PLAYNOTE 初代Apple II版『ウィザードリィ(WIZARDRY)』をエミュレーション

2007年10月28日

初代Apple II版『ウィザードリィ(WIZARDRY)』をエミュレーション

[ネット・PC] 2007/10/28 13:26

PCのHDDを整理していたら、随分前に興味本位でエミュレートした初代Apple II版『ウィザードリィ(WIZARDRY)』の画像が出て来たので、ここにアップしておくことにする。

俺たちくらいの世代だと、FC版の1~3とか、GB版のWiz外伝とかが強く印象に残っていると思うけれど、ウィザードリィの初出は今はなき Apple II というコンピューターにて。1981年のことだから、俺の人生より歴史が長いわけだ。

とにかく画像から。

Apple II版ウィザードリィ その1 Apple II版ウィザードリィ その2
タイトル画面。一応ちょっとアニメする(笑)

そして洞窟内&モンスターたち。

Apple II版ウィザードリィ その3 Apple II版ウィザードリィ その4 Apple II版ウィザードリィ その5 Apple II版ウィザードリィ その6

今見るとしょぼくて泣けるような画像だが、当時の大人はこれに熱狂し、それこそ MURASAMA BLADE!(初代Wizでは『村正』ではなく『ムラサマ』だった・笑)を求めて何百時間も地下の迷宮を這いまわったというのだから、時代である。

ちょっとプレイしてみた感想としては、もはやWizとしてのシステムはこの時点で確立されてしまっているため、操作性が最悪でシステムがちっとも親切でないことを除けば今でも普通に楽しめると思う。もっとも、この操作性とシステムで数百時間というのは今の人には無理かもしれないが。グラフィックは味があっていいですね。

この初代Wizをプレイするのに必要なのは、AppleWinというApple IIエミュレーター。この雰囲気を自分で味わってみたいという人は、プレイしてみてはいかがかしら。まぁ、普通にFC版とかやった方がいいと思うけど。

コメント

投稿者:murase (2009年09月13日 12:45)

俺は、ProvingGroundに関しては、あらゆるハードのバージョンをプレイしたけど、敵モンスターの頭の良さは、このオリジナル版が一番だと思う。Diltoした後、エナジードレインとか、いろいろ。もっとも、奇襲時、呪文が使えるシステムだけは、何とかしてほしいと思ったが。