PLAYNOTE 演劇感想文におけるモラル

2009年05月03日

演劇感想文におけるモラル

[公演活動] 2009/05/03 01:46

書けば損、言えば仇、示せば隙になるような、でも言わずにはいられないようなことが世の中にはあって、それを黙殺することは物書きにとって自殺行為だと思うから、あえて書くのだが、書く前からヒヤヒヤしています。演劇感想文におけるモラルについて問う。

CoRich! にこういう感想が載ったのだけれど。正直、ひどく心が傷ついたので、こういうのはやめておくれ、と懇願したい。
http://stage.corich.jp/watch_done_detail.php?watch_id=38723

結局のところ「わからない」しか内容がない感想なんだけれど、「わからない」「理解できなかった」、それはいい。こう書いてあるのに品性を疑う。

なんにしろ、女性の下着姿を見せられて、それだけが目に焼き付いた。下着は嫌いじゃないけど・・・芝居の内容は意味不明。最後、下着の女の子の一人芝居なんかは眠くなって眠くなって、どうしようかと思った。

ちょうどL字型に客席が配置されているものだから反対側の客席をずっと見てたら、男性はほぼ女の子の股間に目がいってた。これって、そういう舞台?

違います。本人もわかって書いているんだろうけれど、こういう敬意を欠いた言葉の交流が、観る側にとっても作る側にとってもマイナスにしかならないということをはっきりここに書いておきたい。

僕は当然、全ステージ観ているわけで、このお客さん(劇団からチケットプレゼントを出した方なのでよく覚えている)がどの回にいたのかも把握しているし、そのときの客席状況も記憶しているが、「男性はほぼ股間に目が」なんて根も葉もないデマゴーグを垂れ流されて、「貴重な感想ありがとうございます☆」なんて言う気にはなれない。同じ回を一階客席で観ていて、熱心な賞賛や強い興味を示してくれた男性のお客さんが確実にいて、直接そういう意見も聞いているだけに、ちょっとこの記述は作り手のみならず観客をも巻き込んで馬鹿にしている感があり、正直、腹が立つ。自分がわからなかったからと言って、それを無理矢理一般化しないで頂きたい。

「わからない」なら「俺はわからない」でいいし、「つまらない」なら「私にはつまらない」でいいが、相手がいることだってことを思い出して欲しい。ラーメン屋でラーメン食って、店主の目の前のカウンターでただ「まずい」とか「ダシに牛のクソでも使ってるのか?」なんて言う客を想像して欲しい。それが食文化を育てることに繋がるか? そういう意味のない罵倒を許していいものか?

お客様は神様だ、なんて言葉が、現代では悪い意味で一人歩きして、客は神で提供側は奴隷みたいな社会状況が生まれているけど、そういう状況を見る度に本当に頭に来る。「お客様は神様だ」は商売人の謙虚さを示すための言葉であって、客の増長を促すための言葉ではない。コンビニで居丈高に店員に向かって「早くしろよ、急いでんだから」とか言ってる客や、少し配膳が遅れただけのメシ屋で「おせーよ、ふざけんな」みたいな悪口を叩いている客をよく見るが、品性を疑う、モラルを疑う。人間対人間のことだ。

ネット弁慶なんて言葉があるが、CoRich! に限らずたまにネットで酷い感想文を見ることがあって、本当に心が傷つく。真摯な批判は読む気になるし、素朴に発せられる「つまらなかった」は飲み込める。が、自分がわからなかったからと言って「パンツを見せるのが意図?」みたいなレベルの低い当てこすりをされると、殺意すら沸く。巨大掲示板・2chが便所の落書きと言われて久しいが、CoRich! やmixiみたいなSNSサイトや、ブログ社会だって匿名性という意味においては2chと一緒だし、敬意のない言葉が飛び交う様は便所の落書きと同じである。

なお、チケプレ募集にあたって、劇団としてはこういう言葉を伝えている。

  • 計8日間・18ステージのロングランですから、最初の三日での口コミを心待ちにしております。
  • 皆様のクチコミを支えに活動しております。ぜひご来場頂けますよう、関与者一同を代表してお願い申し上げます。

