにちは。
初めまして・・では実はなく5年程まえにも何度かお邪魔させて頂いていた事があったのですが、自分のコメントを見直すのは恥ずかしいので黒歴史という事で、、、
その5年の間にロンドン大学で演劇を専攻し、先日、無事(?)卒論を提出してきました。時がたつのはあっという間ですね。。
今回は、プロペラが日本上陸?!!とビックリして思わずコメントしてしまいました。
プロペラはイギリスでは結構、人気劇団ですよ。
ツアーでロンドンに来る時なんかは見に行くのですが、いつもフルハウスです。
ちなみにプロペラ作品によく参加されている役者さんの一人が、野田秀樹さんのロンドンデビュー作:赤鬼に出演されてました。
・・・これはただ私がプログラムを読んで「あ、そういえば出てた出てた!」と一人テンション高くなったまま、今の今まで忘れてた事実ですが。
真夏の夜の夢を見に行かれるという事で・・オール男性でこの作品はかなりシュールな絵だった記憶があるのですが、個人的にはあの英国流ジョークがどこまで日本人の観客の方々に通じるのか気になります。
谷さんの感想の方も楽しみにしております。それでは。

投稿者:Kenichi Tani (2009年05月23日 12:40)

奈美さん
コメントありがとうございます。覚えてますよ、懐かしいですね。黒歴史といえどもネットには残るものです(笑)。
プロペラご覧になってましたかー。いいなぁ。僕も楽しみです。野田さんが好きってことは、何がしか見るべきところがあるんだろうと思います。って、どんだけ野田秀樹を買ってるんだって話ですが。
ご卒業もおめでとうございます~。