PLAYNOTE W-ZERO3[es]でRoguelike(RogueとAngband)やってみたが

2007年11月06日

W-ZERO3[es]でRoguelike(RogueとAngband)やってみたが

[ネット・PC] 2007/11/06 22:19

W-ZERO3[es]で動くRogueとAngbandのバイナリを発見したのでとりあえず動かしてみた際のメモ。

Rogue for W-ZERO3

下記サイトでバイナリ入手可能。

さっそく動かしてみたが、普通に快適に動作する。

Rogue@W-ZERO3[es]
画面下のソフトウェアキーボードでも操作可能

ただし、あんまりプレイ感はよくない。やっぱりローグってのは、ブラインドタッチは当然のこと、上下左右って言ったらkjhlでしょ? って人にとってプレイしやすいように徹底的にカスタマイズされているわけです。W-ZERO3だと左右の親指でぽちぽちとキーボード打つしかないわけで、言ってみれば一本指打法でhjkl操作やるようなもの。今一つ快適とは言えない…。

ちなみにRealVGA状態で起動すると、画面がバグって左右に二つ表示されてしまった。ボツ。

Angband for W-ZERO3

検索したら割とすぐ見つかった、と言うより、Thangorodrimに置いてあるじゃん。「Version 2.9.2 for PocketPC ARM (Mirror)」でOKのはず。

ところがリンク切れ。リンク先のファイル名をグーグルにぶち込んで検索すると、親切にもミラーをアップしてくれている人がいたのでDLして起動してみた。

Angband@W-ZERO3[es]
画面下部のアイコンをタップしても操作可能

意外と普通に動くもんだが、やっぱり操作がだるい&画面が小さい。こちらもRealVGA状態で試してみるが、こちらは普通に起動。

Angband@W-ZERO3[es](RealVGA)1
見慣れた画面がW-ZERO3で

ところが、やっぱりキーボード周りの相性が悪い。日本語IMEがONになってると下の写真のようにバグってしまうし(しかも何故かIMEをOFFにできなかった)、何とかしてOFFにしてもやっぱり操作が面倒。@と自分が一体化するあのスピード感は全く手に入らない。

Angband@W-ZERO3[es](RealVGA)2
画面の再現度は完璧なだけに残念!

RogueやAngbandをZERO3で、というのは、ソフトウェア的な問題より、入力デバイスの問題かも。結局未だにhjkl以上に快適な@環境って考案されていないでしょう。

せっかくZERO3でRoguelikeの夢が見れたのに。残念。あ、自分、NetHackは門外漢なので手を出しません。Dungeon CrawlとかならARM版ありそうだけどな。もう面倒だからいいや。