こうして平身低頭してチケット配って、だからと言って評価を甘くしろなんてことを言う気は毛頭ないが、こちらが礼儀を通して書いているのに、かつ、感想が欲しいということでやっているチケプレなのに、帰ってきた言葉は「下着の女の子の一人芝居」。おいおいおい、タイトルくらい思い出してくれよ。パンツ以外も見てくれよ。しかも四本短編があったのに理解できたのは下着だけ? チケットプレゼント損もいいとこだよ。せめて真摯に批評しようっていうスタンスくらい持ってくれよ。「下着の女の子の一人芝居」? あまりにも乱暴な言葉だ。どんなに好みに合わなくたって、下着以外何も覚えてないなんてことはないだろう。もし本当に下着だけしか覚えてないのだとしたら、問題があるのはあなたの見方だと耳元で絶叫してやりたい。自分と、出演者と、スタッフが、手塩にかけて作った作品を、「下着の芝居」なんて表現で片付けられて、へこへこ「ありがとうございました☆」なんて言うほど人間できてませんから。

ここまではこの一件に関する糾弾だが、この先どんどんネット文化が浸透していって、おそらく既存メディアの持つ力が相対的に薄れていって、その先にある状況を思うと怖気が立つ。自分自身の責任をかけて、名前を出して批評を書く批評家ではなく、何ら責任のない匿名の言葉が芸術なり表現なりの価値を伝えていく時代になれば、作り手側はどんどん萎縮していくだろう。「お客様は神様だ」「クレームにはひたすら謝れ」と言われている、コンビニバイトと同じ立場に追いやられていくだろう。暗い予感ばかり脳を飛び交う。

とりとめなく書き綴ってきたが、結局のところ言いたいことは、敬意の交換ということなのだ。内容のない当てこすりや意地の悪い皮肉を垂れるのではなくて、つまらないならつまらないで敬意と誠意のある言葉のやりとりができなければ、ネットレビューは便所の落書き以下に堕す。何のためにあるんだかわからない。

以上。この文章を書いたのは、DULL-COLORED POP主宰・作・演出の谷賢一です。

誤解しないで。いい芝居なんだよ。わかって欲しい。

追記

過激なタイトルで一瞬びっくりしますが、こんな記事を読みました。

くたばれネット評論家。

同調する部分が多いので、掲載しておきます。

コメント

投稿者:えりお (2009年05月03日 11:25)

どもです。
書かれた張本人です。
※張という苗字じゃありません。

ここまで書かれることに対してものすごい情熱を感じました。
そのくせこちらはあまりに礼節に欠けていました。

感想文は出かける前の短い時間に、たぶん15分もないくらいの時間にちょちょいと、なんの考えもなく書いてしまいました。

たしかにあまりにひどい内容でした。
申し訳ありませんでした。

というわけで感想文を書き直してみました。

では。

今後の活躍期待したいしています。

投稿者:小夏 (2009年05月04日 01:07)

こんなトピックはなかなか書けないと思う・・。
もし、自分が同じことを感じても、同じ作り手側の人間として、悲しいけどなかなか書けない。
コメント投稿した方の胸にも、メッセージが染み込んだようだけど、誰が書いてもそうなるとは限らないように思う。
谷さんの持つ、イノセントな部分の勝利だろう。
イノセントという言葉は、馬鹿にして使ってるんではもちろんない。
愛やらリスペクトを込めてです。

韓国では、映画女優さんが何人も亡くなったけど、鑑賞者のWEBでの発言は、作り手を生かすことも殺すこともあるということを、一鑑賞者でもある自分も、より自覚したいと思った。

投稿者:Kenichi Tani (2009年05月04日 11:20)

えりおさん

どうもありがとうございます。威圧や恫喝、脅迫のように聞こえたとしたら謝りたいですが、インターネットの向こう側に作り手側がきちんと生きている、存在しているということを伝えたくて書きました。真摯なお言葉、ありがとうございます。

小夏さんへ

僕もなかなか書けないですよ。以前からたまにこういう体験があって、その度に作り手側は一体何なのだろう、こういう風潮がこのまま拡大していくだけなんだろうか、と不安があったので、今回の件はえりおさんへだけの言葉ではないのです。
イノセントであり続けたいものです。お言葉、どうもありがとうございます。

