PLAYNOTE CO2と地球温暖化ビジネスについて

2008年07月10日

CO2と地球温暖化ビジネスについて

[雑記・メモ] 2008/07/10 09:04

サミットもう終わったんだって? 一年以上前から大騒ぎして大したことねーなぁ。

地球温暖化=CO2、というイメージが固まりつつあり、エコと言えばCO2削減ってことにすり替えられつつある昨今ですが、地球温暖化ってぶっちゃけCO2とか関係ねーし、ちょっとくらい温暖化したって別に日本沈没もしなければ北極熊も絶滅しないよー、という説がある。

しかし、CO2関係ないとすれば、何故各国がこんなに目の色変えて取り組んでるんだか説明がつかないんじゃ? と思ってたんだが、サミットの結論を見て納得。要は、現在の主要国がその地位と産業を守るためのものなのね。

CO2削減と排出枠取引は、まず真っ先に第三世界やASEAN・NIESのといった経済新興国の産業発展に歯止めを掛ける影響力がある。例えば、戦後すぐの日本が環境問題とCO2排出量を気にしながら産業開発をしていたら、あんな高度経済成長は不可能だったろう。CO2排出量を抑制しながら生産効率を高めるには当然技術力も必要になる。そんな技術がなければ先進国から買うしかない。うまくできてんなぁ。環境問題は先進国に残されたビッグビジネスなのだろう。

今回のサミットでも、CO2削減についてそれぞれの国が二つの立場に割れた。

  • みんなで削減しよーよ!(G8)
  • いや、今までバカスカCO2排出してた先進国がまず範を示せよ。(経済新興国)

両方言いたいことはわかる。G8側としては経済新興国を巻き込まないと意味ねーし、経済新興国としてはできればしばらくCO2削減とか面倒な話に絡むのは勘弁させてもらって、その間にどんどん切って燃やして一円でも多く荒稼ぎしたい。

結局、G8側の意見が通ったのは当然である。どういう意味で当然と書いたのかはわかってもらえるでしょう。

結局、CO2排出量の増加による人為的温暖化説ってのは本当なのかなぁ。どうなのかなぁ。政治や経済の世界に真実の光が射す日は未来永劫来ないだろうから別に気にしもしないが、科学の世界まで政治や経済に喰われて真実が日の目を見ないような世界なら、世界まるごと吹っ飛んでしまえばいい。

おそらく第一線の研究者しか真実を知らないのだろうが、世の中がエコエコエコエコうっせーんで、早く何とかして欲しい。エコエコうるせー上に、連中は常に不自然なまでに善良な良識人というオーラを放っているのが癪に障る。何故かテレビやマスメディア上で見る「善意」「善良な意思」という奴は、いつもうさんくさいイメージがあるな。

コメント

投稿者:りゅーせ (2008年07月10日 12:05)

温暖化の原因と呼ばれるものは温室効果ガスっていって、
CO2はそのうちの1つなんですが、
温室効果ガスにおけるCO2の割合(働き?)はたいしたことがないそうです。
オゾンホール破壊の方が大問題だとか。
記憶は曖昧で環境問題に興味がない、某大学人間環境学部出身者でした。

投稿者:Kenichi Tani (2008年07月11日 14:31)

うんうん、そういう話聞きます、よく。だが、きちんとしたリソースがない限り、無根拠さという意味では「CO2は地球に悪い!何でって、だって聞いたよ!」と変わらないのがぞっとします。誰かちゃんとした論証やってくれー。やってるんだろうけど、なぜ表に出てこない?