PLAYNOTE CoTiK稽古始め

2009年01月07日

CoTiK稽古始め

[公演活動] 2009/01/07 04:15

1/6、下は8歳から上は72歳まで参加の無謀な市民劇団体・CoTiKの稽古始めがあったよ。

2/13~15に柏市民文化会館小ホールにて『源氏物語』を上演する我々だが、去年までは脚本の幽霊に追い回されていたのでまともに演出思考回路が働いていなかった。ようやく回り始めた、んだが、切り替えがうまくいかず、今日は発言ミスが過去最高に多かったな。シアターゲームやれば真っ先にとちるし、声はすぐ出なくなるし、何が起きているのだ。

今回の『源氏』では、またしても無謀なことにいくつか挑戦しています。

  • そもそも演劇で『源氏』ってのが無謀
  • 下は8歳から上は72歳までってのが無謀
  • トレンディドラマどころか少女漫画も真っ青な孤独と純愛のラブストーリーというのが無謀
  • 市民ばかり20人も出演するというのが無謀

去年の『ロミジュリ』も、あまたの無謀に立ち向かって、結果的にはそこいらのセミプロなんかよりはるかに面白い芝居を作ったという自信はある。俳優力という意味ではもちろん至らない点が多々あるのは確かだけれど、『ロミジュリ』をかなり正当に演ったと思うし、自分なりの演出的解釈やテキレジによる効果も加えられたから、何気に気に入っている舞台ではある。

が、今年の『源氏』は、もう敵が手強過ぎてこの先どうなるもんだろうとずっとそわそわしていたんだけど、ようやく演出家として机に向かってプランを練って、演出家として稽古場にいることができて、やり方がわかってきた。脚本を書く上で無謀にトライするのはかなりストレスだが、演出家として無謀にトライするのは結構楽しいし、やりがいもあるようだ。一人じゃないってすごいことだよ。

えー、今日からほぼ毎日稽古があって、その忙しさにはうんざりしている自分だけど、頑張っていきます。近日中に公演の詳細をアップするので、お時間に余裕のある方は是非観にいらして下さい。DULL-COLORED POPとはまるで目指す理念の違う団体だけれど、僕らしい演出をやることはできる。お楽しみに。