PLAYNOTE 置きチラシ・折り込みチラシの今後

2009年05月19日

置きチラシ・折り込みチラシの今後

[演劇メモ] 2009/05/19 15:31

今タイニイアリスの事務所で置きチラシの整理をしているんだが、酷い量の資源ゴミが出そうで頭が痛い。廃棄率95%くらい行ってるんじゃないか、これ?

脊髄反射で書くが、置きチラシはもちろん、折り込みチラシもそろそろやめようと言われつつ一向に変化の兆しがない。どうしたらいいんだろう。

置きチラシについて

「置きチラシはお客さん用って言うより、スタッフさんや、劇場さんが、ヒマなときに見るもの」

くらいのことを言われるほど、見ない。本当に、仕込みの休憩中に見るくらいで、「いや私見るよ!」って人はいるだろうけど、現実、廃棄率95%。これはアリスのケースだから、もっとチラシを手に取りやすいスズナリとか駅前劇場とかだともう少しマシなんだろうけど、どんぐりの背比べなのではないだろうか。

あ、アリスのチラシは、僕が一所懸命見てます。

折り込みチラシについて

未だに折り込みチラシはチェックするようにはしている。なぜか。

  1. 情報が多くい。
  2. 情報が早い。
  3. チラシのビジュアルが原寸大で見れる。
  4. お客さんが強制的に見る。

この内、1と2は「現状では折り込みチラシが一番」ってだけで、いくらでも代替はきくはず。多くて早い、ならウェブこそ一番のはずだ。CoRich! や演劇ライフが成長すれば代替はあり得るかも。

3と4は折り込みならでは、だよね。劇場の薄暗い客入れ明かりで、窮屈な客席で、鞄から本を取り出すのもためらわれ、あと五分で開演なので何をするにも中途半端、じゃあチラシ見るか、ってな感じ。そう考えると、やっぱりなくならないのかなぁ。

それでも折り込みチラシの廃棄率もとんでもない数になるだろうな。チラシなんて最終的にはもちろん99%廃棄されるものだが、折り込みチラシにかける労力と金は半端じゃない。

打開策

やっぱり、ウェブにもうちょっと頑張ってもらいたい。

いま、CoRich! でも演劇ライフでもその他サイトでも、今上演中の面白い芝居へのアンテナにはなるが、来週・再来週とか、あるいは再来週の金曜の夜とか、そういうレベルで何観よう? と思ったときに、ほとんど役に立たないのが気になる。

CoRich! の注目ランキングが、今週分とか今月分だけじゃなくて来月分も機能したりしたら便利だなと思う。カレンダーみたいなの作って、一週間ごとにクチコミや前評判いいとこをタグクラウドの要領で大きな文字で表示したりしたら、それだけで便利そう。

タグクラウドの例: はてなブックマーク - タグ一覧

フライヤーも、一枚ずつ個別に見るような形じゃなくて、たとえば一ページにつき8枚とか10枚とか一覧できて、クリックで拡大できるような、フォトアルバム的な使い方のできるフライヤーページがあったりするとカッコいいし「ジャケ買い」できるので良いと思う。さすがにあの枚数のチラシ束をぜんぶめくるのはもう疲れるよ。でもフライヤーのビジュアル自体はちゃんと見たいし。

折り込みチラシをなくそうと言っても、積極的に折り込み制度を廃止するのは無理。何か別の手段が現れて、そっちの方が効率的だし経済的だし効果的! となれば自然と淘汰される。が、今のところ、折り込みチラシの天敵となるようなアイディアは出てない。やっぱり、お客さんに強制的に見せる、手渡してしまう折り込みチラシは、当分強いままだろう。

チラシ整理していて何だか不条理を感じたので、書いておく。

コメント

投稿者:小夏 (2009年05月22日 11:37)

アゴラでも公演終了後は、大量の廃棄チラシが出るけど、ロビーが開設されてからは、置きチラシはそこそこはけてるかも・・。
でも、少し前から、一般の資源ゴミのみではなくて、専門の古紙回収業者にも月一で取りに来てもらってるよ。
事業ゴミは有料だけど、無料で持って行ってくれるし、リサイクルに使った結果、CO2がどのくらい削減できたか、とかいちいち報告が着ます。
「ブナの木、何本分が守られました」とか(笑)。
なんて会社だったか、失念したけど。。
いずれにしても、チラシを廃棄する時はやはりちょっと胸が痛むので、必ず古新聞や他の古紙で包んで中身が見えないようにするのがマナーとして実行されています。

投稿者:Kenichi Tani (2009年05月23日 12:42)

ロビーの存在はでかいでしょうねぇ。アゴラ行く人は結構演劇アンテナ広い人が多い印象ありますし。

> チラシを廃棄する時はやはりちょっと胸が痛むので、必ず古新聞や他の古紙で包んで中身が見えないようにするのがマナー
なんて美しい習慣だろう…。愛がありますね。うちも見習わないとなぁ。