PLAYNOTE 池袋マイルス・カフェでの一夜

2008年06月26日

池袋マイルス・カフェでの一夜

[音楽・ビートルズ] 2008/06/26 19:15

池袋にあるマイルス・カフェというライブハウスに行って来たよ。

DULL-COLORED POPの旗上げ公演で音楽監督をしてもらった新戸崇史がベースをとるというので行って来たのだが、これが予想外に面白かった。「2 Guitar for you」という名前のイベントで(なぜ "Guitars" じゃないんだろう?)、ロサンジェルス帰りのギタリスト二人+キーボード・ベース・ドラムの五人編成のバンドがたっぷり二時間演奏していた。

ジャンルとかよくわからんが、おしゃれにカッコよく、でもユーモアがあってグルーブがあって、聴かせるしノれる。随分雰囲気の違う楽曲をあれこれやっていたので、飽きずに観れた。おそらくバンドリーダーで一番のフロントマンだった井上さんの演奏力とパワフルな歌、あとくっだらないジョークに笑い、2guitarの片割れである「しょう」氏のうにゅ~っと顔を歪めながらのプレイに魅せられる。あとはキーボード奏者の人が終始イカしていた。超コワモテなのに絶対いい人っていうオーラ(笑)。

コンスタントに活動してるバンドじゃないんだろうけど、上手い奴が集まるとこういうことができてしまうのか。ビビってる新戸が面白かった。

ライブハウスなんて久々に行ったが、演劇観に行くよりよっぽど楽しめたし、自分を見詰めなおすいい機会にもなった。マイルスカフェはそれほど大きなハコではない。彼らの演奏力はきっとそこいらの小劇場俳優よりよっぽど表現者として高みにいると思うのだが、一日限りのイベントに注力し、自分の音をストイックに追求する、そういうことをきちんとしている。見てる最中はリラックスして酒が飲めたが、終わった後の帰り道、暗い池袋の路上にて、身の引き締まる思いでした。