PLAYNOTE 阿佐ヶ谷スパイダースSPECIAL SCREENING『日本の女』

2007年06月22日

阿佐ヶ谷スパイダースSPECIAL SCREENING『日本の女』

[演劇レビュー] 2007/06/22 03:18

下北沢の公民館に書類を出しに行くついでに観て来た。ザ・スズナリのマチネがない隙に、幕はって記録映像上演しちゃう企画。プログラムは『日本の女』、六年前、自分が初めて観た長塚作品。

今観ても面白い。ギャグの切れとセンスの良さが素晴らしい。演出的にも大変好み。音響チョイスがとてもカッコいい。あれどこのバンド? 効果としての音響も緊迫感を演出しておりあっと思わせる。良い良い。

あれだけ破天荒なキャラクターと設定を出しておきながらギリギリのところで現実から解離してないバランス感覚とか、短い台詞の鋭さとか、すげーなぁと思った。これはハッキリ覚えてたんだが、「お父さんと呼べ」のところは、もう、総毛だった。うますぎる。

長塚作品はあれこれ観たけど、これと『アジアの女』が一番好きかも。あ、『十字架』も良かったなぁ。確か。

コメント

投稿者:くろさわなほ (2007年06月23日 00:12)

もしや昨日?私も行きましたよ!祐一郎さんとまことさんのトークショーに10代の頃以来ときめきました(笑)
みんな若かったですねぇ。でも「少女と…」を見てあれから6年も経ってるとは思えないバイタリティを感じました。
ミポリンじゃなくてリポリンです。ちなみに下北で本物のミポリンみたことあります。

投稿者:Kenichi Tani (2007年06月23日 00:29)

まじですか(笑)?俺とあと那保ちゃんもいましたよ。
リポリンだよはもうすでにいろんな人からつっこまれていて、でも面倒なので直していません(笑)。
用事があってすぐ帰っちゃったんですが、PPTは見たかったなぁ。中山さん大好きなんだよなぁ。何気に騒動舎の先輩ですし。