PLAYNOTE 武者小路実篤『友情』

2008年12月08日

武者小路実篤『友情』

[読書] 2008/12/08 03:08

以前古本屋で買っといた一冊。電車の行き帰り、二時間弱くらいで読めちゃったが、至福の時を味わった。昭和の大文豪が描いた、超甘酸っぱい恋愛小説。あんまりややこしく解説とかしない方がいいよ、こういうのは。とにかく若い奴読むといい。

要は、同じ女を好いてしまった二人の男の友情のお話なのですが。みずみずしい文章、とは、こういうことを言うのだろうか。誰もが味わったことのある、恋に落ちたときの一喜一憂、天国の主から地獄の奴隷にまで上下左右するギリギリハートの揺れ動きを、追体験させてくれるような凄まじいみずみずしさ。これは、悶えるわ。もう一度初恋ができるってくらいのみずみずしさだぜ。

あまりにも完璧な一作なので、特に書くべきことがない。読んでくれ。文章もかなり平易だから、新聞の社説が読める人なら読めると思う。

ラスト、主人公がのたうち回った挙句に血気奮い立たせて書き起こした一つの決起文、その後に、泣きながらその正反対のことを自分のノートにだけ綴る、その淡白な一文が何とも凄まじい。美しいという意味で言っているんだよ。小説として、懐が実に広い。単に主観的な恋愛の葛藤を生々しく描いているだけでなくて、それを突き放しているようなところがきちんとある。

突き放していながらも、それぞれの人物がきっちり表情から輪郭から立ち居振る舞いまで想像できちゃうところもすごい。まぁ短い本なので主要人物は片手で数えるくらいの人数しか出て来ないのだが、それぞれの人物の表情が浮かんで、声が聞こえて、しかもそれぞれのその人なりの葛藤が伝わってくる、これは、偉業だよ。さすがだよ。本物ってのは、こういうものを言うんだよね。久々に「本物」を読んだので、たまらなく愉快だった。俺も、一生に一冊でいいから、こういうものが書きたい。

一点、面白いなぁと思ったのが、二人の男が恋のエネルギーをどうにかして「世界的な仕事」とやらいうものに結びつけようとしているところ。「どうにかして」と書いたが、実際のところはほぼ無意識に、「恋を得て俺はますます仕事に打ち込み、世界的な仕事をして、日本のためになるのだ」みたいな。最初は「昔の人ってなぁすげぇなぁ、こういう発想してっから昔の日本は強いんだよなぁ」なんて呑気に思っていたが、書かれたのが1919年だと言うから、ずいぶん当時の世相を考えてのことだったのかしらん。