PLAYNOTE 江戸東京博物館・東北大学編集『文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし』

2008年01月12日

江戸東京博物館・東北大学編集『文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし』

[読書] 2008/01/12 03:06

何か昨年やってたらしい江戸東京博物館での展示に即した公式ガイドブック、という体裁をとっているが、資料写真つきの評伝として素晴らしい出来。紀伊国屋とジュンク堂で探した限りでは、漱石の作家研究のための資料としてはベストだった。文章も写真もコラムも豊富で飽きさせず、漱石の人生の全体像をきちんと俯瞰させてくれる。いい買い物をした。満足。

コメント

投稿者:ありぴー (2008年01月12日 23:03)

江戸東京博物館めちゃくちゃ面白いですよ。常設展がたまらなく面白いです。江戸時代の民衆の生活ぶりがかいま見れます。わたしは二回行きました。夏目漱石の展示はよくわかりませんが、わたしが言いたいのは江戸東京博物館と電力館は何回でも行きたいということです。
では今年もよろしくお願い致します。

投稿者:Kenichi Tani (2008年01月12日 23:04)

江戸東京博物館は何かすげー人気あるな。確かなおちゃんもあそこはどえらい面白いと叫んでいた気がする。電力館ってそんなに愉快な場所なんですね。名前が面白いだけかと思っていました。
では今年もよろしくお願いします。

投稿者:ありぴー (2008年01月13日 02:10)

電力館は名前だけでなく内容も面白いです。今度お時間あるときに行ってみてください。無料なので。お腹いっぱいになります。あそこには三回行きました。あと上野かなんかの美術館でやってた地震展っていうのも面白かったです。では。