PLAYNOTE フリーのマルチトラックWAV編集ソフト『RadioLine Free』

2008年02月12日

フリーのマルチトラックWAV編集ソフト『RadioLine Free』

[ネット・PC] 2008/02/12 16:38
RadioLine Free
RadioLine Free

今までちょっとしたWAVファイルの編集に、SoundEngine Freeというソフトを使っていたのだが、マルチトラック対応ではないから曲の引き延ばしなどで結構面倒なことをやっていた。コンマ数秒単位でタイミングを取り、カットアンドペーストを繰り返して繋ぎ目を消す。ややこしい。

が、同じ作者がSoundEngine Freeのエンジンを利用して、RadioLine Freeというソフトを提供していた。使ってみたら激しく便利なので覚え書きのためにここに記録しておく。

やりたかったこと

Aという歌モノの曲を、何とかしてインストにしたい。が、ボーカルキャンセラーなどを使っても今一つ綺麗にいかないので、曲Aのイントロ部・Iと、アウトロ部・Oを繋げて、無理矢理インストバージョンを作ることにした。

今までならIとOを継ぎ目なく繋ぐために、コンマ数秒単位で中間部分のカットを繰り返していたのだが、RadioLine Freeなら手間が随分省ける。

まず、RadioLine Freeのトラック1にIを置き、ラストは適当にフェードアウト。次にトラック2にOを置き、音の入りは適当にフェードイン。クロスフェードの要領にしておいて、あとはマウスでドラッグしながらタイミングを重ねる。随分楽だし、クロスフェードだからちょっとした演奏の違い・タッチの違いも目立たない。これはグッドだ。

RadioLine Freeではステレオ音源を合計4トラック=計8チャンネルまで編集できる。これでフリーなのだからありがたい。

窓の杜の紹介記事にはこうある。

 本ソフトは、マルチトラックレコーダーとして基本的な機能しか備えていないが、機能がシンプルなぶん扱いやすい。本格的な楽曲作成には向かないが、たとえばボイスドラマを作成する際にBGMや効果音をミックスしたり、複数の曲をつなげてノンストップミックスを作成する際に利用するとよいだろう。

全くその通り。操作も直感的でわかりやすい。二・三分ヘルプファイルを眺めたら使えるようになってしまった。本物の音響家やミュージシャンには玩具みたいに見えるのかもしれないが、俺の個人ユースレベルではこれで十分。いやー、これ、いいわ。

コメント

投稿者:search engine optimization vancouver (2012年01月13日 05:40)

あなたの文章の核心は、最初は合理的に現れるながら、実際にいくつかの時間後に私と一緒によく座っていませんでした。どこかあなたが実際に私だけの非常に短いしばらくの間、残念なことに信者にするために管理段落全体に。私はそれにもかかわらず、前提条件のあなたの飛躍の問題を持っていると、それらの休憩で埋めるためにきれいにするだろう。あなたがそれを達成できるなら、私はきっと感動することができます。