PLAYNOTE 浅井健一『Jet Milk Hill to Sherbet Street』

2007年05月22日

浅井健一『Jet Milk Hill to Sherbet Street』

[読書] 2007/05/22 01:53

Blenkey Jet City 解散後、SHERBETS、AJICO、JUDEなどで感傷性と暴力性が同居する独自の世界をぶちまけ続けているロックンローラー、ベンジーこと浅井健一。まだ生きてるアーティストの中では一番好き。俺の血はそいつで出来ている。

そのベンジーの「画集」が出たので買ってしまった。もう一度書くが、「画集」である。ファンの間ではベンジーが絵にも奇才を発揮していることはおなじみなのだが、あまり一般には知られていないかも。あれだ、『HERLEM JETS』のジャケットの絵とか彼。

4800円、手痛い出費ながら、200~300ページはあるボリュームと、クオリティの高さにパーフェクトな満足。まるでベンジーの脳内を覗き込んでいるような興奮。中身をちらちらと紹介するよ。

内容紹介

孤高のロックバンド、BLANKEY JET CITYでデビュー後、鋭い視点と唯一無二の世界観で日本の音楽シーンをハイペースで駆け抜けているアーティスト、浅井健一。

その才能は絵画でも発揮され、日本人離れしたポップでサイケデリック、そしてファンタジックな表現は、多くのファンの支持を受けている。

そんな彼のデビュー当時から未発表作品を軸に作成した浅井健一ART WORKの集大成といえる画集が完成!自ら手がけた、BLANKEY時代からのTシャツなどのグッズ・デザインに加え、新たな描き下ろしイラストも含む、“アーティスト”浅井健一の集大成的1冊です!

著者について

'90年、BLANKY JET CITYのボーカル&ギターとしてデビュー。'00年解散後は、自主レーベル“Sexy Stones Records”を設立。SHERBETS、AJICO、JUDEとバンドで活躍。

'06年7月からは自身の名義でソロ活動をスタート。2枚のシングルに続き、1stソロ・アルバム『Johnny Hell』をリリースした。

また、音楽以外にも、画集/小説/BOOK MUSICからなる「SHERBET Street」や、まんがのような絵本「TED TEX」(ぴあ)、詩集なども発表している。

JetMilkHill-01
水彩画。タイトルは『秋の空港のはずれ けっこう寒い』。かなり上手いし、ベンジーの曲からも漂う寂寞感を感じさせる色彩に引き込まれる。

ちなみに画集のサイズはA4ノートと同じかちょっと大きいくらい。カラーのハードカバーで表紙は当然ベンジー画。ページ数はふってないけど、多分200~300ページくらい。かなりどっしりした作りです。

JetMilkHill-02
左は Sexy Fish Joe というらしい。ベンジーオリジナルのキャラクターが数え切れないほど登場。おなじみのジョーンジェットの犬やルー・リー・ルー、ピストルバードなんかも登場している。

JetMilkHill-03
サイケデリックな色彩のオオカミ。かわいい。

JetMilkHill-04
ペンで描かれたスケッチ。量としてはカラーイラストの方が多いが、こういう力の抜けたスケッチにはたまに台詞やメモ、書き途中の歌詞とか書いてあって、かなり見応えがある。

JetMilkHill-05
こういう寂しさの漂うイラストもあるのはちょっとびっくりするかもだけど、ベンジーのアルバムをこよなく聴いている人ならすんなりわかるはず。左のイラストのタイトルは「無意識」。

JetMilkHill-06
何かすごい勢いでメモをとっているスケッチ断片。

JetMilkHill-07
架空の都市・Blankey Jet Cityの地図!細かい字でびっしりと地名が書いてある。絶望という名の地下鉄、ホテル・スパゲッティ・ヘアー、Cafe不良の森、BarBarおまえがほしい、Casino皆殺しのトランペット、Tatoo Dynamite Pussy Cat…。書ききれない。「缶詰工場フレッシュ」と「ぼくはヤンキーバーガー」に笑った。

JetMilkHill-08
こちらは Charming Jet City - West Side の地図。チェリオメアリーシアターやセンチメンタルコーラビーチなど、BJC解散後の曲の名前からとった建物が多い。

JetMilkHill-09
謎のカクテルメニュー。「Black Hell」は「一発で目覚める」、「Devil」は「一発で寝る」らしい(笑)。他にも「38 special」や「センチメンタルコーラ」「グレープジュース」、そして「メロンソーダ」などニヤニヤしてしまう名前がいっぱい。

JetMilkHill-10
イラスト&ストーリー。『TED TEX』を思い出させる。文章がすごく丁寧で詩的で素敵だが、たまに超いいかげんな文章があって笑える。ベンジーらしい。とある人物の台詞に「来てちょんまげ」とか書いてあった(笑)。

JetMilkHill-11
ポップでコミカルなイラスト。

JetMilkHill-12
水彩の風景画っぽいイラスト。

* + * + *

Blankey Jet City の地図には感動したな。Sexystones Recordのサイトに行くと小さく載ってるけど、地名までしっかり読んでいくと想像が膨らむ。ベンジーは空想の中でこの街を歩きながら、詩に出てくる感情や風景を見つけたのだろうか。ちなみに Blankey Jet City とはブランキーさんが市長を務める不良のための街。

俺は彼のイラストがとても好き。動物や人間のシルエットの独特のデフォルメの仕方。鮮やかでサイケデリックな色使い。不良的なアイテムと童謡のような和やかさが同居する世界観。ネーミングセンス。楽曲との関連で見ても面白いし、絵だけで見てもすごくインスピレーション、刺激される。

多分また品切れとかになっちゃうと思うんで、気になる人はお早めにどうぞ。値段は張るけどボリュームはすごくしっかりしてるし、装丁も綺麗。いい買い物でした。座右に置いて煮詰まったら眺めよう。

四月には個展もやってたらしいなぁ。行けなくて残念。

コメント

投稿者:ハマカワ (2007年05月23日 01:34)

卒倒しそうです。

投稿者:Kenichi Tani (2007年05月23日 18:05)

パクって芝居のフライヤーに使いたいくらい、良い画だよ。

投稿者:MEGUMIX (2009年06月25日 18:50)

左腕にベンジーの猫を入れました。
ピラミットキャットにしたいのですがどうしてもピラミットキャットの絵が見つかりません。
何方か持っている方いらっしゃいませんか?
あたしの血もBJCからできています。
とてもクールです。

投稿者:search engine optimization vancouver (2012年01月13日 06:06)

あなたがあなたのウェブサイトのレイアウトを変更することを考えた場合、私は興味があった?その非常によく書かれ、私はホードが言うようになったものが大好き。しかし、多分あなたは、人々は良いことで接続できるようにコンテンツのようにもう少し性があります。ホードは、 1つまたは2つのイメージを持つためにテキストの非常に多くを得た。たぶん、あなたはより良い空間それをもらえますか?