PLAYNOTE Mrs.fictions『15 minutes made vol.5』本日より

2009年03月12日

Mrs.fictions『15 minutes made vol.5』本日より

[公演活動] 2009/03/12 10:29

演出家にとって最初の仕事は何だろう、と考えたとき、「この本は面白い」って胸を張ることではなかろうか。自分の本でも、他人の本でも。で、最後の仕事は何だろうと考えたとき、ほぼ同じ答えが思い当たる。「この作品は面白い」と胸を張ること。それって役者のプレッシャーを和らげて本番を思い切りよく迎えさせる、というアピールの意味もあるが、同時に自分への評点のタイミングでもある。貴様は十分に稽古をしたか。ゲネまでに満足のいく物を作れたか。

Mrs.fictions『15 minutes made vol.5』、本日より本番です。平日昼は完売ですが、それ以外はまだお席に余裕あります。

全体通し稽古とゲネプロを観た感じ、最初っから異常な才気を匂わせていた吉田小夏嬢率いる『青☆組』がビンビンに面白い。齢還暦のしゅうさんという俳優さんが参加しているのだが、軽やかに重みがあって見事である。

佐々木三名が構成する東京ネジも乙女チックでシュールレアリスティックな妙な空気感をひねり出しておる。間に合うの? 間に合うの? って感じだったMrs.fictionsが、人の心配をせせら笑うようにゲネプロでは安定した滑り出しを見せ、一安心。ジエン社は相変わらず我が道を行く作劇で、演目の間口をがっと広げている。MOKKというダンス集団が入ることで、より公演全体の空気が混沌としてきて、ごった煮というより抽象画のようだ。おそらく時代の空気を抽象した一つの結果ではあるのだろう。

違和感がある。なぜ俺はここにいるんだろう? 俺も現代の作家なんだな。何か、ここにいる人たちとは何かが違う気がする。吉田小夏嬢とは来世あたりで仲良くしている気がする。佐々木なふみ嬢とは、前世で仲が良かったんだろうなぁ(笑)。前世も来世もないぜ!

本番迫ってリュカ.より参加してくれている境宏子嬢が妖怪のごとき活躍を見せている。あの人はマジで妖怪めいている。ビューティフルでキュートなのに、ふとした瞬間に遠くの世界に飛んでいく。でありながら、自意識はしっかりしているようだ。よくわからん。

今回の芝居も結局、ある種の対立をクローズアップしたものであって、最後的には一応の話題の中心である恋愛なんてどうでもいいのかもしれない。女って生きづらい生き物だよなぁと思う。男はとりあえず戦闘機とセックスと宇宙が好き、そしてプライドと帰巣本能を天秤に掛けている、そこさえわかってもらえれば、大体間違いないように思う。

まぁいいや、公演情報です。まだ残席あるから是非観に来てね。

● DULL-COLORED POP『15分しかないの』
(Mrs.fictions主催『15 minutes made vol.5』内にて上演)

作・演出・音源製作 谷賢一

2009年3月12日(木)〜15日(日)@池袋シアターグリーン Box in Box
出演:堀奈津美(DULL-COLORED POP)、境宏子(リュカ.)、桑島亜希、千葉淳(東京タンバリン)

○タイムテーブル
12日(木) 14:00〜 / 19:00〜
13日(金) 14:00〜 / 19:00〜
14日(土) 14:00〜 / 19:00〜
15日(日) 13:00〜 / 18:00〜

※12夜・14昼・15昼の回には、谷がアフタートークにゲスト出演します。

○会場
池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATER
東京都豊島区南池袋2-20-4(JR池袋駅東口より徒歩約6分)

○チケット
前売り: 2,000円  当日: 2,500円(全席自由・日時指定)
昼割り: 平日昼はいずれも500円引き

ご予約は僕までメール下さい。あと、下記の予約フォームも使えます。
http://form1.fc2.com/form/?id=397954

コメント

投稿者:HASU:longtail (2009年03月12日 16:49)

芝居だけでなく、谷さんのアフタートークも聞けると聞いてわくわくしてます。