PLAYNOTE DULL-COLORED POP第7.7回本公演『ショート7』

2009年03月25日

DULL-COLORED POP第7.7回本公演『ショート7』

[公演活動] 2009/03/25 12:00

一人芝居、リアリズム、不条理、前衛、何でもありに短編をずらり七本並べたDULL-COLORED POPの第7.7回公演『ショート7』、あと一ヶ月で本番です。豪華客演陣を招いて、一本一本が主役級の七本立て。短編集とは言え、本公演です。

いろんな作家や劇団が集まって短編集をやる企画はちらほらありますが、一人の作家・一人の演出家で七本もやるというのは希なんじゃないでしょうか。七本ぜんぶ作・演出:俺でお届けします。公演情報は以下から。

DULL-COLORED POP vol.7.7『ショート7

2009年4月29日(水)~5月6日(水)
Pit北/区域にて

7本ぜんぶの作・演出

谷賢一(DULL-COLORED POP)

出演

清水那保、堀奈津美(以上DULL-COLORED POP)、岡田あがさ、桑島亜希、小林タクシー(ZOKKY)、境宏子(リュカ.)、佐々木なふみ(東京ネジ)、佐野功、千葉淳(東京タンバリン)、田中のり子(reset-N)、ハマカワフミエ(国道五十八号戦線)、堀川炎(世田谷シルク)、堀越涼(花組芝居)、和知龍範

料金

前売:2,500円 当日:3,000円

学生割引:500円引き(受付にて学生証をご提示下さい)
リピーター割引:半券ご提示で1,000円引き
※Aを観た後にB、Bを観た後にAなど、別グループのご観劇でもご利用できます。リピーター割引をご利用頂けば、A・Bあわせて7作品が前売4,000円にてご観劇頂けます。

タイムテーブル

何せ7本もあるので、2グループに分けました。どちらも観劇をご希望の方は、リピーター割引をご利用下さい。

4/29水 19:00 A
4/30木 19:00 B
5/01金 16:00 A、19:00 B
5/02土 13:00 A、16:00 B、19:00 A
5/03日 13:00 B、16:00 A、19:00 B
5/04月 16:00 B、19:00 A
5/05火 13:00 B、16:00 A、19:00 B
5/06水 13:00 A、16:00 B、19:00 A

・Aグループ=『アムカと長い鳥』『Bloody Sauce Sandwitch』『15分しかないの』『ソヴァージュばあさん』
・Bグループ=『藪の中』『息をひそめて』『そして、私は神さまに』

ご予約

谷賢一専用予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/10281/002/

あるいはメール・mixiメッセージ・電話など、何でもどうぞ!