投稿者:なお (2009年05月09日 21:23)

読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。

投稿者:たけのすけ (2009年05月10日 12:38)

谷賢一様

公演おつかれさまでした。高木と申します。

誤解なく聞いていただければなのですが、こちらのエントリー、大変興味深く拝見しました。

ぼくは企業のブランディングや商品の広告を企画・プロデュースすることで飯を喰ってますが
広告という「作品」を世に出すときは、毎回毎晩悪夢を観るほど恐怖心があります。
『誰も興味を示さなかったらどうしよう』『反感をかって炎上したらどうしよう』云々。
プロモーションが始まる前日まで「よし、これで大丈夫」と自分を言い聞かせながらも
やっぱし毎回気持ちが揺れます。

広告が当たれば必ず逆向きな意見も多発し始め、心ない誹謗中傷や批判の意見がネット上に
散見し始めます。当然ですがぼくらは「そうじゃない」って言い返すことが出来ません。
一番気がかりなのは「お得意様がこの中傷記事を目にしたらどんなに悲しむだろう」という
ところで、心と胃を痛めていますw

谷さんのエントリーを読んでて、瞬発的な感情の高揚だけではなく、一緒に関わってきた
役者・スタッフへの気遣いを同時に感じました。闘う主宰、すごく素敵に感じました。

言葉は怖いです。特にいま、ネットで誰でも言葉を発せられる環境が与えられている環境で
読み手の情報取捨選択能力を信じることしかできないことに歯がゆく思うことも多々あります。

‥とりとめなくてすみません。

投稿者:おぐり (2009年05月12日 02:44)

谷さん、おつかれさまです。
(作品についての感想はおいおい。)

このエントリーは素晴らしいね。
インタラクティブな作品であると言っても差し支えないと思う。感動さえ覚えました。

俺がもし、同様の意図で記事を書いていたら。
皮肉を言うことで盛り上がって、ものすごい悪意をぶつけてしまったと思うの。
書いた人の生い立ちから現在までを捏造してでっちあげ、「その結果こういう劇評を書いたんですね。」みたいな。

谷さんの誠実な文章、かつ暴発寸前のギリギリの悲しい怒り。たまらんね。いいね。しびれるね。

まあ、ようは飲もうぜってことだよ。

投稿者:Kenichi Tani (2009年05月12日 10:32)

>たかのすけ様
そういうお仕事をされていましたか。
立場によっては観客である方も、立場によっては発信者側であるわけで、そういう意味ではお互いをもっと思いやれて良いはずでしょうが、ネット、匿名という中で、なかなかそれが難しい。酷評は時に必要でしょうが、罵倒やこき下ろしにしかなってないものを「辛口」なんて呼んでいる文章を見て、ときにげんなりします。本当にきちんと「辛口」「酷評」できるネットレビューというのが存在すればいいのでしょうが、そう簡単にもいかないでしょうね。

>おぐりん
あんまり持ち上げられるような類の記事ではないとは思いますが、割と劇団主宰者、作家、演出家などやっている方々から「よく言った」的な言葉を頂いています。皆、抱え込んでいることは同じなのでしょう。弱い立場に甘んじているということも。ネットレビューに対して、作り手側がどうレスポンスするかってのは、簡単には言えないにせよ、せめて同じ目線で発言するだけの土壌が欲しいものです。ちょっと反論でもしようものなら、「お客なんだから」「金払ってんだから」で封殺しようとする空気があるようで、それは払拭しないといけない。

まぁ、要は飲もうぜってことです。

投稿者:飼い猫 (2009年05月14日 02:33)

谷さん、『たけのすけ』さんだよ。ちょっとした間違えちゃっただけなんだろうけど、話題が話題なだけに、ね。お名前ですからちゃんと確認して。
あと、上の同名は僕じゃないですから。

おぐりんさんありがとう。


投稿者:Kenichi Tani (2009年05月14日 14:15)

これは大変失礼しました。ずっと風邪気味で頭がぼんやりしているせいか…、申し訳ありませんでした。谷。

投稿者:たけのすけ (2009年05月16日 01:08)

飼い猫様、谷様

あ、名前全然気にしてないですw
お気遣い感謝。お体おだいじにー