作品紹介

何せ七本もあるのでね、きちんと一作ずつ紹介していくよ。

清水那保ひとり芝居『アムカと長い鳥』(出演:清水那保(DULL-COLORED POP) )
ガーリーなポエムと刺すような独白が同居する、清水那保ひとり芝居。間違いなく作者の最高傑作の1本ながら、わずか128名しか目撃できなかった幻の作品。憑依役者・清水那保の本領発揮、墓まで持ってけオハコ公演、身も心もセミヌードで、満を持しての再演。
堀奈津美's哀愁恋愛劇『息をひそめて』(出演:堀奈津美(DULL-COLORED POP)、佐野功、田中のり子(reset-N) )
カジュアルな現代口語会話の中にリズムを刻む独白をぶち込み、さらに床上・床下という意味不明な空間演出をライブハウスイベントでぶち上げたDCPOP中期の佳作。ほろ苦く煮詰まった恋のシチューの哀愁の香り、切なくも前向きなラブストーリー。堀奈津美主演にて、ついに再演。
堀越涼ひとり7役『藪の中』(出演:堀越涼(花組芝居) )
音響なし、照明はわずか1本、役者の身ひとつで7人を演じ分ける、1人7役のひとり芝居。芥川龍之介・最大の問題作である『藪の中』をシンプルに翻案。7 人の人物が見せるそれぞれのエゴの顔を、1人の俳優が演じ分ける、演劇の究極の形。花組芝居・堀越涼を招き、3年ぶりの再演。
傑作短編小説を翻案『ソヴァージュばあさん』(出演:堀川炎(世田谷シルク)、和知龍範、佐野功、堀越涼(花組芝居) )
フランス最大の短編作家・モーパッサンの同作品を翻案、格調高くも生々しい台詞と巧みなプロットの再構成により、某演劇コンペで観客投票2位を獲得した話題作。古くさくない古典として再生された同作を、さらに現代に引きずり込む作者本人による新演出で、いよいよの再演。
平成空想不条理劇『Bloody Sauce Sandwitch』(出演:ハマカワフミエ(国道五十八号戦線)、佐々木なふみ(東京ネジ)、千葉淳(東京タンバリン) )
不条理とは荒唐無稽を描くものではなく、混乱した世界をそのままに描写する残酷なリアリズム。作者が知人から聞いた痛切な体験談のインプレッションを、グロテス・ポップに演劇ポエムに再構築し、観客を錯乱に陥れた問題作。作家本人の手による演出でさらにぶっちぎる、これこそはの再演。
重なる声、ずれる身体『15分しかないの』(出演:堀奈津美(DULL-COLORED POP)、桑島亜希、境宏子(リュカ.)、千葉淳(東京タンバリン) )
1人3役ならぬ3人1役で、揺れる心理をクローズアップした実験作。ただいまを言う相手もいない夜のマンション、はらはらとこぼれおちる心の声。生きてくことは捨てることだとしたら、何を残して捨てればいいのかしら。小劇場のショーケース『15 minutes made』で観客の話題をさらった15分間、よりチューニングを上げての再演。
岡田あがさ主演・業界初飲尿ミュージカル『エリクシールの味わい』(出演:岡田あがさ、清水那保(DULL-COLORED POP)、小林タクシー(ZOKKY)、ほか )
演劇の可能性を漏らさず網羅する本公演の最右翼!漏れる尿に漏れる本音を聴き取って歌声に漏らす、陰気で陰美な「飲尿ミュージカル」(業界初)。ミュージカル嫌いの作者が創出する、ひりひりするほど痛々しくて、ヤケクソにポップなその味わい。岡田あがさを主演に迎え、周囲の制止を振り切っての初演。

CoRich! 舞台芸術 「観たい!」登録のお願い

ちょっとでもこの公演を観たいなーと思った方、
俺や出演者にメッセージや激励を送りたい方、
単純にDULL-COLORED POPを応援してくれている皆様。
よろしければ CoRich! 舞台芸術の「観たい!」に一言コメントをお願いします。口コミ演劇ポータルサイトであるCoRichでは、「観たい!」の声が集まるとどんどん注目されるってシステムなのです。お手数ですが、是非よろしくお願い致します。

チケットプレゼントなんかも実施しています。こちらも「観たい!」に登録してくれれば誰でも応募できるもの。どうぞよろしく。

CoRich! 舞台芸術 - ショート7 [公演詳細]
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=10281

* * *

というわけで、とりあえず情報だけ羅列しましたが、『JANIS』以来の本公演ということで気合いがばっちり入っています。今回、これだけ豪華キャストを集められたのも、きっちり半年前からオファーしていたから。大変だったわー。でもおかげで適材適所、理想的なキャスティングができたぜ。

稽古場もにしすがも創造舎がとれたので、一ヶ月ぶちぬき固定稽古場で毎日の昼夜稽古。七本やる、七本もあるので、マジで休みなしだ。マジで一日も休みがないのはちょっとげんなりするけど(笑)、油断して稽古場に行くと返り討ちにされるメンツなのでそんなことも言ってられない。

全部で七作あるわけだが、どれも自分にとって大事であり転機となった本なので、一作一作を大事に作りたいものです。演出家としての対応力も問われることになる。本当にバラバラなので、きちんと脚本の声を聴いて稽古方法を合わせなければならない。もちろん、出演者も違うしね。今回、初絡みな人が多いので、そこも大変ではあるのだが、今んとこ稽古やってみた感じ、初絡みのスタープレイヤー、堀越涼、堀川炎、佐野功、この辺はしたたかで計算高いが、やはり反応がいい。どう刺激していくか。

ご予約はこちらから。どうぞよろしくお願いします。

谷賢一専用予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/10281/002/